まず結論から。

 

友達が少ない方が稼げます。

 

そして、精神的にも楽に過ごす事ができます。

 

本記事は、「せどりマインド」と銘打ってはいますが、どんな方にも使える内容なはずです。

 

スポンサーリンク

 

みなさん、友達は多いですか?

 

私は少ないです。

定期的に連絡を取っていて、気軽に会って本音を話せる友達は一人だけです。

 

私は人と長く付き合うのが苦手な人間です。

初対面の方ですと話すことが沢山あるので、楽しく話すことができます。

初対面の方は話すと新鮮な気持ちになれて楽しいですね。

相手の悪い面も分からないので、ありのままの自分でいられます。

 

初対面の方からはよく、明るくてノリが良くて面白い人だと言われます。

初対面だと相手のことがよく分からないので、遠慮無く話せるからでしょう。

 

しかし、付き合いが長くなってくると、会話のネタが尽きてきます。

話のネタが無くなるので、次に何を話したら良いのか考えなくてはならないのが苦痛になってきます。

 

ま、そう重く考えずに他愛もない会話をして過ごせば良いのですが、私は中身の無い進歩のない会話が嫌いです。

そんな会話をしても、得るものがありませんから。

ダラダラと無駄な会話をして、時間をムダにするのが耐えられませんね。

一人でいた方が、よっぽど有意義な時間を過ごせます。

 

また、付き合いが長くなると、相手の色々な面が見えてきます。

良い面も悪い面も合わせて。

 

私は相手の悪い面を見てしまうと、黙ってしまいます。

そして、相手の悪い面を見るのが嫌なので、次にお会いするのを避けるようになります。

 

これが、私が友達が出来ない原因です。

 

相手の悪い面を尊重するよう努力して、付き合いを続けることが出来る人が、きっと友達の多い人間なのでしょう。

他愛もない会話をするのが苦じゃないことも、きっと多くの友達を持つコツなのでしょう。

 

が、私はそんなことはしたくありません。

 

時間の無駄ですから。

自分の貴重な人生の時間を、そんな無駄なことに使いたくありません。

人と会うのは用件があるときだけで結構ですし、会うからには何か得るものが無いとダメですね。

 

これが、私の本心であります。

 

せどりで稼げるようになった今では、この私の感情は正しいと心から思えます。

 

自分の感情に素直でいられるので、友達がいなくても毎日穏やかに過ごすことが出来ています。

 

友達が少ないのは全然悪いことではありません。

むしろ無駄な人間関係を持たずに済んだことで、大きく稼げたのでしょう。

 

そんな私ですが、せどりを始める前は、

「友達が沢山いない人はダメな人間だ」

「友達が多い人は優れた人間だ」

なんていう、誤った歪んだ考えを持つ人間でした。

 

ですが、人に振り回されて自分の時間を無駄にしたくないとも考える人間でもありました。

 

なので、大学時代は波長が合う人間がいなかったので、無理して関わらろうとはせずに、家庭教師のバイトばかりしていました。

長野県で信州大学の学歴があると、家庭教師のオファーがいくらでも来ましたし、時給2,000円ももらえたので儲かりましたね。

信州大学にいるだけで、どの親御さんからも凄いと言われ続けました。自尊心が満たされました。

大学時代に一番楽しかったのは、この家庭教師のアルバイトです。

 

しかし、私は大学で気軽に本音で話せる友達がいないことに劣等感を常に抱いていました。

 

大学ではかけがえのない一生もの友だちが出来ると言われていますが、私はそういう友達は一人も出来ませんでしたから。

大学で友達が出来なかったことで、私は友達が多い人間に対して劣等感を強く感じる人間になりました。

 

また、大学時代の友達がいないことが知られるのが怖いと思うようになりました。

 

北大の大学院時代に研究室の先輩から、大学時代の友達で今連絡取っている人は何人いると聞かれたことがありました。

この時私は、大学時代の友だちが一人もいないことが知られて恥をかくのが怖かったので、「5人」と嘘を付きました。

 

ま、今ならこんな下らないことを聞かれたら、「いません」と堂々と言えます。

 

いないと言ったことに対して何か悪く言われたら、自信を持ってこう言い返しますね。

「いたら何か良いことがありますか?別に私は友達がいなくても一人で楽しめるし、友達が少なくてもお金3,000万円稼げましたから」と。

 

大学院時代はここまでメンタルの強い人間で無かったので、こんなことは絶対に言えませんでした。

大学院の研究室の人とも仲が悪かったので、卒業してから連絡を取っていません。

 

そして、社会人となります。

社会人になってから、何故かこういう脅迫じみた思い込みをするようになります。

「社会人は友達を沢山作って休日を充実させなければならない」

 

休みの日は仕事で疲れているから、家でゴロゴロしていたいというのが本音です。

しかし、上記の思い込みがあったので、本心ではないのに焦って社会人テニスサークルに入りました。

 

