Amazonの発送方法には、自己発送とFBAの2種類があります。

 

自己発送とは、Amazonで商品が売れたら、自分で商品を発送する販売形式のことです。

FBAとは、Amazonで商品が売れたら、Amazonが勝手に商品を発送してくれる販売形式のことです。

 

自己発送での出品方法と、FBAでの出品方法につきましては、『Amazonに個人で出品!やり方・やっちゃダメなこと全部紹介!』をご覧ください。

 

FBAを利用すると、自分が寝ている最中にもAmazonが発送してくれるので、非常に楽です。

私はFBAというサービスがあったからこそ、せどりで無理なく約1億円の売上を出すことが出来ました。

FBAが無ければ今の私は存在していなかったと思います。

 

これに対して、自己発送はデメリットだらけです。

デメリットの内容については後述しますが、自己発送でミスすると、Amazonマーケットプレイス保証申請率が上がり、最悪Amazonアカウント停止になって、Amazonで商売が出来なくなる恐れがあります。

 

自己発送のデメリットだけに焦点を当てると、自己発送には何一つメリットが内容にも感じられます。

 

しかし、Amazonマーケットプレイス全体を見渡すと、自己発送で商売しているセラーは多数います。

何故わざわざリスクの多い自己発送で商売するのでしょうか。

 

理由は、自己発送で出品すると、送料だけでもFBAよりも遙かに儲けることが出来るからです。

 

薄利多売の商売になりますが、商品を毎月1,000個販売した場合、送料を抑えるだけで27万円のお金を浮かすことが出来てしまいます。

これは、Amazonから上乗せされる送料350円を、クリックポストや飛脚メール便などを活用して浮かすこと、大口出品者で運用することで実現できる数字です。

この他に、在庫保管手数料と配送代行手数料、出荷作業手数料と発送重量手数料の4つの手数料分も浮かすことが出来ます。

だから、27万円というのはかなり控えめな数字であるといえます。

 

以下に、自己発送のデメリットを踏まえた上で、自己発送がFBAよりも儲かるカラクリについて詳しく説明していきます。

 

自己発送のデメリット

まず、自己発送のデメリットについて触れます。

 

自己発送は、色々面倒くさい問題に直面することになります。

 

例えば、購入者がAmazonに登録した住所に誤りがあったり、番地が無かったりして、商品が届かずトラブルになった場合。

自己発送の場合は、購入者との間で発生したトラブルは、こちらで対処しなくてはなりません。

そして、問題が解決しなかった場合、Amazonマーケットプレイス保証申請をされる恐れがあります。

Amazonマーケットプレイス保証申請をされると、強制返金されるだけでなく、Amazonマーケットプレイス保証申請率が上がり、顧客満足度指数の構成要素の一つ、注文不良率の状態が悪くなります。

詳しくは、『Amazonヘルプページ よくある質問:顧客満足指数』を御覧ください。

そして、Amazonマーケットプレイス保証申請を何度もくらうと、顧客満足度指数(アカウント健全性)の状態が悪くなり、最悪アカウント停止になる可能性があります。

 

購入者がAmazonに登録した電話番号が誤りであったりすることもあります。

また、小口出品者から大口出品者に切り替えたセラーの場合は、そもそも購入者の電話番号が注文管理画面に表示されません。

電話番号が分からないと、購入者の登録住所に誤りがあり、商品が届かないというトラブルが発生した時に、購入者と連絡する手段がありません。

この場合は、Amazonによって匿名化された購入者のアドレス(ドメインが「@marketplace.amazon.co.jp」のアドレス)宛にメールを送ることは出来ます。

ですが、購入者がメールの受信設定をしておらず、メールが届かないということも充分あり得ます。

こうなれば、商品未着で購入者から評価1の悪い評価を受け、注文不良率が上がって顧客満足度指数の状態が悪くなり、Amazonアカウント停止の制裁を受ける可能性もあります。

詳しくは、『Amazonの発送済み商品が届かない場合→保証申請され垢BAN』をご覧ください。

 

