せどりで車を使うなら、自動車保険には絶対に加入して下さい。

 

交通事故を起こしたとき、最悪、数億円単位の莫大な損害賠償を請求される可能性があります。

 

こうなったら、自己破産をして一家全員首を括るハメになるかもしれません。

 

だから、賠償能力のない我々が自分の身を守るためにも、自動車保険には絶対に加入して下さい。

 

自動車保険には、自賠責保険と任意保険の二種類があります。

 

自賠責保険

自賠責保険は、購入時に自動的に強制的に加入させられる保険です。

 

自賠責保険は、相手方に対しての保証しかなされません。

しかも、死亡や後遺症が残った場合に対して、充分な保証がされません。

自賠責保険の保証内容

自賠責保険の保証内容を、簡単に説明します。

事故で相手が骨折などの怪我をした場合

最高120万円支払われます。

 

事故で、相手方が入院して会社を休まねばならない場合、入院費用と給料分の損害賠償を請求されます。

相手方の会社からも、相手方が仕事が出来なかったことによって生じた損失を請求されることでしょう。

 

これを逸失利益と呼ぶそうです。

 

当然、賠償請求額は120万円では済みません。

事故で相手方が寝たきりになった場合

最高4,000万円支払われます

 

こんな状態になってしまったら、相手方は会社を辞めることになるでしょう。

その場合、相手方の見込み生涯年収分の賠償をしなくてはなりません。

 

その額は、おそらく2億円は下らないでしょう。

 

自賠責保険だけでは全額カバー出来ません。

カバー出来なかった分は、自分で負担しなくてはなりません。

 

当然こんな大金支払うことは出来ませんから、一家全員首を括ることになるでしょう。

事故で相手方が死亡した場合

最高3,000万円支払われます

 

先ほど、逸失利益という言葉が出てきました。

相手方が働いていた場合に、本来得られたであろう給料や生涯年収のことです。

 

少なくとも2億円丸々損害賠償請求されるでしょうから、自賠責保険だけでは全額カバー出来ません。

 

つまり、億単位の莫大な借金を負い、一家全員首を括ることになるでしょう。

任意保険に加入を

こんな感じで、自賠責保険だけでは、相手方に対する保証が充分でないことは明らかです。

だから、任意保険には絶対に加入して下さい。

 

任意保険に加入していれば、相手方に対して充分な保証がなされます。

また、自分が入院したり、自分の車が損傷した場合にも、保険金が支払われます。

任意保険の3つのメリット

任意保険には、3つのメリットがあります。

<任意保険のメリット>

・相手方に対しての損害補償額が全額支払われる

・自分の車や家の補修代など修理代が支払われる

・相手方に賠償能力がない場合でも自分の保険で賄える

 

それぞれについて、詳しく説明します。

相手方に対しての損害補償額が全額支払われる

東京海上日動などの自動車保険のプランを見ますと、「対人・対物無制限」という言葉が出てきます。

 

これは言葉の通り、相手方が死亡したりして、億単位の莫大な賠償金が発生しても、保険会社が全額保証してくれるということです。

 

自分の車や家の補修代など修理代が支払われる

任意保険に加入していれば、事故を起こした時に、自分の愛車の修理費用が保険会社から支払われます。

 

全損担保という言葉をご存知でしょうか?

 

これは、当て逃げにより車を破損させられた場合にも、修理費用が保険会社から全額支払われる保証です。

相手方に賠償能力がない場合でも自分の保険で賄える

今度は、事故に巻き込まれたことを想像して下さい。

 

相手方の過失割合が100%(0-100で相手が悪い)という状況です。

 

この場合、事故により自分が被った損害を、相手が補償する義務が生じます。

 

しかし、相手が任意保険に加入していない場合、相手方は自腹を切って損害を補償しなくてはなりません。

 

任意保険に加入せず保険代を支払うことが出来ないような人間です。

支払い能力は、当然持ち合わせていないことでしょう。

 

損害を補償するために、裁判を起こして相手方の家屋などの財産を差し押さえるという手段があります。

強制執行というやつです。

 

しかしこうした法的手段に訴えることは出来ますが、実際には裁判で判決が出るまでに1年近くかかるそうです。

家屋の差し押さえも、強制力がそこまで強いものではないらしく、相手方が開き直って家に居座るなんてことが多々あるそうです。

こうなったら、泣き寝入りしかありません。

 

こうして相手方に賠償能力がない場合、任意保険なら。被った損失をこちらの保険で補償できます。

 

この補償の名称は各保険会社で異なるそうですが、私が加入している自治労共済の場合、「無共済等自動車傷害」というそうです。

最低でも「対人・対物無制限」のプランに加入を

任意保険は、保障される範囲を狭めたり、保証される金額を少なくするなどして、保険料を安く抑えることが出来ます。

 

しかし、最低でも「対人・対物無制限」のプランには加入して下さい。

 

これで、事故で相手方に損失を与えても、損害を100%補償できます。

 

我々は大人です。

大人であると自覚しているなら、賠償能力をきちんと身につけて、きちんと責任を持てるようにするべきです。

 

保険料をケチって、「対人・対物無制限」のプランを外すような愚かな真似は絶対に止めましょう。

無共済等自動車傷害も加入した方がいい

「無共済等自動車傷害」(相手方に賠償能力がない場合でも自分の保険で賄える)についても、出来れば加入して下さい。

 

