店舗せどりで重要なのは、店員とコミュニケーションを取ることです。

 

もちろん、私が以下に紹介するセール品が置かれていやすい場所を機械的に回るだけでも、それなりの仕入れが出来ることでしょう。

せどり初心者の方は、まずはそこを回ってください。

 

しかし、ある程度せどりに慣れている方は、そこから一歩進んで、店員とコミュニケーションを取るようにしてください。

やることは、以下の2つです。

・裏に同じ商品があるのか確認

・価格交渉

 

至ってシンプルですね。

しかし、せどらーの多くは内気でコミュニケーションを取るのが苦手な方が多いようです。

そこで、かつて根暗であった私がどうやってコミュ力を高めてきたか、詳しく説明します。

 

まずは、セール品が置かれていやすい場所について、お話しします。

 

スポンサーリンク

 

店舗せどりでセール品が置かれていやすい場所

私が回ったなかでは、以下の場所にセール品が置かれていやすい傾向がありました。

・レジの側

・陳列棚の下段(ゲームソフト)

・お店入口に置かれたワゴンセール品

・その他

 

それぞれについてお話ししていきます。

レジの側

ヤマダ電機やケーズデンキに行くと、レジの側にあるワゴンにセール品が置かれていやすい傾向があるように感じます。

「大処分市」「売り切り」「歳末大売り出しセール!」こんな張り紙がワゴンに貼られています。

私は店舗せどりに行くと、ここは必ず見るようにしています。

 

見るポイントについて。

商品の価格をよく見て、元値との差額が大きいかどうかをチェックします。

元値との差額が大きいなら、せどりすとのカメラを使用して5~6個チェックします。

そこでAmazonで粗利が出そうな商品が見つかれば、その商品をキープした上で、全頭検査します。

北海道ですと、せどり行為を禁止しているお店がほぼ存在しないので、私は堂々とサーチします。

 

もしワゴンにある商品が全部仕入れするに値する商品でしたら、店長さんを呼びます。

そして、こう価格交渉します。

「これ全部買いたいです」

「全部買いたいので、もうちょっとだけお値引きお願い出来ないでしょうか?」

ヤマダ電機やケーズデンキなどの大型量販店の場合、価格交渉はほぼ通用しません。

ですが、私は「言い値で買いたくない」人間ですので、ダメ元で必ず価格交渉します。

 

レジの側でサーチする時は、挙動不審な態度を取らないようにしてください。

レジにいる店員さんがこちらを見ているのではないかと警戒して、店員さんをチラリラ見ながらコソコソサーチするのはNGです。
万引き犯だと思われます。

店員さんがやってきて、何をやっているのか聞かれる可能性があります。

そして、「購入されないならおかしな事しないで下さい」と言われて、サーチを断られるかもしれません。

 

店員さんなんて無視して、堂々とサーチして下さい。

お店は、ワゴンにある処分品をさっさと売りたがっています。

ワゴンにある処分品は、「不良在庫」ですから。

不良在庫をわざわざ購入している我々は、お店からすれば「上客」です。

私も、ワゴンにある商品を根こそぎ購入したことが何度もあります。

店長さんに堂々と「これ全部下さい!」と言うと、大抵の方は喜びます。

「本当に全部お買い求めですか!?」なんて言われます。

堂々とサーチして、堂々と購入して下さいね。

陳列棚の下段(ゲームソフト)

私は、イオンやイトーヨーカドーなどでゲームソフトを仕入れするとき、まずは陳列棚の下段を見ます。

陳列棚の下段には、処分品扱いで、大幅に値引きされたゲームソフトが置かれていることが多いです。

 

私はゲームソフトの価格が、1,980円以下のセール品をチェックしています。

何故1,980円以下なのかですが、まず仕入れ値を極力抑えたいという気持ちがあるからです。

そして、元値との価格差が大きい可能性があり、かつAmazonで粗利が出る可能性が高い可能性が高いと考えるからです。

 

1,980円以下のセール品をサーチすると、大概はAmazonで売れば粗利が出そうな商品が見つかります。

それでも見つからない場合は、もっと高価格帯のゲームソフト、2,480円や2,980円で売られているものも一応サーチします。

この位の価格帯のゲームソフトをサーチしてきた中で、Amazonで売っても粗利が出そうな商品はほとんど見つかりませんでした。

こうした経験から、私は1,980円以下のセール品を中心にサーチしています。

 

ただし、「○○店限定!」なんて書かれた張り紙が貼られたゲームソフトの場合は、例え高価格帯であっても必ずチェックします。

この手のセール品をサーチすると、高確率でAmazonで売れば粗利が出そうな商品が見つかりました。

 

なお、陳列棚に置かれたゲームソフトは1本ですが、レジ裏のストッカーに同一商品が複数個置かれている可能性があります。

だから、店員さんに「これと同じ商品を全部下さい。」と言って、セール品を根こそぎ仕入れて下さい。

お店入口に置かれたワゴンセール品

CDを扱っているお店に入店すると、入口付近にワゴンセール品があるかどうかをチェックします。

CDを扱っているお店では、入口付近にワゴンセール品が置かれていることが多々あったからです。

 

現在はCDがほとんど売れない時代になってしまいました。

音楽配信サービスで音楽データをダウンロードしたり、レンタルCDを利用するなどして、パソコンに入れてウォークマンで音楽を聞く方ばかりになってしまったせいです。

そのせいで、CD売り場面積を縮小したり、あるいはCD自体の取り扱いを止めてしまったお店が多数あります。

こうして余ったCDが、お店の入り口のワゴンにセール価格で置かれます。

 

私はこうしたワゴンセール品に遭遇したら、まず価格を見ます。

「2割引」「3割引」「半額」程度の値引きでしたら、サーチしません。

Amazonでも同じような価格で売られている可能性が高く、Amazonで売ってマトモな粗利が出そうな商品がほぼ存在しないだろうと考えるからです。

 

しかし、売値が1,000円以下や、7~8割引だった場合なら、必ずサーチします。

 

CDは数百枚単位で大量に売られていることが多いので、私はせどりビームMS-910を使用して、全頭検査します。

まだせどりビームを購入されていない方は、取り敢えずせどりすとのカメラ機能を使って全頭検査してください。

そして、せどりビームが必要だと判断したら購入して下さい。

最初から無理して、せどりビームを購入する必要はありません。

 

やはり、元値から大幅に値引きされ、Amazonで売れば粗利が出そうな商品が存在するのは、「ワゴンセール品」です。

 

どのお店にも言えますが、ワゴンを見たら、とにかく商品をチェックして下さい。

ポイントは、元値から大幅に値引きされているかどうかです。

 

しかし、元値がいくらか分かりませんよね。

なので、セールでの売値が2,980円以下を基準にしてサーチしてみてください。

 

何故この金額なのか?

