せどりブログの情報を利用するテクニックを紹介します。

 

せどりブログの情報活用術

日本ブログ村などで、せどりブログが一覧されています。

 

これらせどりブログの情報をマメに見て、仕入れ報告の記事を探します。

 

見つけたら、店舗名と店舗の場所などの情報をチェックします。

画像から、店舗名と店舗の場所を特定できるかもしれません。

 

店舗名と店舗の場所を特定できたとしましょう。

そうしたら、そのお店に行ってみましょう。

 

仕入れできる商品が置かれている場所なので、値付けが甘いお店です。

また、ライバルが取りこぼした可能性があります。

 

ライバルの仕入れ基準はあなたとは違うものです。

あなたの仕入れ基準にかなう商品が残されているかもしれません。

 

ライバルは、「この店は枯れている」と判断するでしょう。

せどりブログに、仕入れ情報がアップされているからです。

 

なので、ライバルの可能性が高いです。

 

だから、せどりブログから、店舗名と店舗の場所を特定できたら積極的に行ってみましょう。

思わぬ大量仕入れに恵まれるかもしれませんよ。

具体的な商品名が公開されていたら止めよう

私は矢野文隆さんが主催されている、せどりの情報掲示板「チーム矢野」に参加しています。

 

この情報掲示板で、「あるメーカーの電動シェーバーの替刃が美味しい」と、お祭り騒ぎになっていました。

 

「美味しい」というのは、Amazonでプレミア価格で出品されているという意味です。

 

「チーム矢野」では、電動シェーバー祭りという状態でした。

そして、ライバルが、こぞってその電動シェーバーに群がりました。

 

その結果、Amazonで価格改定競争が始まり、価格が暴落しました。

 

当然ですね。

 

同じ商品に対して、何十人ものライバルが群がっていますから。

 

私は、ヤマダ電機で痛い目にあっているので、こういう商品は絶対に狙いません。

ヤマダ電機せどりでセール品は狙うな!蚤の市で遭った痛い経験

 

ある年のクリスマス商戦では、スーパーファミコンなどの中古ゲーム機が美味しかったそうです。

 

「電脳せどりファイナルメソッド」で紹介されていたからです。

電脳せどりファイナルメソッドは特典しか使えない残念な教材です

 

クリスマスシーズンは、おもちゃの売れ行きが良くなります。

私も、田舎せどりを仕掛けて、プレミア価格のおもちゃを大量仕入れしました。

自己紹介⑤:CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘 年商5,670万円、年利益3,000万円達成

 

この中古ゲーム機も、クリスマスシーズンに売れまくったのでしょう。

粗利と粗利益率がいくらなのかは知りませんが。

 

しかし、クリスマスシーズンに在庫を捌ききれずにいたせどらーも多数いたそうです。

 

クリスマスシーズンが過ぎると、おもちゃの売れ行きが極端に悪くなります。

なので、少しでも在庫を減らすために価格改定競争が始まります。

 

正月を過ぎてから中古ゲーム機の価格が暴落して、赤字になったそう。

 

同じ商品ジャンル・同じ商品には、ライバルが群がります。

 

あなたは、「ある商品が美味しい」という情報には乗らないようにしてください。

価格改定競争に巻き込まれて、赤字になる恐れがありますから。

 

ライバルが手を付けない商品ジャンルを選ぶべきです。

 

私は、扱っている商品ジャンルは、新品CD・DVDです。

 

仕入れ先は、『CDせどりのブルーオーシャン市場』です。

 

新品CD・DVDは、時季に関係なくAmazonに出品したら売上が伸びます。

 

クリスマスシーズンは、確かに10,000円近くのCDが売れることが多いです。

ですが、トータルで見れば売上が爆発的に伸びたわけじゃありません。

むしろ、2月、3月の方が売上が多かったです。

 

その他にも、蛍光灯などの家電製品も扱っています。

 

蛍光灯は、イオンやケーズデンキで仕入れしています。

イオンせどりで絶対にチェックするべきポイント!地方が美味しい!

ケーズデンキのアウトレット品を大量仕入れして社内事情が判明!

 

蛍光灯も、Amazonに出品すれば、時季に関係なく売れます。

 

あなたも、こうした時季に影響されない商品を仕入れしましょう。

そのほうが、売上が安定しますから。

ワゴンセールでライバルが現れたら

せどりブログの情報を頼りに、お店に行ったとします。

 

運良くワゴンセールを見つけたとします。

美味しい商品がワゴンに沢山ありました。

 

そこに、せどりのライバルが現れて、サーチをし始めました。

 

せっかく見つけたワゴンセールにライバルがやって来たら、それはもう腹が立ちますよね。

その気持は分かります。

 

せどりのライバルがやってくると、私ならこういう悪い事を考えてしまいます。

・自分が仕入れできる数が減る

・自分の儲けが減る

・ライバルが気になって冷静な判断が出来ず、本来なら仕入れないものまで仕入れる危険がある

 

ワゴンセール品をサーチしている時は、いつライバルがやってくるか不安でしょうがなかったです。

 

だから、せどりすとの設定をシンプルにして、迅速にサーチを終わらせました。

せどりすとの儲かる設定方法とプロとプレミアムがいらない理由

 

私は、イトーヨーカドー屯田店のi-bookで、CD・DVDの80%オフのワゴンセールを発掘したことがあります。

自己紹介③:せどり地方遠征を開始。月商80万円に

 

このとき私は、マルチ商法にも手を染めていました。

アップと会う約束をしていたため、全ての商品をサーチ出来ませんでした。

 

後日、i-bookのワゴンに行くと、ライバルがサーチしていました。

このライバルはすでにサーチを完了して、ワゴンに仕入れできるものは残されていませんでした。

 

マルチ商法のアップとの下らない約束を優先したことが悔やまれます。

 

しかし、初めてせどりのライバルに遭遇して新鮮だったので、声をかけて仲良くなりました。

 

東京などライバルが大量にいる地域では、ワゴンセールにライバルがやってくることが結構あるのではないでしょうか?

 

この場合、どうすれば良いか。

 

私なら、大人の対応をします。

 

自分の手の届く商品を仕入れをしたら、後はライバルに譲ります。

 

ライバルが同じ商品を出品して、価格改定競争に巻き込まれるかもしれません。

しかし、競争相手は1人または2~3人程度でしょう。

それなら価格改定なんて面倒くさいことはせず、その人から先に売れて下さいという感じです。

 

仕入先は、このお店だけではありません。

日本国内を見渡せば、仕入先は無数にあります。

 

せっかく見つけたワゴンセール品を、ライバルに取られるのはムカつきます。

 

私は攻撃的な人間なので、ライバルが来たら、ぶん殴りたくなるでしょう。

しかし、それで得るものがないのでやりません。

 

むしろ、ライバルと交流するでしょう。

ライバルと懇意になったおかげで、刺激を受けて、もっと大きな仕入先を発掘できるかもしれません。

 

私も、松浦塾のEさんと交流して刺激を受け、その後『CDせどりのブルーオーシャン市場』を発掘しました。

 

このように、人間どこでどうお世話になるか分かりません。

一時の感情で、他人を憎んではいけないと思っています。

 

だから、ワゴンセールにライバルが来たら、その場は諦めます。

そして、交流した後は次の仕入先へGOです。

 

仕入先は無数にある、だから自分の取り分は減らない。

このように心に余裕を持てるようにしましょう。

 

結局大切なのは、心の余裕です。

心の余裕を産むのは、お金です。手元にある現金です。

 

頑張って現金を手に入れましょう!

 

「ライバルのブログや掲示板の情報を利用しよう!」記事一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。