ショッピングカートボックスに、「Amazon.co.jp」が参入していることがあります。

 

Amazon.co.jpがいると、カートボックスが獲れないそうです。

 

私は、普通にカートボックスは獲れていました。

というか、カートボックスが獲れなくても、普通に商品が売れていきました。

 

大事なのは、適正価格と訴求力のある商品説明文です。

 

それさえ守っていれば、Amazon.co.jpがいても、商品は普通に売れていきました。

 

★☆★☆稼げるオススメ教材★☆★☆

 

ショッピングカートボックスが取れないと嘆くセラー

Amazon.co.jpが出品して、商品が売れないと嘆くせどらーが、Amazonセラーフォーラムに投稿していました。

 

以下、投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を校正しています。

先日、化粧品をFBAで出品しました。

 

最低価格が7,000円でしたので、私もその価格で出品しました。

当店もその価格で売れれば、十分利益が出ます。

 

しかし、1週間経っても、商品が全く売れませんでした。

 

出品者一覧を詳しく見たところ、Amazon.co.jpも出品していました。

 

Amazon.co.jpの出品価格は8,500円と高額でしたが、1700ptのポイントがあり、実質6,800円でした。

 

Amazon.co.jpが最安値だということです。

 

もちろん、カートボックスを獲得したのは、Amazon.co.jpでした。

 

私は、Amazon.co.jpの価格に対抗して、販売価格7,000円にポイントを300ptつけたりしました。

 

そうしたら、Amazon.co.jpもそれに対抗して、ポイントを上げてきました。

 

今も、Amazon.co.jpが最安値をキープして、カートボックスを独占しっぱなしです。

 

Amazon.co.jpのせいで、当店の商売は上がったりです。

 

スポンサーリンク



Amazon.co.jpが価格改定してくる事実

Amazon.co.jpの出品価格に近い価格で出品すると、価格改定競争を仕掛けてくるそうです。

 

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

当店は、メーカーから商品を仕入れて販売している業者です。

 

商品を、AmazonFBAで出品しました。

 

最初は出品者が当店のみだったので、問題なく売れていきました。

 

しかし、ある時突然売れなくなってしまいました。

Amazon.co.jpがカートボックスを獲得したせいです。

 

Amazon.co.jpが、当店の出品価格より1円安い価格をつけてきました。

 

そこで、価格改定を行い、Amazon.co.jpよりも数円だけ安い価格を設定しました。

 

そうしたら、Amazon.co.jpが対抗して、1円安く価格改定をしてきました。

 

今もこの価格改定競争が続いており、当店がカートボックスを獲得出来ず、商品が全く売れません。

 

FBAで出品しているため、在庫保管手数料がかかり続けています。

 

なぜAmazonは、手数料を支払っている我々せどらーを妨害するのでしょうか。

 

理解できません。

 

スポンサーリンク



フルフィルメントセンターの在庫が逼迫してるのに・・・

せどらーの増加により、Amazonフルフィルメントセンターは在庫が逼迫しています。

 

なのでAmazonは、在庫を捌くための取り組みを積極的に行っています。

 

販売不可在庫となった商品の返送料を無料にしたり、

長期間売れなかった商品の返送料免除と、長期在庫保管手数料を返金するキャンペーンなどを行っています。

 

そういうキャンペーンを行っているのに、Amazon.co.jpが価格改定競争に参加しするのは、本末転倒では無いでしょうか?

 

同じような考えをお持ちのせどらーがいました。

 

以下、Amazonセラーフォーラムへの投稿内容です(文章校正後)。

Amazon.co.jpは、マーケットプレイスという場を我々セラーに提供して、在庫保管手数料や販売手数料などの利益を得ています。

 

ですから、Amazon.co.jpが商品を出品して、我々セラーと競争したら、その利益が減ります。

 

明らかに、本末転倒ですね。

 

スポンサーリンク



Amazonは利用価値が高い販売媒体です

現状、Amazonはこういうシステムになっています。

 

ですが、Amazon.co.jpは利用客が多く、出品すれば商品が必ず売れます。

 

FBAで出品すれば、売れ行きは更に良くなります。

しかもFBAの場合、Amazonが販売代行をしてくれるので、商品が勝手に売れていきます。

 

Amazonマーケットプレイスは、やはり魅力的です。

 

今回は、Amazon.co.jpが出品して、我々せどらーの商売を妨害している事実を紹介しました。

 

しかし、それでもAmazonの利用価値は非常に高いです。

 

我々は、こうしたAmazonの欠点と上手く付き合っていくべきでしょう。

Amazon.co.jpに勝つ方法とは

出品者にAmazon.co.jpがいる場合、数円安い程度なら、Amazon.co.jpの商品が売れていきます。

Amazon.co.jpの商品なら、間違えないですから。

 

だから、Amazon.co.jpが販売する商品よりも、2割ほど安い価格で出品するようにしましょう。

 

私が出品する新品CD・DVDも、Amazon.co.jpの出品価格より2割ほど安いです。

だから、カートボックスを獲得して、買ってもらえるのです。

 

たしかに、Amazon.co.jpの出品価格よりも1円安いだけでも、カートボックスを獲得できます。

しかし、その程度の価格差では、Amazon.co.jpの商品が選ばれるでしょう。

 

Amazon.co.jpの出品価格より2割ほど安くても、利益が出る商品を仕入れするのは難しいかもしれません。

しかし、そこはあなたの腕の見せどころです。

 

大量行動して、あなた独自の仕入れ先を発掘してください。

私は『CDせどりのブルーオーシャン市場』がそれでした。

 

そして、もっと重要なのが、適正価格と商品説明文です。

 

この2つさえしっかりしていれば、Amazon.co.jpが出品していても、勝つことができますから。

 

「Amazonショッピングカートボックス」記事一覧に戻る

【PR】当ブログ推薦の2つのせどり教材

サヤ取りせどらー最終バージョン

 

>> サヤ取りせどらー最終バージョンが稼げる理由の記事

 

マカド

マカド

 

>> マカドが稼げる理由の記事

 

どちらも、やり方しだいで、誰もが大儲けできる可能性を秘めています。

 

また、「サヤ取りせどらー最終バージョン」限定の無料特典、『CDせどりの教材』がイチオシです。

 

この教材を使って、月商100万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

ぜひご検討ください!