Amazonで売れば粗利が出そうな商品が、この価格帯の商品が多かったからです。

 

そして、仕入れ値が安く抑えられると、販売不可在庫になってもダメージが少ないです。

私は、販売不可在庫になって大きな赤字を出すのが嫌なので、仕入れ値を極力安く抑えるようにしています。

 

2,980円以下の商品のサーチが終わった後は、一応2,980円以上の商品もサーチします。

が、2,980円以上の商品で、Amazonで売れば粗利が出そうな商品は、私はあまり見つかりませんでした。

プレミア価格の商品の仕入れテクニック

チーム矢野の掲示板で知った情報を紹介します。

私は全く魅力を感じなかったので、試していません。

 

プレミア価格の商品を仕入れするテクニックです。

 

PS3などのゲーム機本体は、Amazonでプレミア価格で売られている事が多いです。

何でも、この手の商品は、レジの裏にある店の高い位置に置かれていることが多いそうです。

後は、ガラスケースの中です。

プレミア価格の商品を狙う、いわゆる「お宝ハンター」を目指している方は、こうした場所を狙うと良いかと。

 

ただし、プレミア価格の商品は、仕入れ値が高い場合がほとんどです。

もし販売不可在庫になってしまったら、大きな赤字を生みます。

こういう危険性があるので、私はこの仕入れテクニックに全く魅力を感じず試していません。

私のスタンスは、「仕入れ値は極力安く」です。

 

なお、一店舗攻めて、セール品が見つからなくても落ち込まないで下さい。

セール品が見つからなけでば、さっさと次のお店に向かって下さい。

 

仕入れ先に恵まれるかどうかは、「運」です。

運、すなわち確率を上げるには、沢山行動する必要があります。

 

だから、沢山のお店を周って、セール品を探して下さい。

沢山行動しまくれば、いつかは良い仕入先が見つかるはずです。

沢山行動しまくる中で、どんなお店にセール品が置かれていやすいか、どんな場所にセール品が置かれていやすいかなどが分かってきます。

 

こうした、自分なりの視点を持つことが出来れば、仕入れの精度が上がり、仕入れの効率化が出来るようになります。

沢山行動しまくって、自分なりのやり方を構築しましょう。

おすすめの商品ジャンル

Amazonは、扱う商品ジャンルを誤ると、アカウント閉鎖の危険性があります。

2016年5月にAmazonが、Amazonの規約に反する商品を販売している出品者のアカウントの閉鎖を予告なしに一斉に行いました。

 

アカウント閉鎖になってしまった出品者らは、子供を被写体としたいかがわしい商品を販売していました。

具体的には、こんな商品ジャンルを販売していました。

・同人誌

・写真集

・マンガ

・DVD、ブルーレイ

・フィギュア

・アダルト関連商品全般

などなど。

 

これらの商品の内容(題材・被写体)は、全て露出した子供です。

男性でも女性でもマトモな神経の持ち主なら、これらの商品を見たら反吐が出そうなものです。

常識的に考えて、市場に広く出回ってはならないものです。

日本も法律で、被害に遭った子供の映像・画像が拡散しないよう、こうした映像・画像を拡散した人間・保持していた人間を罰する規定を設けています。

当然です。

子供を嗜好とする人間を喜ばせてはなりません。

こういう人間は駆逐されてしかるべき人間ですから、法律で処分・処理するのは当たり前のことです。

みなさんは、子供を被写体としたいかがわしい商品を売らないようにして下さいね。

 

さて、本題に入ります。

 

Amazonで販売する際に、どんな商品ジャンルを仕入れるべきかについて。

私の考えを述べます。

いつでも仕入れができて、時期に関係なくAmazonでいつでも売れる商品を選ぶべきです。

理由は、無理がなくて売上が安定するからです。

 

論点はこれだけです。

それでは、私の具体例を出します。

 

私がAmazonで売っている商品は、98%がCD・DVDです。

後は、おもちゃ、テレビゲームソフト、家電でしょうか。

それぞれについて見てみましょう。

CD・DVD

お店側が商品入れ替えのために、売れなくなったCD・DVDを在庫処分セールで処分します。

在庫処分セールが行われる時期は、決まっていません。

不定期です。

いつ在庫処分セールが行われるか分からないので、マメにお店に通わければならないというデメリットがあります。

しかし、運良く在庫処分セールに遭遇出来たら、それをライバルに先駆けて独占出来てしまいます。

そして、CD・DVDは仕入れさえ出来れば、時期問わずいつでも売れます。

私の経験から、Amazonフルフィルメントセンターに送った商品が受領された途端に売上がドンっと伸びます。

 

モノレートの波形をよく見て、適正価格の設定と・適切な商品説明文を書くことが出来れば、反映された途端に勝手に売れてすぐに売上が伸びます。

CD・DVDの仕入れ場所

私のCD・DVDの仕入れ場所は、イトーヨーカドー、TSUTAYA、玉光堂、WonderGOOです。

 

特に地方のイトーヨーカドー、TSUTAYAで仕入れできる確率が高いです。

イトーヨーカドーで狙うのは、ディズニー系のDVDです。

イトーヨーカドー全店で、ディズニー系のDVDが在庫処分セールで500円で売りに出されたりします。

それが、Amazonで2,000円以上で売れたりします。

 

ただし、イトーヨーカドーの場合は、在庫処分対象の商品を本部で決めますが、価格は店舗の担当者にある程度の裁量があるみたいです。

例えば、北海道帯広市のイトーヨーカドーでハリーポッターのDVDを500円で仕入れたことがありました。

Amazonで2,000円で売れる商品です。

しかし、アリオ札幌で同じDVDが1,500円で売っていました。

値札を貼り忘れたのかな?と思い、そのハリーポッターのDVDをレジに持って行き、店員さんに「帯広店で500円で売っていたので、こちらも500円では無いでしょうか?一度JANを読み取って確認して頂けませんか?」とお願いしました。

お願いした店員さんは50代前半のパートのおばあちゃんでした。

店員さんに断られました。

「いえ、できません。こちらはこの値段で間違えありませんから。」と。

私もお金がかかっていたので、食い下がりました。

「以前ヤマダ電機で、値札の張り忘れで間違った価格で売っていたことがありました。レジを通したら1,500円のが500円になったことがあったので、一度レジを通してもらえませんか?お願いします。」

この人何おかしい事言ってるんだろ、頭大丈夫?みたいな意味を込めて、店主さんからジロっと睨まれました。

レジを通した結果、残念ながら値札通りの価格が表示されました。

この経験から、イトーヨーカドーの場合は、価格が店舗によって異なることを学びました。

しかし、これは我々せどらーにとっては喜ばしいことでしょう。

在庫処分セール対象の商品が全店で同じ価格なら、せどらーが同じ商品に群がって一斉にAmazonに出品して、価格改定されまくって値崩れして結局赤字になってしまった、という危険を回避できるからです。

