相乗り出品とは、既にAmazonに登録されている商品カタログ(商品ページ)を使用して出品することです。

 

我々せどらーは、せどりすとなどの商品検索アプリを使用して、商品をサーチします。

 

せどりすとを使用する場合、既に存在している商品ページのランキングと最安値の情報をスマホ画面に表示します。

 

その情報を元に仕入れをして出品するので、必然的にAmazonの商品ページに相乗り出品することになります。

 

この相乗り出品ですが、商品カタログを作成した方に嫌がられます。

 

商品カタログを作成した方の本音は、「この商品を独占的に販売したい」です。

 

もし相乗り出品されたら、価格改定競争が始まって最安値が下落してしまいます。

 

また、ライバルが出現したことで、自分のカートがカートボックス表示される機会が減り、販売機会を喪失してしまいます。

 

相乗り出品されることは、商品カタログ作成者にとって、迷惑千万なのです。

 

ですから、商品カタログ作成者と相乗り出品者とでトラブルになることがあります。

 

今回は、そのトラブル事例を4つ紹介します。

 

★☆★☆稼げるオススメ教材★☆★☆

 

商品カタログを変更して出品出来なくなった事例

 

Amazonには、商品ページというものがあります。

 

この商品ページは、商品カタログというものを裏で作成することで表示されます。

 

わざわざ自分で商品カタログを作る目的は、その商品を独占販売したいからです。

 

しかし、Amazonでは、相乗り出品というかたちで、商品ページに出品することができます。

 

商品カタログ作成者が、相乗り出品されたことに腹を立てて、報復攻撃をすることがあるそうです。

 

その報復手段として、商品カテゴリを変更して、出品できなくする手段を紹介します。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

相乗り出品トラブル事例①:商品カタログを変更されて出品できなくなった

サプリメントを相乗り出品してメーカーに妨害された事例

 

相乗り出品とは、すでにAmazonに存在する商品ページに出品する方法です。

 

相乗り出品することで、その商品に出品する出品者が増えます。

 

カートボックス候補者の人数が増えて、カートボックスを獲得できる頻度が減るリスクが発生します。

 

また、増えすぎた出品者どうしで価格改定競争が始まり、値崩れして、赤字になるリスクも発生します。

 

相乗り出品は、商品カタログを作成してせどらーにとって、何一つメリットがありません。

 

ですから、相乗り出品して、商品カタログ作成者から妨害を受けることもありえます。

 

今回は、サプリメントを相乗り出品して、メーカーから妨害を受けたという事例を紹介します。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

相乗り出品トラブル事例②:サプリメントを相乗り出品してメーカーに妨害された

並行輸入品の商品ページに相乗り出品したのに訴えられた事例

 

中国輸入転売などをされている方、要注意です。

 

並行輸入品は、Amazonの正規輸入品の商品ページに相乗り出品出来ません。

 

それがイオンやイトーヨーカドーなどの大手量販店で仕入れたものであっても、相乗り出品出来ません。

 

その事実を知らないと、下手するとAmazonアカウント閉鎖になる可能性があります。

 

もう一つ。

 

並行輸入品を仕入れして、Amazonの並行輸入品の商品ページに相乗り出品した場合。

このようなやり方は、特に問題はなさそうですね。

並行輸入品を仕入れて、Amazonの並行輸入品の商品ページに相乗り出品しているのですから。

 

しかし、正規輸入品を販売している輸入代理店が、Amazonを含めたネットショップへの販売を認めないと主張した場合は、話は別です。

 

この場合は、並行輸入品の商品ページがAmazonに存在して、その商品ページに相乗り出品していたとしても、Amazonに出品出来ません。

「出品停止」の制裁をAmazonから受ける可能性があります。

 

その並行輸入品の仕入れ価格が10万円であった場合、10万円丸々損するということになります。

 

以下に、実際に「出品停止」の制裁をAmazonから受けた事例を紹介します。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

相乗り出品トラブル事例③:並行輸入品の商品ページに相乗り出品して訴えられた

偽物をFBAで相乗り出品された事例

 

Amazonでは、商品カタログを作成して、自分で商品ページを立ち上げることができます。

 

商品カタログを作成する目的は、商品を独占的に出品するためでしょう。

 

しかし、Amazonは「1商品カタログ1商品」を原則としています。

 

つまり、同一商品を出品する場合は、相乗出品というかたちで出品することになります。

 

ですが、同一商品でない類似品を相乗り出品することも可能です。

 

我々せどらーの目的は、「商品を安く仕入れて高く売る」です。

 

類似品を安く仕入れて、最安値が高い商品ページに相乗り出品してしまおうと悪巧みをするせどらーもいるかもしれません。

 

ですが、これは偽物を販売していることになり、規約違反です。

 

商品ページに掲載されている画像と異なる商品が届き、購入者からクレームが入ります。

 

購入者は、評価1の低い評価をして、「違う商品が届いた」との評価コメントを書くことでしょう。

 

しかし、FBA出品者だという理由で、この評価をAmazonが削除するそうです。

 

しかし、このせどらーは、返金率が自動的にドンドン上がり、Amazonアカウント停止や閉鎖になっていずれ消えていきます。

 

だから、放置するだけでOKです。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

相乗り出品トラブル事例④:偽物を相乗り出品された(FBAはやりたい放題!?)

【PR】当ブログ推薦の2つのせどり教材

サヤ取りせどらー最終バージョン

 

>> サヤ取りせどらー最終バージョンが稼げる理由の記事

 

マカド

マカド

 

>> マカドが稼げる理由の記事

 

どちらも、やり方しだいで、誰もが大儲けできる可能性を秘めています。

 

また、「サヤ取りせどらー最終バージョン」限定の無料特典、『CDせどりの教材』がイチオシです。

 

この教材を使って、月商100万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

ぜひご検討ください!