みなさんは、Amazon.co.jpで商品を購入する時、どんなデバイスを使用していますか?

 

私はパソコンを使っています。

スマートフォンやタブレットで購入したことはありません。

 

しかし、スマホが普及した現在は、かなりの割合の方がスマホでAmazon.co.jpで商品を購入しているはずです。

Amazon.co.jpには、スマホ専用のサイトが用意されています。

このサイトを開いて注文履歴を見ますと、出品者を評価するリンクやボタンがどこにも存在しません。

そのせいで、購入者が出品者を評価できず、出品者がAmazon評価数を増やすことが出来ません。

 

スポンサーリンク

Amazonスマホサイトは出品者を評価できない仕様

Amazonスマホサイトの注文履歴

実際に、Amazonスマホサイトの注文履歴を見てみましょう。

私の、Amazonでの注文履歴の画面をお見せします。

 

img_8660

 

 

自己発送の商品を購入した場合の注文履歴

注文履歴の商品一覧の中にある、こちらの自己発送の商品の注文履歴を見てみましょう。

 

img_8648

 

この商品の注文履歴の詳細画面を開きます。

 

img_8649

 

 

「出品者を評価する」ボタンがありませんね。

 

4つのリンク「商品の返品・交換」、「出品者に連絡する」、「再度購入」、「注文内容を表示」をそれぞれ開いて見てみましょう。

商品の返品・交換

これは、届いた商品に欠陥があった場合などに、商品を返品する時に使用するリンクです。

「出品者を評価する」ボタンは、ここには無いでしょう。

「商品の返品・交換」リンクをタップして、画面を開きます。

 

 

img_8649-01

 

 

img_8650

 

ご覧の通り、「出品者を評価する」ボタンがありませんね。

出品者に連絡する

「出品者に連絡する」リンクをタップして、画面を開きます。

 

img_8649-02

 

img_8651

 

この画面には、「出品者を評価する」ボタンがありませんね。

「出品者に連絡する」各選択内容について、「件名を選択して下さい」がドロップダウン表示されています。

コンボボックスを開いてみましょう。

 

img_8652

 

img_8653

 

img_8654

 

「お礼」の項目が怪しそうですね。

「お礼」の項目をタップして、調べてみましょう。

 

img_8654-01

 

img_8661

 

残念ながら、これは単純に、出品者に連絡するだけの機能であり、「出品者を評価する」ものではありません。

ということで、「出品者に連絡する」の項目には、どこにも「出品者を評価する」ボタンやリンクがありません。

再度購入

「再度購入」リンクをタップして、画面を開きます。

 

img_8649-03

 

img_8655

 

「再度購入」リンクをタップすると、商品ページの画面に遷移しますね。

当然ながら、ここには「出品者を評価する」ボタンやリンクはありません。

注文内容を表示

「注文内容を表示」リンクをタップして、画面を開きます。

 

img_8649-04

 

img_8656

 

「注文内容を表示」画面が開きました。

下に続きがありますので、下ってきましょう。

 

img_8657

 

img_8658

 

img_8659

 

どこにも「出品者を評価する」ボタンやリンクがありませんね。

以上から、Amazonスマホサイトで、自己発送で購入した商品の注文履歴の画面には、「出品者を評価する」ボタンやリンクがありません。

Amazonカスタマーサービスの回答

Amazonのスマホサイトで、出品者を評価することは、本当に出来ないのでしょうか?

Amazonカスタマーサービスに問い合わせをして、確認しました

(※出品者を評価するのは購入者です。

購入者がAmazonに質問する場合の問い合わせ先は、Amazonカスタマーサービスになります。

Amazonテクニカルサポートは出品者がAmazonに質問する場合の問い合わせ先になります)。

 

結論から申し上げますと、スマホサイトでは出品者を評価出来ない仕様だそうです。

 

以下、Amazonカスタマーサービスの回答内容になります。

masa 様

Amazon.co.jpにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

出品者への評価とコメントを残せるようになるまでには、通常、発送確認のEメールまたは出品者による注文キャンセルのEメールを受信した時点から48時間かかります。
評価方法および評価の注意点については、以下をご覧ください。

出品者の評価方法:マーケットプレイス出品者・FBA同様です。

 