私はイトーヨーカドーでセール品を見つけたら、安心して仕入れできます。

ヤマダ電機は論外ですが。

 

TSUTAYAの場合は、直営店ではなく、フランチャイズ店を狙います。

北海道岩見沢市のTSUTAYAのようなフランチャイズ店ですと、CD・DVDが80%オフで売られていたりします。

その土地にしかないフランチャイズ店独自のセールですので、全国各地にある直営店とは違い、せどらーが群がって値崩れする不安がありません。

しかし、仕入れできる物量がイトーヨーカドーよりも少ないというのが、私の経験から言えます。

なので、TSUTAYAは私はあまり魅力的な仕入れ場所とは思っていません。

 

何より地方で沢山仕入れできるのは、私が見つけ出したブルーオーシャン市場です。

仕入れできる物量が多いイトーヨーカドーですら、一店舗で仕入れできるCD・DVDは50枚ほどです。

ですが、このブルーオーシャン市場は一つの場所でCD・DVDを1,000枚は仕入れできます。

そして、粗利も1枚あたり1,000円はあります。

一つの場所を攻略出来たら、経営者との交渉に成功できたら、粗利100万円以上出ることがザラにあります。

このCD・DVDの話で、私が一番攻めたいのは、ブルーオーシャン市場です。

店舗せどりもやりますが、それはブルーオーシャン市場に行ったついでですね。

 

CD・DVD、特にCDは90年代にglobeや浜崎あゆみやGLAY、B’zなどの有名アーティストが現れたおかげで、CDが爆発的に売れました。

というか、今のように音楽ダウンロードサービスなんてものはなく、CDを購入する以外に音楽を聞く手段がありませんでした。

だから、CDが売れました。

CDが売れまくった名残からか、今でもTSUTAYAを始め、新品CDを取り扱っている店舗が多数あります。

 

そして、流通量も非常に多いのが特徴です。

が、現在はCDはAKBなどを除いて、全然売れない時代です。

店舗販売では。

流通量は多いが、そのかなりの割合が店舗の不良在庫のものです。

お店としてはCDは売れないし店舗スペースの邪魔なので、一刻も早く処分したがっています。

なので、今でも積極的にワゴンセールに出されます。

 

しかし、お店では全然売れないCDですが、Amazonでは普通に売れます。売れまくります。

私は1ヶ月間に2,000枚以上のCDを売った、なんてことがこれまで何度もありました。

CDせどりに目をつけたおかげで、私は2014年に年商5,670万円、月商1,000万円、粗利3,000万円の実績を出しました。

せどりは、お店で不要とした商品を安く買って、売れる場所に流して利益を得る商売(小売業)です。

こういう店舗でCDが売れない事情に目をつけて、我々も積極的にCDのワゴンセールを探してみようではありませんか!

 

なお、CD・DVDは非常に魅力的な商品ジャンルですが、ジャケットに子供を被写体としたいかがわしい画像が掲載されている物はなるべく避けるようにして下さいね。

CDは正規のメーカーが生産したものなら問題ありませんが、DVDは要注意です。

DVDは、LIVE物、ディズニー系、ドラゴンボールなど民放で放送されたアニメなどなら大丈夫かと思います。

私はDVDでこれらの商品を2,000枚近く売りましたが、一度もAmazonから警告されたことはありません。

むしろ優良出品者とみなされて、Amazonレンディングからお金を200万円ほど借りませんか?とAmazonから勧誘の電話が来たくらいです。

金利を払いたくないのでやりません、ときっぱり断りましたが。

おもちゃ・ゲームソフト

これも仕入れさえ出来れば、Amazonフルフィルメントセンターに納品された途端に売れていきます。

特にゲームソフトは、1周間経たずに全て売れていきます。

しかし繰り返しますが、適正価格の設定とキチンとした商品説明文の記載をしたうえでの話です。

おもちゃ・ゲームソフトの仕入れ場所

仕入れ場所は、主に個人おもちゃ店です。

セール品を狙うというのは、CD・DVDと同じです。

 

個人おもちゃ店なので、店主さんに嫌われないよう、身だしなみや話し方に気をつける必要があります。

店主さんは年配の方ばかりなので、チャラチャラした身なりや話し方の人間は嫌われてセール品にありつけません。

ご注意を。

 

なお、プレミア価格の商品は狙わない方が良いです。

理由は、粗利が大して出ないこと、Amazonが再販したら大赤字を食らう可能性があるからです。

 

おもちゃ、テレビゲームソフトの特徴として、クリスマスシーズンにプレミア価格で売れることがあるということです。

私も個人おもちゃ店で仕入れた商品が、クリスマスシーズンにプレミア価格で売れていったことが何度もあります。

せどらーのみなさんはクリスマスシーズンになると、トイザらスなどおもちゃが売られているお店に行き、Amazonでプレミア価格で売られている商品に群がります。

確かにクリスマスシーズンはボーナスが支給される時期で、消費者(お客様)の財布の紐が緩みます。

なので、プレミア価格の商品でも瞬く間に売れていきます。

ですが、プレミア価格といっても、仕入れ価格とAmazonの販売価格との価格差があまり大きくない商品が殆どです。

確かに瞬く間に売れていくので、「売上」は伸びるでしょう。

ですが、売上に対しての粗利がさほど多くありません。

大事なのは粗利です。

 

私もブログタイトルに「年商5,670万円を~」と謳っていますが、売上なんて目眩ましです。

売上だけではその人のせどりの能力は判定できません。

大事なのは粗利です。

手元に残したお金です。

そこをお忘れなく。

 

そして、プレミア価格で販売している商品は、Amazonが再販したらそれで大赤字になります。

売れてもロクに利益が出ず、オマケにAmazonが再販して赤字になって、結局プラマイ0で終わる可能性があります。

だから、プレミア価格の商品を狙うのは、私は全くオススメしません。

せどりは、お宝ハンターではなく、粗利が出る商品をコツコツ売ってお金を増やしていく堅く地味な商売です。

家電

電気毛布、電気マット、扇風機などの季節用品は時期にならないと売れません。

なので、狙うのは蛍光灯・映像機器など季節に依存しない商品です。

家電の仕入れ場所

仕入れ場所は、リサイクルショップ、ホームセンター、イオンです。

 

後はケーズデンキでしょうか。

私が特に狙っているのは、蛍光灯です。

蛍光灯は商品入れ替えのタイミングが必ずあり、その時にTOSHIBAやPanasonicなどの一流メーカの蛍光灯が在庫処分セールに出されます。

Amazonで2,000円近くで売れる蛍光灯が500円で大量に売りに出されたりします。

こうした蛍光灯は、モノレートの波形こそ微妙ですが、確実に堅実に売れていきます。

1ヶ月に10個は確実に売れます。

 

