せどりは胡散臭い商売だと警戒した

会社勤めをしながら無理なくやれる副業が無いかGoogleで探していたところ、「せどり」という商売に行き当たりました。

 

せどりブログを色々見たところ、ブックオフで105円で売っている本がヤフオクやAmazonで3,000円になったというケースが多数紹介されていました。
さらに調べたところ、仕入れた本をAmazonの倉庫に預けておくとAmazonが販売代行をしてくれ、自分が会社で仕事をしている間に売れても、Amazonが商品を発送をしてくれることが分かりました。
これなら無理がなさそうだ、と感じました。

 

本を仕入れる時も、スマホに「せどりすと」というアプリを入れれば出来るみたいです。
せどりは大変シンプルな商売だな、と感心しました。

 

しかし、会社であれだけ苦労しないと給料を毟り取れないのに対して、せどりでこんなに簡単に稼げるのに対して警戒もしました。
せどりブログを色々見て、中学時代にいた見た目がヤンキーの品のなさそうな人間が登場して、派手なブログデザインを掲げて、「せどり簡単に稼げる」「せどりは楽に稼げる」「めっちゃヤヴァイ」「いつやるの?今でしょ!?」など、調子の良いマルチ商法まがいの言葉が書かれていたのを見て、胡散臭い商売だと警戒しました。

 

ですが、当時は給料も安い、ボーナスは新入社員以下、そのお金も当て逃げされた車の修理代に消えるなど、自業自得とは言え色々悲惨な状態でした。
こうした出来事がきっかけで、会社の安い給料・ボーナスを当てにして生活を続けることに対して大変不安で苦しんでおり、何とかこの状況を打破したいと心から願っていました。
ですので、せどりが胡散臭い商売だと思いながらも、ダメ元でやってみようと思いました。

 

会社をサボって、Amazonセラーセントラルの登録作業をやり、小口出品者で登録した後、iPhone5に「せどりすと無料版」をインストールして、早速近所のブックオフに通いました。

 

この当時、冬のボーナスが支給されましたが、夏のボーナスと同じく、新入社員以下のお金しかもらえませんでした。
その雀の涙ほどの冬のボーナスのお金中から2万円を投資しました。
もしこれでダメだったら、潔く止めるつもりでした。

 

ブックオフせどりを始める

ひたすらサーチ

最初はブックオフせどりをやりました。
105円コーナーを泥臭く全頭サーチしていました。
当時はMS910といったせどりビームを使わず、せどりすとのカメラ機能を使って地道にコツコツサーチしていました。
せどりすとのカメラサーチ画面で、本のJANコードにカメラを当てて読み込まれる現象を見て、感動したのを覚えています。

 

仕入れする本は、せどりすとに表示される「粗利」が300円以上の本を対象にしました。
仕入れに行く前に購入した3,980円位で買ったブックオフせどり関連の情報商材に、利益額が100円以上なら買いだと書かれていたからです。
その金額を基準にモノレート(2012年当時はamashow)の波形を見ずに、ただただ「粗利」が300円以上の本を機械的に仕入れていました。

 

2012年当時からブックオフせどりは飽和状態で、あまり稼げるせどり手法ではありませんでした。
そんなせどり事情があったにも関わらず、せどり初心者の私でも粗利が出る本が沢山見つかり、一店舗だけで15冊ほど抜けました。

 

出品

仕入れた本を出品することになりました。
出品は、FBAで出品することを最初から決めていました。
自己発送ですと、梱包作業や出荷作業を商品ごとにやる必要があり、手間暇が掛かり疲れたせいで、会社で色々苦しむことになることが予想されました。
ですが、FBAで出品する時も、それなりにやらねばならない作業が待っています。
せどり初心者の中には、この段階で挫折する方もいるそうです。
私は、とにかくお金が欲しかったこと、お金が手に入ればこの苦しみから脱出できると思っていたので、お金に対するマインドブロックと戦いながら我慢してやりました。
FBAで出品する方法が紹介されているせどりブログを探して、Amazonセラーセントラルに商品登録して、FBA納品手続きをする方法や、商品ラベルの貼り方、納品先のAmazonフルフィルメントセンターの住所など、こうしたFBAで出品する際に必要となる情報を手探りで一つずつ調べました。

 

FBA納品手続きが終わった後の商品ラベル貼りは、家族にお願いして協力してもらいました。
全ての本に商品ラベルを貼った後、160サイズの段ボール箱に無理矢理詰め込んでヤマト運輸で発送しました。
ヤマトの集荷の方が自宅に来て、ダンボール箱の重量を測ったところ、重量が50kg近くありました。
このままでは底抜けするとヤマトの集荷の方に言われたので、ガムテープで底を補強する形で梱包し直してもらいました。
発送方法は通常便で、送料は5,000円ほどであったことを覚えています。
男性のヤマトの集荷の方が、50kg近くある段ボール箱を必死に持ち上げてトラック積む姿を見て、悪いことをしてしまったと心が痛みました。

