プライスター

 

プライスターの評価は、「評価3(購入価値あり)」です。

 

評価3 ★★★☆☆

※評価基準は以下の通り
評価1:詐欺商材
評価2:オススメしない
評価3:購入価値あり
評価4:オススメする
評価5:是非購入するべき!

 

評価3の理由は、プライスターの売りである価格改定機能が、Amazonでも提供されているからです。

ただし、Amazonの価格改定機能は、ポイントを加味した価格改定が出来ないこと、動作保証がありません。

また、プライスターにある、Amazon評価を収集するサンクスメール機能、電脳せどりが出来る機能は、今でも非常に使える機能です。

 

プライスターとは

プライスターとは、Amazonセラーセントラルに出品している商品の管理ツールです。

プライスターは、Amazon.co.jpの「無償便利ツール」のページに掲載されており、Amazon.co.jp本社から認定されている優良ツールです。

 

■  商材名:プライスター
■  販売元:株式会社カプセルZ
■  発売日:2013/05/05
■  メディア:ツール、マニュアル(PDF)
  【プライスター 公式サイト

 

プライスターの最大の売りは、価格改定機能です。

しかし、現在はAmazonでも価格改定機能が無料提供されているため、プライスターの優位性が薄れてしまっています。

 

ただし、Amazonの価格改定機能は、動作保証が無いこと、ポイントを加味した価格改定が出来ないという点で、プライスターの価格改定機能よりも劣ります。

また、プライスターがあるとAmazonでの売れ行きが確実に良くなるはずです。

 

以下に、プライスターの優れたポイントを3つに凝縮して紹介します。

プライスターの優れた点~価格改定機能~

プライスターの最大の売りが、この価格改定機能です。

価格改定とは、Amazonセラーセントラルに出品している商品の価格を売れる価格に調整することです。

多くの場合は、Amazonセラーセントラルに出品している商品の価格を下げることを言います。

価格を下げることにより、商品の売れ行きが良くなり、商品を速く回して資金を増やすことが出来ます。

 

しかし、プライスターの価格改定機能は、価格を下げるだけでなく、価格を上げる機能まであります。

加えて、プライスターには、「赤字ストッパー」と「高値ストッパー」の制御をかけることができ、これにより、

価格を安くしすぎて利益が大して出なかったり、あるいは赤字になってしまうような事態を防止することが出来ます。

また、他の出品者につられて価格を高くしすぎて、売れずに不良在庫と化してしまう事態も防止することも出来ます。

プライスターの豊富な価格改定機能

プライスターでは、以下の7つもあるモードで、価格改定をすることが出来ます。

<プライスターの価格改定機能一覧>

・FBA状態合わせ
・状態合わせ
・FBA最安値
・最安値
・カート価格
・カスタム
・しない

これら7つのモードは、プライスターの商品管理画面の以下の場所にあります。

プライスターの価格改定モード

 

これらのモードのいずれか一つのみを選択することで、自動的に定期的に価格改定することが出来ます。

それぞれのモードについて、簡単に説明していきます。

FBA状態合わせ

これは、出品されている商品の中で、同一コンディションのFBAの商品の最安値に合わせて価格改定をするモードです。

自分が出品する商品は、FBAでも自己発送でもOKです。

自分の商品が新品なら新品のFBA商品と、中古なら中古のFBA商品の最安値に合わせて、価格改定します。

中古の場合は、コンディションが「可」「良い」「非常に良い」など色々ありますが、よりよい状態の商品の最安値に合わせて、価格改定をします。

例えば、自分が出品している商品が、中古品「良い」のCDであったとしましょう。

そうしたら、プライスターが、中古品「良い」のCDを探します。

中古品「良い」でFBA出品者がいれば、その出品者の最安値に合わせて価格改定します。

中古品「良い」でFBA出品者がいない場合は、中古品「非常に良い」でFBA出品者がいないかを探して、いるなら中古品「非常に良い」のFBA最安値に合わせて価格改定します。