なお、Amazonアプリ・スマートフォンサイトから出品評価はお受けしておりませんので、お手数ですがPCサイトから評価をご送信ください。

・・・・

Amazon.co.jp カスタマーサービス 佐藤

購入者のほとんどがスマホサイトで購入している

評価数は、カートボックス獲得率に影響してきます。

評価数が高いことに越したことはありません。

 

ですが、Amazonのスマホサイトからは、出品者を評価出来ません。

そして、現在、Amazonを利用している購入者のほとんどが、スマホサイトを利用して購入されているそうです。

 

Amazonセラーフォーラムに投稿されていたデータを紹介します。

原文のままですと分かりにくいので、私の方で文章を校正しています。

とあるデータですが、インターネットを利用しているデバイスはスマートフォンが70パーセント以上を占めているそうです。

また、Amazon.co.jpのようなeコマースサイトにおけるスマートフォンユーザーの割合は60%を越えているそうです。

評価を依頼するのは規約違反

このように、購入者からの評価を簡単にもらえない時代になってしまいました。

 

我々の方で、購入者に個別に連絡をして、PCサイトにログインして、評価4または評価5の高い評価を付けてくれるようお願いしましょうか?

これは、ダメです。

購入者に評価を強制したことになるからです。

 

購入者に評価を強制するのは、規約違反になります。

以下、Amazonテクニカルサポートの回答内容を掲載します。

masa ご担当者様

Amazonテクニカルサポートにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

お問い合わせいただきました、購入者へ評価リクエストをする際に、

『評価3(普通)は、Amazonでは、良い評価とみなされないので、評価をいただける場合は、評価4または評価5を頂けるよう、お願いします。』

との内容で購入者様にメールを送るのは規約違反なのかについてご案内いたします。

大変恐れ入りますが、こちらの内容でメールを送られますと購入者様に評価を強制したとみなされてしまい、規約違反となります。

 

評価数を稼ぐことを意識しないほうが良い

このように、評価を強制するのは、規約違反になります。

 

もちろん、評価を強制しなければ良い、つまり、評価4とか評価5とか具体的な数字を言わず、ただ購入者に「可能であれば、評価をお願いします」と言うだけなら、規約違反にはならないでしょう。

ですが、この方法も微妙なやり方になります。

 

現在、評価数がある程度あるセラーは、評価数を稼ぐことに躍起にならないようがよいでしょう。

Amazonセラーフォーラムに投稿されていたセラーが、大変有益なコメントを残していました。

以下に、紹介します。

原文のままですと分かりにくいので、私の方で文章を校正しています。

私は、Amazonに出品を開始してから間もなく丸5年を迎えるセラーです。

Amazonを始めた当初はAmazon評価の件数が気になり、評価を依頼するメールを必ず購入者に送っていましたが、最近はそのようなことは殆どしていません。

と言いますのも、評価の仕組みが購入者側で充分理解されていない可能性があり、購入者から安易に評価「3」の普通の評価を付けられる可能性があるので、最近では評価を依頼するメールを購入者に送っていません。

評価については、購入者の自主性に任せております。

ただし、新規セラーの方は、やはり評価数を増やすよう努力するべきだと思います。

評価数はお客さんの数と同義であり、実店舗の場合と同様に、購入者はお客さん(評価数)の少ない店舗(出品者)を避ける傾向にあるからです。

 

商品説明文と適正価格に注力を

私は、新規セラーであった頃でも、評価数が少なくて困ったことはありませんでした。

新品ゲームソフトや新品CDなどを出品していましたが、おそらくカートボックスは獲れていなかったと思います。

それでも、問題なく売れていきました。

 

理由は、濃い訴求力のある内容の商品説明文を書いたことと、モノレートの波形を吟味した上で決めた価格が適正価格であったからです。

評価数が少ないセラーは、評価数を稼ぐ努力をするのではなく、訴求力のある商品説明文を書ける能力と、適正価格を見極める力を身につけることに注力しましょう。

 

