古物商とは、人の手に渡った物(古物)を、繰り返し販売して利益を得ている(業として行っている)人のことです。

古物を扱って商売するのであれば、古物商の免許が必要になります。

 

ただし、これまで私は古物商の免許なしでせどりをしてきました。

理由は、正規の仕入れ先で、ほとんど新品商品のみを仕入れてきたからです。

 

せどらーの間の中で、「古物商の免許が必要なのかどうか」という議論が盛んに行われています。

当ブログが出した結論は、古物商の免許は、絶対に必要だとは言い切れないけれど、取ったほうが安心だということです。

 

特に、『サヤ取りせどらー最終バージョン』を使用して、中古CDやDVDの電脳せどりをされている方は、古物商の免許があれば安心して商売が出来ることでしょう。

 

また、『サヤ取りグローバルせどらー』を使用する場合は、海外のAmazonに個人が出品している商品を仕入れすることになるので、古物商の免許は絶対に必要になります。

なぜなら、個人間での売買取引になるので、盗品を掴まされる恐れがありますから。

 

ですが、店舗に売られている商品を仕入れしている限り、古物商の免許を取らなくてもおそらく大丈夫であろうと思われます。

 

「古物商」の免許が必要なケースは、多岐にわたります。

その中で、せどりに関係する部分のみを自分なりに調べ、何故古物商の免許が不要であると思われるのかについて、根拠を交えて紹介していこうと思います。

ちなみに、法律が絡んでくる問題になるので、古物商専門の行政書士さんの意見が書かれたサイトを根拠にしています。

せどらーさんのブログに書かれてあることは、一切参考にしていません。

彼らは、行政書士の資格を持っておらず、法律の素人ですから。

 

では、まず「古物商」の定義を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

古物商とは

古物商とは、営利目的で古物を買い取り、古物を販売する人のことを指します。

古物商許可が必要なのは、「古物」を「業」として販売する場合に限られます。

参考サイト)鈴木行政書士事務所 古物商許可の申請

以下、「古物」と「業」について、説明していきます。

古物とは

古物とは、古物営業法第2条で定義されているものです。

以下に、古物営業法第2条の文言を掲載します。

<古物営業法第2条>

この法律において「古物」とは、一度使用された物品(中略)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

古物営業法』より

つまり一度でも人の手に渡り、使用されたもの(中古品)か、未使用のもの(新古品)が古物に該当します。

人の手に渡っているということがポイントです。

人の手に渡っていない物は、古物に該当しません。

なお中古品だけでなく、新古品も該当しますのでご注意を。

イオンなどのお店に置かれている新品商品は、古物に該当しませんが、一般購入者がイオンなどのお店で新品商品を購入した段階で古物になります。

参考サイト)鈴木行政書士事務所 古物商許可の申請

業として行うとは

「業」として行うというのは、それによって利益を出そうという意志があるということと、ある程度の継続性があるということです。

ヤフオクやメルカリで、数回にわたり私物を売却する程度では「業」には該当しません。

古物商が必要な人とは

では、古物商の免許が必要な人はどんな人なのでしょうか?

以下に、私の仮説と、それを裏付ける根拠を紹介していきます。

私の仮説

古物とは、人の手に渡った中古品・新古品を指します。

そして古物商は、古物を売買する人のことを指します。

ならば、ブックオフやリサイクルショップなど、人の手に渡ったものを買い取って販売しているお店から仕入れをして、Amazonやヤフオクで販売して利益を得ている人は、古物商の免許が必要と思われます。

ブックオフやリサイクルショップに買い取られた商品を仕入れて、Amazonやヤフオクで販売することで、古物を売買したことになり、古物商としての業を営んだことになります。

 

また、個人で買取サイトを開設している方も、古物(人の手に渡ったもの)を買い取り販売することになるので、古物商の免許が必要になるでしょう。

 

というか、買取サイトを開設した段階で、古物を売買していると客観的に認識されるので、古物商の免許が必要なのは明らかです(『鈴木行政書士事務所 古物商許可の申請』参照)。

