ここでは、せどり初心者を卒業するための、8つのステップを紹介します。

(>せどり初心者講座一覧に戻る

 

せどりとは一体何でしょうか?

 

これは、せどりに興味を持ち、やってみようと思っている段階の人のことを指します。

 

この段階では、仕入れはもちろんのこと、Amazonに登録すらしていない状態です。

 

せどり初心者は、出品した商品がAmazonで売れた経験をしたら卒業です。

数十円でも数百円でも、一度売上を出せば、その時点であなたはもはやせどり初心者ではありません。

せどり中級者です。

 

せどり初心者を卒業するためには、次の8つのステップを経験します。

<せどり初心者を卒業するステップ>

①せどりとは何かを知る

②どこで仕入れるのかを知る

③Amazonで売るメリットを知る

④必要な道具を用意

⑤モノレートの波形の基本的な見方を知る

⑥仕入れに行く

⑦Amazonに出品

⑧Amazonで売れた経験をする

 

それでは、せどり初心者を卒業する8つのステップを説明していきます。

 

せどりとは何かを知る

モノを安く買って高く売る。

これが「せどり」です。

 

単純明快ですね。

 

要は、せどりは小売業なのです。

公的にそう位置づけられています。

 

確定申告でも、せどりは「小売業」の括りで税金の計算をしますから。

商店街の、おっちゃん・おばちゃんと同じ感じです。

 

せどりは、別名「転売」ともいいます。

確定申告の申告書に「業種」を書く欄がありますが、そこには「せどり」ではなく「転売業」と書きます。

 

「転売」という言葉に最初は抵抗を感じるかもしれませんね。

皆さんも、チケット転売で逮捕されたというニュースを見たことがあるかと思います。

このことから、転売は「悪いこと」だ思うかもしれません。

 

しかし、せどりは法に触れる商売ではありません。

ここ、せどり初心者が陥りやすい思い込みですので要注意です。

 

せどりは良いことです。

せどりは、お店が在庫処分で安売りしたものが、実はAmazonでは高値で売れる商品を買う商売です。

 

我々は、お店の不良在庫を買ってくれる上客です。

 

せどりは泥臭い商売です。

お店で床に膝をついて、服が汚れたりします。

洗濯機が真っ黒になるくらい汚れることだってあります。

汚れても良いような服装になるので、必然的にダサい服装で仕入れをすることになります。

 

このように、せどりは泥臭い商売なのです。

 

しかし、仕入れた商品がAmazonで売れれば、すぐにお金が手に入ります。

アクションを起こしてからお金になるまでの期間が短いことを、即金性が高い言います。

せどりは即金性が非常に高いことが特徴です。

どこで仕入れするのかを知る

せどりは、Amazonで高値で売れる商品を、お店で安く仕入れする商売です。

 

では、どのお店で仕入れするのか?

 

 

せどり初心者は、まずはブックオフに行き中古本を仕入れましょう。

 

せどり初心者にブックオフを勧める理由は以下の通りです。

<ブックオフを勧める理由>

・どの地域にも必ずあるから

・流通量が尋常じゃなく、絶えず売れる商品が補充されているから

・仕入れ単価が安いから

・置かれている商品の数が多いので、それだけモノレートの波形を勉強する機会が持てる

 

ブックオフで狙う本のジャンルは、医療関係の教科書です。

定価が2,000円以上と高額で、Amazonで高値で売れる可能性が高いからです。

仕入れ単価は、108円~324円でよいです。

 

ですが仕入れできる数は余り望めないかもしれませんね。

多くのせどらーが、ブックオフに群がるっているのが現状ですので。

 

ブックオフはゼロ年代(2000年~2009年)は、めちゃくちゃ稼げる場所だったそうです。

105円コーナーの本棚に、Amazonで3,000円位で売れる本が、どの店舗にも山のように転がっていたそうです。

ライバルが少なく、いつでも仕入れし放題だったそうです。

 