購入者は、カートボックス以外の商品も見て、購入を決めています。

購入者は、出品者一覧画面も必ず見ています。

だから、商品説明文には手を抜かないよう、購入者の目に留まる訴求力のある文章を記載して下さい。

ここまでまとめ

・Amazonスマホサイトでは、購入者は出品者を評価できない仕様になっている

・購入者のほとんどが、Amazonスマホサイトを利用して購入しているデータがある

・だから、現在は、購入者から評価をもらうことが難しいのが現状である

・評価数を稼ぐことよりも、濃い訴求力のある商品説明文を記載することと、モノレートの波形を吟味して適正価格を決定することに注力するべき

Amazon評価依頼は止めた方がいい

さて、現在主流であるAmazonスマホサイトでは、購入者が評価を行えず、評価を増やすことが難しいという話をしました。

ですが、無理にPCを使わせての評価依頼をしてはいけません。

購入者の反感を買って、評価1や評価2の低い評価を食らう可能性があるからです。

低い評価を受けるとアカウント停止に

評価依頼をされた購入者が不快に思い、評価1や評価2の低い評価を付ける可能性があります。

 

評価1や評価2の低い評価を受けると、顧客満足度指数(アカウント健全性)の注文不良率が上がります。

注文不良率とは、ある特定の期間を対象に、不良であるとみなされた(低い評価を受けた)注文を全注文数で割って算出された値のことです。パーセント表示で示されます。

 

Amazonでは、各出品者に対して、パフォーマンス目標というノルマが課せられています。

注文不良率は、1%未満である必要があります。

短期間(2ヶ月間)と長期間(3ヶ月間)の各期間において発生した全ての注文に対して、不良であるとみなされた(低い評価を受けた)注文の割合が1%未満である必要があります。

 

このパフォーマンス目標を大きく下回ったアカウントについては、出品権限が一時的に停止されたり、取り消されたりする場合があります。

詳しくは『Amazonヘルプページ よくある質問:顧客満足指数』を御覧ください。

Amazon評価依頼で高い評価を依頼するとポリシー違反でアウト

購入者に個別に連絡を入れて、評価リクエストをするセラーが多数います。

当然高い評価が欲しいので、評価4または評価5を露骨に依頼するセラーもいることでしょう。

しかし、これは規約違反ですので、やってはいけません。

 

下手すると、アカウント停止・アカウント閉鎖になります。

Amazonテクニカルサポートが明言している

私の方でAmazonテクニカルサポートに質問して、この事実を確認しました。

 

以下、Amazonテクニカルサポートから頂いた回答になります。

■Amazonテクニカルサポートの回答(抜粋)

 

masa ご担当者様

 

Amazonテクニカルサポートにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

 

お問い合わせいただきました、購入者へ評価リクエストをする際に、

『評価3(普通)は、Amazonでは、良い評価とみなされないので、評価をいただける場合は、評価4または評価5を頂けるよう、お願いします。』との内容で購入者様にメールを送るのは規約違反なのかについてご案内いたします。

大変恐れ入りますが、こちらの内容でメールを送られますと購入者様に評価を強制したとみなされてしまい、規約違反となります。

 

Amazon規約にも書かれている

Amazonテクニカルサポートの回答内容が、Amazon規約に記載されているのかを確認します。

Amazonヘルプページ「■カスタマーからの評価」のページに記載されている内容を、抜粋して紹介します。

 

■カスタマーからの評価(抜粋)

・評価への対応

購入者がカスタマーレビューで低く評価したときは、購入者に個別に連絡を取り、取引において発生した問題を解決することを心掛けてください。

問題を解決するために手を尽くしたのち、購入者に対し、評価の更新または削除を依頼してください。

評価を削除または変更するよう購入者に圧力をかけたり、見返りを提供したりする行為はポリシー違反になることを念頭に置いてください。

 

注: 評価を削除するように購入者に依頼してかまいませんが、評価の入力または削除に対する見返りとして、購入者に金銭を支払ったり、インセンティブを付与することは禁止されています。

 

「ポリシー違反」となったら、具体的にどんなペナルティを受けるのかが、上記の文言からは読み取れません。

調べる必要がありますね。

 

Amazon規約「出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項」の内容を、抜粋して紹介します。

 

■出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項(抜粋)

本規約の条件を遵守されない場合、出品掲載の取消、Amazon.co.jpのツールおよびレポートの使用停止、または出品資格の永久停止等の措置を受ける場合があります

 

・出品者の評価、フィードバック(評価コメント)およびカスタマーレビューの不正使用:

評価、フィードバック、カスタマーレビューを操作することは禁止されています。

 

・評価とフィードバック:

出品者は、不正または不適切なフィードバックを掲載し、購入者に対しフィードバックの掲載を強制しもしくはかかる掲載を行うよう脅迫し、出品者自身の取引に関するフィードバックを掲載し、またはフィードバックの掲載事項中に取引相手についての個人情報を掲載することはできません。

