私は、田舎せどりをかなりやっていました。

 

田舎せどりをやりまくる中で「CDせどりのブルーオーシャン市場」を発掘して、年商5,670万円、最高月商1,000万円、粗利3,000万円を達成しました。

 

こう言うと「意欲的に行動して、立派な成績を収めた」と思えますね。

しかし、実際は「やる気が出ない自分との戦いだった」と言えます。

 

★☆★☆稼げるオススメ教材★☆★☆

 

怠け心との戦いだった日々

私は、一日中ゴロゴロしているのが好きな人間です。

 

CDせどりのブルーオーシャン市場を攻めるのは楽しいのですが、やるまでが億劫で仕方がありませんでした。

やる気が起きず、一日10時間は寝ていました。

 

しかし、寝ている間にも在庫が目減りして売上が下がっていきます。

しかし、「寝ていたい、行くのが面倒くさい」という怠け心が邪魔して動けずにいました。

 

この怠け心と戦う時間が必要だったため、CDせどりのブルーオーシャン市場に中々行けずにいました。

こうモタモタしているうちに、仕事が忙しくなり身動きがとれなくなりました。

 

現在、東北以南のCDせどりのブルーオーシャン市場が未発掘です。

 

しかし、東北地方だけを数回攻めただけで、年商5,670万円になりました。

これがもし日本全国を攻めていたら、年商1億円は余裕で超えていたはずです。

 

スポンサーリンク



やる気が出ないのは潜在意識がブレーキをかけているから

CDせどりのブルーオーシャン市場を攻めるとき、何故いつも怠け心が出てきたのでしょうか。

 

これは、潜在意識が新しいことを嫌うからです。

 

潜在意識はマンネリを好み、新しいことを嫌います。

 

多くのサラリーマンは、家と職場との往復という家畜のような生活をしていることでしょう。

社会人歴が長い方は、この生活を長年続けているため、苦なく出来ます。

 

ですが新入社員の頃は、この生活パターンに慣れるのに非常に苦労したはずです。

学生時代の、人間らしい生活パターンから転換しなくてはなりませんから。

 

しかし、家畜にならないと会社から給料を毟り取れません。

そのため、潜在意識のブレーキに逆らう必要があります。

 

潜在意識は、身体全体を支配しています。

潜在意識と戦うことで、身体全体がダメージを受けます。

新生活が大変というのは、こういう理屈からです。

 

しかし、家畜のような生活でも、繰り返すことでマンネリ化します。

潜在意識はマンネリを好みます。

潜在意識が、家畜生活が快適だと認識して受け入れます。

 

このように、最初は辛いけど繰り返すことで苦でなくなります。

 

私の潜在意識が快適だと思う生活パターンは、家でゴロゴロする生活です。

CDせどりのブルーオーシャン市場に行く必要が出てくると、潜在意識が強く抵抗して強烈な眠気が襲い、10時間以上寝てしまいました。

 

スポンサーリンク



潜在意識の抵抗に勝つには1ミリでも行動せよ

では、「寝ていたい、行くのが面倒くさい」という潜在意識の抵抗を、私はどう乗り越えたのか?

 

1ミリでもいいから事を進めたのです。

 

CDせどりのブルーオーシャン市場を攻める時は、遠征先を決めます。

遠征先では店舗せどりもやるので、店舗リストを作成します。

それが終われば、フェリーに乗り出発です。

 

しかし、これらの手順を一気にやると、潜在意識が悲鳴を上げてしまいます。

そこで、潜在意識が抵抗しないよう、少しずつ慎重に準備を進めました。

 

・今日は、遠征先を決める。後は寝る。

・今日は、おもちゃ個人店の店舗リストを作る。後は寝る。

・今日は、リサイクルショップの店舗リストを作る。後は寝る。

・今日は、ホームセンターの店舗リストを作る。後は寝る。

・今日は、イオンの店舗リストを作る。後は寝る。

・今日は、イトーヨーカドーの店舗リストを作る。後は寝る。

・今日は、TSUTAYAの店舗リストを作る。後は寝る。

 

・・・

 

こんな感じで、潜在意識が抵抗しないよう、少しずつ慎重に準備を進めました。

ここまで神経質にならないと、私の場合行動できませんでした。

 

しかし、やり始めるのが一番大変で、いざ準備に取り掛かると、エンジンがかかり勢いが付いてきて、一気に準備が終わりました。

やり始めるのが一番大変だっただけです。

 

ではやり始めるコツは?

 

何も考えずにとにかく準備に着手することです。

「寝ていたい、行くのが面倒くさい」という感情を認めて、「ダメで元々、やっちゃえ!」と投げやりな気持ちになることです。

 

このような適当な感情になると、潜在意識を騙すことができ、準備をやり始めることができます。

それでもダメな時は、その日は諦めて寝ました。

 

私が地方遠征で準備を進める時は、いつもこんな感じです。

 

遠征先と店舗リストが完成して、フェリーに乗って出発する時は、潜在意識の抵抗がMAXになりました。

出発する前日は、放心状態で死んでいました。

 

しかし、フェリーの予約を取っているため、行かざるを得ない状況です。

このような状況に自分を追い詰めて、無理矢理出発します。

 

いざ遠征先に行ってしまえば、潜在意識も観念します。

もうやるしかないと。

 

後は、勝手に大量行動ができます。

そして、大量仕入れが出来て、大きな売上を出しました。

 

スポンサーリンク



自分一人でやる気を出そう。他人はいらない

さて、せどりをやり始めるコツについてお話ししました。

ポイントは、少しずつ準備を進めてやる気を出して行くことです。

 

ここまでを振り返って、他人は一切関与していないことが分かります。

やる気を出すのに、他人は不要であると私は思います。

 

私は過去にマルチ商法(犯罪)に手を染めていました。

 

私の潜在意識が望んでいることは、他人と関わらず穏やかな毎日を過すことです。

しかし、マルチ商法の本質は、他人を騙してセミナーに連れ込んで洗脳させて金を騙し取ることです。

四六時中他人と関わる必要があります。

 

マルチ商法は、私の本心と大きくかけ離れた、絶対にやってはいけないものでした。

 

しかし、セミナーでは「この会社でしか幸せになれない」「成功するなら今しかない」と何度も刷り込まれます。

潜在意識がいつも悲鳴を上げていました。

 

潜在意識は身体と心を支配しています。

潜在意識が悲鳴を上げ続けたせいで、私の身体と心にダメージが蓄積されていきました。

最後は心のバランスを崩して、精神崩壊しました。

 

このような経験から、他人からやる気引き出してもらおうとすると、カモられると思っています。

 

やる気を出すために、試行錯誤して自分なりのやり方を編み出しましょう。

自分なりのやり方とは自分にフィットしたやり方なので、無理がありません。

自分で出したやる気は、自分にとっての「本物のやる気」なので持続します。

 

結局、何をするにも自分なりのやり方を編み出すことが、成功への一番の近道なのです。

 

やる気が出なくて困っている方は、自分一人で色々試してみてください。

他人のアドバイスは不要です。

 

せどりのやり方とコツ記事一覧に戻る

【PR】当ブログ推薦の2つのせどり教材

サヤ取りせどらー最終バージョン

 

>> サヤ取りせどらー最終バージョンが稼げる理由の記事

 

マカド

マカド

 

>> マカドが稼げる理由の記事

 

どちらも、やり方しだいで、誰もが大儲けできる可能性を秘めています。

 

また、「サヤ取りせどらー最終バージョン」限定の無料特典、『CDせどりの教材』がイチオシです。

 

この教材を使って、月商100万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

ぜひご検討ください!