私は2016年5月21日にケーズデンキで蛍光灯を42個購入しましたが、この記事を書いている2016年6月15日現在の段階で12個売れていきました。

約一ヶ月で12個しか売れない、というか1ヶ月で全て捌けない、仕入れ代を回収できていません。

これをどう捉えるかは、貴方次第です。

が、私は楽観的に捉えます。
もちろん在庫保管手数料がかかるデメリットは承知していますが、蛍光灯の売れ行きはこんなものだし、必ず堅実に全て売れて最終的

にはそれなりの粗利が出るという見込みが立てられます。

蛍光灯を売りに出せば、毎月定期的に一定額のお金が入ってきます。

時間はかかりますが、最終的には粗利をゲットできます。

そして、お客様によっては同じ型番の蛍光灯を複数個必要とする方もいらっしゃいます。

そういう方に私の商品が選ばれれば、一気に捌けることだってあります。

こういう感じで、楽観的に捉えています。

蛍光灯は、1ヶ月以内に全て売りたい方にはオススメできませんが、堅実に売れていきますので、ゆっくり期間をかけて売っても構わない方には是非ともオススメしたい商品ジャンルです。

 

次に、映像機器について。

私は主に、イトーヨーカドーの訳あり大放出市で仕入れてきました。

これは蛍光灯とは違い、フルフィルメントセンターに納品すれば、商品が2ヶ月もあれば完売します。

しかし、仕入れ場所がイトーヨーカドーに限定されます。

もちろん、イトーヨーカドーは今後閉店しまくるので、こうした家電が訳あり大放出市に大量に売りに出される可能性が高いです。

なので、この数年間はイトーヨーカドーは狙いめなのは間違えありません。

ですがそれ以上に、蛍光灯は家電量販店なら必ず扱っている商品ですし、型落ちになれば在庫処分セールに出されます。

仕入れできる確率を考えれば、やはり蛍光灯でしょう。

 

なお、冒頭で電気毛布、電気マット、扇風機などの季節用品をオススメしないような文章を書きました。

時期が過ぎると、こうした商品は全く売れなくなります。

私は、見守りっちという熱中症対策の商品を大量に仕入れて販売して、不良在庫にしたことがありました。

しかし、その時期に絶対に売り抜けられるなら、買いです。

せっかくこうした商品のセールに巡り会えたのなら、やはり仕入れしたいですよね。

モノレートの波形をよく読んで、前年の売れ行きを参考にして、売れ行きを自分なりに予測してみてください。

その結果、行けると思ったら思い切って仕入れしてみましょう。

もちろん、売れなくて赤字になったりするかもしれません。

それは、自己責任です。

 

せどりなどの商売をされている個人事業主は、サラリーマンのように会社に守ってもらえないので、自分で自分の身を守る必要があります。

個人事業主は自己責任です。

全ては自己責任という自覚が無いと、せどりはやっていけません。

ま、サラリーマンも含めて世の中全て自己責任ですね。

以上、どんな商品ジャンルを攻めるのかについて、私が扱っている商品ジャンルを紹介しました。

ポイントは、いつでも仕入れができて、時期に関係なくAmazonで売れる商品を攻めることです。

店員と必死にコミュニケーションを取ろう

私は、店員さんに裏にも同じ商品があるかどうか、他店舗に同じ商品があるかどうかをお聞きしています。

 

店員さんにお聞きしたことで、同じ商品を大量に仕入れることが出来ました。

それも何度も。

 

この店員さんにお聞きする時ですが、特別な話し方はしていません。

ただただ、自分の要求をそのまま店員さんにお伝えしただけです。

 

以前読者からお問い合わせを頂いた時に、「私はコミュニケーション能力が高い」とお褒めの言葉を頂きました。

コミュニケーション能力が高いみたいなことをおっしゃっていますが、全然そんなことありません。

私は、煩わしい人間関係をしないで、一人で楽して暮らしたい、というのが本当に望んでいることです。

コミュ力が無くてもOK

それに、私はこうした短所があります。

これを見ても、まだコミュニケーション能力が高いと言えるでしょうか?

<私の短所>

・集団生活が苦手

・他愛のない話をするのが苦痛

・進歩のない話をするのが嫌い

・食事に付き合うのが面倒くさい

・飲み会が嫌いなので、誘われても全て許否

・マイペース過ぎて、人と話を合わせるのが面倒くさい

・人から嫌なことをされると、いつまでも根に持つ
(この短所は、生きていく上で弊害になるので努力して直しました)

・目つきが悪い

・人と協調するより、人と競争するのが好き

・自分と他人を比べて、他人を見下すところがある
(大学・大学院時代がMAX。今はせどりをやってこの短所を直しました)

・高圧的な話し方をする

・バカなことをしている人間のことを悪く言う

・集団生活の中で、みんなが盲目的にやっていることを嫌う

・自分の考えが一番で、それを押し付ける

・自意識過剰

・そのくせ自分に自信がなく、人から悪く言われると猛烈に傷つく

・他人の意見を簡単には受け入れない頑固な性格

・自分の意見が一番正しいと思い込んでいる

・・・

 

まだまだありますが、こんな感じです。

一言で言えば、集団生活が苦手、人間関係に疲れやすい人間だということです。

 

コミュニケーション能力とは、非常に幅広い概念です。

全て網羅してお話するつもりはありません。

コミュニケーション能力の中で、集団生活の中で人と仲良くしながら生活していく能力については、私は最低だと言えます。

私の人生転落劇

ですが、私は初対面の人間から好かれやすい長所があります。

理由は、初対面の人間ですと、その人のことを何も知らないので、自分が話したいことを好きなだけ話せるからです。

そのありのままの状態の自分が、相手にウケるのでしょう。

初対面の人からは、気さくで明るくて感じが良くて面白い人だと言われます。

私は、ただありのままの自分になって、話したいことを話しているだけです。

正直、初対面の人のほうがラクですね。

 

しかし付き合いが長くなってくると、相手のことが色々分かってきます。

長所も短所も。

自分と合う部分も合わない部分も。

私は、相手のこうしたことが見えてしまうと、逆に萎縮して話しにくくなります。

 

長く付き合ったほうが相手の色々な面が見えてきて話しやすくなる、という方も大勢いることでしょう。

というか、私がお会いしてきた人を見る限りそういう人のほうが多かったです。

 

が、私は相手の色々な面を見てしまうと、逆に話しにくくなります。

最初は面白おかしく話す人間だったのが、口数の少ない人間になっていきます。

 

大学時代は、最初はみなお互い知らないもの同士だったので、私は楽しく過ごせました。

しかし、段々周りがお互いのことをよく知り打ち解け合ってくると、逆に私は周りと馴染めなくなって段々孤立していきました。

友だちがいない劣等感から、やさぐれました。

やさぐれて、他人の悪口を言って敵を作り、居心地が悪くなり、私は彼らを避けるようになっていきました。

こうした理由から、大学時代に知り合った人で、今も連絡を取り合っている人は一人もいません。

 