また、出品者についての評価を操作することは一切禁止されています。

購入者にフィードバックを依頼することはありますが、フィードバックの提供や削除の依頼にお金を支払ったり、インセンティブを付与することは禁止されています。

 

以上から、評価リクエストで、評価4または評価5の評価をお願いするのは規約違反であり、アカウント停止、あるいはアカウント閉鎖になる可能性があります。

手書きのお礼状を送ると良いかも

評価4や評価5の評価を露骨にお願いするのはNGです。

しかし、手書きのお礼状を同封して、それとなくお願いするのはありなのかもしれません。

Amazonセラーフォーラムにて、このやり方を実践されている方が投稿されていました。

以下に、その投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を構成しています。

当店はamazon出店2年目になります。

現在頂いている評価件数は合計で、190件。高い評価の割合は98%です。

うちは新品商品を取り扱っています。

 

これまで販売して商品に対して評価を頂いた割合を計算してみたところ、約15%の割合で評価を頂いていることが分かりました。

大体6件に1件くらいは、評価が返ってきている感じです。

 

当店の場合は、同封する全ての商品に、納品書に付箋(オリジナルのロゴ入り)に手書きで御礼のメッセージを添えています。

全て一人でこの作業をやっていますので、一日30件以上の注文を越えると手が痛くなります。。。

 

そして、商品が購入者の元に届いてから数日が経過したら、メールで評価のお願いをするようにしています。

このメールは、テンプレートを使用していますが、「~様」と「ご注文商品名」は一件一件書き変えています。

この様にすると、かなりの確率で評価して頂けます。

 

また、頂いた評価の返信欄に感謝のお返事を必ずしています。

190件の評価のうち、「評価3(普通)」が3件、「評価4」が2件ありますが、後は全て「評価5」です。

当店も、Amazon自己発送での販売と並行して販売しているため、在庫の更新おくれにより、Amazonで販売した商品が手元に存在しないことが何度かありました。

出荷前のキャンセル等により評価を下げてしまいましたが、現在は徐々に高い評価の割合が回復してきています。

 

高い評価の割合を上げるためには、たしかに分母(全体の注文数)を増やして回復するほかはないかと思います。

しかし、評価数が少なかったり、高い評価の割合が高くなくても、お客様からの評価に対して御礼の返答をしたり、お客様からの評価コメントにて感謝のエピソードを綴って頂くことで、次のお客様に安心感を与えることは出来ると思います。

このように、高い評価の割合が回復するまでに時間を要しますが、その間は購入者からの評価コメントで補うことができる気がします。

 

別のカラーの商品をお送りしてしまった時があったのですが、その時も「間違った色が届いたが、すぐに連絡があり安心できた。交換も非常に早くて有り難かったです。」というコメントを頂き、評価5の評価を頂きました。

 

取り扱われる商材の単価が低く、商品を大量に販売されている方の場合、私のような手間のかかる作業は出来ないかもしれませんが、もし可能なら試してみてはいかがでしょうか?

特に、手書きの一言メッセージは、商品を受けとった際に驚かれるお客様が多いようです。

FBAでは、このようなささやかな気遣いは出来ません。

「人から買った」という実感が増すらしく、とても喜んで頂けることが多く、よほどのことがない限り(こちらからのあきらかなミスがない限り)悪い評価を下されたされたことはありません。

 

また、お客様からクレームを頂いた時には、言い訳をせずに誠実に対応することで、ご理解頂けることも多い気がします。

一時期、手書きのコメントを入れずに後日評価の依頼を送ったこともありましたが、そうするとやはり評価をして下さる方がほとんどいなくなりました。

私がやっている、手書きの一言メッセージを商品に添えること、お客様から頂いた評価に必ずコメントすることには、一定の意味があるように思います。

 

Amazonの評価システムは、積み重ねが重要な部分だと思います。

一緒にがんばりましょう!

Amazon価格など売れる3条件

まずは、こちらのセラーを事例を御覧ください。

Amazonセラーフォーラムの投稿内容を校正して紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を構成しています。

私は73歳になる無年金生活者で、Amazonが収入の柱です。

扱っている商品ジャンルは、古本です。

 

購入者からの評価を中々頂けません。月に2、3件あるかないかです。

購入者から評価を頂ける良い方法は無いのでしょうか?