本心に基づいた行動では無かったので、ものすごく抵抗がありましたね。

何でせっかくの休日に、赤の他人とやりたくもないテニスをしなくてはならないのでしょう。

 

しかも悪いことに、この社会人サークルで馴染めないと人間として失格だと強く思い込んでいました。

おそらく、高校~大学院時代と、集団に馴染むことが出来なかった劣等感から来ている思い込みでしょう。

 

行きたくもないテニスサークル旅行なんかにも積極的に参加して、その度に土日が潰れました。

オシャレな休日を過ごしたいと思っている大人が集まっての旅行でしたので、ミシュランガイドにも載っているそば一杯1,500円もするようなお店に行って食事を取り、高そうなホテルに泊まってサークルの人間と徹夜で下らない話をしました。

一泊二日で、30,000円位使ったのではないでしょうか。

 

そこで知り合った連中と連絡先を交換してきたので、電話帳の件数は増えました。

が、得たのはそれだけで、疲労感と金を失った喪失感と土日を無駄に過ごした罪悪感と後悔の念の方が強かったです。

 

結局お金が続かなくなったことと、毎週のように土日が潰れるのが嫌になり、この社会人サークルには行かなくなりました。

 

サークルを辞めたことをサークルで知り合った人にメールで伝えたところ、音信不通になりました。

所詮は上辺だけの付き合いだったということが、はっきりと分かりました。

 

どれだけ貴重な休日、貴重な自由な時間を他人に費やしたのでしょうか。

非常に馬鹿なことをしたと反省しています。

 

社会人サークルの話は以上です。

 

さて、私は社会人サークルを辞めた翌年の2013年に会社を休職して、せどりに専念して稼ぎ始めます。

 

せどりをやっていた頃も、壁にぶち当たって売上が伸び悩んだりもしました。

 

しかし、私は誰にも悩みを相談すること無く、伸び悩んでいてもとにかく無心になって行動し続けました。

それが功を奏して、CDせどりという分野を開拓して、年商5,670万円・月商1,000万円・貯金3,000万円を手にすることが出来ました。

 

これは、誰にも頼らずに達成しています。

 

正確に言えば、松浦塾のセミナーに一度参加したのと、松浦塾のEさんと一度二人でお会いしただけです。

そこで沢山質問しまくって、せどりで稼ぐヒントを盗んで、そのヒントを元に自分なりのやり方を編み出しました。

 

会社を休職してせどりに専念しているときに、こう実感しました。

友達が少ないことは悪いことではなく、むしろ良いことだと。

 

具体的にはこういう思考です。

・友達が少ないことで、一人でゆっくり出来る時間が沢山持てて、身体を休めることが出来る。

・友達が少ないことで、友達に頼る必要がなくなり、自分で考えて自分で行動できる。だからせどりの売上が伸びた。

・友達が少ないことで、自己管理が出来る人間になる

・友達が少ないことで、友達付き合いをする時間が無くなるので、その時間を自分の今後の人生を考える時間を持つことができる。

 

こういう思考に変わったことで、お金を稼げるようになったのでしょう。

 

皆さんは、せどりのコンサルを受けたり、せどりの仲間を作ったりして活動していますか?

人に頼るのは止めて、今すぐ一人で行動しましょうとまでは言いません。

お金を稼いで豊かな生活をしたという同じ志を持った仲間がいると、非常に心強いですよね。

仲間同士で切磋琢磨することで、ある程度は売上が伸びるでしょう。

 

ただ、その仲間といる時間を全部合わせた時間のうち、何割が有意義な時間でしょうか?

100%ではありませんよね。

多くても3割くらいではないでしょうか。

長く付き合うと、どうしても慣れ合いの関係になってしまい、下らない雑談で時間が無駄になってしまいませんか。

 

その3割の部分は、一回会ってじっくり話を聞くだけで充分得られるはずです。

だったら最初からその3割の部分を真剣になって全力で吸収して、後は自分一人で行動したほうが早く稼げるようになりませんか?

 

自分なりのやり方を編み出さないと、絶対に大きく稼げるようにはなりません。

仲間たちの中には月商何千万も稼いでいる人もいるかもしれませんが、そういう人は本当に稼げる部分を隠しているはずです。

 

せどりはライバルが少なければ少ないほど儲かりますから。

みすみす、自分が損するような情報を他人に教えるわけがありません。

 

だから、稼いでいる人と一緒にいるだけではダメなんです。

一緒にいることは何の自慢にもなりません。

 

コンサルを受けても、コンサルの先生は、本当に稼げる部分は絶対に教えてくれません。

 

他力本願はダメです。

 

このように結局頼れるのは自分だけです。

 

友だちがいなくて不安な人は、友達が多くなくたって別に困らないし、何ら恥ずかしいことではないと心から思えるようになることがポイントです。

 

繰り返しますが、友達がいなくたって一人で大きく稼げます。

いや、むしろ友達がいない方が大きく稼げるでしょう。

 

せどり仲間もそうですが、本当は人付き合いが煩わしいと思っている人は、そんな程度の付き合いは思い切って止めちゃいませんか?

