SETBOOKハヤブサ

 

SETBOOKハヤブサの評価は、「評価2(オススメしない)」です。

 

評価2 ★★☆☆☆

 

※評価基準は以下の通り
評価1:詐欺商材
評価2:オススメしない
評価3:購入価値あり
評価4:オススメする
評価5:是非購入するべき!

 

SETBOOKハヤブサが評価2である理由は、セット本せどりをする上で、このツールが不要だからです。

 

セット本をリサーチする時も、歯抜け巻や商品管理をするときも、SETBOOKハヤブサを使わずに無料でやることが出来ます。

それなのに、SETBOOKハヤブサの価格は、毎月3,980円(初月は11,000円)と高すぎます。

 

セット本せどりは、車があって地方遠征出来る方には、大変有効な手段です。

このような方は、手段の一つとしてセット本せどりを導入しましょう。

SETBOOKハヤブサを使わずに!

セット本せどりツールSETBOOKハヤブサとは?

SETBOOKハヤブサとは、株式会社イーマックジャパンの神丸さんという方が開発された、商品サーチツールです。

 

■  商材名:SETBOOKハヤブサ
■  販売元:株式会社イーマックジャパン
■  発売日:2015/11/10
■  メディア:ツール、マニュアル(PDF)
 【SETBOOKハヤブサ 公式サイト

 

SETBOOKハヤブサが対象としているのは、セット本です。

Amazonで高く売られているセット本をリサーチして、店舗で仕入れして、Amazonに出品するというスタイルをとります。

SETBOOKハヤブサが対象としているのは、あくまでもセット本のみです。

商品検索ツールとして有名な「せどりすと」のように、JANがあるすべての商品を検索出来るという訳ではありません。

セット本せどりが成立する原理

ブックオフ等で108円(税込)で売られているマンガ本等が、全巻セットにすることで、Amazonでは1.5倍くらいの値が付く。

~SETBOOKハヤブサ セールスページより引用~

 

セット本せどりとは、言葉の通り、セット本を仕入れて販売するせどり手法のことです。

 

ここで、セット本せどりが成立する原理について述べます。

 

例えば、キャプテン翼37巻セットを用意するとしましょう。

過去にAmazonで、この商品は11,280円で売れたことがありました。

キャプテン翼の単行本は、古本屋さんに行けば108円で普通に売られています。

これを全37巻揃えた時の仕入れ価格は、3,996円です。

Amazonで11,280円で売れるなら、価格差は7,284円になります。

実際には、ここでAmazon手数料や送料などの経費がかかってきますので、価格差7,284円が丸々利益(粗利)になるわけではありません。

それでも、結構な粗利益率になるでしょう。

 

ところで、このキャプテン翼の中古の単行本が、Amazonに1冊1円で売られていた場合。

Amazonで中古の単行本を自己発送の出品者から購入したとき、配送料257円を合わせると、合計で約260円かかってきます。

キャプテン翼37巻セットを用意するなら、260円/冊×37冊で9,620円かかります。

Amazon内だけを見た場合、セット本の販売価格は、1冊当たりの送料を加味して、上記の9,620円が妥当な価格になります。

 

また、キャプテン翼は人気マンガですので、全37巻全てがAmazonに売られている保証がありません。

ゆえに、全巻セットになるとその分の付加価値が付いて、先ほどのようにAmazon販売価格が11,280円と、9,620円よりも高くなることがあります。

 

もし1冊108円で仕入れすることが出来たら、それなりの粗利を得ることが出来ますね。

というか、実際に古本屋さん(※)に行けば、キャプテン翼の中古の単行本が1冊108円で売られていたりします。

※ブックオフではなく、あえて古本屋さんと表現しています。理由は後述。

 