 

150円の粗利

こうして、Amazonフルフィルメントセンターへの納品が終わりました。
そして、自宅から古本を送ってから2日ほど経った頃でしょうか。
夜中の12時頃に、私のiPhone宛に、Amazonセラーセントラルから入金確定のメールが来ました。
最初何のメールなのか、よく分かりませんでした。
内容をよく読むと、どうやら購入者からお金が振り込まれたみたいです。
Amazonセラーセントラルを見たところ、250円ほど入金されていました。
粗利150円達成です。
少額ですね。
この金額を家族に言ったら笑われました。

 

ブックオフせどりに邁進

しかし、私は本当にお金になったことに深く感動し、もっと仕入れを頑張ろうと決めました。
仕事が終わってから毎日のように近所のブックオフに足を運び、閉店時間になるまで粘って105円コーナーにある古本をひたすらサーチしていました。
商品サーチを続けていく中で、105円のコーナーには粗利が出る本に簡単には巡り合えないので、このコーナーだけを狙って攻め続けるのは効率が悪いことが分かってきました。
そこで、思い切って販売価格が315円くらいまで仕入れ対象の幅を広げて、色々なコーナーにある古本をサーチしたところ、医療系の教科書のコーナーに、粗利が出る本が沢山あることが分かりました。
そこで、医療関係の本に狙いを絞って、車で札幌市内や札幌近郊のブックオフを周り、商品サーチしました。
狙いが良かったのか、大量に見つかりました。

 

例えば、販売価格が315円で、Amazonで5,000円以上で売れた本もありました。
こういう本です。
MDS 2.1施設ケアアセスメントマニュアル 300円  → 5,523円
ブックオフせどりで、一番印象深かった本を紹介しました。

 

ですが、これからが本番です。

 

新品ゲームせどりで粗利30,000円

偶然の出会い

12月のとある日に、近所のポスフールに家族と買い物に行きました。
そこで、何となく立ち寄ったテレビゲームのコーナーのワゴンに、以下のようなゲームソフトが500円で売られていました。
サーチすると、粗利2,000円以上出るものばかりでした。
この状況を受け入れるのに、少しほど時間を要しましたが、我に返り全部買い占めました。

 

このワゴンには、以下のようなゲームソフトが置かれていました。
ワールドサッカー ウイニングイレブン 2012 500円 → 3,280円
みんなの縁日 500円 → 3,380円

 

ワゴンに小学生くらいの子供が沢山いて親に嬉しそうにねだっていましたが、無視して根こそぎ買い占めました。
もちろん、買い占めたことに対して心が痛みましたが、こちらもお金が欲しくて必死だったのでなりふり構っていられませんでした。

 

根こそぎ仕入れた

会計時に店員さんに、同じ商品が他にも置かれていないかお聞きしました。
すると、なんと札幌市にあるジャスコ平岡店でも、翌日同じようなセールを行うという情報をゲットしてしまいました。
翌日、体調不良を演じて会社をサボり、ジャスコ平岡店に行きました。
事前に店員さんからお聞きしたとおり、上記のゲームソフトが沢山置かれていました。
当然、全部買い占めました。
ポスフールとジャスコ平岡店の2店合わせて、ゲームソフトを30本ほど仕入れできました。

 

粗利30,000円達成

早速Amazonセラーセントラルに出品して、Amazonフルフィルメントセンターにゲームソフトを送りました。
そして、ゲームソフトがAmazonフルフィルメントセンターに受領された途端、瞬く間に全て売れてしまいました。
Amazonセラーセントラルで確定した入金額は、約45,000円でした。
仕入れ価格が15,000円ですので、30,000円の黒字です。

 

会社で給料30,000円を増やすためには、30時間残業しなくてはなりません。
30時間残業するのは、私の場合、かなり無理しないと出来ません。
当時は会社生活を送ることでの将来に対する絶望感が、私の心を支配していました。
加えて、自分の負の感情が招いたパワハラ&セクハラまみれの人間関係でしたので、会社に定時までいるだけでも、精神的にかなり疲弊するような状況でした。
ですので、それに加えて30時間も残業するとなると、身体が持ちません。
それでも、休職前の私は、まだ会社に期待されていたところがあったのでしょう、仕事という名の下らない作業を沢山振られて毎月30時間の残業を普通にやらされていました。
30時間残業して身体と心がボロボロになり、それでようやく給料手取り30,000円増える感じでした。
こういう状況が10年近く続いていたので、30,000円のお金を手に入れるためには、身体と心がボロボロになるまで働かねばならないものだと思い込んでいました。
ですから、せどりでたった2店舗ちょこっと回ってゲームソフトを仕入れただけで、30,000円もの大金が手に入ったという事実が驚愕でした。
そして、お金を稼ぐことはそんなに難しいことではないのではないかと、この経験をして思うようになりました。
お金に対するマインドブロックが、徐々に外れて行きました。

