本記事では、主にFBAでAmazonに出品する方法についてお話します。

 

Amazonへの出品作業では、以下の4つの手順を踏みます。

<AmazonFBAの出品手順>

①仕入れた商品をAmazonセラーセントラルに登録する

②商品の納品手続きをする

③商品のラベル貼りをする

④ダンボール箱をAmazonフルフィルメントセンターに送る

 

それぞれについて、短縮するポイントを説明していきます。

 

①商品登録作業

仕入れた商品をAmazonセラーセントラル登録する工程について。

 

在庫管理画面にない商品は、新規登録する必要があります。

コンディション、価格、コンディション説明文など。

 

価格を決める時は、まずモノレートを立ち上げます。

 

モノレートの検索バーにJANコードを入力します。

手入力か、バーコードリーダーを使用してJANコードを入力します。

 

モノレートの波形を精査して、価格を決めます。

価格設定を誤ると、商品が売れない or 売れにくくなるので、ここはしっかり頭を使って価格を決めます。

 

次に商品説明文を入力します。

 

商品が売れるか売れないかは、商品説明文にかかっています。

逆に商品説明文がきちんとしていれば、価格改定をマメにやらなくても、商品は勝手に売れていきます。

 

このように、価格と商品説明文は力を入れる必要があります。

 

ですので、商品1つをAmazonセラーセントラルに登録するのに、どうしても時間と労力がかかります。

 

この作業時間を短縮する方法は残念ながらありません。

地道に一つ一つやっていくしかありません。

 

ただし、新品商品については、作業時間を短縮できます。

 

新品CDやDVDのコンディション説明文は、テンプレートをコピペでOKです。

 

濃い内容のテンプレートを時間をかけて作成し、それを使いまわせば、作業時間を短縮できます。

 

もう一つ、商品登録作業にかかる時間を短縮する方法があります。

短縮というより、省略という言葉が正しいでしょうか。

 

以下のように、在庫管理画面に既に存在する場合、商品の新規登録作業を省略できます。

 

7

※スマホで見づらい場合は、ズームしてください。

 

この場合は、機械的に納品プランに追加して完了です。

 

在庫管理画面に既に存在する商品は、このようにどんどん納品プランに追加していきましょう。

 

納品プランへの追加方法は、こちらをご覧ください。

Amazonへの出品方法をFBAと自己発送について詳しく説明します!

 

ですが、「機械的に」安心して行えるには、条件があります。

 

在庫管理画面に既に存在する商品が、適正価格と、きちんとした商品説明文が設定されていることです。

 

私の仕入れ先である『CDせどりのブルーオーシャン市場』には、売れ筋の新品CD・DVDばかり置かれています。

 

どの仕入れ先にも、同じJANコードの新品CD・DVDが置かれていました。

 

既に在庫管理画面に存在する商品ばかりだったので、出品作業が非常に楽でした。

 

〜コラム〜

Amazonへの出品作業は、めんどくさいです。

 

でも、Amazon一括出品ツールを安易に使わないように。

このツールを知識なしで使うと、Amazonアカウント停止になる恐れがあります。

 

Amazon一括出品ツールの正しい使い方は、こちらをご覧ください。

Amazon一括出品ツールでアカウント停止にならない上手い使い方を公開!

 

また、AmazonFBA出品代行業者を使うのは絶対にNGです。

 

高い金を取られて、Amazonアカウント停止になる恐れがあるからです。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

AmazonFBA出品代行業者は「最悪」絶対に使うな!

②納品手続き

納品手続きについては、短縮できる方法はありません。

 

普通にやって下さい。

 

納品手続きの方法は、こちらをご覧ください。

Amazonへの出品方法をFBAと自己発送について詳しく説明します!

③ラベル貼り

FBAに出品するとき、商品にラベル貼りをします。

 

これも非常に面倒くさい作業です。

 

Amazonにお金を払えば、やってもらえます。

お金を支払っても良いと思える方は、Amazonに丸投げして下さい。

これが、作業時間を一番短縮できる方法でしょう。

 

しかし、なるべく費用をかけたくないと思うのが普通でしょう。

 

Amazonに依頼すると、1枚あたり10円ほどかかります。

シールを商品にペタッと貼るだけで、10円も取られるのは何だか馬鹿臭いですね。

 

例えば、CDが100枚なら、1,000円以上かかります。

 

1,000円あれば、一日の食費を賄えますね。

1,000円は普通に大金です。

 

私はラベル貼り程度の作業で、こんな大金を出したくありません。

 

なので、私は家族にお願いして、ラベル貼りをやってもらっています。

これまで、30,000枚ものラベルを貼ってきました。

 

その中で出できた要望は、「ダンボール箱1箱につき、最高でもCDを72枚までに収めて欲しい」でした。

 

何故72枚なのか?

 

私は、商品ラベルをAmazonで購入しています。

1枚あたり24面あるタイプのものです。

 

ダンボール箱1箱に72枚あるなら、3枚分あることになります。

 

この3枚がポイントです。

 

3枚だったら、その商品に対応するラベルを探すのが非常にラクなんだそうです。

これが4枚になると、とたんにやりにくくなるそうです。

 

なので、絶対に3枚に収めてくれるよう、家族から言われました。

④Amazonに段ボール箱を送る

最後に、ダンボール箱をAmazonフルフィルメントセンターに送ります。

 

自分でヤマトの集荷所に持ち込むと、運ぶ手間や移動時間がかかります。

だから、集荷に来てもらうとよいでしょう。

 

送る箱数が多いと、ヤマト便を使えば送料がかなり安くなります。

 

だから、まとめて一気にAmazonに送るようにしましょう。

 

以上、出品作業時間を短縮する方法について、自分なりのやりかたを紹介しました。

 

やはり一番大変なのは、在庫管理画面への商品登録作業ですね。

 

Amazonへの出品方法の記事一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。