Amazon大口出品サービスでは、無料期間が用意されています。

 

ですが、無料期間中は、ショッピングカートボックスを獲得できないそうです。

 

無料期間が過ぎて、月間手数料4,900円がかかる段階に入れば、ショッピングカートボックスを獲得できるそうです。

 

Amazon大口出品サービスとは?

Amazon大口出品サービスとは、基本成約料(売れた商品1点につき100円)が免除されるサービスです。

 

手数料4,900円が毎月かかりますが、基本成約料100円が免除されるので、月に50個以上売る自信があるなら、利用したほうがよいでしょう。

 

この他に、以下のサービスが、大口出品者のみに用意されています。

①オリジナル商品を出品できる

Amazon大口出品サービスに登録すると、Amazonに商品カタログを新規作成して出品することが出来ます。

 

中国輸入せどりで仕入れしたノーブランド品を、自社ブランド化して出品したい場合、Amazon大口出品サービスは必須です。

【中国輸入せどり】ノーブランド品を自社ブランド化して独占販売して大儲けしよう!

②一括出品ツールが利用できる

Amazon大口出品サービスに登録すると、商品を一括して出品できるようになります。

 

しかし、Amazon一括出品ツールは、使い方を誤ると、Amazonアカウント停止や閉鎖になるので注意が必要です。

アップロードによる一括商品登録を下手に使うとアカウント停止に

③注文管理レポートが利用できる

Amazon大口出品サービスに登録すると、売上を分析するための注文管理レポートを利用できるようになります。

 

出品レポートや、ビジネスレポートなどが該当します。

 

参考までに、私のビジネスレポートをお見せします。

 

私のAmazonビジネスレポートの画像

④出品者独自の配送料金とお届け日時指定の設定

Amazon大口出品サービスに登録すると、送料とお届け日時をこちらで指定できるようになります。

 

自己発送でAmazonに出品している方に、使えるサービスです。

ショッピングカートボックスを獲得出来る

Amazon大口出品サービスに登録すると、ショッピングカートボックスを獲得できるようになります。

 

カートボックスを獲得できると、商品が露出する機会が増えるので、売れ行きがよくなると言われています。

参考)Amazonショッピングカートボックスより重要なたった2つのこと

 

FBAでの出品者、自己発送での出品者に、どちらにもカートボックスを獲得権利が与えられます。

 

Amazon規約『ショッピングカートボックス獲得資格』が根拠です。

・ショッピングカートボックス獲得資格の要件

ショッピングカートボックス獲得資格は、一定のパフォーマンスを到達している大口出品者に付与される資格です。

(中略)

・出品形態が「大口出品」であるかどうか

 

上記のAmazon規約では、カートボックスの獲得要件に、商品のコンディションの区別がされていません。

 

よって、新品・中古品どちらの商品も、カートボックスを獲得できます。

カートボックスを獲れないと嘆くせどらー

Amazon大口出品サービスには、無料で登録できる期間が用意されています。

 

しかし、無料期間中は、カートボックスを獲得できないそうです。

 

この事実を嘆いたせどらーが、Amazonセラーフォーラムに投稿されていました。

 

以下、投稿内容です。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を校正しています。

この度、大口出品サービスに新規登録しました。

無料期間は、3ヶ月間です。

 

大口出品サービスに新規登録してから、もうすぐ2ヶ月目に差し掛かります。

 

Amazonの大口出品サービスに登録すると、カートボックスを獲得できると聞いていました。

もしカートボックスを獲得出来れば、販売数の増加が見込めます。

 

しかし現状は、小口出品の時と比較して、販売数に変化がありません。

 

ビジネスレポートを見て分析したところ、ショッピングカートボックス獲得率が、なんと0%でした。

 

大口出品サービスに登録してから、月に10個程度売れるようになりました。

 

大口出品サービスに登録すると、基本成約料100円が免除されます。

商品が10個売れたら、1,000円浮くことになります。

 

ですが、大口出品サービスの有料期間に突入した場合、月間登録手数料4,900円が毎月かかります。

 

なので、このままだと、赤字になってしまいます。

 

基本成約料100円がかかりますが、小口出品サービスに戻すことを検討中です。

無料期間中はカートボックスを獲得できない

Amazon大口出品サービスに登録したのに、何故カートボックスを獲得できないのでしょうか?

 

Amazonは、カートボックスを獲得条件を公開していません。

 

ショッピングカートボックス獲得のアルゴリズムは、ブラックボックスであると言われています。

 

ここで、無料期間を過ぎた後に、カートボックスを獲得できたと言うせどらーがいました。

 

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

当店のビジネスレポートを見た感じ、大口出品サービスの無料期間3ヶ月が過ぎた後に、ショッピングカートボックス獲得率に動きがありました。

 

それまでは、ショッピングカートボックス獲得率は0%でした。

 

この事実を踏まえると、Amazon大口出品サービスの無料期間中は、カートボックスを獲得できないと言えます。

 

しかし、サンプルが1つだけなので、100%正しいとは言えません。

 

複数アカウントで試して、全アカウントで再現が取れれば良いのですが、規約違反になるので出来ません。

 

まあ、しかし、無料期間中にカートボックスを獲れないのは、仕方がない気がします。

毎月4,900円をAmazonに支払っているせどらーにとって、不公平ですから。

 

公平性を保つために、Amazonは、無料期間中にカートボックスを獲得できないようにしているのでしょう。

大事なのは出品価格と商品説明文

Amazon大口出品者サービスの無料期間中は、カートボックスを獲得できないみたいです。

 

しかし、このブログで私が何度も申し上げているとおり、重要なのは、適正価格と商品説明文です。

 

この二つがキチンとしていれば、カートボックスが獲れなくても、商品は売れていきます。

 

価格がきちんとしていれば、カートボックスを獲れる可能性も高まるそうです。

 

Amazon規約『ショッピングカートボックス獲得資格』を見てみましょう。

ショッピングカートボックス獲得のチャンスを高める方法

下記の要因すべてにおいて満足度の高いサービスをお客様に提供することで、ショッピングカートボックスの獲得のチャンスを高めることができます。

 

■価格

配送料も考慮した、競争力のある価格設定をおすすめします。

お客様は、Amazon.co.jp にお買い得な品ぞろえを期待しています。

ただし、価格は評価要件の1つにすぎないため、最低価格をつけることでショッピングカートボックスを必ず獲得できる保証はありません。

 

上記のAmazon規約から、出品価格がキチンとしていれば、カートボックスを獲得できるはずです。

 

「競争力のある価格」と書かれていますが、これはおそらく最低価格のことでしょう。

 

ですが私は、訴求力のある商品説明文を記載することで、最低価格でない商品をいくつも売ってきました。

 

よって、価格以外にも、商品説明文も重要なファクターとなります。

 

あなたも、適正価格の設定をし、訴求力のある商品説明文を記載してください。

 

商品が売れるためには、お客様に信頼されることが、一番重要です。

商売の基本ですね。

 

「Amazonショッピングカートボックス」記事一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。