 

新品ゲームは速攻で売れる

ところで、ゲームソフトがAmazonフルフィルメントセンターに受領されて、瞬く間に売れていった事実について。
私の経験上、新品ゲームソフトは、時期に関係なく、Amazonに出品すればいつでも速攻で売れます。
特に売れる速度が速いのは、クリスマスシーズンです。
私の場合も、ゲームソフトを出品した時期がクリスマスシーズンと運良く重なったことで、瞬く間に売れていったという感じです。

 

せどりをもっと突き詰めることを決意

かくして、30,000円もの大金を手に入れてしまいました。
そして、仕入れ、出品作業、商品が売れてお金になるという、せどりの一連の流れを経験して、せどりのメカニズムが少しだけ理解できました。
そして、せどりは面白いと心から思いました。
10年間会社生活を続けて、仕事という下らない作業をやらされ続けて、勝手に腐っていた私は、本当に久しぶりに楽しい経験ができて嬉しかったです。
せどりをもっと突き詰めて行こうと決心しました。

 

以上、せどり初心者であった頃の話をさせて頂きました。

 

みなさんにアドバイス

ブックオフせどりは稼げます

ゼロ年代はブックオフせどりだけで、充分稼げたそうです。
私の知り合いに、ブックオフせどりで3,000万円の現金資産を手に入れることに成功されたアラ還の方がいらっしゃいます。
しかし、現在はブックオフせどりは、少額しか稼げません。

 

それでも、せどり初心者の方は、ブックオフせどりから始めるべきです。
私は、せどり初心者の方からお問い合わせを頂いたことがあります。
この方に対して、私はブックオフせどりをすることを勧めました。
そしてこの方は、自分で行動してブックオフせどりを行い、30,000円稼ぐことに成功されました。
この方を例に取っても分かりますが、ブックオフせどりは、少額ですが今でも稼げます。
ですから、せどり初心者は、ブックオフせどりから初めて、せどりのメカニズムを覚えていって下さい。

 

モノレートの波形を読めるようになりましょう

これが出来ないと、仕入れた商品が本当に売れる商品なのかの判断が出来ません。

 

私もせどり初心者の時は、モノレートを全く見ずに仕入れするという、危険な行為をしていました。
せどりすとで古本をサーチして、Amazon最安値が高く粗利が出る古本を機械的に仕入れしていました。
そのせいで、売れた実績のない古本を多数仕入れてしまい、それらは不良在庫と化してしまいました。
よく覚えているのが、Amazon最安値が50,000円だったのに食いつき、落書きだらけのお絵かき本を仕入れてしまったことです。
冷静に考えて、こんなゴミを仕入れるのは愚かな行為ですが、当時の私は、モノレートを全く見ずAmazon最安値しか見ないでいたため、こうしたゴミを仕入れるという愚かで滑稽な失敗をしてしまいました。
皆さんは、こうした失敗をしないようご注意ください。

 

繰り返し申し上げますが、私のようにゴミを仕入れるようなミスを犯さないよう、モノレートの波形は絶対に勉強してください。
虎の子から捻出した物が売れなければ悲劇ですから。

 

北海道のローカルネタを紹介

札幌の清田区にある「BOOKOFF PLUS 36号札幌美しが丘店」は店舗面積も大きく取り扱い冊数も多く、医療関係の参考書の品数も充実していました。
後は「BOOKOFF 恵庭バイパス店」も品揃えが非常に良かったです。
付近に北海道文教大学がありますが、この大学は看護学科を筆頭に医療系の学部が沢山あり、この大学の学生が卒業時に教科書を売るのでしょう。

 

両店舗とも、現在はインストアコードを導入しているので、「せどりすと無料版」では対応できません。
インストアコードに対応しているのは、「せどりすとプロ」以上になります。

 

札幌市内には看護系を始めとした医療系の大学や専門学校が沢山あります。
ですので、医療関係の中古本の流通量が多く、それのみに絞ってもかなり仕入れが出来ました。
私がブックオフせどりをしていた当時は、医療関係のコーナーでせどらーと鉢合わせたことはありませんでした。
最近でも看護学部がある札幌保健医療大学が2013年に創設されるなど、医療系の大学・専門学校が増えています。
今後増々、医療関係の教科書や専門書が、ブックオフに流れていくと私は考えます。

 

田舎せどりを始めて月商80万円に』に続く>>