ちなみに、私が知っているせどらーの方は、おもちゃの買取サイトを開設しています。

この方は、古物商の免許をお持ちです。

 

逆に、イオンなどで販売されている新品ゲームや新品おもちゃなどの新品商品は、まだ人の手に渡っていないので、古物に該当しません。

つまり、新品せどりをされている方については、古物商の免許は不要ではないでしょうか。

人の手に渡った物(古物)を買い取っているわけではありませんから。

私の仮説を裏付ける根拠。行政書士の説明

まず、中古品せどりをするのであれば、古物商の免許が必要みたいですね。

以下に、石田雅樹行政書士事務所さまが運営されているサイト『古物商許可申請.com』の『せどりは立派な古物商』の記事に書かれている文言を掲載します。

Q.せどりを行うには古物商許可を取得しなければならないのか?

A.転売するために古物を買って持っているのであれば、許可を取らなければなりません。

せどりとは中古ショップで古物を仕入れて、それをオークションで売却して、利益を得る方法です。

警視庁の見解では、転売目的で古物を仕入れる場合には「古物商許可が必要」と言っています。

せどりは立派な古物商』より

 

古物商許可が必要なのは、「古物」を「業」として販売する場合です。

「古物」と「業」については、前述の通りです。

 

では、ブックオフやリサイクルショップに売られている商品が、「古物」に該当するのでしょうか。

結論から言うと、これらの商品は古物に該当します。

根拠として、行政書士法人シグマさまが運営されているサイト『古物商許可サポート』の記事『古物の定義と古物商許可が必要な行為』の内容を抜粋して紹介します。

古物営業は、文字通り上記の”古物”を取り扱う営業のことですが、次の3つに分かれています。

ユーズドショップやリサイクルショップ、古本屋などを営もうというときは、1号の「古物商営業許可」を受ける必要があります。

1号営業(古物商)

→古物を売買・交換し、又は委託を受けて売買・交換する営業

(古着屋、古本屋、中古ゲーム・CDショップ、中古家具屋等)

古物の定義と古物商許可が必要な行為』より

 

次に、「業」について。

これは、継続性がある場合に成立します。

ならば、ブックオフなどで古物の仕入れをして、Amazonで販売をしている期間が短い人の場合、古物商の免許が不要なように感じます。

逆に、長く商売をされている方の場合は、古物商の免許が必要なのは明らかでしょう。

行政書士の意見はいかがでしょうか?

古物商(リユース)情報サイト』の記事『反復継続していて、有償ならば、』に、答えが書かれていました。

ブックオフなどで商品を大量仕入れして、多額の粗利を長年稼いでいる人は、古物商の免許が必要みたいです。

以下、『反復継続していて、有償ならば、』の内容を抜粋して紹介します。

ベトナム人が中古のアイフォーンを700台を大量に買い付け、転売目的で売りさばいていたという事件がありました。古物営業法違反ということです。

この事件では700台ですから、大量ですし、転売目的であることは明らかです(1台、2台でしたら、自分が使うものとして買ったのだということができるでしょうが)。

ヤフオクやフリーマーケットのように、自分が使ったものを個人間で売買するのには、古物商許可は必要ありません。

しかし、事業として、それも大量に、となりますと、古物商許可が必要になります。

古物営業法違反かどうかは、大量、多額かどうか、それとともに、反復継続性を見ているのでしょう。

ヤフオクで売買している人がたくさんいるから、許可が必要だとは知らなかった、ということは通用しないのです。

反復継続していて、有償ならば、』より

「大量」とはどのくらいの数を指すのか、「多額」とはいくらの金額なのかについては、インターネットで調べることが出来ませんでした。

この部分につきましては、裁判での判例を見ないと分かりません。

 

最後に、古物商の免許を取っていないとヤバイと脅している行政書士のサイトを紹介します。

こちらは、大阪にあるHSコンサルティング行政書士事務所さまが運営されているサイト『古物商許可.com』の記事『あなたは、無許可でせどりやオークションをやっていませんか?』になります。

