おもちゃせどりで狙うのは、おもちゃ個人店です。

このおもちゃせどりは、昔からやっている人が多いです。

そのため、殆どの個人店は枯れており、仕入れするのが難しいと言われています。

しかし、せどらーはレベルが低い人間が多いため、取りこぼしを相当しています。

実際に私がせどらーが入った個人店に仕入れに行ったら、粗利が出る商品がザックザック見つかりました。

しかし、おもちゃ個人店の店主はせどりを知っています。

そして、せどらーを露骨に毛嫌いする方が多いです。

この店主の心を開かないと、仕入れは出来ません。

では、心の開き方とはいかに?

以下、紹介します。

 

スポンサーリンク

 

おもちゃせどりはライバル多数

おもちゃせどりはライバルがメチャクチャ多い市場です。

 

私が2012年12月にせどりを知って、色々なせどらーさんのブログを拝見させていただくと、「個人おもちゃ店せどりはライバルが殆どいなく美味しいせどり」という記事を多々見ました。

実際に個人おもちゃ店を自分で周って、これは大間違えであることが分かりました。

店主さんからお聞きした所、ゼロ年代(2000年~2009年)の頃から、大量に仕入れする方が存在していたそうです。

個人おもちゃ店せどりは昔から知られている手法なのです。

全国の数少ないおもちゃ店ほぼ全てに、せどらーが入っていると思って間違えないでしょう。

ひょっとすると、おもちゃせどり専門の専業せどらーも全国に多数いらっしゃるのかもしれませんね。

 

おもちゃ個人店の店主はせどらーを知っている

CDせどりで本州遠征に行った際に、私も個人おもちゃ店も回るようにしているが、どのお店でも店主さんからこう言われました。

「前にあんたみたいに沢山買ってた人が何人もいたけど、あんたもインターネットで売るのかい?」

個人おもちゃ店は、自分の商品が転売されていること知っています。

そして、それを快く思っていません。

店主さんからこうも言われました。

「あんたらに儲けさせるために俺は商売しているんじゃない!」と。

地方の個人おもちゃ店ならまだいける

個人おもちゃ店にせどらーが押し寄せて、店主さんから警戒されている状況ですが、地方にある個人おもちゃ店でしたらやり方次第でまだまだチャンスがあります。

というか、地方でしか安く仕入れすることは不可能だと言ってもよいでしょう。

 

「地方」というのは、「○○町」とかの人口が2万人もいないような街のことを指します。

 

私が狙うのは、地方にある個人おもちゃ店のゲームソフトのセール品です。

・スーパーファミコンソフト

・任天堂64ソフト

・ゲームキューブソフト

・ゲームボーイアドバンスソフト

・PS2ソフト・任天堂DSソフト

・PSPソフト

 

かなり昔から一昔前のゲームソフトが1本1,000円位で投げ売りされていることが多々あるからです。

 

こういう地域に有る個人おもちゃ店で、私はかなりの数のゲームソフトを仕入れてきました。

私の大量仕入れ実績

仕入れ結果の一部を示します。

 

IMG_2646

 

 

 

 

 

 