これにより、商品を高値で売ることが出来ます。

状態合わせ

これは、出品されている商品の中で、同一コンディションの最安値に合わせて価格改定をするモードです。

自分が出品する商品は、FBAでも自己発送でもOKです。

自分の商品が新品なら新品の商品と、中古なら中古の商品の最安値に合わせて、価格改定します。

中古の場合は、コンディションが「可」「良い」「非常に良い」など色々ありますが、よりよい状態の商品の最安値に合わせて、価格改定をします。

例えば、自分が出品している商品が、中古品「良い」のCDであったとしましょう。

そうしたら、プライスターが、中古品「良い」のCDを探します。

中古品「良い」で出品者がいれば、その出品者の最安値に合わせて価格改定します。

中古品「良い」で出品者がいない場合は、中古品「非常に良い」で出品者がいないかを探して、いるなら中古品「非常に良い」の最安値に合わせて価格改定します。

これにより、商品をなるべく高く、かつ回転率を上げて売ることが出来ます。

FBA最安値

これは、出品されている商品の中で、新品または中古品のFBA最安値に合わせて価格改定をするモードです。

自分が出品する商品は、FBAでも自己発送でもOKです。

自分の商品が新品なら新品のFBA商品と、中古なら中古のFBA商品の最安値に合わせて、価格改定します。

中古の場合は、コンディションが「可」「良い」「非常に良い」など色々ありますが、中古品全ての中でのFBA商品の最安値に合わせて、価格改定をします。

例えば、自分が出品している商品が、中古品「良い」のCDであったとしましょう。

そうしたら、プライスターが、中古品のCD全てを探して、その出品者のFBA最安値に合わせて価格改定します。

これにより、FBA商品を速く売ることが出来ます。

最安値

これは、出品されている商品の中で、新品または中古品の最安値に合わせて価格改定をするモードです。

自分が出品する商品は、FBAでも自己発送でもOKです。

自分の商品が新品なら新品の商品と、中古なら中古の商品の最安値に合わせて、価格改定します。

中古の場合は、コンディションが「可」「良い」「非常に良い」など色々ありますが、中古品全ての中での商品の最安値に合わせて、価格改定をします。

例えば、自分が出品している商品が、中古品「良い」のCDであったとしましょう。

そうしたら、プライスターが、中古品のCD全てを探して、その出品者の最安値に合わせて価格改定します。

安くてもとにかく早く売りたいときに、使えるモードです。

カート価格

これは、出品されている商品の中で、新品のカート価格に合わせて価格改定をするモードです。

新品商品にのみ使えるモードです。

例えば、自分が出品している商品が、新品のCDであったとしましょう。
そうしたら、プライスターが、カートボックスにある新品CD全てを探して、その出品者の最安値に合わせて価格改定します。

これにより、新品商品をなるべく高く、そして速く売ることができます。

カスタム

こちらは、説明すると長くなるので、割愛します。

というか、先ほど紹介したモードで事足りるので、カスタムモードは、使う出番はあまり無いと思います。

Amazonにも価格改定機能があるが・・・

ここがプライスターの最大の欠点です。

プライスターの価格改定機能は多岐にわたっており、その全てがかなり使えるものです。

ですが、2016年8月にAmazonが機能追加をして、Amazonセラーセントラルに価格改定機能が付与されてしまいました。

しかも、Amazonの価格改定機能は、プライスターの価格改定機能のほとんどをカバーしています。

おまけに、Amazonの価格改定機能は、無料で使えてしまいます。

このため、価格改定機能に関しては、プライスターの優位性が薄れてしまっています。

Amazonの価格改定機能はポイントを加味していない

ですが、Amazonの価格改定機能の性能は、全てがプライスターと同レベルでは無いのが現状です。

Amazonの価格改定機能で劣るのは、Amazonポイントを加味して価格改定出来ないということです。

プライスターは、Amazonポイントを加味して価格改定をすることが問題なく出来ます。

 