ブックオフせどりで、一財産稼いだ人も大勢います。

私の知り合いで、医療事務をやられているアラ還の男性の方がいます、

あのお方はゼロ年代にブックオフせどりをやって、3,000万円の財産を築かれました。

 

しかし2010年以降、インターネットで「せどり」という手法が知れ渡るようになり、ブックオフにせどらーが殺到しました。

そのせいで、仕入れできる本が激減しました。

また価格改定競争が始まり、本来なら高値で売れる本が値崩れして売り物にならなくなりました。

さらに、一部の心ないせどらーがブックオフに迷惑をかけたせいで、せどり行為を禁止するお店も出てきています。

こういう背景から、ブックオフではもう稼げない、ブックオフせどりの時代は終わった、と嘆く人もいます。

 

しかし、それは誤りです。

ブックオフは、あれだけの物量を誇るお店です。

仕入れ資金を2万円から10万円に増やす程度ならば、ブックオフで大丈夫です。

 

ですから、せどり初心者は、まずブックオフせどりで仕入れ資金を増やしましょう。

 

資金が増えたら、新品せどりに移行しましょう。

新品せどりは、仕入れ単価が上がりますが、めちゃくちゃ儲かります。

新品商品なら、Amazonの販売力をフルに発揮できます。

 

しかし、仕入れ単価が高いということは、それだけ仕入れの失敗が許されなくなります。

仕入れの失敗の多くは、モノレートの波形がちゃんと読めないことから発生します。

まずは、仕入れ単価の安いブックオフせどりから始めて、モノレートの波形を読みまくって勉強して下さい。

Amazonで売るメリットを知る

Amazonは以下の理由から、非常に優れた販売媒体です。

<Amazonが優れている理由>

・評価数などの実績が無くても、適正価格ならば誰でも売れる。

・日本国内だけで何千万人もの方が利用しており、マーケットがデカイ

・出品作業が非常に楽。写真を撮る必要が無く、商品説明文もテンプレートでOK

・Amazon倉庫に商品を預けられるので、自宅に在庫を持つ必要が無い

・梱包・発送・お客様との連絡・入金確認といった作業はAmazonが全部やってくれる

 

Amazonで売ることのメリットをご理解頂けましたでしょうか。

 

では次に、実際にAmazonに登録して行きます。

登録方法は、非常に簡単ですので、ここでは割愛します。

 

ちなみに、最初は小口出品者で登録してください。

大口出品者だと、毎月4,900円かかりますから。

初期投資は安く抑えましょう!

 

また、Amazonに登録する際、クレジットカード番号の登録が必要です。

ネット上に登録することに抵抗を感じるでしょう。

 

しかし、心配不要です。

Amazonは超一流IT企業ですので、顧客情報の管理は万全です。

あなたのクレジットカード番号が漏洩することは100%無いので、安心して下さい。

 

もちろん、すぐに登録せよとは言いません。

最初は絶対に躊躇するはずです。

私も、登録するのに1ヶ月以上かかりましたから。

みなさんも、登録までに何日もかっても構いません。

必要な道具を用意する(7つ)

せどりをするにあたり、以下の7つの道具が必要になります。

・スマートフォン

・せどりすと

・パソコン

・プリンター

・配送ラベル

・段ボール箱

・透明梱包用テープ

 

初期投資はやはり必要です。

しかし、一度揃えてしまえば、後は配送ラベルなどの消耗品類を買い足すだけでOKです。

ここは我慢して買ってください。

 

上記の7つの道具それぞれについて、詳しく説明していきます。

 

  • スマートフォン

仕入れをするときに必要になります。

 

私はiPhoneを使っていますが、アンドロイド携帯でもOKです。

 

ガラケーは、止めましょう。

ガラケーが通用したのは、ゼロ年代までです。

 

  • せどりすと

仕入れをするときに必要になります。

 

せどりすとは、スマートフォンアプリです。

せどりすとの詳細については、以下の記事をご覧ください。

せどりすとの儲かる設定方法とプロとプレミアムがいらない理由

 

このアプリで、Amazonにいくらで売れるのかを調べます。

これが無いとお話になりません。

 