やはり仕入れができたのは、地方です。

それも人口数万人程度の街です

北海道だと、札幌や旭川や函館など人口の多い街から大きく外れた場所にある個人おもちゃ店で当たりを引きました。

都会の個人おもちゃ店はプレミア商品を狙うことになる

もちろん、札幌などの都会にある個人おもちゃ店でも仕入れが出来ない訳ではありません。

目利きが出来る人、Amazonでプレミア価格で売れそうな商品を定価で買うことが出来る人に限定されますが。

このような個人おもちゃ店は、せどらーさんが多数出入りしています。

店主さんも、コソコソとスマホを見ながらサーチしている姿を沢山見てきて、自分の商品が転売されている事実を知っていますし、快く思っていません。

中にはマナーの悪いせどらーさんもいたのでしょう。

自分のお店の大切な商品を荒らされたことに腹を立て、せどらーを露骨に毛嫌いする人もいます。

ですので、人口の多い街にある個人おもちゃ店は、商品サーチすらさせてもらえません。

店主さんが警戒されて完全に心を閉じてしまっているので、どんなに上手にコミュニケーションを取っても心を開くことはまずありません。

なので、こういうお店では仕入れデキる人は、目利きがデキる人に限定されます。

チーム矢野に目利きが出来るおもちゃのプロがいます。

その方曰く、目利きさえ出来れば、都会にある個人おもちゃ店でもかなりの数のプレミア価格のプラモデルを仕入れできるとのことです。

プレミア商品は危険

プレミア価格というと、お宝チックで聞こえが良いですよね。

しかし、私が札幌市内などの個人おもちゃ店を周った感想ですが、そもそも都会にある個人おもちゃ店はセールをやっていないので、基本は定価で仕入れすることになります。

ゲームソフトの安売りなど、一度も見たことがありません。

 

プレミア価格で利益率の良い商品というのは、大概は仕入れ価格も高くなりがちです。

例えば、定価10,000円のプラモデルが24,800円で売れるとしましょう。

粗利はだいたい10,000円ほどでしょうか。利益率は100%とかなり高いです。

 

しかし、Amazonで購入した方から難癖をつけられて、販売不可在庫で返品される可能性を常にはらんでいます。

運悪く販売不可在庫で返品された場合、丸々10,000円の損失が発生してしまいます。

 

極端な話、仕入れした商品が全部返品されることだってあるかもしれません。

こうなると、損失が十万単位になってしまいます。

 

せどりを始めて間もない方は、仕入れ資金が潤沢にあるわけではないので資金ショートする可能性がありますね。

色々なせどらーさんのブログを拝見させていただくと、銀行から借り入れをして、せどりをしている人がいるそうです。

仮にこういう事態になれば返済はどうするのでしょう。金利も支払わねばなりません。

笑えませんね。

 

私は損失を最小限に抑えたいので、定価で買うのはもちろん、10,000円以上の高額商品を購入することはほぼありません。

お客様から難癖をつけられて販売不可在庫で返品されるというリスクは常に存在しますから。

店主の心を開いてセール品を堂々と仕入れる方法

話が逸れましたが、目利きが出来ない我々は、じっくりとサーチして、売れる商品を探すしかありません。

そのためには店主さんの心を開く必要があります。

そのために私がやっていることを紹介します。

電話応対で心を開く術

まず、事前に個人おもちゃ店に電話をします。

個人おもちゃ店ですので、経営者である店主さんが出ます。

明るくハキハキと元気よく話しましょう。

会社に生息している社畜上司に話しかけるようなお堅い言葉ではなく、比較的フレンドリーな感じで大丈夫です。

というか、営業チックな話し方だと業者だと思われ警戒されます。

逆効果です。

 

私はこんな感じで電話で話します。

(私)「お忙しいところすいません。私北海道に住むmasaと申します。出張で仙台に行くことになって、その時に一日時間ができるので個人店巡りでもしようかと思っているのですが、○○さんってゲームソフトとか置いていたりしますかね?」

ゲームソフトを取り扱っていない個人おもちゃ店も多々あります。

取り扱いが無いからといっても諦めません。

ゲームソフトが無いないなら他の商品が安売りしていないかを確認します。

 

(私)「分かりました。出来ればゲームソフトがいいんですけど、プラモデルなども見たいかな~って思っています。この機会なので沢山買おうかなって思っているんですけど、お安くしていたりしませんかね?」

 

→安売りしていないなら諦めて、店主さんにこう言いいます。

(私)「分かりました。いきなり電話してどうもすみません。それでは失礼します。」

 

→安売りしているなら、店主さんにこう言いいます。

(私)「あ、ホントですか!結構やっている感じなんですかね?」と聞く。

 

