せどり初心者の方がよく言う、以下のような言葉は止めましょう。

・ぶっ飛んでる

・モリモリ仕入れる

・ガンガン仕入れる

などなど。

 

あまり実績の無い方ですと、このお馬鹿な言葉に「おっスゲーな!」と思うかもしれません。

 

しかし、せどりである程度の経験を積んだ私は、ただ単に「胡散臭い」としか思いません。

 

せどりのリスク

彼らは、せどりで発生するリスクを全く言いません。

 

私が仕入れているのは、CDです。

CDの場合、悪質な購入者がキャラメル包装を剥いで返品して、販売不可在庫になる可能性があります。

この場合、商品が売り物にならなくなるだけでなく、仕入れ代がパーになってしまいます。

 

プレミアCDの場合、基本定価で仕入れするので、販売不可在庫になったら3,000円も損します。

せどりは薄利多売が基本

だから、安全に商売するなら、仕入れ単価を下げて、薄利多売の商売をするべきです。

 

私の仕入先は、CDせどりのブルーオーシャン市場です。

CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法

 

仕入れ単価が500円ほどで、Amazonで2,000円以上で売れるCDばかりです。

 

私は2014年度のトータルの利益が3,000万円で、販売個数は24,204個です。

商品一つあたりの粗利は、約1,200円と少額です。

 

薄利多売の商売をしているのが分かるかと思います。

 

CDせどりのブルーオーシャン市場の経営者が、こう仰っていました。

「年商2,000万円の人間より、2割の利益を10年続けた人間が価値ある本物の商売人だ」と。

せどりは地味な商売

せどりは、粗利をコツコツ積み上げてお金を増やしていく地味な商売です。

 

仕入れをすると手が真っ黒になって、全身ホコリまみれになって汚れます。

だから、必然的に汚れても良いようなダサい服装になります。

 

出品作業も、北海道の真冬だと毛布をかぶって鼻水を垂らしながら作業することになります。

 

せどりは本当に泥臭い作業の連続です。

そこに華やかさはありません。

 

「ぶっ飛んでる」などという表現は、せどりの実情と全然マッチしていません。

ぶっ飛んでるって何?

そもそも「ぶっ飛んでる」という表現って、一体何でしょうか。

 

これは、その人の仕入れ数や月商や月収が、自分の想像を超えているという意味でしょうか?

 

私の最高実績は、年商5,670万円、最高月商1,000万円、粗利3,000万円、仕入れ個数約35,000個、販売個数24,204個です。

この数字は「ぶっ飛んでる」のかもしれません。

 

しかし、これはただ運が良かっただけです。

大量に行動しまくり、実際に大量仕入れできただけです。

 

私はこの実績を武器にして、こうしてアフィリエイトをやっています。

ですが、別に私はただ一時稼いだだけの人間です。

 

なので、私に対して「ぶっ飛んでる」という表現はふさわしくありません。

「ぶっ飛んでる」人から吸収しまくろう

そして、「ぶっ飛んでる」という表現を使う人は、「自分には無理だ」と言っているのと同じです。

「無理だ」と言った段階で、伸びません。

 

それよりも、「ぶっ飛んでる」せどらーさんに、貪欲に質問しまくり「やり方」を教わるべきです。

 

ここで、ヤフオクで毎年1億円稼がれている松浦塾の松浦さんのセミナーに参加した時の話をします。

 

1億円と聞くと、「ぶっ飛んでる」(=自分には無理だ)かもしれません。

ですが私は、とにかくお金が欲しかったので、懇親会で松浦さんに聞きまくり必死にメモしました。

その姿勢を、松浦さんから褒められました。

 

この懇親会で私の隣だったせどり初心者の方は、「ぶっ飛んでる」という表現を安易に使う人でした。

この方はせどり歴2年でしたが、情報商材のノウハウコレクターで、月商2万円も無い方でした。

 

彼は、せっかく松浦さんが目の前にいるのに、「凄すぎて何も話せない」と萎縮していました。

彼はおそらく、松浦さんから何一つ吸収出来なかったはずです。

 

当時は私も彼と同じ程度のせどり実績でしたが、構わず松浦さんに質問しまくりました。

おかげで1年後に、私は年商5,670万円の実績を一人で達成しました。

 

あなたも「ぶっ飛んでる」せどらーさんに、貪欲に質問しまくり「やり方」を教わりましょう。

大したことない仕入れ画像ですよ

次に、「モリモリ仕入れる」などという表現について。

 

大量に仕入れたことを、自慢したい気持ちは分かります。

せどりブログに掲載できますから。

 

ですが、それなら正確な個数を報告したほうが信頼性が増します。

 

こういう感じの表現を使い、ブログで自慢しているせどらーが多数います。

「今日もガンガン仕入れました~」

「車に積みきれません☆」

 

おもちゃのように商品サイズが大きいものだと、個数が少なくても車に満載になります。

 

私は、CDせどりのブルーオーシャン市場でCDを3,000枚は仕入れます。

 

FBAで出品しているので、母と妹に商品ラベルの貼り付けとダンボール箱への梱包をお願いしています。

 

母と妹は、これまで30,000枚以上商品ラベルを貼り、300箱以上梱包してきました。

なので、「ガンガン仕入れた」と自慢するせどりブログの画像を見せると、「少なっ!w」と言います。

 

こういう曖昧な表現を多用するせどらーは、正直どれも大したことありません。

「ガンガン仕入れた」などの言葉は、自信がないことの裏返しでしょう。

 

こういう曖昧な表現を使うのは、止めましょう。

見る人が見たら、ただ滑稽なだけです。

 

そうではなく、具体的な仕入れ個数、仕入れ金額、見込み粗利額をハッキリ書いてみませんか。

数字をさらして、自分の能力が如何ほどなのかを客観的に知るのです。

 

実力が分かるのは、大変怖いことでしょう。

ですが、一度痛い思いをして自分の能力を客観的に認識すれば、課題が必ず見えてきます。

 

私も、売上がだだ下がりになった時の実績も全て包み隠さず公開しています。

 

公開したことで、年商5,670万円の実績を出せたのは、運が良かっただけだと認識出来ました。

そして、以前のように月収200万円を出すにはどうするべきかを、真剣に考えるようになりました。

 

このように、自分の数字を晒すと、課題が明らかになってきます。

 

あなたも一度、具体的な仕入れ個数、仕入れ金額、見込み利益など、数字と向き合いましょう。

それだけで、他のせどらーとの差別化が図れると思いますよ!

 

せどり初心者講座一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。