事故を起こした相手が最悪、無車検・飲酒運転の状態な可能性もあります。

 

こういう人間からの事故に巻き込まれた場合、当然賠償金は期待できません。

受けた損害は全額こちら側で負担することになります。

 

だから、こちら側で損害を補償出来るよう、自衛しましょう。

全損担保への加入は任意

全損担保(当て逃げにより車を破損させられた場合の修理代を補償する保険プラン)ですが、これはお任せします。

 

私は保険料が高くつくので加入していません。

保険会社はどこがよいか

次に、どこの保険会社を選べばよいかについて。

 

私は、自治労共済しか知りませんので、クルマ磨き研究所の方の意見を掲載させていただきます。

此処から本題の、どこ保険会社が良いのか?

 

大事なお車であり、事故時にきちんとした保証・対応を一番に望まれるのであれば、ダイレクト系は避けるべきでしょう・・・

 

特に、外資系は最悪と思って間違いありません。

確かに保険料は相当お安いかもしれませんが、安かろう悪かろうの典型的商品と言えます・・・

 

その中でも、一番まともと思えるのは、ソニー損保でしょう!

ほとんど近距離しか乗らないとか、事故リスクが低く、「とりあえず直ればいいや!」程度の方には、いい保険かもしれません?

 

次に、共済系ですが、

・JA

・全労済

が、主なものとなります。

 

JAですが、損保との事故示談に関しては弱い・・・

という事は、周知の事実ですので、JAにされるのであれば車両保険全阻害担保加入は必須条件でしょう!

但し、保険料が相当安いですから、全損害担保の車両保険でもさほどの保険料にはならないでしょう。

又、損保の様に支払いはシビアではありませんので、クオリティーの高い高額修理でもほとんど揉めることは無いでしょう!

ダメな部分は、事故受付が土日・休日・夜間になると一気に受付クオリティーが下がるため、対応が後手後手になります・・・

これはロードサービスにも言える事で、内容的な充実度は損保に較べかなり低いです。

 

全労済も、JAとほぼ同じことが言えるでしょう。

全労済独自なのは、代車費用特約が事故日より1か月以内とかなり短い設定です・・・

但し、損害センターの職員は、JAと違いプロの専門職としてのスキルは高いので、JAよりも対応レベルは良いと思われます!

 

損保系は?

と言うと、保険料は一番高い保険グループとなりますが、今は各社によりかなりの保険料の違いはありますが、ダイレクト系や共済連系と肩を並べられるほどの差はありません・・・

ただし、特に車両保険加入時のメリットは多くあります!

たとえば、車両保険を頻繁に内容変更をしたり、特殊な車であったり、特殊な装備などが付帯していたり、等の細かなニーズに応じることが可能です。

又、窓口販売が基本ですから、販売担当者が事故担当者とは別にいますので、社内的交渉や融通性も時としては有効になります!

が、その販売担当者の誠意やスキル次第ですが・・・

 

所謂、窓口販売の大手損保は下記のようです。

・東京海上日動火災

・損害保険ジャパン日本興亜損害保険

・三井住友海上火災

・あいおいニッセイ同和損保

・富士火災

 

この中で、一番に外したほうが良いのが、富士火災です・・・

と言うのは、現在AIG傘下となっていますが、AIGは支払いが悪い・キツイでのし上がってきた会社ですので。

あえて選ぶ意味での、まったくメリットが見当たりません・・・

 

次に好ましくないのが、損害保険ジャパン日本興亜と、あいおいニッセイ同和損保です・・・

この2社は近年合併を繰り返してきており、合併前の各社の勢力争い的な要因が根強く残っており、会社として統一的賠償・保険支払が徹底されておらず、各損害センターやアジャスター個人での振れ幅が大きすぎるようです。

 

次は、東京海上日動火災ですが、最近までは日本最大の損害保険会社として、かなり高飛車な対応でしたが、最近他社が合併を繰り返すことで規模が迫ってきたことの危機感なのか?

最近ではかなり腰も低くなり、ユーザー目線で判断するような傾向もみられます!

もともと最大大手として、システム的には徹底されていますので、此処がまるで駄目と言うような所は無いでしょう。

所謂、入っていて安心な保険会社と言えるでしょう!

 

大手損保系で、一押しなのは三井住友海上火災だと思います!

保険料は、大手損保の中で安い方とは言えないかもしれません・・・

一応MS&ADホールディングスと言う、あいおいニッセイ同和損保と同じメガグループには属していますが、現段階では独立会社として歩んでいます。

然し、もともと財閥である三井と住友との合併会社からなのか、

支払いに関しては非常に被害者もしくは加入者目線での対応をなされています!

過去に弊社であった例として、新車に近いお車を露天駐車しておいたところ、花粉黄砂の季節でそれが塗装に食い込み、塗装を溶かすようなレベルの染みが出来てしまいました・・・

其れに対して、車両保険ですべての損害を担保し修理が認められました!

 

 

保険会社は、どこが良いの?

 

以上、自動車保険の話をさせて頂きました。

 

せどりで車を使われる方は、任意保険には絶対に加入して下さいね。

 

「せどりで車を使うとき」記事一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。