本教材は、以下の教材の無料特典として付属します。

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

本教材のみをご希望の方は、こちらの『お問い合わせフォーム』にてお問い合わせください。

 

以下、本教材について詳しく説明いたします。

 

新品CDの流通量と私の実績

本教材で仕入れ対象としている商品ジャンルは、新品CDです。

日本には、アルバムCDだけで、59億624万枚という膨大な量の新品CDが日本に流通しています。

(注:日本レコード協会発表資料より)

 

その中で、私は、たった26,000枚の新品CDをAmazonで販売しただけで、CDだけで約5,500万円の売上を出しました。

 

証拠として、Amazonセラーセントラルのビジネスレポートの画像を示します。

 

 

 

本教材のタイトルで、「CDせどりのブルーオーシャン市場」と銘打っていますが、日本に流通している59億624万枚ものCDから見れば、これは氷山の一角に過ぎません。

日本には、「CDせどりのブルーオーシャン市場」意外にも、まだまだ人知れずCDが眠っているのは、この数字を見れば明らかです。

 

数字だけで無く、私がお会いした数多くの経営者から、音楽業界の裏事情を聞いて、仕入れ先が無数にあることを確認済みです。

CDせどりのブルーオーシャン市場とは

CDせどりのブルーオーシャン市場とは、利益率200%以上の新品CDが、人知れず置かれている場所のことです。

 

その場所の目の付け所、そこにいる経営者との価格交渉術を駆使して、新品CDを大量仕入れするテクニックを紹介しています。

 

加えて、CDせどりのブルーオーシャン市場で培った価格交渉術を、他の商品ジャンルに活かして稼ぐ方法も紹介しています。

 

CDが置かれている場所に行き、経営者との価格交渉が成功すると、これだけの仕入れが出来ます。

 

①CD・DVD10,000枚を仕入れ

 

②CD・DVD15,000枚を仕入れ

 

全ての箱に、このようなCDがぎっしり詰まっています。

 

10日間で約450万円の入金

私の実績

私は、CDせどりのブルーオーシャン市場の一部を攻略しただけで、年商5,670万円・最高月商1,000万円・年利益約3,000万円(利益率300%)の実績を出しました。

 

先ほども申し上げましたが、日本には、アルバムCDだけで、59億0624万枚という膨大な量のCDが日本に流通しています。

私は、そのうちのたった26,000枚を、販売しただけです。

 

売り上げ実績の一部を紹介します。

 

 

今は仕事が多忙で、拘束されて仕入れに行けず、在庫を捌いている状態です。

しかし、在庫を捌いただけで、年商1,000万円弱の実績を出すことができました。

 

上の画像を見ますと、新品CD(ミュージックの商品カテゴリ)を、26,000枚販売しただけで、5,500万円の売上が出ていることが分かります。

 

先ほども申し上げました通り、日本には、アルバムCDだけで、59億624万枚という膨大な量のCDが流通しています。

私が発見した、CDせどりのブルーオーシャン市場は、そのごく一部に過ぎません。

 

日本には、まだまだ人知れずCDが眠っているのは、この数字を見れば明らかです。

 

数字だけで無く、私がお会いした数多くの経営者から、音楽業界の裏事情を聞いて、仕入れ先が無数にあることを確認しています。

この教材を使えば稼げるのか?

結論から言えば、再現性があると言えます。

再現性があると思われる証拠

実際に本教材を購入された方が、それなりに稼がれています。

 

以下に、購入者さまから頂いたメール内容を紹介します。

 

<購入者さま その1>

以前商材を買わせて頂いたNです。

本当に素晴らしい教材を売って下さりありがとうございます!