Amazonの規約を熟知している購入者の中には、自己発送のセラーに対してあり得ないクレームを付けてくる人間がいます。

東京近郊の離島在住の購入者が、予定配送日時から1日遅れて到着しただけで、送料の返金を要求してきたという事例があります。

配送会社は法律上「履行補助者」とされ、履行補助者の過失は債務者(出品者)の過失と同一視されるという論理で、出品者に送料の返金義務があるという主張もあります。

しかし、この場合は送料の返金義務が無いのが正解です。

なぜなら、購入者はAmazonの配送料を含めた商品価格に同意して購入しており、売買契約が成立しているからです。

だから、返金する必要はありません。

と、簡単に言うことはできますが、この手の購入者(=クレーマー)は、送料が返金されないことに腹を立てて、評価1の低い評価とフィードバックを付けてくることでしょう。

低い評価を食らうと、セラーがAmazonで商売出来なくなることを知った上で。

この問題への対処法につきましては、本ブログ記事『Amazonの商品配達が遅い場合を悪用する購入者への対処法』をご参照ください。

 

商品を発送するときに追跡番号を付けないと、購入者から商品をだまし取られ、Amazonマーケットプレイス保証申請をされて、購入者に強制返金される可能性があります。

追跡番号が無いと、商品が購入者の元に確実に届いていたと証明できる根拠がありません。

それゆえ、購入者がAmazonに「商品未着である」とウソをついても、Amazonマーケットプレイス保証申請が認められてしまいます。

Amazonマーケットプレイス保証申請が認められると、、注文不良率が上がって顧客満足度指数の状態が悪くなり、Amazonアカウント停止の制裁を受ける可能性もあります。

商品をだまし取られ、仕入れ代金と送料を丸々損して、Amazonアカウント停止になって、Amazonで商売出来なくなるということです。

とんでもない話ですね。

 

購入者は、注文した商品を間違えることもあります。

この場合は、我々が商品を発送する前に、購入者が「購入者都合による注文キャンセル」を行えばそれで済む話です。

ですが、その作業を怠り、商品が自宅に届いてから受け取り拒否をしてくる悪質な購入者も中にはいます。

この場合の正しい返金方法は、商品の売上である商品代金とAmazonから上乗せされる配送料から、返送にかかる送料を差し引いて購入者に返金するのが、正しい処理方法です。

しかし、悪質な購入者ですと、自分が損することになるのが許せずに、腹いせに評価1の低い評価とフィードバックを付けてくる可能性があります。

これまで何度も申し上げている通り、評価1の悪い評価を受けると、注文不良率が上がって顧客満足度指数の状態が悪くなり、Amazonアカウント停止の制裁を受ける可能性があります。

 

このように、自己発送をする上で遭遇するあり得ない事例は、枚挙に暇がありません。

 

しかも、自己発送で売れた商品の納品書の送り方を間違えると、郵便法第76条に抵触して、3年以下の懲役又は360万円以下の罰金になる恐れもあります。

納品書の正しい送り方につきましては、『Amazonで売れた商品の納品書は信書。同封したら犯罪に?』をご覧ください。

 

このように、自己発送で商売することは、リスクだらけなのです。

FBAでやった方が絶対に楽

ですが、FBAの場合は違います。

先ほど自己発送で発生する購入者とのトラブルは、全てAmazonが対処してくれます。

我々は、商品をAmazonフルフィルメントセンターに送った後は、商品が売れるのをただただ待つだけです。

結論から言えば、楽に商売をしたいのでしたら、FBAで運用した方が絶対に良いです。

しかも、Amazonはカートボックスという制度をFBA出品者に適用して、FBAの出品者が優先的に売れるようなシステムになっています。

(※一部の自己発送のセラーにもカートボックスが割り当てられる)

私もこれまで仕入れた30,000点以上のCD・DVDを、全てFBAで販売してきました。

FBAで運用すると、商品の出荷の手間から解放されて肉体的負担が大幅に削減されます。

だから、嫌になること無くここまでやってこられたのでしょう。

もちろん、FBAでもデメリットはあります。

例えば、Amazonテクニカルサポートが購入者からの返品を安易に受け付け、販売不可在庫になって商品が売り物にならなくなることです。

私もCDを開封されて返品されたことが何度もありました。

私が見つけた特に酷い事例が、138,000円の商品が販売不可在庫になり、売り物にならなくなったという事例です。

 

それでも、このような事例はごくまれです。

FBAのあの楽さは、何物にも代えられない、Amazon独自の素晴らしいサービスであると私は思います。

自己発送はFBAよりも儲かる

では、自己発送はFBAと比較してデメリットしか無いのでしょうか。

 

いいえ、違います。

 

自己発送は、FBAよりも手数料が安いという最大のメリットがあります。

 

