Amazonには、商品ページというものがあります。

 

 

赤枠で囲った部分は、カートボックスですが、本記事と関係ないので気にしないで下さい。

 

この商品ページは、商品カタログというものを裏で作成することで表示されます。

 

わざわざ自分で商品カタログを作る目的は、その商品を独占販売したいからです。

 

しかし、Amazonでは、相乗り出品というかたちで、商品ページに出品することができます。

 

商品カタログ作成者が、相乗り出品されたことに腹を立てて、報復攻撃をすることがあるそうです。

 

注文保留にした隙に商品カタログを変更して出品できなくなった事例

実際に被害に遭ったせどらーが、Amazonセラーフォーラムに投稿していました。

 

以下、投稿内容です。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を校正しています。

私はFBAで出品しています。

 

相乗り出品した商品を、コンビニ決済で全て買い占められ、注文保留状態になった後、商品カタログ(商品ページ)が変更されて出品できなくなってしまいました。

 

このままですと、返送料を支払って、Amazonフルフィルメントセンターから商品を引き上げなくてはなりません。

 

何か解決方法はないのでしょうか?

 

コンビニ決済をして注文保留状態にしたあと、商品カタログを変更して、出品できなくする方法があるみたいですね。

私も商品カタログを変更されて出品できなくなった

私は、新品CD・DVDを、AmazonにFBAで出品しています。

 

全て、相乗り出品しています。

 

相乗り出品した後、出品が強制的に停止になった商品がいくつかありました。

 

Amazonからメールが届いたことで、この事実が判明しました。

 

以下、メール内容です。

件名: 販売できていないFBA在庫があります

 

有効な出品情報がないため、販売できていないFBA在庫です。

出品者様は、有効な出品情報がないため、販売できていないFBA在庫をお持ちです。販売機会の損失に

加えて在庫保管手数料がかかるため、早急に対策をとることをおすすめします。

 

(以下、商品内容)
・green shadow,white door
ASIN:B000NA6P4M
SKU:UX-LTN4-IZHD
FBA在庫数:1

 

Amazonテクニカルサポートに問い合わせて、原因を調べました。

 

以下、回答です。

Amazonテクニカルサポートよりご連絡いたします。

 

◆「有効な出品情報がありません」エラーが発生した原因について

「有効な出品情報がありません」エラーについては、ご申告いただきました通り、商品カタログの情報を変更したことで発生する可能性はございます。

 

しかしながら、発生の原因は、商品情報の変更、出品の停止、システムエラー等多岐にわたります。

 

出品できなくなった商品は、自宅に返送して、もういちど相乗り出品して売り抜けました。

商品カタログを変更して相乗り出品者を排除できるのか考察

商品カタログを作成した人にとって、相乗り出品してくるせどらーは、邪魔者です。

 

排除したくなる気持ちは、分からないでもありません。

 

では、商品カタログを変更して、相乗り出品者を排除することは、可能なのでしょうか?

 

以下、自分なりに考察しました。

商品カタログの画像を変更したらどうか

結論から言えば、商品画像を変更しても、他の出品者の商品を出品停止にさせることはできません。

 

Amazonテクニカルサポートにお聞きしました。

<私の質問>
以下の事例に対して、Amazonテクニカルサポートの見解を教えてください。

 

・音楽CDを例に取って考えます。

商品カタログ(商品ページ)の商品画像が、別のアーティストのものと間違えていたとします。

商品画像を正しい画像に変更しました。

しかし、その商品ページには、正しい商品画像に変更する前に、複数のFBA出品者がいました。

 

この場合、変更後の商品画像と異なる商品を出品しているFBA出品者は、出品が停止されるのでしょうか?

 

以下、Amazonテクニカルサポートの回答内容です。

<Amazonテクニカルサポートの回答>
masa ご担当者様

お問い合わせいただきました、商品情報についてご案内いたします。

 

商品情報につきましては、

規約に沿っていない、禁止商品に該当する場合、価格が異常に高いまたは低い場合などは、

自動的に出品が停止されることがあります。

 

ただ、基本的に上記のような設定がなされていない限りは、自動的に出品が停止されることはありません。

 

今回の音楽CDの例につきましても同様で、もともと誤った画像で登録を行っていたカタログについて、カタログ作成者が修正を行った場合、カタログが変更になった点や、誤った登録ではないかというご連絡は行っておりません。

 

以上から、商品画像を変更した程度では、他の出品者の商品を、出品停止にさせることはできません。

商品カタログの商品カテゴリーを変更した場合

商品カタログは、商品カテゴリーの変更をすることができます

 

ドラッグストアカテゴリのように、出品制限のあるカテゴリーに変更して、相乗り出品者の商品を強制的に出品停止にすることができそうです。

 

Amazonテクニカルサポートに直接問い合わせて、確認しました。

<Amazonテクニカルサポートの回答>

masa ご担当者様

お問い合わせについて、ご案内申し上げます。

 

◆商品登録後のカテゴリー変更

回答:変更可能である場合はございます。

変更を希望している商品カタログの登録内容や、変更の妥当性によって可否が分かれますので、実際に変更を希望される場合に、改めてお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

 

以上から、商品カタログの商品カテゴリーは変更可能です。

出品制限のある商品カテゴリーに変更して、相乗り出品者を排除できそうですね。

 

このやり方で、相乗り出品者を排除できるのか、Amazonテクニカルサポートに聞いてみました。

 

どうやら出来るみたいです。

masa ご担当者様

Amazonテクニカルサポートよりご連絡いたします。

 

・変更後の商品カテゴリーが出品制限がある商品カテゴリーである場合、その商品に出品中の出品者は出品停止になり、再度出品する場合は出品許可申請が必要になる、という認識で問題ないか

 

>出品者様のご認識の通り、変更後のカテゴリーに出品制限がかかっている場合、相乗り出品をされている出品者様でその権限をお持ちではない場合については、一度出品停止となり、出品許可申請を行っていただきました後に再度出品が可能となる、といった内容となります。

 

以上、Amazonテクニカルサポートの回答から、

出品制限のある商品カテゴリーに変更して、相乗り出品者を排除できると言えます。

商品カタログを変更されて排除されることは滅多にない

私は2012年からAmazonに出品しており、これまで新品CD・DVDだけでも30,000枚以上出品してきました。

 

全て、相乗り出品です。

 

その中で、いきなり出品停止になったケースは、ごくわずかです。

なので、あまり心配する必要はないと、私は思います。

 

ですが、出品できなくなる事例として、あなたに知ってもらいたく、今回この事例を紹介しました。

 

「相乗り出品」トラブル事例一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。