以下、回答です。

 

①仕入れ先は、本教材で紹介した仕入れ先種類A・仕入れ先種類B・仕入れ先種類Cのいずれでしょうか?
⇒おかげさまですべての種類の仕入れ先で仕入れに成功しました。

 

②いくつの仕入れ先を攻略されましたか?
⇒数えていませんが、10以上は成功していると思います。

 

③トータルで仕入れたCD・DVDの枚数は何枚ほどでしょうか?また、1仕入れ先で最高で何枚仕入れることに成功されましたか?
⇒トータルでは4000~5000枚程度でしょうか。最高で1仕入れ先で600枚ほどだった気がします。

 

④仕入れ価格は平均して1仕入れ先当たり、おいくらでしたでしょうか?最高で1仕入れ先当たり、おいくらだったのでしょうか?
⇒平均18万円ぐらいです。最高でも25万円ぐらいだと思います。

 

⑤仕入れに成功した後、月商はどのくらい出ましたでしょうか?また、本教材を活用されたことで、トータルでおいくら売上が出ましたでしょうか?
月商は230万円ほどです。トータルで500万ほどでしょうか?

 

⑥これまで稼がれた粗利は、およそおいくらでしょうか?
粗利だと200万行くか行かないかぐらいでしょうか?現在の残り在庫は1,000以上あります。

 

これから教材を購入されるみなさんの参考になれば幸いです。

また特別な情報があれば教えて下さいませ。

素晴らしいノウハウを下さって、本当にありがとうございました。

 

<購入者さま その2>

今年の5月に教材を購入した、Tです。

その後について、報告します。

 

今年の5月に教材を購入してから約半年間、それまでのせどりの方法を止めて、masaさんの教材の手法をメインに取り組みました。

 

実家がある○○地区にエリアを変更してがっつり回ってみたところ、これが当たりで大きく結果が出ました。

実家を拠点に車で○○地区を攻めて、売上、利益ともかなりアップしました。

本当にありがとうございました。

 

以下、簡単ですが報告です!

 

①仕入れ先は、本教材で紹介した仕入れ先種類A・仕入れ先種類B・仕入れ先種類Cのいずれでしょうか?

⇒全ての仕入れ先種類で仕入れできました。

 

②1仕入れ先当たり、平均何枚くらいCDを仕入れ出来ましたか?また、1仕入れ先で最大何枚くらい仕入れ出来ましたか?

⇒正確な数字ではなくあくまで感覚ですが、平均すると300-400枚くらいでしょうか。最大1,200枚くらい仕入れできた仕入れ先もありました。

 

③本教材を半年間利用して、売上と粗利が半年間合計でどのくらい出ましたか?

質問の答えになってないかもしれませんが、現時点でCDをトータル5,000枚くらい仕入れできたので売上、粗利ともにそれ相応になっていると思います。

 

以上、簡単ではありますが報告です。

本当にありがとうございました。

まだまだ仕入れ先が大量に残されていた

先日私が仕入れ先に電話をしてたところ、これまでに攻略された仕入れ先は全体の30%程度であることが分かりました。

 

何故仕入れ先が大量に残されているのか?

経営者から電話でこう言われました。

「最近いろんな人がうちに電話をしてきたり、会社に来たりして、CDを売ってくれって言われるけど、なんか信用できなくてね」。

と。

 

これは、教材をきちんと読まずに、さっさと仕入れ先に行き、自分なりのやり方で経営者にアプローチしている方ばかりだからでしょう。

本教材で紹介する仕入れ先は、一度断られたり、経営者に嫌われたりしたら、それで終わりであるパターンが殆どです。

もちろん、敗者復活もありえますが、滅多に無いと思ってください。

 

仕入れ先が大量に残されているもう一つの理由は、県民性の問題があるからでしょう。

地域によって、経営者の人柄は大きく変わってきます。

私が回った経験を踏まえて言うと、気前の良い経営者が沢山いる地域もあれば、金に腰掛けて酷いことを平気でしてくる経営者が沢山いる地域もありました。

地域によって、本当に人柄が変わってきます。

 

先ほど紹介した、本教材で稼がれている2名の方は、自分がお住まいの都道府県を中心に仕入れ先を攻めて、それなりに成功されています。

しかし、自分が住む地域で成功出来ただけで、他県では経営者との相性が悪く、価格交渉を断られ続けたため、現在も仕入れ先が大量に残されているのでしょう。

あるいは、教材をサラッと読んで行動して、たまたま運良く成功できただけなのかもしれませんね。

 