これが、セット本せどりが成立する原理です。

セット本せどりツールSETBOOKハヤブサの機能

SETBOOKハヤブサは、このセット本のみに焦点を当てている商品検索ツールです。

SETBOOKハヤブサがあれば、セット本の仕入れは簡単にできるようになるそうです。

以下に、SETBOOKハヤブサの機能について簡単に説明していきます。

セット本「お宝」検索機能

SETBOOKハヤブサには、「セット本「お宝」検索機能」という機能が付与されています。

セット本「お宝」検索機能について、SETBOOKハヤブサのセールスレターの内容を掲載します。

<SETBOOKハヤブサのセールスレター>

■セット本「お宝」検索機能

「お宝検索目利き機能」として仕入れ前に、セット本お宝商品、価格が高い商品、ランキングが良い商品のリストをデータ表示することができます。

その時間は数秒です。

店舗に行く前に事前に利益が望める商品がわかれば、リストに載っている商品を仕入れるだけで目利きは不要になります。

さらに仕入れ先店舗で、商品タイトルやキーワードを入力することでセット本のデータを検索することができます。

検索したい商品の、セット本商品の新品・中古価格、FBA価格、ランキング、出品者数を容易に調べることができ、仕入れの効率化ができます。

セット本在庫管理機能

SETBOOKハヤブサには、「セット本在庫管理」という機能が付与されています。

 

セット本を仕入れする時は、いわゆる「歯抜け巻」が生じます。

SETBOOKハヤブサには、この歯抜け巻が何かを管理する機能が用意されています。

 

以下に、セット本在庫管理機能について、SETBOOKハヤブサのセールスレターの内容を掲載します。

<SETBOOKハヤブサのセールスレター>

■セット本在庫管理

セット本は名の通りセットにしなくては販売できません。

自分の在庫で不足している商品が何巻なのか、いくらで仕入れたのか、が一番重要な管理になります。

しかし、この管理が大変で挫折していく人もいます。

「SETBOOKハヤブサ」では、仕入れた商品の巻数、仕入れ価格をマイリストとして管理できます。

例えば一例として、全50巻のセット本コミックで、在庫不足が6巻、21~23巻、27巻、30~35巻、38巻、49巻、が不足しているとします。

1件目の仕入れで、21巻、33巻、2件目で35巻仕入れ、そして3件目での仕入れの際、「仕入れる商品は何巻だっけ?そして今いくらの合計価格?」・・・というようなことが多くあります。

1商品だけなら良いのですがセット本全在庫の在庫を管理しなくてはいけません。

「SETBOOKハヤブサ」では、Amazon検索からマイリスト化し、全在庫の仕入れ状況が管理できます。

仕入れの際、マイリストで自分の全在庫の不足している商品を確認でき、仕入れた場合在庫が補充されていきますので次の店舗でも確認ができます。

セット本せどらーが一番必要とする機能です。

売上管理表が作成出来る

SETBOOKハヤブサには、売り上げ管理表を作成できる機能が付与されています。

売り上げ管理表はクラウドで保存されるため、自宅で作成したら、スマホで見ることが可能です。

 

以下に、出品データ管理機能について、SETBOOKハヤブサのセールスレターの内容を掲載します。

<SETBOOKハヤブサのセールスレター>

■出品データ管理機能

出品時に必要なデータを出庫リストとして確認できます。

仕入れ価格、Amazonの最安値、FBA価格、ランキング、出品者数と照らし合わせて出庫データとして管理できます。

全巻そろえた合計金額と、現在のAmazonの価格やランキングと比較して出品すれば、販売価格・ランキングの良い時に出品することが可能です。

スマートフォン、タブレット、パソコンなどインターネットにつながる環境であれば、使用できます。

自宅でパソコンを使用したリサーチや管理、そして仕入れ先店舗ではスマートフォン、という使い方ができます。

さらに、スタッフを導入して外注化した際、同時に在庫データの管理が共有してできるため、別々のお店で仕入れても在庫のダブり等の心配はありません。

(1つのIDで3アクセスまで同時使用可能)