Amazonポイントを加味して価格改定することについて、具体的に説明します。

例えば、自分がAmazonポイント無しの1,000円で出品していて、以下のライバルがいたとしましょう。

・ライバルA 1000円 30pt
・ライバルB 1000円 50pt

ライバルAもライバルBも、出品価格が1,000円と同じですね。

ポイントを加味して考えると、ライバルAの出品価格は実質970円、ライバルBの出品価格は実質950円です。

ライバルBが最安値ですね。

この場合Amazonの価格改定機能では、ライバルBに合わせて価格を下げることが出来ません。

それに対してプライスターでは、ポイントを加味した実質価格を見て価格改定が出来るので、ライバルBと同じ950円に価格改定が出来ます。

最近はAmazonポイントを付与した出品価格を付けている出品者が増えてきているので、Amazonポイントを加味して価格改定出来ないと、自身の商品の販売機会を逃すことになるのでは無いでしょうか?

Amazonの価格改定機能は動作保証が無いと丸投げ状態

Amazonの価格改定機能は、動作保証がされていません。

Amazonが開き直って、「自己責任でやってください」と丸投げしています。

こちらに、証拠をお見せします。

Amazonの価格改定機能は動作保証が無いという証拠

 

これは、ダメですね。

Amazonの出品価格は、生命線です。

この出品価格を誤ると、赤字になって大損する可能性があります。

もちろん、Amazonは、この価格改定機能を製造した後、単体テストや結合テストなどのテストを繰り返して、動作不良を起こさないことを確認した上で、公開しているのでしょう。

それでも、命綱となる価格改定機能の動作保証が無いのはちょっと不安ですね。

 

それに対して、プライスターの方はどうでしょうか?

動作不良を起こすことは無いのでしょうか?

私の方で、プライスターに問い合わせたところ、すぐに回答を頂けました。

以下、私の問い合わせ内容と、プライスターからの回答を紹介します。

<私>

プライスターさま
お世話になります。

御社が提供されている価格改定機能について、動作保証されているのか教えてください。

プライスターは価格改定機能が充実していますが、動作保証は大丈夫でしょうか?

万が一価格改定機能の動作に不備があり、低価格に設定されてしまったら、赤字になってしまいます。

プライスターの価格改定機能は、きちんと動作保証がなされているのかどうかは、Amazonに出品される方なら、誰もが不安に思う点かと思います。

回答よろしくお願いします。

masa

 

<プライスター>

masa様

プライスターのアフィリエイトをご検討いただきまして、誠にありがとうございます。

サポート担当の吉川です。

プライスターの価格改定機能につきましてのお問合せを拝見いたしました。

プライスターはAmazonから提供された価格のデータを元に、ユーザー様のご設定なさった価格の自動変更のモードに応じて、販売価格を改定いたします。

また、予想外に安く価格の自動変更がされてしまわないように、「赤字ストッパー」という機能をご用意しておりますので、ご入力いただいた金額より安くならないように設定することができます。

その他にも、なんらかの不具合でAmazonから取得していないはずの価格を追従してしまったり、ユーザー様が予想をしない価格への改定をしないようシステムを構築し、安心してご利用いただけるように日々機能の改善に尽力いたしております。

この仕様によって、今までも価格の自動変更の動作によって異常な価格に変更されてしまったということはございませんので、ご安心してご紹介いただければ幸いです。

これまでプライスターの価格改定機能で不具合が出たことは無いそうです。

プライスターが公式にこう言っているので、安心して使えそうですね。

プライスターの価格改定機能は動作不良を起こしたことのない実績がある分、Amazonのそれよりも確実に安心して使えると言えます。

商品を早く回す必要がある方にとっては、価格改定機能は絶対に必要です。

だから、こういう方は、お金を投資してでもプライスターを使った方がよいでしょう。

後述する通り、プライスターのサンクスメール機能と、電脳せどりに使える機能を活用すれば、プライスターの利用料金以上のお金を手に入れることは充分可能ですから。

プライスターの優れた点~サンクスメール機能~

プライスターを使うと、商品が売れたら、自動的に購入者へのお礼と評価を依頼したメールを送信することが出来ます。

これを、サンクスメール機能と言います。

Amazon評価数が多いと、カートボックスを獲得しやすくなると言われています。

それ以外にも、Amazon評価数が多いと、最低価格よりも多少高くても売れたりもします。

自身の販売機会を拡大するためにも、Amazon評価数を増やすことは重要でしょう。

 