以上、購入者のみなさんが教材をマトモに読まずに行動していることと、県民性の問題から、仕入れ先がまだまだ大量に残されていると、私は推測します。

成約率を上げる教材の読み方とは

もちろん、個人の見た目・年齢・性別・話し方・声の大きさ・声の高さなど、私とは違いがあるため、教材に書かれている内容を真似したら、100%上手くいくという保証は出来ません。

 

ですが、経営者へのアプローチ方法など、教材に書かれている内容に忠実に従えば、成約率は上がるはずです。

 

成約率を上げるポイントは、「誠実さ・真面目さ」です。

これから本教材を購入される方は、この観点を念頭に置いて、教材を読みまくってください。

教材をサラッと読んで、いきなり仕入れ先に行っても上手くいかないことは、本教材を購入された方々が証明しています。

 

〜〜〜〜

本教材は、以下の教材の無料特典として付属します。

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

本教材のみをご希望の方は、こちらの『お問い合わせフォーム』にてお問い合わせください。

〜〜〜〜

せどり初心者でも使えるのか?

ここで言う「せどり初心者」とは、まだ仕入れをした経験が無い方、仕入れた商品が売れた経験が無い方のことを言います。

こういう方が、本教材に書かれている内容だけを実践するのはオススメできません。

 

仕入れテクニック、すなわち、モノレートの波形の読み方が分かっていないでしょうし、何より仕入れ資金が不足しているでしょうから。

 

せどり初心者の方は、まずは店舗せどりをやりまくって、モノレートの波形の読み方を勉強して、仕入れ資金を増やしていってください。

 

本教材では、10万円以上の仕入れ資金を用意して頂くことを推奨しています。

まずは、仕入れ資金10万円を出しても良いと思える状態になることを目標にして頂きたいです。

 

なお、本教材で紹介する仕入れ先で10万円分仕入れした場合、私の場合は20万円~50万円の粗利を出すことが出来ました。

CDせどりのブルーオーシャン市場を攻めるコツを掴めれば、後は攻め続けるだけでそれなりの利益が出ることが見込まれますね。

 

こういう理由から、せどり初心者の方は、まずは店舗せどりをして仕入れ資金10万円を作りましょう。

不良在庫はどのくらい発生しているのか

 

 

商品を大量仕入れしても、1ヶ月以内に仕入れ資金を回収できました。

ですが、それなりの数の不良在庫も発生しています。

 

これまで私が仕入れたCD・DVDの数は、約35,000枚です。

このうち、約500枚ほどが、不良在庫と化してしまいました。

割合で表すと、1%強ですね。

100枚仕入れて、1枚は不良在庫になったという計算になります。

不良在庫が発生する理由

私は、仕入れをするときにモノレートの波形を極力見るようにしています。

 

しかし、仕入れはスピード勝負です。

仕入れ先にダラダラ滞在すると、経営者に嫌がられますし、経営者の気が変わって「やっぱ売らない」と言われかねません。

私の場合、さすがに「やっぱ売らない」と言われたことはありませんが、仕入れ出来る枚数を制限されたことは何度もあります。

こういう経験を踏まえて、価格交渉してOKがもらえたら、経営者の気が変わらないうちに、さっさと仕入れを済ませる必要があるのです。

 

つまり、いちいちモノレートの波形を精査している暇は無いということです。

 

私は、ランキング、モノレートの大まかな波形、Amazonの現在価格をざっと見たら、迷わずに機械的に仕入れしていました。

どんなランキングなら大丈夫なのか、モノレートの波形がどんな形なら大丈夫なのか、Amazonの現在価格がいくらなら仕入れしても良いのかについては、本教材に書かれています。

 

後は、目利きで抜いたりもしていました。

CDせどりのブルーオーシャン市場の仕入れ先に置かれているCD・DVDは、その当時売れ筋であったアーティストのCD・DVDばかりで、置かれている商品はどこも似たり寄ったりでした。

それゆえ、いくつかの仕入れ先で仕入れをしたら、自然と目利きが出来るようになっていました。

 

このように、スピード重視で仕入れをしていたため、1%強の不良在庫が発生しました。

不良在庫が発生しても私は気にしなかった

私の場合、CD・DVDを約35,000枚仕入れて、500枚ほど不良在庫が発生しました。

 