SETBOOKハヤブサには6つの特典が付く

SETBOOKハヤブサを購入すると、6つの特典が付きます。

以下に、SETBOOKハヤブサの特典内容を紹介します。

<SETBOOKハヤブサの特典内容>

★特典1 セット本せどり完全マニュアル

★特典2 「セット本せどりセミナー」の動画

★特典3 新品せどりツール「せどりの翼アルバトロス」の特別バージョン
DVD、ボビーの2カテゴリー100件に限り使用できるお試しバージョンになります。(正規版は15カテゴリー5000件)

★特典4 社会貢献せどりマニュアル

★特典5 メールサポート権

★特典6 バーションアップ権
バージョンアップの際は、無料でバーションアップ

セット本せどりツールSETBOOKハヤブサのデメリット

さて、ここでSETBOOKハヤブサのデメリットについて書いていきます。

 

まず結論から言えば、SETBOOKハヤブサは不要です。

理由は、SETBOOKハヤブサが用意している機能は、全部タダで出来るからです。

これに2ヶ月で18,960円を投資する価値は、ハッキリ言ってありません。

 

以下、SETBOOKハヤブサの購入価値があまりない理由について書きます。

セット本リサーチ機能や歯抜け巻管理機能は要らない

SETBOOKハヤブサには、以下の3つの機能が用意されています。

<SETBOOKハヤブサの機能>

・セット本「お宝」検索機能

・セット本在庫管理

・出品データ管理機能

 

SETBOOKハヤブサのこれらの機能を使うことで、Amazonの最低価格が高額になっているセット本は何かをリサーチして、それを仕入れして、歯抜け巻やこれまで売った商品などを管理することが出来ます。

 

・・・これ、SETBOOKハヤブサが無くても出来ますよね。

Amazonの最低価格が高額になっているセット本のリサーチは、Amazon.co.jpのサイトで簡単に無料で調べられます。

歯抜け巻やこれまで売った商品の管理は、Excelを使えば良いだけです。

Amazonでセット本をリサーチする

Amazon.co.jpのサイトで、セット本をリサーチする方法を紹介します。

 

非常に簡単です。

 

まず、Amazon.co.jpのサイトを開いて、検索バーに「セット コミック」と入力して検索します。

 

Amazon.co.jpのサイトの検索バー

Amazon.co.jpのサイトの検索バー

 

 

すると、マンガのセット本が一覧表示されます。

 

マンガのセット本が一覧表示されます

 

 

右上にある並べ替え条件リストで、「価格の高い順番」を選択します。

 

価格の高い順番

 

 

すると、価格が高い順(降順)でマンガのセット本が一覧表示されます。

 

価格が高い順(降順)でマンガのセット本が一覧表示されます

 

ここから、セット本をリサーチしましょう。

 

ただし、どんな商品を仕入れたら良いかは、自分で探してください。

どんな商品を仕入れたら良いかを情報商材に頼ってしまうと、ライバルが殺到して仕入れ出来ませんし、運良く仕入れ出来たとしても価格改定競争に巻き込まれて値崩れして、粗利が出ずに終わる危険性があります。

しかし、どんな商品を仕入れたら良いかを自分で調べ抜き、それでライバル不在の商品を見つけられれば、もうこっちのものです。

末永く稼ぎ続けることが出来ることでしょう。

 

ですから、自分で努力して行動してください。

他人に依存していては、いつまで経っても稼げるようにはなれませんよ。

6つの無料特典が金を払うに値しない

SETBOOKハヤブサを購入すると、6つの無料特典が付きます。

SETBOOKハヤブサのこの無料特典ですが、お金を支払う価値があるとは思えないものばかりでした。

 

以下に、SETBOOKハヤブサの無料特典の内容をもう一度紹介して、それに対してツッコミを入れていきます。

<SETBOOKハヤブサの特典内容とツッコミ>

★SETBOOKハヤブサの特典1 セット本せどり完全マニュアル

★SETBOOKハヤブサの特典2 「セット本せどりセミナー」の動画

→ブログで入手できるレベルの情報ばかり。お金を払う価値のある情報は無かった。蛇足。

 

★SETBOOKハヤブサの特典3 新品せどりツール「せどりの翼アルバトロス」の特別バージョン

DVD、ボビーの2カテゴリー100件に限り使用できるお試しバージョンになります。(正規版は15カテゴリー5000件)

