セール品を発見したが、Amazon最安値が低すぎて赤字になる、という商品が多々ありますね。

 

それでも出品したい場合、既にあるAmazonの商品カタログを複製して、商品カテゴリーを変えて、ゴリ押しして出品される方もいます。

 

ですが、Amazonは1商品1カタログ(1商品ページ)を原則としています。

 

なので、同一商品の商品ページが乱立している場合、Amazonはセラーからの要望に応じて、

それらの商品の商品カタログ(商品ページ)をマージ(統合)するみたいです。

 

ですが商品カタログがマージされたことで、色々問題が発生するみたいです。

 

Amazonの商品カタログがマージされて売上激減

商品カタログがマージされて、売上が激減したせどらーがいました。

 

以下、Amazonセラーフォーラムに投稿された事例を紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を校正しています。

最近、私が販売している商品の商品ページが、頻繁にマージ(商品統合)されており、大変困っています。

 

乱立している同一商品の商品カタログがマージされる過程で、最安値が下落してしまいました。

 

また、偽物の商品の商品カタログもマージされているのですが、

偽物の商品ページにあった、カスタマーレビューも引き継がれてしまいました。

 

そして、購入者からの悪い評価と商品レビューも同時にマージされてしまい、商品ページの販売力が下落してしまいました。

 

それらの弊害を避けるために、商品カタログを新規作成して商品を出品したのですが、またマージされてしまいました。

 

マージされた後の商品ページには、色が実際とは異なる偽物が写った商品画像までマージされてしまいました。

 

そのため、購入者から色が違うとのクレームを頂いてしまいました。

 

このことをAmazonテクニカルサポートに言ったところ、「カラー画像と紐づいているので変更できない」との一点張りで断られてしまい、埒が明きません。

 

また、マージされたことにより、最安値のセラーがAmazon.co.jpになってしまい、価格で勝負出来ません。

 

このこともAmazonテクニカルサポートに言ったところ、「amazonも1出品者ですのでご理解ください」との回答で終了でした。

 

マージにされることは、私にとって死活問題です。

 

もう一人、商品カタログがマージされて被害を受けたせどらーを紹介します。

クッションカバーの正規品を出品していたら、海賊版の商品ページとマージされたことがあります。

 

しかも、このクッションカバーの商品カテゴリーはアダルト商品じゃないのに、勝手にアダルト商品に変えられてしまい、売れなくなりました。

一般商品しか扱っていいませんのに、酷い仕打ちです。

 

仕方ないので一度出品を取り下げて、新たにAmazonの商品カタログを作成して出品して何とか乗り越えました。

 

数持ってたら致命的でした。

 

商品カタログがマージされることによって、最安値が下がってしまうのは、まあしょうがいないでしょう。

 

しかし、偽物の商品画像までマージされるのは困りますね。

 

購入者から、違う商品が届いたとのクレームを受ける可能性がありますから。

マージされた偽物画像は削除してもらえる

マージされた偽物の商品画像は、Amazonテクニカルサポートに依頼して削除してもらえるみたいです。

 

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

Amazonテクニカルサポートに、Amazonの商品カタログの削除を依頼してください。

 

偽物の商品画像などについては、「客観的証拠」を提示できれば、削除できますよ。

 

実際にお客さまからクレームが入っているということでしたら、対応してもらえる可能性が高いです。

amazonはお客さんの意見を尊重しますので。

 

なお、マージにより、最安値の出品者がAmazon.co.jpになってしまったケースに対しては、手の打ちようがありません。

あえて商品カタログのマージをAmazonに依頼する

同一商品の商品カタログが乱立することで、自身の販売機会を逃してしまうかもしれません。

 

こういう時は逆に、Amazonテクニカルサポートにお願いして、商品カタログをマージしてもらうのも手です。

 

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

ご存知の通り、Amazonは1商品1ページを原則としています。

 

ですが、Amazonテクニカルサポートのスタッフの手で、Amazon.co.jpにアップされている全ての商品ページを精査して、マージすることは不可能です。

 

しかしセラーが個別にクレームを出すことにより、該当の商品ページをマージしてもらうケースはよくあります。

 

セラーが要請する際に、根拠となる商品の写真などを提示すれば、マージしてくれるはずです。

 

商品ページをマージしてもらった後に、マージされた商品の商品説明文の内容が誤っているのなら、直せばよいだけです。

 

※ただし、複数のセラーが商品説明文を改変した場合、「商品詳細ページの情報決定ランキングシステム」で決められるのでご注意を。

Amazonの商品ページの変更は「情報決定ランキングシステム」で決められる

 

商品ページのマージも、ライバルとの戦い方の1つだと思います。

 

商品ページがマージされることで、デメリットもありますがメリットもあるみたいです。

 

もしご自身が販売されている商品の商品ページがマージされた場合、商品ページが1つしか無くなるので、セッションは確実に増加します。

 

つまり、売れやすくなります。

 

ですが、もしマージ後の商品ページの内容に誤りがあるのなら、修正しましょう。

 

「Amazonの商品ページ」記事一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。