すると店主さんは大概こう答えます。

(店主さん)「いや~うちは小さいお店だからあんまり数置いてないよ~。せっかく遠くから来てもらって悪いんだけど、来たらガッカリさせちゃうかもしれないよ~?」。

 

こういうことをいうお店に限って大量仕入れが出来たりするので、真に受けません。

(私)「あ、いえいえ大丈夫です。一度見せていただいてもいいでしょうか?お店っていつも何時から何時までやってますかね?休みっていつですか?」

と言って、お店に伺うアポイントを取ります。

 

もしゲームソフトの取り扱いがあるお店でしたら、こう言います。

(私)「あ、ホントですか!結構古いソフトとか置いてたりするんですかね?スーパーファミコンソフト・任天堂64ソフト・ゲームキューブソフト・ゲームボーイアドバンスソフト・PS2ソフト・任天堂DSソフトとか。」

 

ここでの店主さんの回答は2パターンに別れます。

 

まずは古いゲームソフトが置いていないパターン。

(店主さん)「うちは古いのは全部処分しちゃったから、今は新しいのしかないよ~。」。こういうお店はほぼ間違えなく定価で販売しているお店ですので、諦めます。

(私)「そうですか、分かりました。突然電話してどうもすみませんでした!」

 

次に置いているパターン。

(私)「あ、ホントですか!やった!いや、この機会なので沢山買おうかなって思っているんですけど、お安くしていたりしませんかね?」ここでも2パターンに別れます。

・(店主さん)「いや~、うちはそういうのやってないから」→諦めます。

(私)「そうですか、分かりました。突然電話してどうもすみませんでした!」

・(店主さん)「古いのだったらやってるけど、けどうち小さいお店だからあんまり数ないよ~。きてもらってもガッカリさせちゃうかもしれないよ~?」

(私)「あ、いえ全然大丈夫です!やった!是非見させてください!お店っていつも何時から何時までやってますかね?休みっていつですか?」

 

電話応対は以上です。

 

このように入店前に事前に店主さんとコミュニケーションをとっておきます。

こうすると、律儀な人であるという印象を与えることが出来ます。

 

たとえ近所にある個人おもちゃ店であっても、北海道や九州などの遠方から来ることにしましょう。

個人おもちゃ店はお客の出入りが殆ど無いので、遠方からのお客さんのことは必ず好意的に覚えていてくれます。

遠方からわざわざ向こうから出向いてくれる人に対して悪い気持ちになる人はいません。必然的に店主さんもウェルカムモードになります。

 

ここまでくると、入店時に警戒されることはまずありません。

入店後の行動

さて、入店します。

 

個人おもちゃ店は、家族経営しているお店が大半ですので、電話応対してくれた方が店頭にいます。

男性の方が殆どです。奥さんは奥にある自宅スペースで、テレビをみてくつろいでいることが多いです。

 

入店後、店主さんに挨拶をします。

(私)「こんにちは。前に電話しました北海道のものです!」

(店主さん)「おお、いらっしゃい。」

(私)「どうもです!あ、ゲームソフトってどちらになりますかね?」

(店主さん)「ああ、そういやゲームソフトって言ってたね、こっちにあるよ。ね、あんまりないでしょ?」

(私)「「いえいえ、そんなことないですよ!あ、すいません、お願いがあるんですけど、じっくり見させてもらってもいいですかね?」

(店主さん)「いいよ~。どうぞどうぞ」

(私)「ありがとうございます。それでは見させていただきますね。よろしくお願いします!」

 

ここまで会話が出来れば、堂々とビームを使っても大丈夫です。

サーチしている時に店主さんからこう聞かれることがあります。

(店主さん)「あんたもあれかい?それ安く買ってインターネットで売ったりするのかい?」。

 