→カテゴリー数が少なすぎるし、商品種類数が100件程度では粗利が出る商品はまず見つからない。使い物にならない。

 

★SETBOOKハヤブサの特典4 社会貢献せどりマニュアル

→興味をそそる感じがするが、内容は大したことなかった。

 

★SETBOOKハヤブサの特典5 メールサポート権

→毎月3,980円(初月は11,000円)も支払うのだから、これはあって当然。

 

★SETBOOKハヤブサの特典6 バーションアップ権

バージョンアップの際は、無料でバーションアップ

→毎月3,980円(初月は11,000円)も支払うのだから、あって当然。というかこのサービスが無いと、ツールにバグがあったら対応できなくなる。無くてはならないサービス

 

このように、SETBOOKハヤブサの特典内容は、使えるには使えるけど、お金を支払う価値のあるものは一つもありませんでした。

セールスレターが間違えている&イメージキャラクターが不快

ここでは、SETBOOKハヤブサのセールスレターにツッコミを入れていきます。

SETBOOKハヤブサの販売事例は間違っている

 

まず、SETBOOKハヤブサのセールスレターに掲載されている、こちらの画像をご覧ください。

 

SETBOOKハヤブサの販売事例 キャプテン翼37巻セット

 

SETBOOKハヤブサのセールスレターにあるこの画像を見ると、キャプテン翼37巻セットを3,300円で仕入れて、Amazonの販売価格が11,280円なので、7,980円儲かると言う風にとれます。

 

しかし、SETBOOKハヤブサのセールスレターにあるこの画像はおかしな点が沢山あります。

まず、Amazonの販売価格が11,280円と言っていますが、Amazonで実際に売れた価格だとは言っていません。

この画像のモノレートの波形の赤丸部分を見ますと、中古品の最安値が最も高い部分の価格をAmazonの販売価格だと言っていますね。

しかし、実際はこの価格では売れていないでしょうね。

 

SETBOOKハヤブサのセールスレターに掲載されている画像にあるモノレートの波形を見てみましょう。

赤丸の右側のモノレートの波形(オレンジ色の波形)を見ると、中古品の最安値が下落していっているのが分かります。

これは、販売価格が11,280円で売れないと判断した出品者が価格改定を始めて、価格を下げて売れ行きを良くしようとしたからです。

なので、販売価格が11,280円では売れません。

 

また、SETBOOKハヤブサのセールスレターに掲載されている画像では、キャプテン翼37巻セットの仕入れ価格が3,300円、Amazonの販売価格が11,280円なので、7,980円の粗利が出ていると表現していますが、これも間違えています。

「売上-仕入れ価格=粗利」ではなく、「売上-仕入れ価格-Amazon手数料-発送にかかる費用=粗利」が正しいです。

 

粗利を正しく計算してみましょう。

<正しい粗利計算方法>

粗利=売上-仕入れ価格-Amazon手数料-発送にかかる費用

キャプテン翼37巻セット

仕入れ価格が3,300円

Amazonの販売価格が11,280円

Amazon手数料は1,892円

発送にかかった費用は2,000円とする

自己発送で出品。売り上げに配送料257円が上乗せされる

以上から、粗利は以下のように計算される。

粗利=11,280円+257円-3,300円-1,892円-2,000円=4,345円
→売上高利益率約40%

 

粗利を正しく計算した結果、4,345円となりました。

SETBOOKハヤブサの7,980円は誤りです。

というか、粗利が4,345円でも、売上高利益率が約40%と悪くありませんね。

このようなセット本を仕入れ出来たら、それなりに儲けることが出来ると思います。

SETBOOKハヤブサのイメージキャラクターが不快

こちらに、SETBOOKハヤブサのイメージキャラクターを紹介します。

SETBOOKハヤブサのイメージキャラクター

 

ふざけていますね。

何故ショートパンツを履いたギャルなのでしょうか?