FBAの場合、在庫保管手数料と配送代行手数料、この二つだけでもかなりの金額の手数料を徴収されてしまいます。

さらに、出荷作業手数料と発送重量手数料も徴収されてしまいます。

FBAはとにかくお金がかかるのです。

これらの手数料の詳細につきましては、Amazon出品サービスのページ『FBAの料金プラン』をご参照ください。

自己発送で販売すると、これら4つの手数料がかかりませんので、それだけでも相当な金額のお金を浮かすことが出来ますね。

 

しかも、自己発送の場合は、商品の販売価格に送料が上乗せされます。

これが非常に大きい。

この送料分を浮かすことで、FBAと比較して27万円ものお金を浮かすことだって可能です。

この27万円のカラクリは、Amazonから上乗せされる送料と基本成約料です。

以下に、詳しく説明していきます。

例えばCD・DVDの場合について。

自己発送で売れたら、Amazonから上乗せされる送料として、350円もらえます。

詳しくは、『Amazonヘルプページ 出品者の配送料と配送条件』を御覧ください。

 

この350円を以下に浮かすかが鍵になります。

 

送料が安くて有名なのは、佐川の飛脚メール便と、日本郵便のクリックポストです。

両者は、一般の方が利用できる郵送サービスの中で、送料が最も安いです。

佐川の飛脚メール便につきましては、本ブログ記事『佐川の飛脚メール便は安い!!でも到着が遅い。上手い使い方は?』をご参照ください。

また、クリックポストにつきましては、本ブログ記事『クリックポストは安い!追跡番号が付くのでAmazonに使えるが?』をご参照ください。

 

今回は、特約ゆうメールを使用したと仮定して話を進めます。

商品を発送する時に、特約ゆうメールの小口契約をしていると、送料がかなり安くなるそうです。

この送料ですが、ハッキリと決まっていません。

1年間に発送する商品の数に応じて、かつ、郵便局の担当者の裁量に応じて変動します。

詳しくは、『特約ゆうメール・特約ゆうパック・契約をして荷物を送る 郵便局』を御覧ください。

 

ネットで調べたところ、ある自己発送のせどらーの方は、ゆうメール特約を使って、商品1口当たりの送料が80円~100円だそうです。

仮に商品1口当たりの送料が80円だったとしましょう。

商品が売れて上乗せされた350円から、基本成約料100円と送料が80円を差し引くと、170円の黒字です(350円-100円-80円=170円)。

FBAで販売していないので、FBA出荷作業手数料とFBA重量手数料がかかりません。

商品1つ当たり、170円丸々黒字になります。

もし、商品を毎月1,000個、自己発送で販売する方でしたら、17万円丸々黒字になります。

 

さらに、大口出品者の場合は、商品ごとにかかる基本成約料もかかりません。

この基本成約料は、商品一つにつき100円です。

基本成約料につきましては、Amazonヘルプページ『出品手数料と価格設定』をご参照ください。

 

小口出品者から大口出品者に切り替えたとしましょう。

この場合、自己発送で商品を毎月1,000個販売する場合、小口出品者と比較して10万円ものお金を浮かすことが出来ます。

先ほどの、送料で浮かせるお金17万円と併せて、なんと27万円物お金を浮かすことが出来てしまいます。

自己発送されている方の多くは、商品を毎月数百個数千個単位で販売されていることでしょう。

ですので、大口出品者でやると基本成約料がかからない分、確実にお得になります。

非常に魅力的ですね。

 

このように、自己発送で運用することで、送料分を浮かせてFBAよりも大きく儲けることが可能です。

商品発送にかかる手間暇、購入者からのクレームに適切に対応出来るセラーでしたら、自己発送はやる価値ありと言えます。

まとめ

・自己発送は、販売価格に送料が上乗せされるメリットがある

・ゆうメール特約などを使って自己発送すれば、送料上乗せ分をかなり浮かすことが出来る

・大口出品者で運営すれば、基本成約料100円も浮かすことが出来る

・月に1,000個以上販売する人なら、FBAをやった場合と比較して、30万円くらい自己発送で浮かすことが出来るかもしれない

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要がありますが、ネット上に住所が明かされると家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

アフィリエイト報酬額も8,000円と高額ですので、教材購入費用を余裕で回収出来るはずです。

実際に、このCDせどりの教材で稼いでいるアフィリエイターは多数います。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。