以下、内容を抜粋して紹介します。

また、ネット上で「ブックオフやヤフオクのような有名なところから転売のために古物を仕入れする場合は古物商許可は必要ありません。警察で確認したので間違いありません」という情報を流している人がいますが、これは完全にデマ情報です。

法律上で『古物商許可は必要でない』と解釈できない以上、『古物商許可は必要』であると判断しなければなりません。

複数の都道府県公安委員会に確認しましたが、私が確認した公安委員会ではすべて『転売目的で仕入れている以上、古物商許可は必要です』という判断でした。

先のようなネットでのデマ情報を信じてブックオフやヤフオクから古物商許可を取得せずに古物を仕入れすることは個人の自由ですが、「何かあったときに責任を取らされるのは自分。

ネットの情報や警察での口頭の確認などは、決して自分を守ってくれるものではない」ということを覚悟してやって下さい。

いざというときに、「そんなことを言った担当官はいない」と警察署に言われてしまえば、それで一巻の終わりです。

なので、安心してせどりやオークションをやりたいのであれば、古物商許可を取得してからやることです。

あなたは、無許可でせどりやオークションをやっていませんか?

 

古物を仕入れする以上は、古物商の免許を取っておいたほうが安全でしょう。

この記事を読んで、私もせどりブログの情報に騙されました。

他のせどらーさんのサイトに、「古物商の免許が必要なのは、個人からものを買い取る場合だけ」と書かれており、私はそれを鵜呑みにしていました。

今回改めて古物商のことを調べてみる中で、こうした情報が完全に間違えていることが分かりました。

 

今回の内容は、法律が絡んできます。

だから、こういう場合は、行政書士などの専門家の意見を参考にした方が良いです。

 

ブックオフせどりやリサイクルショップせどりなどは、古物商の免許が必要になります。

私も本ブログにて、ブックオフせどりとリサイクルショップせどりについて、詳しく解説しています。

ブックオフせどりが今でも稼げる証拠をお見せします

リサイクルショップせどりのテクニックを公開!

 

もし、こうした中古品を扱っているお店をターゲットとするのでしたら、古物商の免許を取っていたほうが絶対に安心できます。

不安な方は、是非古物商の免許を取得してください。

 

結論

ブックオフやリサイクルショップ専門で仕入れをしまくっている人は、古物商の免許が必要です。

ここからは自己責任で

古物商の免許を取得するのは、色々とめんどくさいです。

取得までに、以下の書類を用意して、わざわざ警察署に出向かなければなりませんから。

<古物商取得に必要な書類>

1.許可申請書 (※警察署)
2.経歴書 (※警察署)
3.誓約書 (※警察署)
4.住民票 (※市役所)
5.外国人登録証明書 
6.身分証明書 (※市役所)
7.会社定款の写し (法人)
8.登記簿謄本 (法人)
9.管理者名簿 (法人)
10.営業所一覧 (法人)
11.賃貸契約書の写し

古物商の免許を取ってみませんか?』より

考えただけでめんどくさいですよね。

そんな暇があるなら、仕入れに行きたいですよね。

ここから、古物商の免許を取らずにせどりが出来ないかを、私なりに検証していきます。

グレーな話をしますので、やるなら自己責任で行ってください。

レシートは捨ててしまえ!

古物商の免許が必要なのは、営利目的で古物を買い取り、古物を販売する場合です。

 

「古物を買い取る」という部分がポイントです。

買い取るということは、お金を出すということです。

お金を出して中古本などの古物を買った場合に、古物商の免許が絡んできます。

ならば、中古本などの古物をタダで貰ったりした場合は、古物商の免許は不要では無いでしょうか?

