LOI連鎖では、最初の買い込みをした状態をD1と呼んでいます。

 

M嶋さんから、D1達成会を行うので来るように言われました。

D1達成会は、すすきのの地下ビルの1階の焼肉屋さんで21時に行われました。

 

M嶋さんの他に、ニュースキンビジネスで代理店になった人とゴールドになった人の2人が参加しました。

そのダウンとして、2月にD1になった人が各一人づつ、合計6人でD1達成会が行われました。

M嶋さん、ゴールド(25男)、代理店(25女)は、K林さんのアップでチームエリートとして君臨している方の、札幌での代理店以上の人間向けのセミナーに参加した帰りでした。

 

このチームエリートの方は、安里公夫さんです。

安里公夫さんは、M嶋さんK林さんの親玉で、ニュースキンの帝王と言われている方です。

40代半ばの中肉中背の男性で、周りからは「師匠」と呼ばれて崇拝信仰されていました。

 

M嶋さんも、ターゲットにセミナーで自己紹介をするときに、この安里公夫さんのことについて必ず触れます。

20年前のフェラーリ、5階建のビル、豪邸などなど、安里公夫さんの派手な部分を写した写真を、Microsoft PowerPoint (マイクロソフト パワーポイント)を使って紹介します。

 

M嶋さんは1年間会社勤めをしながらニュースキンビジネスをやり、ゴールドになったそうです。

その能力を安里公夫さんに認められて、「ハイブリッド」という安里公夫さんの会社の暖簾分けをしてもらったそうです。

それで勘違いして、このままニュースキンで成功できると踏んで、北海道の有名企業を退職して、専業ネットワーカーになったそうです。

 

M嶋さんは「俺には安里公夫さんがバックに付いているから、お前らも大丈夫だ。」と豪語していました。

 

またM嶋さんは、確定申告について誤った情報を垂れ流していました。

個人事業主になって社長になれば、確定申告では「どんなものでも」経費として落とせると言っていました。

例えば、自宅の電気・ガス・水道光熱費や、トイレットペーパーや食料品などの日用品の購入費用、家の電話代など、全てが事務所の経費として落とせると言っていました。

当時の私は世間知らずの愚か者でしたので、M嶋さんの話を鵜呑みにしてしまいました。

ですので、2013年度の確定申告では、自宅の電気・ガス・水道光熱費などを全て経費としていい加減に計上して、申告してしまいました。

そして、2014年度の確定申告の時に厳しい税理士さんに当たり、指摘されました。

自宅の電気・ガス・水道光熱費などの経費は、全てが全て事業で使ったわけではないので、按分して計上しないと税務調査の際に突っ込まれて、追徴される可能性が高いとのことでした。

「こんなこと、個人事業主なら知っていて当然」と、税理士さんに言われました。

事業に関係のない費用は経費として計上できない、こんなこと中学生でも分かりますね。

M嶋さんは、成功者であり、さも立派に社長をやっているかのように振舞っていました。

しかし内実は、会計処理すらマトモに出来ないような杜撰な経営をやっていたということを、私は自分で確定申告をやって知りました。

自宅の電気・ガス・水道光熱費などの経費の計上のし方だけでも、M嶋さんは思いっきり間違えています。

きっと、探せばまずい部分が大量に出てくるでしょうね。

というか、成功者のくせに税理士すら雇っていないようでした。

もしM嶋さんに税務調査が入ったら、税理士が間に入らないので、税務署職員と直接戦うことになります。

税務署職員の連中は、百戦錬磨の人間です。

税理士を雇っていた場合も、税務調査の連絡があったら相当周到に作戦を練って戦うそうです。

税の素人で税理士を雇っていないM嶋さんは、税務調査が入ったら、確実に負けることでしょう。

そうなれば、杜撰な会計処理をしていたM嶋さんは、何年間も遡って確実に追徴されることでしょう。

後で知りましたが、M嶋さんは2人の子供に700円の羊羹すら買えないようなギリギリの生活をしていました。

果たして追徴課税をされたとき、現金を用意できるのでしょうか?