ですが、購入者はそうそうAmazon評価を付けてくれません。

最近はスマホサイトで購入される方も多いですが、Amazonのスマホサイトは出品者を評価する項目が用意されていません。

参考)Amazonスマホサイトのせいで評価が貰えないことへの対処法

おそらく、最近のAmazon購入者の多くは、出品者を評価出来ることすら知らないかもしれません。

 

そこで、プライスターのサンクスメール機能が役に立ちます。

商品が売れたら、サンクスメール機能を使って、評価依頼メールを必ず送るようにしてみましょう。

Amazon評価をもらえる頻度が上がり、それに連れて商品が売れゆきが良くなり、さらにAmazon評価が寄せられ、さらに売れ行きが良くなり、という感じの好循環が生まれるかもしれません。

評価リクエストで評価4以上を依頼するのは規約違反

このように、サンクスメール機能を使うことで、Amazon評価が集まり、売れ行きが良くなる可能性があります。

しかし、サンクスメールの内容には、十分気をつけてください。

単純に評価を依頼するだけなら問題はありませんが、評価4以上を依頼するのは規約違反になります。

私の方で、Amazonテクニカルサポートに問い合わせて確認しました。

以下に、Amazonテクニカルサポートの回答内容を掲載します。

■Amazonテクニカルサポートの回答(抜粋)

masa ご担当者様
Amazonテクニカルサポートにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

お問い合わせいただきました、購入者へ評価リクエストをする際に、
『評価3(普通)は、Amazonでは、良い評価とみなされないので、評価をいただける場合は、評価4または評価5を頂けるよう、お願いします。』
との内容で購入者様にメールを送るのは規約違反なのかについてご案内いたします。

大変恐れ入りますが、こちらの内容でメールを送られますと購入者様に評価を強制したとみなされてしまい、規約違反となります。

規約違反を犯すと、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖になる可能性があります。

もちろん、一度程度なら、Amazonテクニカルサポートから注意されて終わることでしょう。

しかし、サンクスメールを何百通も送って規約違反を繰り返していたら、Amazonアカウント停止になる可能性が高いです。

サンクスメール機能は、Amazon評価を集めて売れ行きを良くするのに大変有効な機能ですが、扱いには充分注意してください。

プライスターは電脳せどりに使える

プライスターを使えば、過去にAmazonで売れた商品を見て、ヤフオクや価格.comでの現在価格を調査することが出来ます。

つまり、電脳せどりに応用することが出来るのです。

Amazonで売れた商品が、ヤフオクに安く出品されていないか探してみましょう。

もちろん、ヤフオク電脳せどりはライバルが殺到しているので、そう簡単に安く仕入れすることは出来ません。

しかし、ヤフオクはマーケットが非常に大きいので、ライバル不在で、何度も繰り返し安く仕入れできる商品が必ずあるはずです。

 

ここで、私なりの仕入れテクニックを紹介します。

CDですと、ランキングが400,000位以下で、Amazonでプレミア価格が付いている商品を狙いましょう。

こういう商品は、ランキングが低すぎるので、他のせどらーから見向きもされなかったりします。

しかし、こういう商品は、適正価格にすれば瞬く間に売れることが多いです。

その適正価格は、経験上1,999円(FBA)が多いように感じます。

こういう商品が、ヤフオクで送料込みで300円くらいで仕入れできたなら、粗利1,000円位出ますね。

以上、私なりの視点を簡単に紹介しましたが、みなさんも独自の視点を持つことで、ライバル不在の稼げる商品を仕入れできるようになるはずです。

プライスターを使えば、Amazonで売れる商品が何かが分かりますので、ある程度商品を売ったら、それをベースにヤフオクで電脳せどりをしてみましょう。

プライスターは買いか?