それでも、仕入れして出品したら、遅くとも1ヶ月以内に仕入れ資金を回収出来ていました。

先ほど紹介した入金額450万円の画像の場合、出品して10日後に450万円入金され、仕入れ資金150万円を回収することが出来ました。

 

こういう経験をしてきたので、私は不良在庫については、あまり考えてきませんでした。

 

半年以上売れずに残った商品については、価格改定すればほぼ間違えなく売れて、粗利10%程度は出ました。

 

価格改定しても売れず、値崩れして売り物にならなくなった500枚のCD・DVDについては、自宅に返送して、ヤフオクに出品したり、買い取り業者に流して処分しました。

本教材を販売する動機

ところで、何故私は、このノウハウを独占せず、みなさんに公開しようと思ったのか、についてお話します。

 

私は、副業でせどりをやり、CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘しました。

 

私が攻めた仕入れ先の数は、全体の1%未満であると思われます。

それでも、年粗利3,000万円の実績を出すことが出来ました。

 

このブルーオーシャン市場ですが、経営者のところに直接出向かないと、原則、仕入れ出来ません。

会社に拘束されている現在の私は、経営者のところに直接出向くことが出来ません。

 

CDせどりのブルーオーシャン市場でそれだけ稼げているのだから、会社なんてさっさと辞めてせどりに専念すればよいのでは?

何故、こんなおいしい情報をわざわざ公開しようと思ったの?

と思う方もいることでしょう。

実際に、本教材の購入を検討されている方から、そのような質問を何度も頂きました。

 

まず、申し上げたいことは、私が公開する「CDせどりのブルーオーシャン市場」だけでも、市場規模は莫大です。

確かに、「仕入れに成功し続ければ」、会社からもらえる給料を遥かに凌駕する収入を得ることは出来ることでしょう。

 

私の会社からの年収は、300万円以下です。

それに対して、CDせどりのブルーオーシャン市場をたった数ヶ月間攻めただけで、年収3,000万円になりました。

会社の年収の10倍以上です。

会社を辞めても良さそうな収入源を確保できていますね。

 

しかし、これはあくまでも、「仕入れに成功し続けた」結果、出すことが出来ただけです。

私は、安定収入が無いと行動できない、大変臆病な人間です。

 

これが会社を辞めてしまうと、給料という安定収入が途絶えてしまいます。

そして、私の臆病な性格上、安定収入が無いと弱気になり、経営者との価格交渉に失敗する可能性が非常に高いです。

 

経営者との価格交渉に失敗して、仕入れに恵まれず、せどりで稼げなくなり収入が途絶えて大変なことになる可能性が高い。

こうした状況になるのが目に見えているので、私は今も会社勤めをしています。

 

年商5,670万円・年利益3,000万円の実績に匹敵する実績をまた出したい。

あの時の高揚感をまた味わいたい、安定収入を手に入れて、会社の給料に依存しない安心した生活を送りたい。

本教材を発売するに至った経緯は、こんな感じです。

 

特に、会社の給料に依存しない生活は、絶対に手に入れたいですね。

 

私は、大学院を卒業して、東証一部上場のIT企業に就職しました。

世間では、そこそこ有名な大企業です。

 

一部上場企業、有名大企業なのだから、さぞ給料が高いかと思うかも知れないでしょうが、最悪です。

私はこの会社に10年以上勤めていますが、現在の会社の年収は300万円以下です。

信じられないかもしれませんが、本当に年収300万円以下です。

 

このままでは、結婚して家庭を持つことも、親孝行することもままなりません。

将来が非常に不安です。

 

一応、CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘してから、3,000万円の貯金が出来ました。

この貯金が、強力なお守り、精神的支柱になっているのは確かですが、この程度の貯蓄では、一生食べていくことは出来ません。

 

私が目指すのは、会社に依存せずに食べていける収入源を手に入れることです。

その目標を達成するために、本教材を販売しました。

 

また、この市場を眠らせておくのは勿体ないとも思っています。

 

