中国輸入転売の醍醐味は、Amazon独占販売して、大もうけ出来ることでしょう。

 

それゆえ、相乗り出品されるのは死活問題です。

 

相乗り出品防止策として、「ノーブランド品を自社ブランド化する」方法があります。

 

例えば、スマホケースを販売したい場合。

 

ノーブランド品のスマホケースに、「商品本体に対する永遠に不滅の加工」を施します。

 

具体的には、スマホケースに「刻印、印刷、塗装、スタンプ、布タグの縫い付け」などをします。

シールやステッカーを貼るだけでは、ダメです。

 

ここまで細工を施してAmazonに出品すれば、相乗り出品を防止して、独占販売できることでしょう。

 

ただし、類似品がすでにAmazonに出品されていないかの確認が必要です。

 

類似品がすでにAmazonに出品されていたら、Amazonアカウント停止になる危険があります。

 

自社ブランド化出来たら大儲け出来る可能性がある

自社ブランド化して、永続的に独占販売できたら、大もうけできるかもしれません。

運が良ければ、数億円稼げるかもしれません。

 

実際に、そのくらい稼いでいるせどらーはゴロゴロいますから。

 

例えば、商品カテゴリー「服&ファッション小物」の商品について。

 

これらの商品は、JANコードがないため、多くのせどらーが手を付けていません。

 

Amazonで商品カタログが存在しない場合が多いということです。

 

衣服には製品規格という概念がないので、ノーブランド品が、日本国内に多数眠っていることでしょう。

 

こういう衣服に、「刻印、印刷、塗装、スタンプ、布タグの縫い付け」をして、「商品本体に対する永遠に不滅の加工」を施して自社ブランド化し、商品を独占販売することができます。

自社ブランド化をAmazonは認めている

Amazonは、ノーブランド品にを自社ブランド化して出品することを認めています。

 

以下、Amazonテクニカルサポートの回答です。

●プライベートブランド品の出品について

自社で製造していないノーブランド品に対し、何らかのオリジナル性を加え独自のプライベートブランド品として出品する際は、以下の事項を遵守くださいますようお願いいたします。

 

1)ブランド名またはブランドロゴを、商品本体または商品のパッケージに印字または刻印する。

(恒久的な方法である必要があるため、シールやステッカーは不可。)

2)1)が明確に確認できる画像を登録する。

3)商品名にブランド名を記載する。

4)ブランド名欄に該当ブランド名を登録する。

 

上記の条件を満たしていない商品はすべて【ノーブランド品】としての出品となりますので、ご注意ください。

 

なお、一部のカテゴリーに対しては、特例として上記以外のルールを定めているカテゴリーがございます。

詳細は、出品いただくカテゴリーごとの商品登録規約をご確認いただけますと幸いです。

 

今後ともAmazon.co.jp をよろしくお願いいたします。

ノーブランド品は中国を狙おう

ノーブランド品を自社ブランド化して、独占販売する方法を紹介しました。

 

では、その加工対象であるノーブランド品をどこで仕入れたらよいのか?

 

日本国内では、中々手に入らないでしょう。

 

日本国内の商品にはJANコードが付与されており、商品カタログがAmazonに存在する可能性が高いからです。

 

もちろん、ガチャガチャ商品など、JANコードが付与されていなく、Amazon.co.jpに商品カタログが存在しない商品もあるでしょう。

 

ですが、すぐに目をつけられて、製品コード免除申請をして出品するせどらーが現れるでしょう。

 

ですから、日本国内でノーブランドを仕入れるのはなく、海外に目を向けるべきでしょう。

 

ノーブランド品は、中国に数多く眠っています。

 

輸入転売をするせどらーの多くは、中国でノーブランド品を仕入れています。

自社ブランド化してアカウント停止になるかも

自社ブランド化する場合、類似品が無いか気をつけてください。

 

すでに類似品がAmazonに出品されていた場合、Amazonアカウント停止になる危険があります。

 

実際に、スマホケースを自社ブランド化して、Amazonアカウント停止に遭ったせどらーを紹介します。

 

Amazonセラーフォーラムの投稿内容です。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

以下のメールが、Amazonテクニカルサポートから届きました。

 

このたび出品者様が出品されていた商品について問題があるとのご連絡が寄せられましたため、出品者様の出品アカウントを一時停止いたしました。

 

当サイトにご連絡が寄せられた出品例は以下の通りです。

 

問題の種類: 真贋に関するご連絡があった商品

 

当店は中国輸入転売をして、Amazonに出品しております。

 

中国は偽物・コピー品の多い国ですから、ブランド品ではなくノーブランド品を扱っています。

 

今回問題となったスマホケースは、中国で容易に仕入れできるものです。

当店はブランド品とはとらえていませんでした。

類似品を出品したせいでアカウント停止になった

このせどらーは、何故アカウント停止になったのか。

 

答えは簡単です。

 

類似品(偽物)を出品していたためです。

 

そして、Amazon規約に抵触して、アカウント停止になったという感じです。

 

このせどらーが、再びAmazonセラーフォーラムに投稿されました。

 

以下、紹介します(文章校正後)。

先程、ある出品者より、当店が扱ったスマホケースの模様が、プライベートブランド品の商標を侵害している、というご指摘を頂きました。

 

つまり、類似品がすでにAmazonに出品されていたということです。

 

この商品がブランド品だからノーブランド品だからという問題以前に、商品自体に問題があったのです。

 

このスマホケースには類似品があったので、出品NGな商品でした。

 

中国輸入転売に興味がある方は、本ケースを参考にして、類似品がAmazonに出品されていないか気をつけましょう。

類似品が存在しない確証を得るために

では、Amazonに類似品が存在しないという確証を、どうやって得るのか。

 

スマホケース一つとっても、Amazonに数万点もの商品カタログが存在します。

それを一つずつ人の目で確認するのは現実的ではありません。

 

そこで、Amazonテクニカルサポートに問い合わせをしましょう。

 

Amazonテクニカルサポートも、問い合わせをしてほしいと言っています。

 

以下、Amazonテクニカルサポートから頂いた回答です。

商品登録の際は、商品名や製品コード、画像などのカタログ情報を確認していただき、登録をしていただく流れになりますが、

 

情報に誤りがある状況の場合は、商品登録いただく前にテクニカルサポート宛に情報をお寄せいただき、ご連絡いただければと存じます。

 

輸入せどり記事一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。