中国輸入転売は、非常に儲かるせどり手法です。

 

今回紹介するのは、中国からスマホケースを仕入れてAmazonに出品して、アカウント停止になった事例です。

 

この事例を見れば、中国輸入転売はリスクがある商売なのが分かります。

 

ですが、ノーブランド品を自社ブランド化して、Amazonで独占販売できたら、大儲けできる可能性があります。

 

それでも、偽物が相乗り出品される危険性があります。

 

そのせいで、悪い評価とカスタマーレビューが続いて、商品が売れなくなるかもしれません。

 

中国輸入転売は、問題が沢山ありますね。

 

これらの問題への対策法を、以下に紹介します。

 

ノーブランド品を自社ブランド化して独占販売して大儲けしよう

 

中国輸入転売の醍醐味は、Amazon独占販売して、大もうけ出来ることでしょう。

 

それゆえ、相乗り出品されるのは死活問題です。

 

相乗り出品防止策として、「ノーブランド品を自社ブランド化する」方法があります。

 

例えば、スマホケースを販売したい場合。

 

ノーブランド品のスマホケースに、「商品本体に対する永遠に不滅の加工」を施します。

 

具体的には、スマホケースに「刻印、印刷、塗装、スタンプ、布タグの縫い付け」などをします。

シールやステッカーを貼るだけでは、ダメです。

 

ここまで細工を施してAmazonに出品すれば、相乗り出品を防止して、独占販売できることでしょう。

 

ただし、類似品がすでにAmazonに出品されていないかの確認が必要です。

 

類似品がすでにAmazonに出品されていたら、Amazonアカウント停止になる危険があります。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

【中国輸入せどり】ノーブランド品を自社ブランド化して独占販売して大儲けしよう

偽物が相乗り出品されたら

 

ノーブランド品のスマホケースなどを中国から輸入して、自社ブランド化して、Amazonに出品できます。

 

自社ブランド化した商品の商品カタログを新規作成して、Amazonに出品します。

 

ですが、この自社ブランド化した商品のページに、ノーブランド品を相乗り出品する輩がいるそうです。

 

結論から言えば、これは放置すればOKです。

 

偽物ですので、購入者から返品と、返金リクエストが相次ぐでしょう。

あるいは、Amazonマーケットプレイス保証申請や、「評価1」の悪い評価を大量に食らうかもしれません。

 

返金率、注文不良率が上昇して、パフォーマンス目標を達成出来ないと、Amazonアカウント停止や閉鎖になります。

 

ゆえに、この相乗り出品者は勝手に消えていくので、放置でOKです。

 

しかし、カスタマーからの悪い評価とレビューが相次ぐと、自社ブランド化した商品の売れ行きが悪くなる可能性があります。

 

相乗り出品者を排除する方法も、合わせて紹介します。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

輸入せどらー必見!偽物が相乗り出品されときの対処法を教えます!

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要がありますが、ネット上に住所が明かされると家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

アフィリエイト報酬額も8,000円と高額ですので、教材購入費用を余裕で回収出来るはずです。

実際に、このCDせどりの教材で稼いでいるアフィリエイターは多数います。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。