「CDせどりのブルーオーシャン市場」とかっこいい言葉を言っていますが、やっていることは、ただの不良在庫の買取です。

不良在庫ですので、経営者からすれば、さっさと処分してお金にしたい「ゴミ」です。

 

ですから、私が直接出向いて仕入れをして会計を済ませた後、「買ってくれてありがとう!本当に助かった」と言われたことが何度もありました。

 

経営者と触れて、せどりは、人から感謝される素晴らしいビジネスだと思いました。

 

しかし、私は現在、会社に拘束されているため、経営者のところに出向くことが出来ません。

つまり、私が動けないと、CDは眠ったままで、最後は廃棄処分されて終わってしまいます。

それは勿体ないでしょう。

 

仕入れすれば、経営者にお金が入り、こちらにも多額のお金が入ってくる、Win-Winの関係が持てます

 

だから、みなさんの力で、経営者に貢献して頂きたいと思い、私は本教材を発売して、情報を公開することにしました。

 

〜〜〜〜

本教材は、以下の教材の無料特典として付属します。

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

本教材のみをご希望の方は、こちらの『お問い合わせフォーム』にてお問い合わせください。

〜〜〜〜

本教材の対象者

仕入れ資金10万円以上を用意できる方を対象とします。

仕入れの経験があること、せどりで売り上げた経験があること、モノレートの波形を読める必要もあります。

 

上記の経験が無い方は、まずは店舗せどりをやって、せどりを勉強して仕入れ資金を貯めてください。

本教材の内容

本教材では、以下の内容が200ページ・9万文字にわたり詳細に書かれています。

 

(1)人知れずCDが置かれている場所の目の付け所(ブルーオーシャン市場)

本当に意外な場所にCDが置かれています。これは自分の足を使わないと分かりません。

ネットの情報を見たり、他人の話を聞いただけでは絶対に分かりません。

 

(2)CDが置いてある場所にいる経営者との価格交渉術

店舗せどりでは価格交渉をする機会が中々ありませんが、ブルーオーシャン市場では、価格交渉をすることが必須です。

私がどういう内容で価格交渉をしたのか、どんな性格の経営者に遭遇したのかについて、教材に詳細に書きました。

非常に辛辣な内容になっています。

 

(3)ブルーオーシャン市場で培った価格交渉術を、他の商品ジャンルに活かして稼ぐ方法

私はおもちゃ・ゲームせどりに応用して、400万円程度の売上を出しました。

私のせどりの履歴書

ブックオフせどりからスタート

私は皆さんと同じく、せどりの「せ」の字も知らない状態から、せどりを始めています。

給料以外にお金を得ることが出来ることを全く知らない人間でした。

 

せどりで月商数百万円・数千万の実績を出されている方は、まっさらな状態からスタートしたと言っても、実は他のビジネスで成功されている方が多いです。

他のビジネスで稼いだ経験があると、例えジャンルが違っていても、その経験はせどりに応用可能です。

 

このくらいやればお金になるといった、「感覚的なもの」を他のビジネスで身につけているからです。

 

今でこそ私はブルーオーシャン市場で色々経験してメンタルを鍛えて来たので、彼らが持つ「感覚的なもの」が分かります。

ですが、せどりを始めたての頃は、何一つ知らない状態でした。

 

最初は、給料以外の収入を得ることが、大変怖かったことを覚えています。

お金に対するマインドブロックが邪魔して、中々行動できませんでした。

 

しかし、当時の私は、サラリーマン生活に絶望してお金が喉から手が出るほど欲しかったので、苦しみながら行動しました。

せどり地方遠征を始める

しかし、ブックオフせどりでは月商10万円程度しか稼げなかったので、粗利益率の高い新品せどりに移行しました。

様々な店舗に置かれている新品商品を探していく中で、地方の店舗の方が新品商品が大量に置かれていることを知り、北海道の地方都市に何度も遠征しました。

その結果、月商70~80万円程度にまで、伸びました。

玉稿堂のアウトレットセールに遭遇

次に、あるセールに出会い月商300万円近くに伸びました。

北海道のCDチェーン店、玉光堂のアウトレットセールに遭遇したからです。

 