名古屋中央リーガルオフィス』さまの記事『古物商許可』にて確証を得ました。

以下に、記事内容を抜粋して紹介します。

無償で引き取った中古品を単に売却する行為は古物営業には該当しません。

その物を「売買」「交換」によって有償で取得していないからです。

古物商許可』より

 

私は、初心者や仕入れ資金がまだ少ない方には、ブックオフせどりを勧めています。

ブックオフせどりは、レッドオーシャン市場であると言われています。

ですが、ブックオフせどりは、まだまだ稼げます。

実際に私がコンサルさせて頂いたせどり初心者の方が、ブックオフせどりを行い、初月から売上を出されています。

この件につきましては、本ブログ記事『ブックオフせどりが今でも稼げる証拠をお見せします』にて詳しく書かれています。

私はブックオフせどりをする場合は、医療関係の教科書を仕入れ対象としてオススメしています。

 

ここで、古物商の免許が無くても大丈夫な方法を紹介します。

 

これらの本を、知り合いや親戚から貰ったことにすればよいのです。

ブックオフのレシートは捨ててしまいましょう。

確定申告の際に、中古本は経費には計上できなくなるので、課税対象の利益が増えて納税額が上がってしまいます。

ですが代わりに、いつ逮捕されるんじゃないかと怯える必要が無くなり、精神的に楽になります。

警察も暇じゃ無い

まあ、ブックオフなどで中古本(古物)を仕入れているせどらーは、日本全国に山のようにいます。

この中で、古物商の免許を取得している人はごく僅かです。

個人の方で、Amazonの出品者情報に古物商の免許番号を載せている方は稀ですから。

これまで私は、せどらーさんのブログを数百ほど見ましたが、逮捕者されたり罰金を取られたなんていう話を聞いたことがありません。

 

警察もヒマじゃありません。

日々様々な事件があり、警察はそれの対応に追われて忙しいのです。

ブックオフせどりでチマチマ数万円程度のお小遣いを稼いでいる程度の「小物」なんかにいちいち構っているヒマはありません。

ここで、安心材料を一つ紹介します。

HSコンサルティング行政書士事務所さまが運営されているサイト『古物商許可.com』の記事『あなたは、無許可でせどりやオークションをやっていませんか?』の内容を抜粋して紹介します。

警察署も無許可で古物営業をやっている人をわざわざ探し回っているわけではありません。

そういう意味では、こじんまりとやっている程度では、なかなか無許可営業していることがバレることはないのかもしれません。

しかし、次のようなケースで、無許可で営業していることが警察署にバレることがあります。

それは、窃盗犯が警察に逮捕されて、その窃盗犯が盗んだ物品の流通経路にたまたま自分が該当していた場合などです。

警察では、逮捕した窃盗犯の販売ルートを捜査することになります。

販売ルートを辿って、盗まれた物品を証拠品として探さなければならないからです。

盗まれた物品が、いろいろな買取人の手に渡って、たまたまその物品を盗品とは知らずに自分が手にすることになった場合、当然あなたのところにも捜査の手が及ぶことになります。

そうなれば当然、警察はあなたの名前が古物商として登録されているかどうかもチェックすることになるわけです。その結果、無許可営業であることが警察署にバレて、罰則を受けることがあるということなのです。

あなたは、無許可でせどりやオークションをやっていませんか?』より

 

このように、盗品を買い取って販売してしまった場合は非常にマズイですが、ブックオフなど正規のルートで仕入れをしている限り大丈夫そうですね。

古物商免許の目的は盗品の売買を防止するため

そもそも、古物商免許の目的は何でしょうか?

盗品の売買を防止するためです。

これは、古物営業法第一条に記載されています。

(第一条)
この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。

 

ブックオフに置かれている商品は、盗品ではありませんよね。

例え万引きされた本をブックオフが買い取ってしまったとしても、その本の所有権はブックオフに移ります。

つまり、我々がブックオフで中古本を仕入れした場合は、仕入先がブックオフであるということになります。

よって、万引きされた本であったとしても、我々はブックオフから仕入れているので、盗品を買ったことにはなりません。

なので、警察の調査の対象になるのはブックオフだけです。

というか、ブックオフは古物商免許を持っているので、警察の調査は及びません。

 