せどりで稼ぐ以前は、社会人になって旧来の友人がいない人間は人間でないと、周りに洗脳されてそう思い込むようになりました。

なので、友達を作らねばと焦って社会人サークルに入りました。

結果は、休日の貴重な時間を捨てて、お金をドブに捨てただけでした。

学生時代も友だちができず、社会人サークルでも友だちが出来なかったダメなやつという烙印を押されました。

会社でも人間関係が上手く行っておらず、いつも飲み会で陰口を叩かれていました。

上司からも嫌われて、ボーナスの査定時にケチを付けられて、せっかく昇進したのにロクにボーナスがもらえませんでした。

 

こうして落ちるところまで落ちて自暴自棄になり、性格が歪んで行きました。

歪んだ性格災いして、ネットワークビジネスのカモにされてしまいました。

 

アムウェイ・ニュースキンというネットワークワークビジネスを通じて、他人を見下し他人の上に立つことが素晴らしいことだと思い込むようになりました。

が、そのせいで職場に居づらくなって、逃げる形で休職することになった上に、家族や友人から嫌われて余計どん底に突き落とされていきました。

実勢崖っぷちの状態で必死でやったら成功した

しかし、そこからせどりで復活しました。

会社を休職して、ネットワークビジネスで搾取されて文無しな状態で、なりふり構っていられない状態でした。

とにかくお金を稼ぎたい、その一心で必死にせどりをやりました。

 

イオンやイトーヨーカドーで、店員さんにお願いして裏から同じ商品を出してもらったり、他店舗に同じ商品が無いかを探してもらったのも、お金を稼ぎたい一心でやった行為です。

確かに初対面の人と話すのが得意だったから、店員さんにお願いして上手く行ったのかもしれません。

ですが上手く行った要因は、ただ必死だったから、それだけです。

 

せどりを始めた時の私はこんな状態の人間でした。

・友達が出来ない劣等感で卑屈になっていた

・会社で上手く行っておらず、劣等感でいっぱいだった

・SEという仕事柄、人と話すことが無いので口下手になっていた

・口下手な上に劣等感の塊の人間と化し、いつもオドオドしていた

・オマケにネットワークビジネスのカモになって文無し、会社を休職してロクに収入が無い状態

 

自分に残された手段は、せどりしかありませんでした。

せどりで稼がないと、もう後がありませんでした。

せどりを必死にやりました。

もうなりふり構っていられない状態だったので、粗利の出る商品を見つけたら店員さんに深々と頭を下げて「お願いします!」と言って、裏から同じ商品を持ってきてもらいました。

最初は無我夢中でやりました。

やったことは、ただ店員さんに深々と頭を下げて「お願いします!」と言っただけです。

その必死さが良かったのでしょう。

店員さんにお願いしたら快諾して喜んで裏から同じ商品を探してくれました。

言い方が悪いかもしれませんが、百発百中でした。

 

最初はただ無我夢中で必死に頭を下げていた状態でしたが、段々コツが掴めてきました。

具体的には、

・店員さんにどういう言い方でお願いしたら上手くいくのか?

・声の大きさはどのくらいが適切なのか?

・失礼でない仕草は?

・目つきは大丈夫か?

などなど。

 

こうしたことが分かってきて、そこまで労力を使うこと無く上手く交渉する術を身に着けていきました。

店舗せどりを続けていて、地方遠征をした際にブルーオーシャン市場を見つけました。

ブルーオーシャン市場では、経営者とやり取りする必要があります。

というか、経営者との交渉次第で、仕入れができるかどうか決まります。

経営者に気に入られる必要があるのです。

店舗せどりで培った経験が大いに活きました。

 

と言っても、巧みな話術を使って経営者をその気にさせた訳ではありません。

あくまで基本は、深々と頭を下げて「お願いします!」と言うだけです。

必死に誠実さをアピールして、真面目な人だと思ってもらうよう努力しただけです。

そのオプションとして、先ほど羅列した交渉のコツを活かしただけです。

 

基本は、深々と頭を下げて「お願いします!」と言う、ただこれだけです。

そこに話術・交渉術なんて姑息な手段はありません。

直球勝負です。

回りくどいことは一切していません。

それで、ほとんどの経営者からOKが出ました。

真面目な青年(中年?)だと褒められたことも何度もありました。

そして、2014年度に年商5,670万円・月商1,000万円・粗利3,000万円を達成しました。

 

もちろん、どこに着目するのか、どういう価格でお願いするのかといったポイントもあります。

そのポイントは、教材に詳しく書かれています。

 

繰り返しますが、深々と頭を下げて「お願いします!」と言うことが基本です。

まずは、人に頭を下げる事ができるよう、努力しましょう。

 

さて、元々コミュニケーション能力が低かった私が、いかにして店員さんと交渉できるようになったのかがおわかり頂けたでしょうか?

せどりをされているみなさんの中にも、私と同じく会社でうまく行かなくて落ちこぼれて卑屈になって、不満たらたらのオドオドした状態の方がいらっしゃるかと思います。

しかし、そんな状態からでも、店員さんと交渉することは出来ます。

あくまで基本は、深々と頭を下げて「お願いします!」と言うこと、それだけです。

本当にこれだけなので、自分に自身がない方で店員さんと交渉する時には、まずはこの頭を下げてお願いすることを試してみてください。

せどりで稼げる身だしなみとは?

私は店舗せどりをする時は、例えばゲームソフトの場合、店員さんにお願いして同じ商品が裏にもあるかどうか確認をお願いしてもらいます。

 

店員さんに嫌われて、こいつとこれ以上関わりたくないと思われたら、「ここにあるだけです」と言われてそれでオシマイです。

より多く仕入れをするためには、店員さんに好かれる必要があります。

そのためには、店員さんや経営者から嫌がられない服装がポイントです。

 

と言っても、スーツを着用したりなど、礼儀正しいきちんとした服装でなくても大丈夫です。

地味な服装でOKです。

動きやすい服装でせどりをしましょう。

私がせどりをするときの服装

私が店舗や経営者のいる場所でせどりをしていた時の服装を紹介します。

 

春と秋は、ユニクロのパーカー、ジーンズにティンバーランドのスニーカーでした。

街で歩いているその辺の地味な若者の服装と、何ら変わらない服装でした。

冬は、ユニクロの薄手のダウンとジーンズに、ティンバーランドのスニーカーでした。

夏は、ユニクロのジャージ素材のTシャツとハーフパンツでした。

 

春・秋・冬の服装は、普段通りの服装でした。

それで問題なくサーチ作業が出来ました。

 

しかし、夏服は工夫しました。

 

ブルーオーシャン市場を攻めに、夏場に本州遠征に行った時に、尋常ではないほどの汗を書きました。

 

