このブログで何度も申し上げているように、売れるために重要なのは、「適正価格」と「訴求力のある商品説明文」です。

 

この二つさえしっかりしていれば、たとえカートボックスが獲れなくても、商品は普通に売れていきます。

多くのせどらーがAmazonの評価数を気にする理由をまとめました!

 

ここで、私のAmazon評価一覧を見てみましょう。

 

上から順に、高い評価の割合(緑色)、普通の評価の割合(灰色)、低い評価の割合(赤色)です。

 

高い評価とは、評価4または5の評価です。

普通の評価とは、評価3の評価です。

低い評価とは、評価1または2の評価です。

 

高い評価の割合が93%と、そこまで高いわけではありません。

 

それでも私は、CD・DVDを30,000枚以上、Amazonで売ってきました。

「適正価格」と「訴求力のある商品説明文」をキチンと設定していたからです。

 

スポンサーリンク



 

高い評価の割合が多いと、信用のあるお店だと購入者から思ってもらえます。

結果、高い評価の割合が多いと、商品が売れやすくなると推測されます。

 

しかし、高い評価の割合がさほど多くなくても、「適正価格」と「訴求力のある商品説明文」があれば、商品は問題なく売れていきます。

 

まずは、この二つをしっかりやってください。

 

★☆★☆稼げるオススメ教材★☆★☆

 

高い評価の割合が下がって売れなくなったと嘆くせどらー

それでも、高い評価の割合がさほど多くなくて、商品が売れないと嘆くせどらーもいます。

 

高い評価の割合が激減して嘆くせどらーが、Amazonセラーフォーラムに投稿されていました。

 

以下、投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を構成しています。

私は73歳になる無年金生活者で、Amazonが収入の柱です。

扱っている商品ジャンルは、古本です。

 

購入者からの評価を中々頂けません。月に2、3件あるかないかです。

 

購入者から評価を頂けるよい方法は無いのでしょうか?

 

実は、3ヵ月ほど前に、購入者から悪い評価をいくつか食らいました。

 

そのうちの1件は、在庫が無く、注文をキャンセルしたことで発生したものです。

次の1件は、本に書き込みがあるのを商品説明文に書き忘れたことで、発生しました。

 

これにより、高い評価の割合が88%に急落し、注文がぱったりとこなくなりました。

 

その後は、評価をくれた購入者全員から、評価5の高い評価を頂いております。

しかし、評価をしてくれる購入者が少ないので、高い評価の割合がなかなか上がって行きません。

 

2ヵ月経過して、高い評価の割合が1%上がり、やっとこさ89%になった感じです。

 

しかしこの調子では、かつての95%になるのがいつになるのやら、見当も付きません。

 

高い評価の割合が低い(90%以下)ため、自己発送の商品が売れない。

 

だから、高い評価を購入者からたくさん頂いて、高い評価の割合を上げたい。

でも、購入者が評価をなかなかしてくれない。

 

この方が提示した問題はこんな感じです。

 

スポンサーリンク



重要なのは「適正価格」と「訴求力のある商品説明文」

しかし、商品が売れるために重要なのは、Amazon出品者評価ではなく「適正価格」と「訴求力のある商品説明文」です。

 

この二つがしっかりしていれば、カートボックスを取得していなくても、商品は普通に売れていくと考えます。

 

同じような意見をお持ちのせどらーが、Amazonセラーフォーラムに投稿されていました。

 

以下、投稿内容を紹介します(文章校正後)。

私は月に800もの商品を販売しています。

しかし、評価数は60件もありません。

 

注文が少ない原因は、高い評価の割合が低いからだと考えるのは、ちょっと違うと思います。

 

低い評価を付けてくる購入者は確実におます。

 

他人相手の商売ですので、我々出品者と購入者の温度差と言うか、認識の違いは必ずあるでしょう。

その温度差をなくす為に、コンディションを細かく明記する、写真を追加する、丁寧な対応をする・・・などのやり方があります。

 

あなたが出品している商品を拝見しましたが、残念ながら、同じ価格帯なら、私は他の出品者の商品を買います。

商品説明文が、全然ダメダメだからです。

 

商品説明文に、以下の内容をキチンと盛り込みましょう。

・商品のコンディション

・商品の確保

・梱包の詳細

・発送までの時間

・発送方法

 

でないと、あなたの商品はいつまで経っても売れませんよ。

 

自分が当たり前だと思っていることを、購入者側も理解しているとは限りません。

そういう部分も、商品説明文で伝えてください。

 

以下のような内容をきちんと明記するだけでも、他の出品者との差別化を図れると思います。

「当店は、コンディションの詳しい明記、48時間以内の発送・追跡番号での発送方法、アマゾン専用の商品なので注文後のキャンセルはない・・・」

 

また、本はCD・DVDとは違い、回転が悪いです。

 

私も本を月に800冊ほど販売していますが、出品数はこの2倍ほどあります。

 

出品してから1ヶ月~2ヶ月で売れる割合が6割強、3ヶ月以上~1年以内が3割、残りが1年~3年前に出品した商品、という感じです。

 

少しでも回転率を上げるために、価格と商品説明文には気をつけなくてはなりません。

 

不良在庫は、死活問題ですから。

 

以上から、重要なのは、Amazon出品者評価ではなく「適正価格」と「訴求力のある商品説明文」です。

 

まだ売上が多くないせどらーは、まずはこのポイントを抑えてください。

 

スポンサーリンク



まとめ

・Amazon出品者評価はあまり気にしない

・適正価格で販売すること

・商品説明文を疎かにしない

 

「Amazon出品者評価」記事一覧にもどる

【PR】当ブログ推薦の2つのせどり教材

サヤ取りせどらー最終バージョン

 

>> サヤ取りせどらー最終バージョンが稼げる理由の記事

 

マカド

マカド

 

>> マカドが稼げる理由の記事

 

どちらも、やり方しだいで、誰もが大儲けできる可能性を秘めています。

 

また、「サヤ取りせどらー最終バージョン」限定の無料特典、『CDせどりの教材』がイチオシです。

 

この教材を使って、月商100万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

ぜひご検討ください!