本音で生きましょうよ。

 

自分の感情に正直になって、自分の感情に従って選択してみてください。

 

他人の感情に敏感になると、つまり他人が自分をどう思っているのかが気にしていると、他人に振り回される人生を送ることになります。

それに、他人の感情なんて、自分でどうこう出来るものではないし、自分とは何ら関係のないものです。

 

要は、他人の感情なんて放っておけということです。

 

他人が自分を責めたり、怒ったり、悪口を言ったりしても、その行動を自分は止めることが出来ないし、何より自分とは関係のないことです。他人の感情ですから。

 

そんなものなんか無視して、自分の感情を大切にしましょう。

自分がどう思うのか、自分はどう考えどう行動したら気分が良いのかに焦点を当てましょう

 

自分にとって価値の無い人間とは関わる必要はありません。

冷たい人間に思われるかもしれませんが、人生の時間は有限です。

 

それと、他人の面倒を見る必要もありません。

他人の人生は他人が切り開くものであり、自分は何ら関係ありませんから。

自分が他人を心配しても、意味がありません。

 

さて、ちょっと重たい話をします。

 

他人に振り回された人生を送ると、死に際にどういう後悔をするのかをまとめたサイトを見つけました。

人生の教訓に~死ぬ前に語られた先人たちの後悔と最期の言葉

内容を抜粋して紹介します。

「他人が自分に期待するような生き方ではなく私自身に素直に生きられなかったこと」

「人の期待に沿うためでなく自分に正直に生きれば良かった」

「自分の感情を表現する勇気を持てていたらよかった」

「もっと楽しい人生を送ればよかった」

「悪い人間関係の中にい続けたこと」

~その悪い人間関係を我慢し続けることが、結局あなたにどのようにプラスになるでしょうか?結果的にはバッサリ断ち切ったほうがよいことも。~

「他人の考えを気にしすぎたこと」

「自分より他人の夢を優先してしまったこと」

「社会の期待に自分のあり方を決めさせたこと」

~求められている人材になろうとするあまり、捨ててしまったものは何でしょう?そこにこそ光る宝石があることもあるはず。~

「友人関係の自然消滅を拒んだこと」

~人間関係は水ものです。無理やり繋がっていようとしても離れていってしまう人を引き止めても関係をこじれさせることもあります。~

「不必要な騒動に巻き込まれたこと」

~どうでもいい人間関係の騒動で消耗するのはプラスにはなりません。自分の大切なことに時間を使ったほうがよさそう。~

 

最後に余談ですが、私は友達の結婚式に参加したことがありません。

 

これは私の自慢です。

ご祝儀代や旅費交通費や衣服代などの無駄金を使わず、貴重な休日を潰さずに済んでいるからです。

 

昔なら結婚式に呼ばれたことが無い自分に劣等感を感じていました。

今は結婚式ほど無駄な行事は無いと思っています。

 

Googleで「結婚式 行きたくない」と検索すると、検索結果が沢山出てきます。

みなさん、本心では結婚式なんて行きたくないのでしょうね。

だって、参加するメリットが一つもありませんから。

 

友達が多い先輩女性社員が、大学時代の友達の結婚ラッシュで結婚式に呼ばれまくっていましたが、まったく楽しそうでなかったです。

「呼んでもらえるのは嬉しいんだけど、お金が・・・」とボヤいていたのを聞きました。

 

この例を取っても、結婚式に呼ばれることは全然幸せじゃないということが分かります。

むしろ呼ばれない方が幸せでしょう

 

私の勝手な意見ですが、ネットがこれだけ発達した時代ですし、Skypeなどを使って自宅での結婚式をライブ中継すればよいのではないかと思っています。

そうすれば、わざわざオシャレなスーツやドレスを着て、交通費・宿泊費をかけて遠方まで出向く必要が無くなります。

スマホでもSkypeが使えるそうなので、参加する側が結婚式のためにパソコンやSkype用のカメラやマイクを買う必要がありません。

そして、服装も自由で良いことにして、パジャマで参加できるようにしましょう。

ご祝儀は、どうしても渡したい人だけ現金書留で送ればいいでしょう。

銀行振込だと、振り込み履歴が残ってしまうので、確定申告をして税金を納め無くてはならなくなるのでお断りします。

そもそも、結婚式代がタダみたいなものなのだから、ご祝儀もいらないでしょう。

 

最後は完全に余談でした。

 

スポンサーリンク

 

今回はこの辺で。