そして、ブックオフから貰ったレシートを見て欲しいのですが、明細には「文庫本×1」とアバウトに書いてあるだけですよね。

どの本を購入したのか、その本の管理番号が何なのか、そういう情報がレシートには記載されていません。

なので、本の管理番号を辿って我々に行き着くなんていうことは考えられません。

結論 グレーだけど

ブックオフで仕入れをしているくらいなら、古物商の免許が無くても多分大丈夫。

サヤ取りせどらー最終バージョン』を使用して中古品(=古物)を仕入れされる方や、『サヤ取りグローバルせどらー』を使用して海外のAmazonの出品者から仕入れされる方は、古物商の免許があったほうが良いですが、無くても大丈夫かと。

私もこれらのツールを使用して電脳せどりをしていますが、古物商の免許なしでやっています。

これらのツールを数年使用していますが、問題になったことはこれまで一度もありません。

ただし、自己責任でお願いいたします。

まとめ

・古物商とは、一度人の手に渡ったもの(古物)を買って売る人。

・ブックオフやリサイクルショップに売られている商品は古物

・よって、ブックオフやリサイクルショップで仕入れをしまくっているせどらーは、一応古物商の免許を取っておいたほうが安心。

・古物商に免許を設ける目的は、盗品の売買を防止するため

・盗品に関しては、警察は盗んだ人・買い取った人を厳しく追求する。その時に古物商の免許がないと捕まる。

・買取サイトを開設して個人で買い取りをしている人は、盗品を買い取ってしまう可能性があるので、古物商の免許は絶対に必要。

おまけ

最後に、古物商の概要について紹介して終わります。

古物商の罰則

古物商の免許が無いと無許可営業に該当するので、「3年以下の懲役、または100万円以下の罰金」が課されます。

私の意見ですが、このように法律で牽制しないと、盗品が売り放題な状態になってしまいます。

日本国内で窃盗が横行する事態になるかもしれないので、このくらい厳しい罰則を儲けているのでしょう。

ま、古物商の免許が無くても、ブックオフで仕入れをしているレベルなら、こんな厳しいことはされないでしょう。

ただし、自分で買取サイトを開設している場合は、古物商の免許が無いとマズイのは明らかですね。

古物分類

古物は、以下のように13種類に分類されます。

全てが金目の物で、盗まれやすいものであることに注目です。

<古物分類>

1.美術品、絵画、版画、書画、骨董品、工芸品、アンティークなど

2.衣類、洋服類、和服類、子供・ベビー服、ジーンズなど

3.時計・宝飾品 腕時計、置き時計、眼鏡、宝石類、指輪・ネックレス等のアクセサリーなど

4.自動車、各種4輪自動車、タイヤ、自動車部品類

5.自動2輪車及び原動機付自転車、各種オートバイ、原動機付自転車、及びこれらの部品類

6.自転車類、各種自転車、及びこれらの部品類

7.写真機類、カメラ、顕微鏡、双眼鏡、天体望遠鏡など

8.事務機類、パソコン、ワープロ、コピー機、ファックス、シュレッダー、レジスター、タイムレコーダー、電卓など

9.機械工具類、電気機械、土木機械、工作機械、化学機械、小型船舶、携帯電話、ガス器具、ゲーム機、ミシンなど

10.道具類、コンピューターソフト、ゲームソフト、レーザーディスク、CD、レコード、ビデオテープ、カセットテープ、家具、楽器、スポーツ用具、釣具、日常品など

11.皮革・ゴム製品類、カバン、ベルト、靴、財布など

12.書籍、各種書籍、辞書、写真集、地図など

13.金券類、航空券、乗車券、タクシー券、ハイウェイカード、商品券、各種入場券、切手、収入印紙、テレフォンカード、公共交通機関のカードなど

 

私のメインで扱っているCDも含まれていますね。

まあ、仕入先が正規の仕入れ先ですし、新品CDなので、問題ありませんが。

私が地方遠征に行くようになってからも、古物商の免許が不要だということを確認の上で、地方遠征していました。

皆さんも自己責任で、商売してくださいね。

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。