せどりで仕入れた商品が特に良く売れる時期は、一般的には11月末から12月24日までのクリスマスシーズンと言われていますね。

クリスマスマジックと言われるくらい、12月の売上が爆発的に伸びるそうですね。

 

せどらーのみなさんは、クリスマスシーズンに合わせて、おもちゃやゲーム機・ゲームソフトなどのおもちゃ類を精力的に仕入れされています。

ちなみに、2015年のクリスマスシーズンは、中古ゲーム機せどりが流行りました。

 

その月に何百万円もの売上が出たことで、人生変わったと勘違いして会社を辞めて、専業せどらーに転身する人も多々おります。

 

しかし、クリスマスマジックという言葉の通り、12月が終わり年が明けると売上が激減する方が多いそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

せどりで儲かる時期は関係ない証拠

あるブログでこういう書き込みを見たことがあります。

12月は売れて当たり前、せどりの真の実力は1月以降の売上を見れば分かると。

 

色々な意見があるかと思います。

 

私は売れる時期というのを意識したことはありません。

 

私が扱っている商品は、CD・DVD・ゲームソフト・ゲームソフト・家電です。

これらに関して言えば、特別に自動的に大量に売れる時期は無いと言えます。

私のせどり実績が証拠

根拠として、私のせどり実績を紹介します。

私のこれまでの売上を示した、ビジネスレポートの図を御覧ください。

 

4

 

 

2つグラフがありますね。

左の売上高の推移のグラフをご覧ください。

 

幾つか山があって、売上が大きく伸びている期間があるのが分かるかと思います。

 

これは、大量仕入れした商品をAmazon倉庫に補充したからです。

 

仕入れた商品ジャンルは、先程も申し上げたとおり、CD・DVD・ゲームソフト・ゲームソフト・家電です

 

グラフを見ると、クリスマスシーズンだからといって特別売れているわけではないことが分かりますね。

2013年に限って言えば、むしろクリスマスシーズン以降のほうが売れていることが分かります。

 

要するに商品を補充さえすれば、すぐに売上が大きく伸びるということです。

 

ちょっと興味深いのが、2014年3月~4月に売上が大きく伸びていることです。

グラフだけじゃ分かりにくいので、数字も示します。

決済期間    商品代金合計    Amazon手数料合計    その他合計    振り込み額合計

2014/01/28 - 2014/02/11    1,292,359円    -383,462円    114,213円    1,023,110円

2014/02/11 - 2014/02/25    2,320,700円    -658,317円    64,063円    1,726,446円

2014/02/25 - 2014/03/11    2,122,374円    -605,065円    36,346円    1,553,655円

2014/03/11 - 2014/03/25    3,086,999円    -901,777円    79,315円   2,264,537円

2014/03/25 - 2014/04/08    2,252,183円    -670,251円    63,708円    1,645,640円

 

2014年1月末に東北地方に遠征して、商品大量仕入れして補充しました。

ですので、決済期間が「2014/02/11 - 2014/02/25」と「2014/02/25 - 2014/03/11」で売上が伸びるのは納得出来ます。

 

が、その後仕入れしていないのに、何故か決済期間が「2014/03/11 - 2014/03/25」で、振込額が「2,264,537円」と増大しています。

 

理由は不明ですが、いくつかの有名アーティストが、何かスキャンダルでも起こしたのでしょうかね。

2014年にチャゲアス事件があって、私のチャゲアス関連のCD在庫が一瞬で売れたことがありました。

 

さて、もう一度グラフを見てみましょう。

グラフの③と④と書かれている部分で、売上が増大していることが分かりますね。

これは、2014年6月、2014年8月に商品を大量補充したからです。

 

2014年8月の補充では、ガンダムのプラモデルなどのおもちゃも200箱近く補充していますが、1ヶ月で完売しました。

おもちゃはクリスマスシーズンに売れまくると言われていますが、別にいつでも売れます。

 