これまでは、綿素材のTシャツとボトムスを着ていました。

しかし、綿素材ですと、大量に出た汗がいつまでも衣服に滞留して、汗でベトベトになって気持ち悪かったです。

次から次へと流れ出る汗が衣服に蓄積されていき、衣服が汗でずぶ濡れの状態でした。

衣服が汗で濡れると、暑さがさらに増していき、余計に汗をかきました。

濡れた衣服を着ているだけでも気持ち悪かったのですが、衣服から汗の臭いが出てきて、気持ち悪さが倍増しました。

経営者のいる場所でサーチ作業をしていると、こうした気持ち悪さのせいで、作業に支障が出ました。

 

北海道とは違って、本州の夏場は外はまるで地獄のような暑さです。

車で運転中や経営者のいる場所にいると、汗だくになります。

 

しかし、イオンやイトーヨーカドーなどのお店の中はクーラーがガンガン効いており、まるで冷蔵庫の中にいるような感じでした。

それゆえ、ずぶ濡れの衣服で店内でサーチをしていると、汗で濡れた衣服が冷たくなってしまい、そのせいで体温が低下して風邪を引きそうになりました。

 

こうした事情から、綿素材の衣服はマズイと判断して、ユニクロに行きジャージ素材のTシャツとハーフパンツを買いました。

ジャージ素材の衣服ですと、衣服が汗を吸うこと無く即座に発汗してくれるので、非常に快適でした。

運転中や経営者のいる場所で汗だくになりながら作業をしていても、衣服が汗を吸わないので快適にサーチ作業が出来ました。

クーラーがガンガン効いている店内にいると、こうした服装でしたらやはり寒かったです。

しかし、汗で衣服が濡れておらず、肌がさらさらな状態でしたので、寒いけどまぁ快適という感じでした。

 

ジャージ素材のTシャツとハーフパンツという服装は、何だか部屋着みたいな感じですね。

ちょっとだらしない服装です。

しかし、店員さんや経営者から嫌がられたことは一度もありませんでした。

地味で動きやすい服装ならOK

要は、ガラの悪い服装で無ければ、何だって良いということです。

地味で動きやすい服装を心がければ、それでOKです。

後は、店員さんに礼儀正しく振る舞いましょう。

店員さんに嫌われてしまうと、レジ裏から同じ商品があるか調べてもらえません。

 

だから派手な服装は止めましょうね。

派手な服装とは、どんな服装か?

他のせどらーさんのブログを見ますと、金髪姿で、まるでLIVEに行くかのようなギラギラな服装をして仕入れをされている方がいました。

これは店員さんに嫌がられるでしょう。

極端な例かもしれませんが、こういう服装でなければOKです。

後、金髪姿は一発で嫌われるので止めましょうね。

太っている人はどうするか?

なお、ここまでの話は、標準体型の方をイメージしてお話しています。

せどりをされている方の中には、太めの体型の方もいらっしゃることでしょう。

太めの体型の方の場合、体脂肪率が高く、そのせいで汗を人より多くかきます。

また、身体の余分な脂肪を排出するために、顔から分泌される皮脂の量が人より多いです。

そのせいで、汗臭く、脂顔になってしまいます。

 

こういう体型の方は、店員さんや経営者の方から嫌がられるのではないかと、不安に思うことでしょう。

しかし、大丈夫です。

清潔であることを大切にしさえすれば。

 

まず、汗をかくのは仕方がありません。

その汗が衣服に残るから、汗に含まれるタンパク質が腐敗(変質)して汗臭くなるのです。

だから、ジャージ素材の衣服を着て、汗を衣服に残さないようにしましょう。

 

そして、汗は脇や腕の関節などにも滞留します。

なので、ギャッツビーの洗顔ペーパで拭いて下さい。

あるいは、消毒用エタノールをタオルに含ませて、それで拭くのもありでしょう。

 

サーチ作業中は、エアコンが聞いていない場所なら、非常に汗をかきます。

なので、タオルを首に巻くなどして、顔や首から出る汗が流れ出ないようにして下さい。

何だか、工事現場にいる、首にタオルを巻いたオッチャンみたいな感じですね。

でもそれでOKです。

清潔さをアピール出来さえすればそれで良いです。

 

また、顔から汗や皮脂が分泌されて、サーチ作業をしていると段々と脂汗顔になってくるでしょう。

それは、首に巻いたタオルで頻繁に拭いて下さい。

消毒用エタノールを含ませたタオルで吹くと、一発でさっぱりします。

消毒用エタノールなどのアルコール系溶剤は、殺菌作用と脱脂作用を併せ持っています。

汗臭さくなる原因は、雑菌が繁殖するからです。

雑菌を、消毒用エタノールで排除しましょう。

そして、顔に付着した皮脂は消毒用エタノールで脱脂しましょう。

なお、消毒用エタノールは、お店の入り口やトイレの個室に置かれています。

スプレータイプのものですので、タオルにジャンジャン書けましょう。

また、消毒用エタノールは、蒸気圧が高い(気化しやすい)ので、首に巻いているとひんやりと気持ち良いです。

サーチ作業をすると、スマホやせどりビームが指紋でベトベトになります。

これを消毒用エタノールで拭くと、ピカピカになります。

私は消毒用エタノールで、スマホの画面を毎日拭いています。

髪型は短髪が好ましい

また、髪型も大切です。

短髪を心がけたほうが良いでしょう。

髪が長いと、頭皮から流れ出た汗が、頭皮に滞留して汗臭くなります。

また、髪が額に張り付いてしまい、不潔な感じに見えてしまいます。

6mmの短髪位の短髪でしたら、頭皮から発生した汗が即座に乾きますし、額に汗が張り付くこともありません。

額から出た汗は、タオルで拭けばOKです。

 

ですが、短髪にすると、髪が伸びるのが早くなり、頻繁に床屋に行かねばなりません。

床屋代が馬鹿になりませんよね。

だから、バリカンを使いましょう。

Amazonで、パナソニック製のちゃんとした商品が5,000円位で売っています。

床屋に2~3行かなければ、十分元が取れますし、何より自宅で散髪出来るメリットが生まれます。

床屋に行く面倒が無くなり、自由になれます。

そして、お金も増えます。

バリカンを使うのは、良いことずくめなのです。

私もバリカンを使って、3ミリの長さに整えています。

 

思いっ切り短髪にして分かったことですが、頭皮に相当皮脂が残っていることです。

シャンプーをして頭皮をマッサージしていると、全然泡が立ちません。

7cm位の時だったら、泡々だったのに。

このことから、髪はシャンプーで綺麗に洗えていたが、頭皮までは綺麗に洗えていなかったことです。

短髪にして良かったと思っています。

床屋代もかからず、床屋に行く手間も省けて一石二鳥です。

 

このように、清潔であることが重要です。

女性も地味で動きやすい服装で

次に女性の方向けの話をします。

地味で動きやすい服装であれば大丈夫です。

 

しかし、露出するのは止めましょうね。

胸元が大きく開いた服、ミニスカートやショートパンツといった服装はNGです。

店舗せどりでは、男性の目線にさらされることになります。

それが気にならないのであれば、それはそれで良いです。

 