用意できなければ、当然借金持ちになります。

税務署は、その辺は容赦しません。追徴課税されたお金を払い終わるまで、延々と延滞料を取り続けます。

 

そういえば、D1達成会でかなり引っかかる話を聞いてしまいました。

上で紹介しました、ゴールドの人の話です。

彼をO笠原くんと呼びます。

会の中で、ブルーダイヤモンドのK田さんの話になりました。

ブルーダイヤモンドマンセーな会話でしたが、O笠原くんが「ブルーダイヤモンドでも、なりたてでダウンが育ってないなら月収25万円程度」と口を滑らせました。

私はこの時は聞き流しましたが、ずっと記憶には残りました。

なお、O笠原くんは2013年にルビーになって2014年のサクセストリップに参加して、この会に参加した代理店の女性と結婚して、2016年1月現在もルビーのままです。

 

安里公夫さんが何か行動すると、M嶋さんグループは大騒ぎになります。

安里公夫さんは映画監督をやられています。

2013年に、赦免花という映画が公開されたとき、M嶋さんグループ内は「師匠の映画を見ないやつは人間じゃ無い」ムードになっていました。

こちらは、M嶋さんグループの女性の方のFacebookの書き込みになります。

IMG_7614

この方は元々は歯科衛生士をやられていました。

歯科衛生士を辞めて、ニュースキンビジネスにのめり込んでいましたが、当然のごとく失敗して、今再び歯科衛生士をやっています。

彼女のように手に職がある方は、いかれた思考からマトモな思考に戻れば、ニュースキンビジネスにのめり込んでも取り返しが付きます。

しかし、私のようなしがないSEは代わりがいくらでもいるので、ニュースキンビジネスにのめり込んで会社を辞めたら、もう二度と同じ待遇の会社では働けません。

 

もう一人紹介します。

IMG_7647

彼は薬品卸の中小企業に勤めていました。

そこを辞めてニュースキンビジネスにのめり込んでいました。

Facebookの投稿を見る限り、今はカモを誘うためにエステサロンを立ち上げて、そこに来たお客さんをニュースキンに誘い込んでいるそうです。

残念ながら彼はもう30を過ぎてますし、ニュースキンにのめり込み過ぎてますから、もはやマトモな会社に再就職するのは無理でしょうね。

 

 

安里公夫さんが札幌に来たことで、M嶋さんグループはお祭り騒ぎになっていました。

M嶋さんグループの女性二人が、安里公夫さんが泊まったスィートルームで、バスローブ一枚で大股でジャンプしてはしゃいでいる画像が、Facebookにアップされていました。

この日は、M嶋さん達も安里公夫さんのところに戻り、朝まで語り明かしたそうです。

私は、翌日この安里公夫さんのセミナーがあるので帰りました。

 

翌日朝10時に、安里公夫さんのセミナーが札幌市産業振興センターの会議室で行われました。

大金持ちの貴重なセミナーです。

これまで、安里公夫さんは写真でしか見たことがありませんでした。

・どんな話し方をする人なんだろう

・どんなことを話すのだろう

・どんなアドバイスをしてくれるのだろう

・どんな服を着ているのだろう

・どんな影響力を与えてくれる人なんだろう・・・

などなど、色々期待してドキドキしていました。

 

会議室に入ると安里公夫さんがいました。確かに立派なスーツを着ていました。

今後お世話になる人なんだと思い、深々と頭を下げ大きな声で挨拶しました。

 

が、シカトされました。

二日酔いの徹夜明けだったのか、ものすごく不機嫌そうでした。

 

安里公夫さんの態度に腹は立ちませんでした。

セミナーで何か凄いことを言うために、今自分を高めている最中なのだなと勝手に解釈し、セミナーを期待しました。

で、安里公夫さんのセミナーですが、安里公夫さんは二日酔いでお疲れだったらしく、やる気のない話し方をしていました。

 

セミナーで話していた内容も、今思えばゴリ押し的な内容でした。

俺の紹介した一つ下のヤツはチームエリートになって、その一つ下のヤツもチームエリートになった。そのまた一つ下のヤツもチームエリートになった。じゃあ、あなたもチームエリートになるっきゃないでしょ。

とか。

 

インターネットに書かれていることは「便所の落書き」だ。ネットを見てニュースキンは悪だと言う奴がいたら「あなた頭大丈夫ですか!?」と言え。

とか。

 

