Amazonで出品する際には、商品説明文には絶対に気をつけましょう。

特に中古品を出品する場合です。

 

例えば、付属品が無いにもかかわらず、商品説明文にその旨の内容を書かずに売ってしまったら、評価1の低い評価をくらって、Amazonマーケットプレイス保証申請をされて強制返金される恐れがあります。

 

商品説明文をきちんと書くのは、商売をする者として当たり前のことなのでしょうが、意外とこれが出来ていないセラーが沢山います。

特に、自己発送で中古品を大量発送されている方が、商品説明文をきちんと書かなかったりします。

 

 

私は、FBAで新品CD・DVDを出品しています。

この新品CD・DVDの商品説明文については、テンプレートを使用しています。

 

私の仕入れ先は、『CDせどりのブルーオーシャン市場』です。

ここに置かれているCD・DVDは、発売年月日が20年以上昔のものが多数あり、背表紙が色焼けしたり、シュリンクが朽ち果てていたりするものが数多くあります。

こういうCD・DVDにも完全に対応できる商品説明文テンプレートを、何時間もかけて作成しました。

その甲斐あってか、CD・DVDを30,000点以上販売したにも関わらず、購入者とトラブルになったことはありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

Amazon商品説明文が悪く評価1を食らったセラー

ここで、本記事の議題である、Amazon商品説明文に不備があると評価1を食らう件について書きます。

 

実際に、Amazon商品説明文に記載ミスがある商品を売って、評価1の低い評価を食らったセラーが、Amazonセラーフォーラムに投稿して相談していました。

以下に、その投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を校正しています。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

私は、中古商品を出品しているAmazonセラーです。

この度、私が販売した商品の商品説明文に付属品が完備されていない旨の内容を記載するのを失念してしまい、購入者からクレームが入りました。

 

そこで、購入者へのお詫びとして返品・全額返金対応をする旨の連絡をしました。

 

ですが、購入者から「時間と手間に対する料金を払え」と主張されてしまいました。

あまりにもおかしな要求であるため、丁重にお断りしました。

 

そして何の連絡もなく10日以上たってから、商品がこちらに一方的に返送されてきました。

その間に、返金対応はしていません。

 

送品が返送された後に、仕方ないので返金対応をして終わりにしたつもりでいたら、購入者から評価1の低い評価と、「こちらは被害者なのに最低だ!」との評価フィードバックを受けてしまいました。

 

意味不明なので、Amazonテクニカルサポートに事情を説明し削除依頼をしました。

ですが、拒否されてしまいました。

「(あなたの)対応に対する(購入者からの)率直なご意見であり削除出来ません。」とのこと

一体なんですか?これ。

Amazon商品説明文を記載ミス=100%こちらが悪い

商品説明文に記載ミスや記載漏れがある場合、出品者が100%悪くなってしまいます。

当たり前ですね。

 

Amazonセラーフォーラムにて、上記のセラーをたしなめたセラーが投稿されていました。

その投稿内容を紹介します(文章校正後)。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

さすがに、この評価は削除対象にはならないですよ。

あなたの記載ミスが起因で発生している問題ですから。

購入者の無茶な要求はともかくとして、これが削除対象となるのでしたら、悪い評価全てが削除対象になるでしょう。

 

過失があなたにあるのに、評価を削除してもらえるというのは、考えが浅いかな・・・。

 

購入者が「時間と手間に対する料金を払え」と主張したり、「何の連絡もなく10日以上経ってから返送」してきたのは、購入者がそれだけその商品を手に入れることを楽しみにしていたからでしょう。

だから購入者は、「時間と手間に対する料金を払え」との要求を貫き、10日以上も商品を返送しなかったのでしょう。

 

結局あなたは、購入者の主張を受け入れなかったため、購入者は「こちらは被害者なのに最低だ!」との評価を書き込み、矛を収めたのだと思われます。

 

あなたは返品を受領していますから、返金処理を行うのは当然のことですし、Amazonテクニカルサポートに評価を削除してもらうのを断られたことも、今回の場合は致し方ないと思います。

あなたが販売した商品の商品説明文に誤りがあったせいですから。

 

確かに購入者の主張はやり過ぎだと思いますが、私は特に悪質だとは思いませんし、Amazonテクニカルサポートの回答も当然だと思います。

Amazon商品説明文には絶対に気をつけること

Amazon商品説明文を書くときは、記載ミスや記入漏れが無いよう、絶対に気をつけましょう。

このセラーのように、返金対応しても評価1の悪い評価をくらう可能性がありますから。

評価1の悪い評価を受けると、顧客満足度指数の注文不良率が上昇して、アカウント健全性の状態が悪くなり、Amazonアカウント停止になる恐れがあります。

 

このセラーに対して、叱責された方もいました。

その投稿内容を紹介します(文書校正後)。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

商売人としてあなたは最低です。

あなたは商品説明文に嘘を記載しているのに、全く反省していません。

あなたは悪質販売者です。

 

購入者からの「最低だ!」との評価は、妥当であると感じます。

あなたのミスにより返品しなければいけなくなった購入者様が可愛そうです。

あなたは、購入者様の返品に係る手間や時間を0円だとしか考えられない販売者です。

 

今回の問題は100%あなたのミスによって発生した問題だと反省しなさい!

良心的な出品者であるならば、購入者に深くお詫びしますよ!

 

あなたは、「あまりにもおかしな要求であるため、丁重にお断り」して、「何の連絡もなく10日以上たってから、商品がこちらに返送されてきました。」と被害者意識丸出しなことを言っていますが、これは当たり前です。

 

もしあなたが欲しい商品を購入し到着を楽しみにして待っていて、いざ届いたら商品説明文と違う商品であったなら、あなたならどうしますか?

評価5の高い評価を付けて、評価コメントに「素晴らしい出品者です!最高です!」と記載しますか?

そんなお馬鹿なことしませんよね。

 

優良出品者になりたいのであれば、購入者の立場を理解して商売をされることをお勧めします。

商品説明文の記載ミスには充分気をつけましょう。

特に、中古品のように商品ごとに商品説明文が変わるものを出品する場合は。

まとめ

・商品説明文に記載漏れや記載ミスがあると、評価1の悪い評価とフィードバックを食らう恐れがある

・例え返金対応しても、購入者に許してもらえない可能性があり

・購入者の中には、商品到着を心待ちにしており、商品説明文と異なる商品が届いたら落胆するから

・商品説明文には気をつけよう。というか、不備の無い商品説明文を書くのは商売人として当然のことである

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。