FBAでAmazonに出品するせどらーに関係する話です。

 

Amazonフルフィルメントセンターに納品する数量が、申告した数量と食い違っているとマズいです。

 

この状況が続くと、FBAを利用できなくなる恐れがあります。

 

★☆★☆稼げるオススメ教材★☆★☆

 

納品作業から受領作業までの流れ

FBAで出品するとき、商品をAmazonフルフィルメントセンターに送ります。

 

その前に、自宅で納品手続きを行います。

 

画面上で納品手続きが終わったら、段ボール箱に配送ラベルを貼ります。

そこに商品ラベルを貼った商品を積めて、Amazonフルフィルメントセンターに送ります。

 

大まかな流れはこんな感じです。

 

Amazonへの詳しい出品方法はこちらを御覧ください。

Amazonへの出品方法をFBAと自己発送について詳しく説明します!

 

段ボール箱がAmazonフルフィルメントセンターに届くと、納品担当の方が受領作業を行います。

 

まず、納品担当の方は、配送ラベルをスキャンして、「誰の」「どの納品プラン」なのかを把握します。

 

次に、段ボール箱を開封して、商品ラベルに印刷されたバーコードを、一つ一つスキャンしていきます。

これで、「あなたの」「納品プランの中の」「商品が」納品されます。

 

Amazonセラーセントラルの納品プラン一覧画面を見れば、

どの納品プラン(段ボール箱)の納どの商品が、受領中なのか、納品済みなのかが分かります。

 

スポンサーリンク



納品時の数量差異は納品作業をミスると起こる

ですが、この流れの中で問題があります。

 

納品手続きで登録した商品が、実際には送られていない可能性があります。

 

我々が登録した商品の数と、Amazonフルフィルメントセンターに届いた商品の数が一致しないことを、「納品時の数量差異が発生した」と言います。

 

スポンサーリンク



Amazonから警告メッセージが届いた

先日、Amazonから「納品時の数量差異にご注意ください。」という内容の警告メールが、私の元に送られてきました。

 

以下、警告メール内容になります。

 

スポンサーリンク



差出人: Amazon フルフィルメントセンター運用管理部

件名: 【フルフィルメント by Amazon】納品時の数量差異にご注意ください

メール内容:

 

平素はフルフィルメント by Amazon(以下、FBA)をご利用いただき、ありがとうございます。

本メールは、納品情報の数量と一致せず、実際に納品された数量に不足がみられた出品者に送信しています。

 

============
不備のあった納品設定:FBAH7LDKQ
※対象:配信日前週に、ステータスが「完了」となった納品
※複数の納品で不備があった場合には、一例記載
============

 

納品の情報に誤りがある場合、フルフィルメントセンターの受領処理に遅れが発生します。

商品をフルフィルメントセンターに発送する際は、作成いただいた情報と実際に納品する数量が一致していることを必ず確認してください。

 

なお、納品時の不備が続き、改善が見られないと判断した場合は、それ以降の納品をお断りすることがあります。

 

納品いただいた商品を迅速に受領するために、出品者様のご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

ご不明な点はテクニカルサポートへお問い合わせください。

今後ともフルフィルメント by Amazonをよろしくお願いいたします。

 

このメール内容の中で、気になる文言がありました。

 

以下の文言です。

納品時の不備が続き、改善が見られないと判断した場合は、それ以降の納品をお断りすることがあります。

 

納品をお断りされる、つまり納品ができない、つまり商品を販売できない。

アカウント停止と同レベルのペナルティが課されるということです。

 

納品時の数量差異が無いよう、絶対に気をつけなくてはなりませんね。

納品時の数量差異を確実に起こさない方法

納品時の数量差異を起こさない方法ですが、至ってシンプルです。

 

商品ラベルを貼るとき、ラベルが余ったり不足していたりしていた場合に、納品プランに登録した商品の個数を調整すれば良いのです。

 

商品ラベルが余ったということは、段ボール箱にある商品の数の方が少ないということです。

 

この場合は、Amazonセラーセントラルの納品手続きで、実際よりも多く登録してしまったことになります。

ですから、納品プランの画面を開いて、商品ラベルを見ながら、余計に登録してしまった商品を納品プランから削除して下さい。

 

商品ラベルが不足したということは、段ボール箱にある商品の数の方が多いということです。

 

この場合は、余った商品をその段ボール箱から除いて下さい。

 

当たり前ですが、余った商品をAmazonフルフィルメントセンターに送っても、受領されません。

自宅への返送手数料と送料をAmazonから請求されます。

くれぐれも、商品ラベルを貼らない商品をAmazonフルフィルメントセンターに送らないようにしてください。

 

こんな感じで、自分で商品ラベルを貼る作業をしていたなら、納品時の数量差異を防げます。

 

あくまで、「自分で」商品ラベルを貼る作業をした場合です。

 

Amazon出品代行業者サービスを利用して商品ラベルを貼ってもらう手段もあります。

ですが、それは絶対にありえないので止めましょう。

 

せどりブログを見ると、納品時の数量差異が発生していても、お構いなしにそのままAmazonフルフィルメントセンターに送ってしまうそうです。

 

10万円近いお金をボッタクっているくせに、仕事が雑です。

 

Amazon出品代行業者サービスの実態については、こちらをご覧ください。

AmazonFBA出品代行業者は「最悪」絶対に使うな!

 

どれだけ面倒でも、Amazonへの出品作業は自分でやって下さい。

 

大きく稼ぐためには膨大な作業を一つ一つコツコツ時間をかけてやるしかないと思います。

残念ながら、楽はできません。

 

お金のためだと割り切って、頑張りましょう!

 

Amazonへの出品方法の記事一覧に戻る

【PR】当ブログ推薦の2つのせどり教材

サヤ取りせどらー最終バージョン

 

>> サヤ取りせどらー最終バージョンが稼げる理由の記事

 

マカド

マカド

 

>> マカドが稼げる理由の記事

 

どちらも、やり方しだいで、誰もが大儲けできる可能性を秘めています。

 

また、「サヤ取りせどらー最終バージョン」限定の無料特典、『CDせどりの教材』がイチオシです。

 

この教材を使って、月商100万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

ぜひご検討ください!