本記事では、Amazon一括出品ツールの欠点を改善したツールのプログラムを紹介します。

プログラミングが得意な方は、ツール開発にチャレンジしてお金儲けをしてみませんか?

 

以下、Amazon一括出品ツールの欠点を改善したツールの内容を紹介します。

 

Amazon一括出品ツールの欠点は「二重登録」になること

Amazon一括出品ツールの欠点は、二重登録を回避できないことでしたね。

二重登録状態になると、規約違反となりAmazonアカウント停止になります。

 

二重登録状態は、在庫管理画面にある同一JANコード・同一コンディションの商品を、Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに入力することでなります。

 

二重登録状態の例を以下に示します。

 

 

詳しくは、『Amazon一括出品ツールの使い方を間違えてアカウント停止になるかも』の記事をご参照ください。

既存の商品情報の削除と再追加をAmazon一括出品ツールで行う

在庫管理画面に同一JAN・同一コンディションの商品が登録されているだけでは、Amazonアカウント停止にはなりません。

 

それらの商品のステータスが「出品中」になるとアウトです。

これを「二重出品」状態と言います。

 

「二重出品」は、テンプレートファイルに入力した商品と同一の商品が在庫管理画面に既にあるのに出品することで発生します。

 

また、テンプレートファイルをアップロードすると、テンプレートファイルに入力した商品が在庫管理画面の先頭に表示されます。

 

例えば、こちらのテンプレートファイルをアップロードしてみましょう。

Flat.File.InventoryLoader.jp.xls

商品管理番号    商品コード(JANコード等)    商品コードのタイプ    販売価格    商品のコンディション    登録/削除    商品メモ    フルフィルメントセンターID

20160102-01    9784047915572    4        800                2        a    14    非常に良い状態です。    AMAZON_JP
20160102-02    9784797349900    4        800                3        a    14    良い状態です。    AMAZON_JP

 

アップロード完了後、在庫管理画面の先頭に表示されているのが分かります。

 

27

 

テンプレートファイルアップロード後、在庫管理画面の先頭に表示された商品を機械的に出品できれば楽そうです。

 

テンプレートファイルに既存の商品情報の削除と再追加を盛り込めないのでしょうか?

 

例えば、以下の方法で。

①Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに在庫管理画面に登録された既存の商品のSKUを入力して、「登録/削除」項目で「x = (削除)」を選択 

②テンプレートファイルに既存の商品の削除前の商品情報を全て入力

③テンプレートファイルをアップデート

 

こちらの新品CDを例にとって、具体的にやってみましょう。

 

28

 

在庫管理画面にてこの商品のJANコードを検索すると、この商品は「2013/10/30 17:06:23 」に既に登録されていました。

在庫管理画面の下の方に埋もれていますね。

 

29

 

この商品のステータスは「停止中(在庫切れ)」なので、Amazon一括出品ツールを用いて、商品情報を削除後に新規追加して先頭に表示させましょう。

 

先ほど紹介した3つの手順をやってみます。

 

①Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに在庫管理画面に登録された既存の商品のSKUを入力して、「登録/削除」項目で「x = (削除)」を選択 

 

在庫管理画面からSKUをコピーして、テンプレートファイルに入力します。

Flat.File.InventoryLoader.jp.xls

商品管理番号    商品コード(JANコード等)    商品コードのタイプ    登録/削除 

22-4IYG-XG2C     4988017609514     4                                x

 

②テンプレートファイルに既存の商品の削除前の商品情報を全て入力

 

削除前の商品情報を出品詳細レポートから入手して、テンプレートファイルに入力します。

 

出品詳細レポートは、在庫タブから「出品レポート」を選択して「出品レポート」画面を開いて入手できます。

 

30

 

 

31

 

 

32

 

 

33

 

 

出品詳細レポート「146529133016802.txt」を開き、Excelにコピーします。

 

「ctrl」+「A」キーで全選択状態にして、「ctrl」+「C」キーで全コピーします。

 

34

 

Excelを起動して、1行目のセルを全選択して、「ctrl」+「V」キーで貼り付けます。

 

37

 

「ctrl」+「V」キーで「検索と置換」画面を開き、テンプレートファイルのSKU「22-4IYG-XG2C」を検索します。

 

43

 

コピーして、テンプレートファイルに貼り付けます。

 

44

 

貼り付けた内容を元にして、テンプレートファイルの2行目に商品情報を入力します。

 

Flat.File.InventoryLoader.jp.xls

商品管理番号    商品コード(JANコード等)    商品コードのタイプ    販売価格    商品のコンディション    登録/削除    商品メモ    フルフィルメントセンターID

22-4IYG-XG2C     4988017609514     4                                x
20160102-03         4988017609514    4        9998                11        a        長いので割愛    AMAZON_JP

 

※同一SKUだとアップロードできませんのでご注意ください。

 