私は、せどり初心者にブックオフせどりを勧めています。

ブックオフは、バーコードの上に、インストアコードが印字されたシールが貼られています。

なので、ブックオフのインストアコードに対応しているせどりすとProを購入して下さい。

2,800円一回ポッキリです。

ここは我慢して買ってください。

 

最初は、せどりすとのカメラ機能を使って商品をサーチします。

商品をサーチする際にせどりビームがあると便利ですが、最初は不要です。

 

  • パソコン

Amazonに出品する時に必要になります。

 

今はスマホでも出品できますが、作業効率が悪すぎるのでパソコンを使いましょう。

 

既にパソコンをお持ちでしたら、それをそのまま使って下さい。

お持ちでないなら、中古の2万円位で売られているパソコンで良いので購入しましょう。

ネットサーフィンがストレス無くやれる程度の低スペックマシンで充分です。

 

  • プリンター

Amazonに出品する時に必要になります。

 

既にプリンターをお持ちなら、それをそのまま使って下さい。

 

お持ちでないなら、格安のものでOKです。

 

  • 配送ラベル

Amazon FBAで出品する場合に必要になります。

Amazon FBAとは、仕入れた商品をAmazon倉庫に預けて、Amazonが販売してくれるサービスです。

私にように、副業でせどりをやられる方は、FBAを利用した方が良いです。

 

こちらのAmazonで売られている商品ラベルが一番安いです。

【Amazon.co.jp限定】エーワン 出品者向けラベル きれいにはがせる 24面 100枚

 

  • ダンボール箱

Amazon FBAで出品する場合に必要になります、

自宅からAmazon倉庫に送るときに使用します。

 

スーパーにタダで山積みにされているようなダンボール箱でOKです。

ホクトのぶなしめじの箱が、容積も大きくかつ頑丈に出来ていてオススメです。

 

  • 透明梱包用テープ

Amazon FBAで出品する場合に必要になります、

 

ダンボール箱を梱包するときに使用します。

透明梱包用テープは、ガムテープよりも使い勝手が良いので、オススメです。

モノレートの波形の基本的な見方を知る

モノレートの波形が読めないと、どの商品がいくらで売れるのか判断できません。

せどり初心者の方は、モノレートの波形の基本的な読み方を覚えてから、ブックオフに行きましょう。

仕入れに行く

ここまで出来ましたら、早速ブックオフに行きましょう。

 

向かうのは、医療関係のコーナーです。

元値が高く売値が安いので、Amazonに高値で売れる本が見つかる可能性が高いです。

 

一店舗目がダメだからといって、そこで諦めないで下さい。

そのお店で仕入れできないことなんて、ザラにありますから。

何店舗も根気よく回りまくって、仕入れしてください。

 

ここは体力と根性です。

諦めたもの負けです。

Amazonに出品する

何とかブックオフで、医療関係の中古本を50冊位仕入れできたとします。

 

次に、出品作業です。

ここは慎重に。

出品方法を間違えると、Amazonからアカウント停止になることがあるからです。

 

出品のやり方は、『Amazonの出品方法を正しく紹介!間違えるとアカウント停止!!』を参考にしてください。

このやり方で、安全に出品出来るはずです。

少なくとも私は、30,000点以上出品して問題が発生したことは一度もありません。

Amazonで売れた経験をする

おつかれさまでした。

 

ここまできたら、後は売れるのをただ待つだけです。

モノレートの波形がそれなりに読めて、適正価格で販売すれば、まず確実に売れるでしょう。

 

そして、あなたの商品が売れました。

 

売った経験をしたので、めでたく初心者卒業です。

晴れて、せどり中級者の仲間入りです。

 

最初は、一冊の売上が数百円で、数十円の利益しか出ないかもしれません。

しかし、金額なんてどうでも良いことです

売った経験をしたことが大事ですから。

 

後は、仕入れ先を変えたり、せどりビームを買ったりなど設備投資をするなど、ただ拡大していくだけです。

 

せどり初心者講座一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。