プライスターの強みは、以下の3つです。

<プライスターの強み>

① 価格改定機能が充実している
② サンクスメール機能を使ってAmazon評価を増やせる
③ 電脳せどりに使える

これら3つの強みを活かすことで、Amazonでの売れ行きがよくなることでしょう。

さらに、Amazonで売れた商品をベースにして、電脳せどりに活かすことで、仕入れまでもが出来てしまいます。

 

ただ、プライスターの価格改定機能ですが、これはAmazonセラーセントラルにも無料で用意されています。

そこが大きなマイナス点です。

しかし、プライスターの価格改定機能だと、Amazonポイントを加味した価格改定が出来ます。

これにより、漏れなく価格改定が出来て、Amazonの価格改定機能を使うよりも売れ行きが良くなることでしょう。

また、プライスターの価格改定機能は、これまで動作不良を起こしたことがありません。

対して、Amazonの価格改定機能の場合、Amazonは動作保証を放棄して責任を我々に丸投げしています。

価格改定を頻繁に行なって商品を速く回す必要がある方は、プライスターの価格改定機能を使った方が良いでしょう。

 

また、Amazon評価数がまだ少ない方は、プライスターのサンクスメール機能を使って、Amazon評価をラクに増やすことが出来ます。

Amazon評価数はカートボックス獲得率に影響してきますし、評価数が多ければ最安値でなくても売れたりします。

Amazon評価数は多いに越したことはありません。

Amazon評価数がまだ少ない方は、プライスターのサンクスメール機能を1年位使用してAmazon評価を集め、販売力を向上させましょう。

1年あれば、相当な数のAmazon評価が集まるはずです。

 

それと並行して、売れた商品がヤフオクに安く出品されていないかを、定期的にチェックしてみましょう。

ヤフオクはマーケットが非常に大きいので、しつこく探し続ければ、自分だけの独占的な商品が見つかる可能性が高まります。

そういう商品をいくつも見つけて、プライスターの毎月の利用料金を回収しましょう。

 

動作不良を起こしたことのない価格改定機能を使って商品を回して資金を増やし、サンクスメール機能を使って売れ行きを向上させ、売れた商品を電脳せどりして仕入れをする。

こういう形でプライスターを活用すると良いかと。

 

以上、プライスターは利用価値が高いツールだと言えます。

本来なら、「評価4(オススメする)」を付けたいところですが、価格改定機能がAmazonで提供されてしまっている点がやはりマイナス要素です。

よって、当ブログでの評価は一つ下げて「評価3(購入価値あり)」と致します。

 

評価3 ★★★☆☆

※評価基準は以下の通り
評価1:詐欺商材
評価2:オススメしない
評価3:購入価値あり
評価4:オススメする
評価5:是非購入するべき!

 

■  商材名:プライスター
■  販売元:株式会社カプセルZ
■  発売日:2013/05/05
■  メディア:ツール、マニュアル(PDF)
  >>公式サイトで購入する

 

プライスターは、評価3(購入価値あり)とは言え、評価4(オススメする)にかなり近いです。

そこで、プライスターに関しては、評価4に相当する無料特典をお付けいたします。

プライスターの無料特典一覧

無料特典その1

このリストがあれば、Amazonで売れる「訴求力のある商品説明文」が何かが分かります。
私はこの商品説明文を使って、CDだけで30,000枚以上売ってきました。

 

無料特典その2

5,980円(アフィリエイト報酬率50%)

サンクスメール機能は、使い方を誤ると、Amazonアカウント停止となってAmazonで商売出来なくなる可能性があります。
そうなれば、プライスターに投資してきたお金が無駄になってしまいます。
この教材を使用して、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖になる原因について勉強しましょう。

 

無料特典その3

5,980円(アフィリエイト報酬率50%)

 

 

無料特典その2~3の教材は、インフォトップにて5,980円(アフィリエイト報酬率50%)で販売している教材です。

これらの教材をアフィリエイトして、プライスターの毎月の利用料金を回収することが可能です。

是非ご活用ください。

 

以上です。