これで、在庫管理画面の先頭に表示できます。

在庫管理画面に既に登録された商品は削除されていますので、先頭表示された商品を機械的に出品して完了です。

Microsoft Accessを使ってツールを開発してみた

テンプレートファイルの2行目(既存の商品情報)は、出品詳細レポートからコピペした後、テンプレートファイルの項目を手入力で埋めました。

 

今回は商品を1件しか登録しませんでしたが、これが100件とかになると手入力だとミスしそうですね。

 

もし、テンプレートファイルに商品情報を書き込むブログラムを開発出来れば、入力ミスせずに済みそうです。

 

簡単ではありますが、Microsoft Accessを使用した処理フローを自分なりに作成してみました。

 

<処理フロー>

1.Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに今回登録したい商品のJANコードをバーコードリーダーを使用して入力する。コンディションも数値で入力する(コンディション値と呼ぶことにする)。

 

2.Amazonセラーセントラルから、出品詳細レポート 、出品レポート 、FBA在庫 を出力する。

 

3.マイクロソフトAccess側で、テンプレートファイル、出品詳細レポート 、出品レポート 、FBA在庫レポートを取り込む

対応するテーブル:テンプレートファイル→W_TMP、出品詳細レポート→W_SYPSYOREP、出品レポート→W_SYPREP、FBA在庫レポート→W_FBAZAIREP

 

4.W_TMPに取り込んだJANコードをASINに変換する。

 

5.最終的にAmazon一括出品ツールのテンプレートファイルに書き込むテーブルW_TMPWRITEを用意する。W_TMPWRITEが持つ属性(テーブル項目)はテンプレートファイルの物理名に準じる

 

6.SQL文でW_TMPとW_SYPSYOREPをASINとコンディション値を紐付けて、今回登録する商品が在庫管理画面にあるかどうかを検査する。

 

7.在庫管理画面に存在しない場合、新規追加になるので、W_TMPWRITEに以下のように値を挿入する。

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id    Caution

W_SYPSYOREPのSKUと重複しない任意の英数字    その商品のASIN    1                        W_TMPのコンディション値        a                新規登録する商品です価格などの商品情報を入力してください。

 

8.在庫管理画面に存在する場合その商品が自己発送かFBAかを判断する。

 

9.W_SYPSYOREPからASINとSKUとフルフィルメント・チャンネルを取り出す。

 

10.フルフィルメント・チャンネルが「DEFAULT」なら自己発送と判断。W_SYPREPのASINとSKUを紐付けてW_TMPWRITEに以下のように値を挿入する。

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id    Caution

W_SYPSYOREPのSKU    W_SYPSYOREPのASIN    1        W_SYPSYOREPの「価格」                W_SYPSYOREPの「コンディション」    W_SYPSYOREPの「数量」    a            DEFAULT    自己発送の商品です。現在の数量からいくつ増やすのか入力してください。

※自己発送の場合は、在庫管理画面の先頭に来なくても困らないと思うので、更新のみに留めました。

 

11.フルフィルメント・チャンネルが「AMAZON_JP」ならFBAと判断。W_FBAZAIREPのseller-skuとasinとcondition-typeを紐付ける。

 

12.W_FBAZAIREPのQuantity Availableが1以上なら「出品中」と判断。0なら「停止中(在庫切れ)」と判断

 

13.「出品中」の場合。現在の商品情報を消去出来ない。なので、W_TMPINDELIBLEテーブルを用意して、そこに以下のように値を挿入する。

sku    product-id    Caution
W_FBAZAIREPのSKU    W_FBAZAIREPのASIN    FBAで現在出品中の商品です。在庫管理画面でASINを一つずつ入力して納品プランに商品を追加してください。

 

14.「停止中」の場合。現在の商品情報を消去して、新しいSKUを付与して同じ商品情報をW_TMPWRITEに書き込む。

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id    Caution

W_SYPSYOREPのSKU    W_SYPSYOREPの商品ID    1                                x
W_SYPSYOREPのSKUと重複しない任意の英数字    W_SYPSYOREPの商品ID    1    W_SYPSYOREの使用しない支払い方法    W_SYPSYOREの価格    NULL    NULL    NULL    W_SYPSYOREのコンディション    NULL    a    NULL    W_SYPSYOREのコンディション説明    AMAZON_JP

 

15.W_TMPWRITEのテーブル内容を、テンプレートファイルに書き込む。

 

16.W_TMPINDELIBLEのテーブル内容をエクセル出力する。

 

以上です。

システムを作れなら、品質保証した上で是非ともやって頂きたいです。

 

以上、Amazon一括出品ツールを紹介しました。

 

問題なのは、やはり二重登録になる可能性があることでしょう。

現行、テンプレートファイルのアップロード時に二重登録をチェックする機能が、Amazonにありません。

我々の方で注意して使う必要があります。

 

Amazon一括出品ツールの記事一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。