しかし、私が見てきた中では、店員さんは女性の方が多かったです。

それもおばちゃんが多かったです。

こうした華美な服装は、おばちゃんから嫌われる可能性が高いです。

客観的に見れば、ただのガラの悪い露出狂ですから。

これは、金髪姿でギラギラな服装をしている男と大差ありません。

 

普段友人と遊んだりするときは、どんな服装をしようがそれは自由です。

憲法でも「表現の自由」が規定されていますから。

しかし、せどりという商売をしている時だけは、我慢して地味な服装でいて下さい。

お金を手にれるために、どんな人からも嫌がられない服装を心がけましょう。

 

というか、せどりは肉体労働です。

サイズが大きく重たい荷物を持ち運ぶ必要があります。

ダンボール箱を持ったりするとき、素足ですと身体にアザが残る可能性があります。

肌をガードするためにも、やはりジーンズを履くべきでしょう。

胸元が開いた服は、デザインが特殊で高額らしいです。

ダンボール箱が衣服について汚れた場合、クリーニング代が高く付きます。

だから、汚れても良いようなどうでも良い衣服を着るべきでしょう。

 

なお、経営者から仕入れをする場合について。

こういう華美な服装は、男性の経営者には喜ばれるかもしれません。

ひょっとすると、有利に交渉を進められるかもしれませんね。

しかし、もし裏から奥さんが出てきた場合、奥さんから嫌われて交渉決裂になるかもしれません。

私が見てきた経験から言えば、年配の奥さんが交渉の決定権をお持ちの場合が多かったです。

 

こうした理由からも、礼儀正しさをアピールするためにも、やはり地味な服装で行くのがベターでしょう。

ちなみに、容姿は交渉には全く関係ありません。

容姿よりも、礼儀正しさが重要です。

店舗せどりでも経営者の場所でもそうですが、ハキハキした声で、しっかり頭を下げてお願いしましょう。

お金のために!

人を物乞い扱いする店員への対処法

私は店舗せどりでは、店員さんとコミュニケーションを取ることを推奨しています。

 

例えば、イオンやイトーヨーカドーなどで、ニンテンドー3DSのゲームソフトのセール品を見つけたとしましょう。

万引き防止のため、陳列棚に置かれているのはそのゲームソフトの見本です。

見本なので、陳列棚には1つしか置かれていません。

よって、その見本をレジに持って行くと、当然ながらゲームソフト1本しか売ってくれません。

というか、一般のお客様なら、普通は1本しか購入しないでしょう。

 

我々せどらーは、そのゲームソフトを可能な限り全て仕入れしたいです。

お店においてあるゲームソフト全てを仕入れしたいものです。

ですが、店員さんに「裏にあるゲームソフト全部下さい」とお願いしないと、ゲームソフト全てを手に入れることは出来ません。

大量仕入れしたいなら、こんな感じで、店員さんに「お願いします!」と言わなくてはなりません。

 

店員さんとのコミュニケーションと言うと、表現が抽象的なため難しく捉えてしまうかもしれません。

が、ただ単に店員さんに「お願いします」と言うだけです。

せどらーはシャイな方が多いので、こんな簡単なことすら出来ない人間がばかりです。

せどらーの母集団のレベルが低いおかげで、私はほとんど全てのお店で、店員さんにお願いしてお店にある商品すべてを根こそぎ仕入れることに成功しました。

 

仕入れできたことに大きな喜びを感じましたが、店員さんに腹が立つことも多々ありました。

店員さんも他人です。

他人なので、自分の気分を害することをする人間も多数います。

 

色々なお店に行きまくって大量行動しないと、良い仕入先に巡り会えません。

良い仕入先に巡り会えるかどうかは、ただ単に運です。

運を高めるために、とにかくたくさん行動する必要があります。

数多くのお店に行って仕入れをする分、ムカつく店員さんにも何度も遭遇することになります。

 

が、ムカつくからと言って、その店員さんと戦ってはいけません。

店員さんに嫌われてしまったら、本当は裏に同じ商品が大量に眠っていたとしても、「うちには店頭に並んでいるだけしかありません」と言われてしまいます。

だから、店員さんとは上手くやっていく必要があります。

 

上手くやっていくという表現も抽象的ですね。

これは、セールストークを使って店員さんの気分を良くするよう努力することではありません。

ただ単に、そのムカつく店員さんを受け流して、ただただ「お願いします」と言うだけです。

売ってくれさえすればそれでいいと割りきって、ムカつく店員さんに腹を立てないようにするだけです。

そのムカつく店員さんから商品を仕入れできれば、もうそいつとはそれでお終いです。

後はそのムカつく店員さんの顔を思い出して腹をたてるなど、引きずらないようにしてください。

所詮数の中の一人の人間ですから。

私が遭遇したムカつく店員など

さて、申し上げたいことはこれだけです。

ここからは、私が遭遇したムカつく店員さんを何人か紹介します。

イトーヨーカドー帯広店の店員さん

私はせどりを始めたての頃、ブックオフせどりをやっていました。

中古本を扱うより、新品商品を扱うほうが肌にあっていると思ったので、新品せどりに切り替えました。

 

新品商品のセール品は地方に大量に眠っています。

なので地方せどりをやりまくりました。

 

その中で、イトーヨーカドー帯広店で大量仕入れが出来ました。

仕入れた商品は、主にゲームソフト・ディズニー系のDVDです。

店頭に置いてある商品だけでも充分な量の仕入れが出来ました。

具体的な商品点数ですが、およそ100点ほどです。

見込み粗利は、20万円ほどです。

それだけでも仕入れた商品が車に満載になる物量で、当時の私としては万々歳な仕入れ結果でした。

さらに嬉しい出来事がありました。

レジ対応してくれた、年配の女性の店員さんが、イトーヨーカドー帯広店で仕入れた商品で、同じ商品を他店舗から取り寄せてくれたのです。

この店員さんのおかげで、私は粗利50万円ほど手に入れることが出来ました。

 

このように、お金を頂いた恩があるので、この店員さんのことを本当は悪く言ってはいけません。

が、この店員さんとのやり取りでムカつくこともあったのは事実です。

あくまで事例として紹介します。

繰り返しますが、お金を頂いた恩があるので、この店員さんの悪口を言って責めるつもりは毛頭ありませんのでご理解ください。

 

何がムカついたのか。

 

まず融通が効かないことです。

 

イトーヨーカドー帯広店は、バックヤードに不良在庫が大量に眠っています。

私がバックヤードに直接出向いてサーチ出来れば最高です。

 