この玉光堂のアウトレットセールで、何万枚もの新品CD・DVDが300円で売りに出されていました。

これをきっかけに、私はCDせどりに目覚めました。

 

しかし、玉光堂のアウトレットセールで根こそぎ仕入れた商品のFBA在庫が目減りしてきました。

CDせどりのブルーオーシャン市場に遭遇

そこで、再び地方遠征をしたところ、本教材の目玉であるCDせどりのブルーオーシャン市場に遭遇しました。

この時は既に「お金を稼ぐことは良いこと」という思考状態で、お金に対するマインドブロックも完全に外れていました。

なので、ブルーオーシャン市場を取り尽くす勢いで、大量に行動しまくりました。

 

また、ブルーオーシャン市場で培った価格交渉術を駆使して、おもちゃ・ゲームせどりにも着手しました。

仕入れ最中の画像をお見せします。

 

その結果、冒頭でも申し上げましたとおり、年商5,670万円、月商1,000万円、年利益約3,000万円(粗利益率200%)の実績を出すことが出来ました。

 

ブルーオーシャン市場で経営者に鍛えられ、私の心は強くなっていきました。

本教材には、この実績に至るまでに、ブルーオーシャン市場が具体的にどういう仕入先なのか、どんな価格交渉術を駆使して仕入れをしたのが、はっきり具体的に踏み込んで書かれています。

新品CDの市場規模は莫大!その攻め方は?

先ほども申し上げましたが、新品CDの市場規模は非常に大きいです。

私が発掘した、CDせどりのブルーオーシャン市場は、そのごく一部です。

この日本には、まだまだ大量の新品CDが眠っているはずです。

 

そして、その眠っている新品CDのごく一部を発掘しただけで、私は以下の画像に示す実績を出しました。

まずはCDせどりのブルーオーシャン市場を攻めましょう

みなさんは、まず、本教材で紹介する新品CDが置かれている場所(仕入れ先)の目の付け所・価格交渉術を知って下さい。

そして、本教材に習って、実際にCDせどりのブルーオーシャン市場を攻めてみて下さい。

それだけでも、大量仕入れ出来る可能性が高いはずです。

 

加えて、仕入れ先で経営者からCD業界の裏事情を教わり、他に新品CDが眠っている場所が無いか、調べてみて下さい。

経営者とのコミュニケーションの取り方については、本教材に書かれています。

会話に自信の無い方は、まずは本教材に書かれていることを真似することから始めてみてください。

 

ちなみに私が認識している新品CDが置かれている場所(CDせどりのブルーオーシャン市場)だけを見ても、日本に非常に数多くあります。

これらの仕入れ先だけでも、簡単には枯渇しないはずです。

 

そして、一つ成約出来ただけでも、これだけの仕入れが出来ます。

 

この仕入れでは、DVDを1,500枚仕入れして、粗利200万円ほど稼ぐことが出来ました。

必要なのは「忍耐力」

本教材で紹介しているCDせどりのブルーオーシャン市場の仕入先は、「自分で開拓する精神」が必要です。

経営者と、対等に渡り合わなくてはなりません。

 

だから、日々行動して場数を踏んで鍛えていかなくてはなりません。

こうして大量に行動して自分のなりの価格交渉術を編み出した方に対して、ブルーオーシャン市場の門戸が開かれるのです。

 

自分のなりの価格交渉術を編み出すために、実際に仕入れ先に行く作業と並行して、本教材を繰り返し繰り返し、何度も何度も読んでイメージトレーニングをして下さい。

 

本教材を購入したからには、内容を完璧に吸収するまで、ひたすら繰り返し読んで下さい。

皆さんは貴重なお金を払って購入する訳ですから、中途半端にせず、本教材の内容を完全に吸収する意気込みで熟読してください。

 

お金を稼ぐことは簡単ではありません。

お金を稼ぐためには、努力が必要です。

 

その努力とは何か?

