私はAmazon FBAで出品しています。

 

だから、運送会社の配送ミスにより商品が購入者に届かなかった場合、Amazonが対応してくれます。

 

しかし、自己発送の方は、こうしたトラブルに見舞われた場合、自分で対応しなくてはなりません。

 

場合によっては、Amazonマーケットプレイス保証申請をされる可能性があります。

 

本事例

運送会社の配送ミスにより商品が購入者に届かなかった場合の事例を紹介します。

 

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

追跡番号付きのメール便で商品を発送しました。

 

投函完了を確認しましたが、購入者から商品を受け取っていないとの連絡を頂きました。

 

運送会社に連絡しましたが、追跡番号の商品のデータ通り、配達が問題なく行われたとのことでした。

配達員の方にも確認したそうです。

 

では、購入者が嘘をついているのでしょうか?

購入者と連絡を取った感じでは、そんな感じはしませんでした。

 

結局商品は見つからず、購入者への対応をしなければなりません。

 

この場合、当店が売上無しで返金対応をしたり、自宅にある在庫を再送しなくてはならないのでしょうか?

 

Amazonマーケットプレイス保証申請の規約を簡単に読んだ感じ、

追跡番号付きで発送した商品が届かなかった場合、

Amazonが販売価格の保証をしてくれるみたいです(違います)。

 

皆さんは、このような場合、どんな対応をされているのでしょうか?

メール便は商品紛失時の保証がない

運送会社のミスで商品が届かない場合、出品者はどんな対応を取るのでしょうか?

責任の所在はどこなのでしょうか?

 

Amazonセラーフォーラムに、非常に分かりやすい答えが投稿されていました。

 

以下、投稿内容です(文章校正後)。

自分の経験上、メール便等の追跡可能タイプの投函配送ですと、運送会社の配送ミスにより商品が購入者に届かない確率は1%未満です。

 

以下、ざっくりと法的な考察です。

 

>パターン1

出品者が出荷(メール便等の追跡可、事故補償無しによる配送)

・出品者は購入者に対して販売した商品の責任を負う。

・運送会社は配送に関して責任を負う。ただし、輸送事故時の保証はしない(約款によるが、運送費用は保証する場合が多い)。

・Amazonは原則、取引に関与しない。

 

>パターン2

出品者が出荷(レターパックプラスや宅配便等の追跡可、事故補償有りによる配送)

・出品者は購入者に対して販売した商品の責任を負う。

・運送会社は配送に関して責任を負う。ただし、輸送事故時は輸送内容物に応じて保証を行う(約款によるが30万円が上限の場合が多い)。

・Amazonは原則、取引に関与しない。

 

>パターン3

Amazonが出荷(FBA)

・出品者は購入者に対して販売した商品の責任を負う。

・Amazonは取引に直接的には関与しないが、配送や金銭授受の責務を負う。(輸送等で何かあったらAmazonが対応する)

 

あなたの場合は、パターン1に当てはまるかと思います。

 

運送会社は各運送方法により約款を定めていて、メール便だと紛失や誤配は保証しないよってのが通例です。

だから運賃が安い。

 

メール便は、カタログやDM等、紛失しても問題のないものを輸送することを前提にしているからです。

 

商品の配送方法の決定権を持つあなたが、パターン1(メール便)を選んだことから、最終的な責任はあなたにあるでしょう。

 

私は、高額商品は宅配便、紛失しても返金すればそれで良いと思える商品はメール便、という感じで配送方法を使い分けています。

 

あと、Amazonマーケットプレイス保証申請を購入者にしてもらうことをお考えみたいですが、止めましょう。

使用されると「注文不良率」が上がり、Amazonアカウント停止や閉鎖になりますから。

参考)Amazonマーケットプレイス保証申請とは何かを詳しく説明!

自己発送はリスクもあるがメリットも大きい

自己発送のメリットは、手数料が安いことです。

 

中古本や中古CDなどの商品を数千点出品する場合、FBAと比較して、手数料だけで数十万円のお金を浮かすことが出来ます。

 

しかし自己発送の場合、自分で商品を一つずつ梱包して出荷するなど、多大なる労力が必要です。

 

購入者の間で発生したトラブルを、全て自分で解決しなくてはなりません。

 

Amazonマーケットプレイス保証申請をやられて、Amazonアカウント停止になる危険性もあります。

 

しかもAmazonでは、カートボックスなどでFBA出品者が優先されています。

 

ですが、それを補ってもなお余るくらいの魅力が自己発送にはあるのも事実でしょう。

 

Amazonマーケットプレイス保証申請の記事一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。