 

実は、3ヵ月ほど前に、購入者から悪い評価をいただいてしまいました。

その内の1件は、商品が売れたにも関わらず在庫が無く、注文をキャンセルしたことで発生したものでした。

次の1件は、販売した本に書き込みがあるのを商品説明文に書き忘れてしまったことで発生したものでした。

購入者に商品説明文に不足があったことをお詫びするために、電話を差し上げましたが出ませんでした。そこで、アマゾン様を通じてメールを送りましたが、返答がありませんでした。

そこで、私が注文のキャンセルをしたところ、悪い評価をされてしまったという感じです。

これにより、高い評価の割合は88%に急落し、注文がぱったり来なくなりました。

 

購入者から低い評価を下された一件の後は、購入頂いた方全員から良い評価を頂いておりますが、何しろ評価を下さる方が多くないので、高い評価の割合が中々上がって行きません。

その後2ヵ月経過して、高い評価の割合が1%上がり、やっとこさ89%になりました。

しかし、この調子ではかつての95%になるのがいつになるのやら、見当も付きません。

 

お買い上げいただいた方全員に、評価してもらえるよい方法があるのでしょうか。

もしありましたら、お教え下さい。よろしくお願いします。

 

高い評価の割合が低い(90%以下)から、自己発送の商品が売れない。

だから、購入者からの高い評価を増やして、高い評価の割合を上げたい。

しかし、購入者が中々評価をくれない。

 

この方が提示した問題はこんな感じです。

 

しかし、商品が売れるために重要なのは、評価ではなく「価格」と「商品説明文」です。

私はFBAで販売していますが、「価格」と「商品説明文」がしっかりしていれば、カートボックスを取得していなくても、商品は普通に売れていくと考えます。

今回の話題は自己発送の商品ですので、説得力を高めるために、自己発送に詳しい方の書き込みを掲載します。

 

私は月に800件ほど商品を出荷しており、評価は60件も頂いておりません。

 

注文が来ない原因は、高い評価の割合が低いからだと考えるのはどうでしょうか?

悪い評価を付けてくる購入者は確実におられます。

 

他人相手の商売ですので、我々出品者側と購入者側の温度差と言うか、認識の違いは必ずあります。

その温度差をなくす為に、コンディションを細かく明記する、丁寧な対応をする・・写真を追加されると言う方法もあります。

 

根本的な話ですが、出品されている商品を拝見させて頂きましたが、私なら同じ価格帯なら他の方の商品を買います。

同じ価格帯の商品の中で注文を勝ち取るためには、他の出品者よりも優位な情報(商品説明文)を載せているのか?と言う部分も大きいと思います。

 

つまり、

・商品のコンディション

・商品の確保

・梱包の詳細

・発送までの時間

・発送方法

です。

 

このように、せっかく商品に興味を持たれた方が、自分を一番に選んで頂けれるか?を追求しないと、売れるものも売れないと思います。

自分が当たり前だと思っている部分を購入者側も理解している訳ではない。

そういう部分も、商品説明文で伝える、コンディションに明記する。

当店は、コンディションの詳しい明記、48時間以内の発送・追跡番号での発送方法、アマゾン専用の商品なので注文後のキャンセルはない・・・

こう言う部分をきちんと明記するだけでも、他の出品者との差別化を図れるかと思います。

 

また、出品されている商材が本だと、他の商材より売れにくいのでは?と思います。

私は本を月に800件売っていますが、出品数はこの2倍ほどあります。

出品している本の中で、出品してから1ヶ月~2ヶ月以内に売れる割合が6割強、3ヶ月以上~1年以内が3割、残りが1年~3年前に出品した商品、という感じです。

当店も出品を少なくすれば、3ヶ月もすれば、月に200件ほどまで落ち込みます。

 

重要なのは、出品数を増やすことです。

沢山出品すれば、それだけ多数の商品が売れていきますが、出品している商品が減っていくと、それに応じて売れていかなくなくなると思います。

商品の補充や出品中の価格の見直しも重要だと私は思います。

売れる売れないの要因が、評価だけなんて・・・ありえませんよ。

 

重要なのは、適正価格と商品説明文です。

また、商品を沢山補充しないと、売上は上がりません。

 

逆に、商品を補充しさえすれば、必然的に売上は上がっていきます。

まだ売上がさほどではない方は、まずはこのポイントを抑えて行きましょう。

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。