 

繰り返し繰り返し行動する努力のことです。

地道に努力する姿勢が重要です。

 

私がせどりを始めたての時に、アラ還のブックオフせどらーとお話しすることがありました。

この方から教わった言葉を、皆さんにお伝えします。

大きく稼ぎたいなら、圧倒的な物量をこなすことだ

 

この方は、ブックオフせどり全盛期のゼロ年代に、ブックオフせどりで3,000万円稼いでいます。

 

みなさんも、お金を稼ぐために、まずは本教材を繰り返し繰り返し読む努力をしてください。

何度も何度も読んで、自分のものにして、自分なりのやり方を編み出して下さい。

 

みなさんに必要なのは、繰り返し繰り返し読み続ける「忍耐力」です。

忍耐力を持てた人のみ、ブルーオーシャン市場が開放されます。

 

CDせどりのブルーオーシャン市場のある仕入先では、癖のある悪質な経営者と遭遇することが多々あります。

私がこういう経営者とやり合ってきて感じたことは、「忍耐力がないと、この場は攻略できない」ということです。

おそらく、忍耐力やしぶとさ・根性は、ブルーオーシャン市場に限らず、稼ぐためには必要なスキルなのではないでしょうか?

 

本教材で学べること・特徴

経営者と対等に渡り合う方法が学べる

 

店舗仕入れでは、殆どの場合で、他人とコミュニケーションを取らなくて済みます。

 

しかし、CDせどりのブルーオーシャン市場においては、経営者と価格交渉しないと、絶対に仕入れできません。

 

経営者に対するアプローチの仕方も、仕入れの手順も、経営者によって異なります。

しかも、経営者対個人の取り決めごとですので、後々揉めないよう対策を練る必要もあります。

 

経営者と対等に渡り歩くためのスタンスについて、一部、教材の内容を紹介します。

スタンスは、「他人を信用しない」「頼れるのは自分だけ」「現金がモノ言う世界と認識すること」です。

 

このように、経営者と対等に渡り歩く度胸が求められます。

 

度胸と書くと、私のように気の弱い人はビビるかもしれません。

しかし、経営者と言っても、ただのおじさん・おばさん相手ですから、ビビる必要は全くありません。

 

ただし、経営者がいる場所に出向き、経営者に対してきちんと意思表示する姿勢が重要です。

どんな内容について、どう意思表示すれば経営者に響くのか、私なりに研究して実践したテクニックが本教材に記載されています。

質の悪い経営者への対応方法が学べる

私は、個人で商売をやっています。

そのことを、経営者に名刺を渡して明らかにしています。

 

ですが残念ながら、個人であることを良いことに、足元を見て色々悪どい事を考える経営者が多数いらっしゃいました。

 

本教材では、その経営者が、具体的にどう悪どかったのか、場所を添えて具体的に書かせていただきました。

経営者と言い争ったりもしましたが、その状況についても克明に記載しています。

 

そして、特に質の悪い経営者が集中していた都道府県がありました。

その都道府県名もしっかりと記載していますので、いざみなさんが仕入れに行くときは、心してかかって下さい。

 

 

こういう個人の経験は貴重だと思っています。

 

私がみなさんにやって頂きたいことは、本教材に出てくる質の悪い経営者の行動パターンを知ることです。

そして、自分ならこういう人間にどう対処するのかを、本教材を読みながら想像力を鍛えていってください。

CDが置かれている場所をリアルに知れる

仕入先の外観と仕入れ結果の画像を大量に掲載しました

画像を見ることで、仕入先がどんな外観なのか、そこにCDがどう置かれているのかが一目瞭然となっています

時々経営者の顔が写っていますが、肖像権保護のため、目隠しを入れています。

最重要!! CD以外のジャンルにも応用可能

せどりで莫大な額を稼いでいる方は、総じて、本教材で紹介する業者レベルの仕入れをしています。

収入の壁を突き破りたいのなら、このような業者仕入れに着手する必要があります。

 

私は、本教材で紹介している価格交渉術を駆使して、おもちゃ・ゲームせどりで400万円ほどの売上を出しました。

 

つまり、本教材は、他の商品ジャンルにも使えるということです。

ここ、非常に重要です。

 

本教材で学べる重要なことは、以下の2つです。

<本教材で学べる重要なこと>

・人知れず眠っている稼げる商品の目の付け所

・その場にいる経営者との価格交渉術

 

確かに、CDせどりのブルーオーシャン市場を攻めるだけでも、ある程度稼ぐことは可能なはずです。

 

ですが、CDせどりのブルーオーシャン市場を攻めるだけで終わって欲しくありません。

 

やるなら、本教材の内容をベースに、他の商品ジャンルに活かして、気力と体力が許す限り、仕入れをしまくってください。

業者レベルの仕入れを目標にしましょう!