SETBOOKハヤブサは、何かのアダルトグッズなのでしょうか?

違いますよね。

 

我々はお金を投資して、生活を豊かにするためにせどりをやっています。

性欲を満たすためにお金を使っているのではありません。

SETBOOKハヤブサの制作者は、購入者をナメているのでしょうか。

SETBOOKハヤブサを売りたいのなら、もっと真面目なイメージ画像を用意するべきだと私は思います。

地方でセット本せどりをやってみませんか

車がある人、地方せどりが出来る方は、セット本せどりをオススメします。

 

ただしセット本せどりは、儲かるせどり手法ではありません。

あくまでも手段の一つとして、導入する価値があるだけです。

私もSETBOOKハヤブサを購入して、セット本を自分なりのやり方でリサーチしてみましたが、Amazonで確実に高額で売れるものを店舗で仕入れることはかなり難しかったです。

 

ブックオフに行けば分かりますが、ブックオフではセット本が高く売られています。

ブックオフは価格DBを導入して、ヤフオクやAmazonの市場価格を調査しているため、Amazonで高く売れるセット本を仕入れるのはまず無理です。

札幌でもこんな現状なのですから、東京などの都会はもっと悲惨な状況なのではないでしょうか。

 

しかし、打開策はあります。

地方の「街の古本屋さん」を狙うのです。

特に個人商店やブックネットワンが狙い目です。

こういうところは、値付けが甘く、セット本にすれば売れるようなマンガの単行本が普通にばら売りされていたりします。

 

また、都会にある古本屋さんは、止めましょう。

Amazonで確実に高額で売れるセット本は、数が限られています。

都会の古本屋さんは、こうしたセット本にせどらーが群がって枯らされているため、仕入れが難しいです。

 

しかし、地方の古本屋さんは、普通に仕入れが可能でした。

セット本せどりは重量がかさむため、車があるせどらー限定になってしまいますが、仕入れ手段の一つとして有効な手段であると思います。

セット本せどりツールSETBOOKハヤブサは不要

セット本せどりは、有効な手段です。

セット本せどりは、Amazonで高く売れるものが限られています。

そして、その限られた商品に、せどらーが群がってしまい。仕入れが難しいです。

また、ブックオフでは価格DBを導入しているため、単行本の仕入れ自体が無理です。

 

しかし、地方にある古本屋さんに行けるなら、やる価値ありです。

これには、車が必要になります。

やれる人は限られてくるでしょうが、だからこそチャンスがあると言えるでしょう。

 

みなさんも、是非セット本せどりに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

と言っても、今回紹介しましたセット本せどりツール「SETBOOKハヤブサ」は不要です。

SETBOOKハヤブサが用意している、セット本をリサーチする機能や歯抜け巻や商品管理をする機能は、我々の方で無料でやることが出来るからです。

それなのに、毎月3,980円(初月は11,000円)は高すぎます。

仮に毎月980円であったとしても、購入価値は無いと言えます。

 

以上から、当ブログでは、SETBOOKハヤブサを「評価2(オススメしない)」と致します。

 

評価2 ★★☆☆☆

 

※評価基準は以下の通り
評価1:詐欺商材
評価2:オススメしない
評価3:購入価値あり
評価4:オススメする
評価5:是非購入するべき!

 

■  商材名:SETBOOKハヤブサ
■  販売元:株式会社イーマックジャパン
■  発売日:2015/11/10
■  メディア:ツール、マニュアル(PDF)
 【>>公式サイトを見てみる

 

SETBOOKハヤブサの評価は「評価2(オススメしない)」ですので、無料特典は付属しません。

当ブログの無料特典一覧

当ブログの無料特典は以下のようになります。

 

■ 無料特典その1

 

■ 無料特典その2

 

■ 無料特典その3

 

■ 無料特典その4

 

興味がある方は、当ブログが紹介する教材の中で「評価4(オススメする)」か「評価5(是非購入するべき!)」の教材をお買い求め頂けると入手できます。

 

是非ご検討くださいませ。

 

以上です。