仕入れをして、それを出品しさえすれば、売上は勝手に上がっていきます。

 

そこにせどり仲間という概念はありません。

 

以前私は、東日本のとある場所から、DVDを1,500枚仕入れました。

DVDせどりで成功!1,500枚仕入れて200万円稼ぎました!

 

仕入れた商品をAmazonFBAで出品して、Amazonフルフィルメントセンターに発送しました。

 

そして、商品が受領されるやいなや、あっという間に売上が上がりました。

 

こちらは、商品が受領されてから3日ほど経過した後の売上になります。

 

 

4日間だけで、46万円の売上が出ていますね。

 

そして、商品が受領されてから14日経過した後の、入金予定額になります。

 

DVDを1,500枚出品すれば、これだけのお金が入ってくるのです。

 

商品を仕入れして出品すれば、売上が勝手に上がっていくのです。

 

この過程で、せどり仲間は一切関係ありません。

 

★☆★☆稼げるオススメ教材★☆★☆

マカド

 

仕入れ!仕入れ!仕入れ!とにかく仕入れが大事!

せどりに限らず、ビジネスのゴールは、「お金を手に入れること」です。

 

お金を手に入れるために、せどりにおいて重要なのは、「仕入れ」です。

仕入れをして在庫を補充しましょう。

そうすれば、お金が入ってきます。

 

仕入れた商品は、AmazonFBAで出品すれば、あとはほったらかしです。

 

我々は、とにかく仕入れをしまくれば良いのです。

 

良い仕入先に恵まれるかどうかは、ただの運です。

その運を高めるために重要になってくるのは、どれだけ行動したかです。

 

せどりにおいては、商品を仕入れない限り、お金は絶対に入ってきません。

せどりセミナーに参加しても、お金は絶対に入ってきません。

 

自分で行動して、自分で仕入れて、自分で出品作業をして、そうすることでお金が入ってきます。

これがせどりの基本だと、私は考えています。

 

ではせどりにおける必要なリソースは何か?

 

気力と体力です。

行動してもよいと思える気持ち、行動する体力です。

 

やる気を出すのは、中々難しいものです。

私も、自分なりに苦労して、無理矢理やる気を出しました。

 

偉そうに記事を書いていますが、這いつくばって行動して、お金を手に入れた感じです。

 

しかし、自分一人でたくさん行動したからこそ、『せどりのブルーオーシャン市場』に巡りあえました。

そして、年商5,670万円の実績を出しました。

 

繰り返しますが、せどりでお金を手に入れるためには、仕入れをすることです。

仕入れをするという行動を、繰り返すことです。

 

せどり仲間という概念は、仕入れには関係ありません。

 

スポンサーリンク



せどりは他人と関わる必要がないのが魅力

せどりは、他人と関わる必要がないのが魅力です。

 

せどりでは、他人はただの競争相手であり、煩わしいだけの存在です。

 

せどり仲間を作って、チームでせどりをされている方が大勢いますが、私はこれには反対です。

自分が想像できる仕入れ・売上のスケールが、せどり仲間内のレベルに規定されてしまうからです。

 

私は、やろうと思えば、業者レベルの仕入れを一人で行うことが出来ます。

実際に、『せどりのブルーオーシャン市場』で、業者レベルの仕入れを何度もしてきました。

 

大量仕入れが実現できると本気で出来ると信じられるようになったのは、他人に振り回されず一人で行動してきたからです。

もし、せどり仲間を作って行動していたら、こういう信念は絶対に持てなかったです。

 

私は他人に振り回されやすい人間です。

 

もし私がせどり仲間を作った場合。

 

せどり仲間が、「月商300万円なんて無理」何て言い出したら、私も「月商300万円は絶対に無理」だと思い込んでいたことでしょう。

 

その悪い思い込みが悪化して、「月商300万円は絶対に無理だと周りが言っているから、自分は月商300万円を出してはいけない」となるかもしれません。

 

「仲間と一緒に行動しないと駄目だ」

「自分勝手な行動をしてはいけない」

「周りを出し抜いて、売上をたくさん出してはいけない」

「自分勝手な行動をしてはいけない」

こんな心理的ブレーキがかかり、行動出来なくなるはずです。

 

せどりで重要なのは、「仕入れをすること」です。

なのに、せどり仲間との関係を維持するために仕入れができないのでは、本末転倒です。

 

スポンサーリンク



私がせどり仲間を作るのを嫌う理由

私がせどり仲間を作るのをここまで嫌う理由は、過去の経験からです。

 

社会人テニスサークルに入っていたときは、周りから嫌われないよう、他人の顔色をいつも伺っていました。

 

その結果、何一つ得るものがありませんでした。

お金と貴重な休日を失っただけでした。

 

マルチ商法に手を染めていた時は、ビジネスメンバーと密に関わっていました。

全員でハワイに行って成功者になろうと誓い合いました。

ビジネスメンバーは一生の友とセミナーで教わりました。

 

しかし、ビジネスメンバーがフェイスブックでマルチの会社の製品を紹介しても、誰一人として「いいね」をしませんでした。

「いいね」をすると、自分が犯罪に手を染めていることを認めてしまうからです。

 

私はこの時思いました。

「こいつら所詮は上辺だけの付き合いかよ」と。

 

このように、社会人テニスサークルで、人間関係で窮屈な思いをした挙句にお金と時間を無駄にしたこと。

ネットワークビジネスに手を染めて、ビジネスメンバーに失望したこと。

 

こういう経験をしてきたので、私はせどりをするとき、仲間を作らず、一人で行動しようと心に決めました。

 

これが、大成功でした。

 

周りを知らないおかげで、自分でイメージ出来る仕入れスケールや売上スケールが、行動を重ねていくうちにどんどん拡大していきました。

 

そして、『せどりのブルーオーシャン市場』を発掘して、年商5,670万円の実績を出すことが出来ました。

 

スポンサーリンク



一人でやるから仕入れスケールがデカくなる

本記事の冒頭で、DVDを1,500枚仕入れた話をしました。

 

せどり仲間を作っていたら、ここまでスケールの大きな仕入れが出来ますか?

私は無理です。

 

私がせどり仲間と行動していたら、FBA在庫数が2,000点程度の人間を、「ぶっ飛んでる」などとレベルの低い言葉で褒め称えて終わっていたはずです。

 

ちなみに私は、多いときでFBA在庫が15,000点以上ありました。

せどり仲間を作らず自分一人で行動して仕入れました。

 

せどりでお金を稼ぐなら、仕入れをするしかありません。

仕入れをしてAmazonに出品する、ただこれだけです。

 

せどり仲間とか、ビジネスマインドとか、そんなもの不要です。

 

売上を出したいなら、とにかく仕入れをして下さい。

 

せどりは「ひとりビジネス」ですから。

 

「せどり仲間」記事一覧にもどる

【PR】当ブログ推薦のせどり教材「マカド」

マカド

マカド

 

>> マカドが稼げる理由の記事

 

やり方しだいで、誰もが大儲けできる可能性を秘めている教材です。

 

また、「マカド」限定の無料特典、『せどりのブルーオーシャン市場』がイチオシです。

 

この教材を使って、月商100万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

ぜひご検討ください!