 

私は、CDせどりのブルーオーシャン市場と、おもちゃ・ゲームせどりで稼げた程度で慢心してしまい、こういうストイックさが足りていませんでした。

だから、年収3,000万円程度で終わったのでしょう。

 

もっとストイックに仕入れをやりまくっていたら、おそらく年収5,000万円、総売上1億円は超えていたはずです。

 

それが、今は会社に拘束されているせいで、全く仕入れに行けず、この有様です。

本当に勿体無いことをしたと反省しています。

 

みなさんは、私のように慢心することなく、死ぬ気で仕入れをしまくって、人生を変えてくださいね。

 

私は、せどりで現金資産3,000万円を手に入れましたが、この程度の金額でも生きるのがかなり楽になりましたよ!

みなさんに無料で提供させて頂く商品

仕入先リスト(多数)

私は、仕入れに行くときは、全ての仕入先を漏れなく周るために、Excelで仕入先のリストを作って、それをA4用紙に印刷して持ち歩いていました。

 

地方遠征に行く際には、仕入先リストは絶対に必要です。

いざ仕入れに行くと非常に体力と気力を使うので、仕入先リストを使わず、記憶だけを頼りにして仕入れに行くと、必ず行き漏れが発生するからです。

 

みなさんには、その時に使用した仕入先リストを提供させていただきます。

 

価格交渉に失敗した会社も含めて、多数の仕入先リストのストックがあります。

自動的に仕入れ出来るツール

現在私は、仕事が多忙で仕入れに行けない状況です。

 

少しでも仕入れできる可能性を高めるため、

CDせどりのブルーオーシャン市場の経営者から教わった業界事情の知識を駆使して、

とある方法を使って全国各地の経営者にアプローチして、

オファーを待つ体制を取りました。

 

このオファーがあると、電話のやり取りだけで自動的に自宅にCDが届きます。

 

経営者から教わった業界事情を鑑みて、このやり方は絶対に通用すると高をくくっていました。

しかし、現実はそう甘くはなく、オファーは10件程度に留まりました。

結果的に500万円ほどの粗利しか出ませんでした。

 

この結果を踏まえて、私は、CDせどりのブルーオーシャン市場を攻略するためには、直接経営者の元に足を運ばなくては仕入れできないと悟りました。

 

しかし、もしかすると、ただ単に私のやり方がマズかっただけなのかもしれません。

私は、せっかちで、思い込みが激しく、物事を決めつけて話すという短所があります。

 

特にせっかちなのは、マズイです。

CDせどりのブルーオーシャン市場の経営者は、60代~80代の年配の方です。

年配の方ほど、自分のペースを大切にして、他人から急かされることを嫌います。

 

ですから、私がせっかちだったせいで、いくら業界事情の知識を駆使したアプローチをしたとしても、経営者の心に響かなかったのかもしれません。

 

残念ながら、私は一度経営者にアプローチしてしまったため、二度目はありません。

 

このオファーを待つ体制を整えるために用意した資料を、みなさんに提供します。

 

この資料には、日本全国にあるCDせどりのブルーオーシャン市場の仕入先が一覧されています。

私がどういう形で経営者にアプローチしたのかも、資料としてまとめられています。

 

みなさんは、私の失敗を参考にして、自分なりに経営者にアプローチしてみてください。

当然ながら、直接経営者の元に足を運ぶことが前提です。

 

しかし、自分の足で直接行くことが難しい地域の経営者にアプローチしたいとき、この手法は使えるはずです。

 

〜〜〜〜

本教材は、以下の教材の無料特典として付属します。

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

本教材のみをご希望の方は、こちらの『お問い合わせフォーム』にてお問い合わせください。

〜〜〜〜