ここはポーカーフェイス。

(私)「え、昔そういう人が来たりしてたんですか??」

(店主さん)「あんたみたいに、そうやって何か機械(ビーム)使って、バーコード見ていたから」

(私)「その人かなり買っていったりしました?」

(店主さん)「結構買っていったよ~」

(私)「なるほど、そうなんですね~」といってはぐらかします。

 

他にせどらーが入っていることは織り込み済みなので、一々動揺しません。

というか、それでも普通に仕入れができるパターンがほとんどです。

 

ほぼ全てのおもちゃ店にせどらーが何人も入っているのに、何故か取りこぼしがあって仕入れが出来てしまいます。

個人おもちゃ店なので、トイザらスやイトーヨーカドーやイオンのように定期的に商品入れ替えのためにセールを行うこともありません。

つまり、古くなった商品も置きっぱなしで、商品が回転することがそうそう有るわけじゃありません。

なので、一度せどらーに荒らされたら、仕入れできる商品が復活することはほぼ無といえます。

それなのに、仕入れが出来てしまいます。

これが、私が「せどらーはレベルが高い人が少ないので、まだまだチャンスが有る」と考える所以であります。

 

さて、ゲームソフトを大量に買います。

平均すると、一店舗で大体30本くらいになるでしょうか。

バックヤードせどりを仕掛けよう

ここで、かならず裏にも同じ商品が無いか確認します。

また、お店に出していない古い商品が裏に無いかも合わせて確認します。

いわゆる、バックヤードせどりを仕掛けます。

結構バックヤードにあったりします。

私の場合は、サターンスティックが多かったです。

こちらの商品です。

 

IMG_3178

 

先にゲームソフトを大量買いしたことで、店主さんも気持ちが大きくなります。

こちらからお願いしなくても、店主さん自らがわざわざ裏から色々出してくれることも多々ありました。

横の繋がりを利用しよう

会計が済んだら、きちんと頭を下げ礼をします。

そして、知り合いで個人おもちゃ店をやっている人がいないかをお聞きします。

(私)「お知り合いの方で、こうやってゲームソフト売られている方ってご存知じゃないですかね?」

 

残念ながら、ほとんどの場合「知らない」と言われます。

個人おもちゃ店は横の繋がりが無いケースが殆どです。

 

が、たまに横の繋がりがあって、「遠い場所にあるけど、それでもいいかい?」と言われて店主さんの知り合いに電話をかけてくれることがあります。

(店主さん)「あ~○○さんかい?お宅んとこゲームソフト置いて無かったがや?今うちんところに沢山買ってくれたお客さんが来てくれて、お宅んとこのも見たいって言うんだけどいいがね?」

 

このように言ってくれると、向こうのお店も知り合いからの紹介ということで、最初から心をひらいてくれます。

そうなれば、たとえ店頭にある商品がセールしていないくても、バックヤードにある商品を持ってきてくれ、それらを値引きして売ってくれたりします。

 

このように、電話をかける時からお店に伺う時まで、終始愛想よく礼儀正しくハキハキとしゃべることが重要です。

そうすれば、店主さんから気に入られて堂々とサーチが出来るようになります。

逆に、事前のアポイント無しに突然お店に行って、挨拶もなく黙ってサーチしたら、ずっと店主さんの冷たい視線に晒されながらやることになりますし、何より怒られて追い出されます。

 

私が常々「せどりはコミュニケーションが大切」というのは、こういうことです。

礼儀正しい人には、向こうも心を開いてくれて、自分に富をもたらしてくれます。

 

まあ、これが会社だと、社畜の上司に対して礼儀正しいのは当たり前だという扱いで、礼儀正しくしても給料以外の富は生まれません。

といっても、礼儀正しくしないと色々大変なことになってしまうので、私は礼儀正しくしているフリをしています。

利害関係が給料以外にないので、心から尊敬して礼儀正しくすることはありませんね。

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上で、私なりの個人おもちゃ店の攻略方法の紹介を終わります。