自己発送で出品されている方に影響する話です。

 

Amazonが購入者に提供している機能として、「発送を早めることについてのお問い合わせ」という機能があります。

この機能を利用して、こちらの事情を無視して、商品発送を急かしてくる購入者が多数いるそうです。

 

こういう身勝手な購入者からの要望はシカトすれば良いのでしょうが、購入者は「出品者評価」をする権利があるので、無視できません。

 

★☆★☆稼げるオススメ教材★☆★☆

 

発送を急かしてきても断って問題ない

ですが、出品中の段階で、このような要望があった場合は、状況に応じてお断りしても大丈夫みたいです。

Amazonセラーフォーラムにて、その旨の内容は掲載されていました。

以下、紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

購入者は発送を早めるリクエストをすることが出来ますが、出品者はそのリクエストに応じる義務を負いません。

 

私のストアでは女性メインの趣味の品を扱っています。

商品説明文には、以下のように記載しています。

「当店は24時間以内の出荷を心がけておりますが、お急ぎの方はご購入前にご連絡頂ければ対応できる場合もあります。ご希望に沿えない場合もありますので、必ずストアからの返答を確認してからご購入下さい。」

この記載があるせいか、「早く発送して欲しい」という商品への質問を沢山頂きますが、当店の状況を鑑みて、無理な場合は丁寧にお断りしています。

 

もちろん、購入者からの要望に応えて、早くに商品を発送することもあります。

商品発送後にお問い合わせ番号で追跡して、商品が到着したことを確認出来た時は、購入者のご希望に添えることが出来て良かったといつも思います。

それを「不公平」だと思った事はありません。

当店は自己発送で商品を発送しており、FBA出品者のようにプライムやお急ぎ便に対応していません。

だから、こうした購入者からの要望に応えたことで販売機会を失わずに済んだと思いますし、購入者にも喜んで頂けたことが何よりです。

 

スポンサーリンク



 

ここから先は、余計だとは思いますが・・・。

当店はまだ弱小セラーであり、購入者から出品者評価を中々頂けず苦労しています。

なので、こうした商品を早く発送せよと個別対応を要求しする旨の質問をされた購入者様には、追跡番号を添えて出荷の連絡をして、商品出荷後に無事に到着したかを購入者に確認しています。

こうしたやり取りの中で、購入者が当店に好感を抱いたと感じたら、さり気なく出品者評価を頂くことをお願いしていますが、みなさんから「評価5」の高い出品者評価を頂けましたよ。

 

Amazonが提供している「発送を早めることについてのお問い合わせ」という機能の注意書きにも、こう書かれています。

 

~~~~
発送を早めるリクエストをすることはできますが、出品者は、そのリクエストに応じる義務を負いません。何卒ご了承ください。

既存の注文をキャンセルし、要望にもっとよく合うように注文し直すこともできます。

重要: 未発送の注文は、アカウントサービスの注文履歴を見るからキャンセルできます。
詳しくは、「注文のキャンセル」をご覧ください。

出荷準備が始まった注文をキャンセルする場合は、出品者に連絡して指示を受けてください。
~~~~

 

スポンサーリンク



 

ですので、無理して購入者からの要望に応じる必要はありません。

ですが、個別対応したことで、「評価5」の高い出品者評価を頂ける可能性があるのも事実です。

 

私のように、個人でやっているセラーであれば、基本年中無休で購入者からの要望に応じることができます。

ですが、組織経営で出品されている方の場合、定休日を儲けている場合もあります。

定休日を挟んでの発送になる場合は、購入者に個別に連絡しましょう。

当店は年中無休で出荷していますので、そのような問い合わせが来ても対応する事が出来ますが、定休日があるお店では、そうもいきませんね。

商品は出来る限り早く出荷するに越したことはありませんが、現実的に不可能な場合もあります。

 

商品への質問があったら、購入者へ発送出来ない旨の内容を書いて返信して、後は購入者の判断に委ねるしかありません。

購入者によっては、了承を得られる場合もありますし、注文をキャンセルされる場合もありますよ。

 

スポンサーリンク



Amazonも無理に発送を急がなくてもよいと言っている

私の自社サイトでは、定休日及び営業時間外には一切対応していないにも関わらず、Amazonのみ定休日にも対応に迫られ、面倒な事極まりありません。

 

この度、Amazonテクニカルサポートにクレームを出しました。

 

私が問い合わせた内容は以下の通りです。

・定休日にも関わらず何らかの対応をしなければならないのでしょうか?

・問い合わせをしてきた購入者のみ発送を早めるのであればそれは不公平です。

・”発送を早めることについてのお問い合わせ”の項目については問題があると思われますのでこの項目は削除していただきたく存じます。

 

以下、Amazonテクニカルサポートからの回答内容です。

 

~~~~

■ご対応につきましては、無理のない範囲にて行って下さいませ。

出品者様が対応可能な余地がある場合、出品者様の裁量にてご対応頂くことが可能でございます。

すべての注文に対し、最速で発送していただいている状況であれば、発送を早める余地は一切ないと考えられますので、その旨ご返答頂ければと存じます。

また、このメールが届いたからといって必ず対応しなければいけないということではございません。

対応できない場合には、要求には応じられないとお断りいただいても構いません。

 

■購入者様に一言、メッセージをお送り頂くだけでも大きく印象が変わるかとは存じます。

Amazonでは購入者様のメッセージに迅速に(原則24時間以内)ご返答いただくことを推奨しております。

メッセージに迅速にご対応いただくことで、購入者様の満足度向上に繋がります。

ですが、これも出品者様にご対応を強制するものではございません。

可能な範囲にてご対応頂ければと存じます。

 

■発送を早めることについてのお問い合わせの項目については問題がある

この内容について、今回ご意見をいただいたことは担当部署へ報告させていただきます。

購入者様にも様々なご事情があるのと同様に出品者様にもそれぞれのご事情があることかと存じますの

で、くれぐれもご無理のない範囲内にて引き続き当サイトをご愛好頂ければ幸いでございます。

~~~~

 

購入者が発送を早めてもお断りしても良いと、Amazonが公式に言っています。

 

つまり、購入者が断られた腹いせに評価1を付けてきても、Amazonに出品者評価を削除してもらえる可能性が非常に高いと言えます。

 

>>Amazonに出品した商品への超理不尽な質問一覧

【PR】当ブログ推薦の2つのせどり教材

サヤ取りせどらー最終バージョン

 

>> サヤ取りせどらー最終バージョンが稼げる理由の記事

 

マカド

マカド

 

>> マカドが稼げる理由の記事

 

どちらも、やり方しだいで、誰もが大儲けできる可能性を秘めています。

 

また、「サヤ取りせどらー最終バージョン」限定の無料特典、『CDせどりの教材』がイチオシです。

 

この教材を使って、月商100万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

ぜひご検討ください!