銀行でニュースキンのタイトルがルビーだと言えば、特別室に案内される。ルビーのタイトルを持っていると、銀行は簡単に融資してくれる。

もしあなたが窓口に行って、窓口のネーチャンにニュースキンのタイトルがルビーだから金を貸せと言ったとしよう。そのときに、窓口のネーチャンが「何ですか、それ?」と言ったら、そいつは何も知らないただのバカな素人だ。

そういう時は、「お前じゃ話にならないから支店長呼んでこい」と言え。ルビーだと言えば支店長がすっ飛んできて、土下座して謝るから。

とか。

 

悪徳マルチ商法があるなら「善」のマルチだってあるはずだ。ニュースキンが悪徳マルチなはず無いっしょ。こんな素晴らしいビジネスを悪徳マルチって言う奴がいたら、「あなた頭大丈夫ですか!?」ってマジで聞きますよ!

とか。

 

それでも、私は無理矢理感動しました。

 

セミナーが終わってM嶋さんが私に安里公夫さんを紹介しました。

が、安里公夫さんはiPhone5をずっと見続けていて、私の相手を殆どしませんでした。

そばにいた代理店の女性二人に囲まれて、彼女らとは嬉しそうに話していました。

 

安里公夫さんを一言で言えば「傲慢」でした。

この人本当にお金持ちなのでしょうか。

 

アフィリエイトで活躍されているだいぽんさんのサイトに、このようなことが書かれていました。

私が好意を抱くアフィリエイターさんは、稼いでいても全くそのような雰囲気はなく、とても謙虚な方たちばかりです。いわゆる作られた謙虚さではなく、本当に謙虚だと感じます。

 

だいぽんさんのいうお金持ちが、本当のお金持ちでしょう。

ことわざで、こういう言葉があります。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

(稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということ。 )故事ことわざ辞典より 

 

リーダーミーティングで見たニュースキンのチームエリートたちは、揃いも揃って「傲慢」な人間か「作られた謙虚さ」の人間ばかりでした。

ギャグナーの親玉である枦川友彦氏のOMにも参加しましたが、やはりニュースキン以外を小馬鹿にする「傲慢」な話し方をしていました。

 

ニュースキンの売上は下がり続けています。

こちらのグラフを御覧ください。ニュースキンジャパンの年間売上高推移になります。

6

 

 

ギャグナーグループの売上は、ニュースキンの売上の過半数を占めるとM嶋さんのLOI連鎖のセミナーで言っていました。

こんな「傲慢」な人間らに支えられた売上です。

LOI連鎖という強引で悪質なやり方で出した売上です。

 

上のグラフを見ると、まるでギャグナーという船が沈没していっているように思えます。

 

さて、セミナーで安里公夫さんから冷たくあしらわれて、残念な気持ちになりましたが、M嶋さんから「あれが安里公夫さんのやり方なんだ。masaくんが安里公夫さんから僅かでも話してもらえたということは、期待されてるんだよ。流石、パワーライン!絶対年内にルビーになれるよ!」と励まされました。

私はその励ましを真に受けて、無理やりやる気を出しました。

 

もう一つ、このセミナーで気になったことがあります。

 

M嶋さんは安里公夫さんの教えを守っていないのです。

安里公夫さんは小売をやりまくれと、セミナーで言っていました。

親戚や近所の人に小売をやりまくると、売った人間の中からビジネスをやり始める人が必ず出てくるから、その人を捕まえて代理店に育て上げる、というのが安里公夫さんのやり方だと、セミナーで教わりました。

対して、M嶋さんは殆どゼロと言って良いほど小売はやっていません。

ターゲットを一人に絞って、セミナーに何回も誘ってニュースキンビジネスに誘い込むというやり方をしています。

一人と何度も何度も接触して、時間をかけてニュースキンをやらせるため、非常に効率が悪いです。

 

最初の記事でお見せした、Cデータをもう一度紹介します。

3

読むとターゲットをセミナーに誘い込むまでに、何回もターゲット接触していることが分かります。

 

M嶋さんは2009年からニュースキンを始めて、4年かけてルビーになった人です。

「平均」月収が30万円になるのに4年もかかったのは、北海道で誰のお世話にもならず、一人でゼロから畑を耕す必要があったからだと言っています。

ただ単に、安里公夫さんの教えを守っていないから時間がかかっただけではないでしょうか。

 