以上から、「いつでも売れる」という結論です。

仕入れ先の確保がとにかく重要

だから私は、売れる時期というのを意識していません。

 

そんなことよりも、仕入先の確保が非常に重要です。

仕入先の確保さえ出来てしてしまえば、補充した直後に売れることが経験上分かっているからです。

 

しかし、これまで仕入れた商品の中で、季節に影響して売れなかった商品があったのも事実です。

それが、こちらの商品です。

・原田産業(HARADA) 携帯型熱中症計 見守りっち パープル 【日本気象協会監修】 MK-02

 

2013年8月にせどらーの情報掲示板に、札幌市の琴似にあるコジマ電機で閉店セールが行われているという情報を元に、大量仕入れしました。

が、その年冷夏だったのでしょうね。

残念ながら一つも売れませんでした。

 

Amazon倉庫に置いておくと在庫保管手数料がかかるので、一度自宅に返送してもらいました。

 

そして、翌年の2014年の6月頃に再出品したところ、瞬く間に売れてしまいました。

お客様からすれば、おそらく6月頃ですと、今年の夏は猛暑になるかどうか分からないので、猛暑なった場合に備えて買っておこうと思ったのでしょう。

クリスマスはプレ値商品が売れやすいのは事実

クリスマスシーズンは、やはりプレ値の商品が売れやすいです。

Amazon販売価格が10,000円以上するCDが幾つも売れていったからです。

プレ値CDはシュリンクのタイプを知らないとマズイ

ところで、新品CDの包装には、キャラメル包装で完全に封がされているタイプと、市販のクリスタルパックのように糊付けされた部分にくっつけて封をするタイプがあります。

 

後者のクリスタルパック風の包装紙の新品CDを、15,000円のプレ値で購入してくれたお客様から苦情の電話を頂いたことがあります。

かなり不安になって興奮した様子で「Amazonでプレ値で購入したCDなんですけど、これは開封済みでは無いのか」とのことでした。

 

私はその商品が高額商品であったことから、クリスタルパック風に包装されていたことを覚えていました。

新品CDがクリスタルパック風に包装されているといっても、市販のクリスタルパックとは糊の量が全く異なります。

新品CDの場合は、糊がべったり貼られて簡単に開封出来ないようになっています。

 

その旨をお客様に伝えたところ納得してもらえました。

プレ値商品は商品説明文を丁寧に書かないと評価1を食らうかも

さて、お客様はプレミア価格で購入していることを認識しています。

言えば当たり前のことでしょう。

 

しかしわれわれせどらーの多くは、「プレミア価格で売れた」ことを喜んで自慢するだけで、その先の購入してくれたお客様のことまで考えていない人が多いような気がします。

 

プレミア価格の商品ほど、お客様も購入に慎重になるでしょう。

購入するときは、まさに「清水の舞台から飛び降りる」気持ちなはずです。

 

プレミア価格であっても買って頂けるということは、その商品がお客様にとって本当に欲しい一生涯の宝物だからでしょう。

多分CDの包装を開封せずに飾っているんじゃないですかね。

 

私は「心を込めましょう」と重いことを言うつもりはありません。

 

ですが、プレミア価格の商品などの高額商品については、お客様のことを考えて面倒でも商品説明をより詳細書いて下さい。

「非常に高額な商品ですのでよくご検討の上購入して下さい」と書いておくと、お客様も「この人は配慮がある人だ」と思ってくれすはずです。

 

そして、必ずと言ってよいほど、プレミア価格で購入された方は、Amazon評価もします。

商品説明に配慮が足りないと、Amazon評価「1」をくらう可能性があるのです。

 

高額商品ほど、商品説明には慎重になりましょう。

高額商品に耐えうる商品説明のテンプレートを作っておくのも手です。

 

やはり商品説明文がきちんとしていると、カート価格が他よりも高くても購入してもらえますから。

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

今回はこの辺で。