しかし、この店員さんはそれを絶対に許してくれませんでした。

私はイトーヨーカドー帯広店で50万円近く購入した、いわば上客です。

なので、この店員さんが店長と相談して、バックヤードに案内してくれても良いはずです。

しかし、いくらお願いしても絶対にバックヤードには行かせてくれませんでした。

バックヤードの商品を仕入れるには、この店員さんに具体的にどんな商品が欲しいのかを、ピンポイントで言わなくてはなりませんでした。

例えば、ディズニー系のDVDをお願いします、はダメです。

ライオンキングのDVD、カーズのDVDなど具体的なジャンルまで言わないと動いてくれませんでした。

だから、バックヤードに相当取りこぼしがあるはずです。

 

イトーヨーカドー帯広店に商品が届くと、この店員さんが私に電話をくれました。

電話が来たら都度、札幌から帯広市まで行かねばなりません。

帯広市に行くには、下道を使って日勝峠を経由すると非常に時間がかかるし危険なので、必ず高速を使います。

往復の高速代とガソリン代で、1万円はかかります。

この事情を話して、札幌のイトーヨーカドーに商品を集めてくれるようお願いしましたが、絶対にダメと容赦なく言われました。

 

この店員さんは、全国のイトーヨーカドーから商品を取り寄せてくれました。

それは非常に感謝しています。

しかし、愚痴が多かったことも事実です。

電話が来ると、必ず「疲れた~」「忙しい」「腰が痛い」など、愚痴を15分位聞かされました。

そして、「忙しくて忙しくて大変だから取り寄せるのはもうお断りするかもしれない」と言われました。

 

当時私は、このイトーヨーカドー帯広店が最大の仕入先でした。

ブルーオーシャン市場を見つけた今では、取り寄せを断られても大して痛くありません。

 

ですが、ブルーオーシャン市場を知らなかった当時は、この店員さんの言葉に戦慄を感じました。

何とか今後も取り寄せをしてもらえるよう、必死にこの店員さんを説得しました。

「S(この店員さんの苗字)さまのおかげで、こうして良いものを安く買えています」

「これもSさまがいるからこそです」

「Sさまだけが頼りなのです」

「お忙しいところ本当に申し訳ありませんが、今後ともSさまとお付き合いさせていただきたいです」

 

説得というより、懇願ですね。

毎度この店員さんから電話が来る度に、こうしてこの店員さんの愚痴を聞かされ、そして懇願しました。

懇願さえすれば、また取り寄せしてくれて、それを1万円の交通費をかけて取りに行きさえすれば、粗利10万円以上手に入ります。

お金を頂いているので、あまり文句はいえませんが、この店員さんの傍若無人っぷりには素直にムカつきました。

イトーヨーカドー福住店の社員さん

イトーヨーカドーでは、訳あり大放出市が定期的に開かれます。

そこで、粗利2,000円以上出るようなデジタル家電が捨て値で売られていたりします。

イトーヨーカドーの訳あり大放出のおかげで、私はトータルで粗利50万円は稼いだはずです。

 

イトーヨーカドーには、本当に感謝しています。

しかし、イトーヨーカドー福住店の社員さんにムカついたことがありました。

どんな人間だったのかを紹介します。

 

私はイトーヨーカドーの訳あり大放出で、粗利の出る商品を見つけたら、社員の店員さんにお願いして他店舗に同じ商品が売られているかどうかを聞きます。

大概の社員さんは、普通に端末を使って調べてくれます。

しかし、イトーヨーカドー福住店にいた社員さんは、ちょっとクセのある人でした。

 

イトーヨーカドー福住店で、粗利の出るデジタル家電を見つけました。

そこで、社員さんを見つけて、他店舗に同じ商品が売られているか、確認をお願いしました。

この時、何故か端末を取り出すのではなく、ガラケーを取り出して誰かに電話をし始めました。

正味10分位話していたはずです。

この社員さんは声の小さい人で、周囲の喧騒に声がかき消されてしまい、どんな会話をしているのか聞き取れませんでした。

 

電話をし終わったら、何故かこの社員さんは人を小馬鹿にしたような含み笑いをしました。

そして、陰湿なネチネチした声で私にこう言いました。

「お宅業者?」

「ウチね、業者に売るものなぁんにも無いんだよね~」

「お客様だったら、教えてあげてもいいんだけどなぁ~」

 

私は、一般客を装うことにしました。

「違います。私は業者ではありません」

「来週私の子供のお友達の家でパーティがあるんです」

「その時に、プレゼント交換会があります。

「このデジタルフォトフレームが沢山あるとパーティが盛り上がるので、お安いので出来る限りたくさん欲しいのです」

「なので、探して頂けますか?」

 

そうしたら、この社員さんはこう言いました。

「そうなんだ~」

「じゃあ仕方がないね」

「今探すから、ちょっと待ってて」

 

探してもらえました。

そして、他店舗に同じ商品があり、運良くそれを仕入れることが出来て、粗利5万円ほど手に入れることが出来ました。

普通のお客でしたら、店長を呼び出してこの社員さんを吊るし上げるでしょう。

ですが、この社員さんと喧嘩して揉めたら、これ以上仕入れできなくなりお金を手にできません。

だから、穏便にコトを済ませました。

 

お金さえ貰えれば、この人間がどんな人間であろうがどうでもよいので。

所詮その場限りの付き合いです。

そこにいる人間は、お金以外にメリットがありません。

だから、せっかく手にできるお金を逃さないよう、私は安くて高いプライドを捨てて、ムカつく店員さんに頭を下げてきました。

お金さえ手に入れば、本当にどうでもよいので。

CDせどりのブルーオーシャン市場の会社経営者

今までは、店員対お客の関係です。

だから、大概の店員さんは優しかったです。

変な人間は、割合で言えば数%程度です。

 

ですが、ブルーオーシャン市場は違います。

おかしな人間のオンパレードです。

ブルーオーシャン市場で仕入れするには、経営者と対等にやり取りする必要があります。

現金以外に利害関係が無いので、その人間の地がモロに出ます。

 

・価格に難癖をつける人間。

・一度仕入れすることを許可したのに「やっぱや~めた」と言い出す人間。

・会計時に「もっと金をよこせ」と露骨にいう人間。

・仕草が気持ち悪い人間。

・仕入れをしている最中、ずっとタバコを吸う人間。

・私のサーチ作業を、距離にして30センチの場所で監視する人間。

・政治的思想を延々と話す人間。

・私を物乞いと小馬鹿にする人間

・私を泥棒と罵倒する人間

 

などなど。

 

お金がほしい、お金のためなら自分の小さいプライドは捨てられる人間でないと、多分メンタルがやられます。

小遣い稼ぎ程度の気分でせどりされている方は、このブルーオーシャン市場を攻略できません。

私は、真剣にお金が欲しい人間だったので、このイカれた経営者を前にしても、全く動揺しませんでした。

みなさんも、お金がほしいから、自分の生活をもっと豊かにしたいから、このブログをご覧になっていますよね?

そういう真剣な方なら、ブルーオーシャンはきっと攻略出来ます。

頑張りましょう。

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。