リーダーミーティングでは、「素直になれ」と異口同音に教えこまれます。

M嶋さんは4年間でリーダーミーティングに100回近く参加しているはずです。

ギャグナーのセミナーなんて全部同じことを異口同音に言っているだけです。

M嶋さんは一体リーダーミーティングで何を聞いていたのでしょうか。

 

さらにもう一つ、気になったことがあります

M嶋さんグループでM嶋さんは尊敬されておらず、M嶋さんを飛ばして安里公夫さんが崇拝されていたことです。

これは、セミナーの後でM嶋さんグループのメンバーと交流して気づいたことですが、メンバー立ちは皆ターゲットをセミナーに誘い込むネタとして、安里公夫さんの話題を出していました。

自分らは偉大なる安里公夫さんの下にいて、その一番弟子がM嶋さんだから、M嶋さんのセミナーに出てほしいと言ってターゲットをセミナーに誘い込みます。

M嶋さんは安里公夫さんの「ついで」の扱いなのです。

Facebookでも、グループメンバーが安里公夫さんを「師匠」と呼んで崇拝する書き込みを何度も見ましたが、M嶋さんについてはこのような尊敬の念を示す書き込みは一つもありませんでした。

グループメンバーは表向きは皆仲良しでしたが、Facebookでうっかりニュースキンの書き込みをしてしまったメンバーに「いいね」をつける人は誰もいませんでした。

IMG_7646

 

IMG_7648

IMG_7651

 

 

安里公夫さんの話は一度止めます。

 

安里公夫さんのセミナーの後に参加したフランクリンセミナーについてお話します。

 

皆さんフランクリン手帳というものをご存知でしょうか。

ウィキペディア的な内容についてはここでは言及しませんが、要はスケジュール帳です。

 

M嶋さんからフランクリンセミナーを収録したDVDを渡され、そこでフランクリン手帳の存在を知りました。

DVDのセミナーの講師は、枦川友彦氏です。

 

フランクリン手帳を開くと、一日につき一ページ分用意されており、そこに今日やることを記入します。

今日やることをランク付けするのですが、その中で「重要度が高く緊急度が低いこと」に特に注力します。

ニュースキンビジネスは「重要度が高く緊急度が低いこと」に該当します。

 

成功者はほぼ全員フランクリン手帳を持っており、ニュースキンでこれを持っていないやつは人間じゃないと、枦川友彦氏は言っていました。

そして、この手帳を使い続ければ自動操縦のごとく成功すると断言していました。

当然洗脳されて、早速購入して狂ったように予定を埋め、行動しました。

 

私はいついつまでにこれをやらねばならないなど、ノルマを課されるのが非常に苦痛に感じる人間です。

せどりで年商5,670万円を出した時は、手帳なんて持たず行き当たりばったりで、思うがまま気分よく行動していました。

 

このフランクリン手帳を始めて、潜在意識が悲鳴を上げ始め、段々精神的におかしくなっていきました。

 

フランクリン手帳には真っ白なページがあり、そこに「断った人間リスト」や「会社で起こった嫌なことリスト」などを書くよう、M嶋さんから指示されました。

2013年3月頃は会社で狂犬っぷりを発揮しており、上司から聞こえるように影で悪く言われることが度々ありました。

精神的におかしくなっていたので、上司の言葉に耳をそばだて、何か言われたら狂ったようにフランクリン手帳にそのことを書き込んでいました。

フランクリン手帳を自分のデスクに見せびらかすように置き、「俺はお前らと違うんだ」「俺は成功者の哲学を学んでいるんだ」「俺は成功者の卵だ」「俺は偉くてお前らは偉くないんだ」と、虎の威を借る狐状態で勘違いして威張っていました。

 

端から見たら、私の行動は異常だったでしょうね。

せどりで安定した今でも、時々家族から「フランクリンくん」と言われてからかわれます。

 

ちなみに、フランクリン手帳のカバーは様々な種類が用意されています。

M嶋さんグループで代理店クラスの人は、ルイビィトンのカバーを使っていました。

私はお金が無かったので、文房具屋にあった安物を買いました。

 

先ほど私は、ニュースキンのギャグナーの連中を「傲慢」と断言しました。

ギャグナーの一員であるM嶋さんが本性を現します。

 

フランクリン手帳を買いに、M嶋さんと札幌市中央区にある大丸藤井セントラルに言った時の話です。

M嶋さんが先に大丸藤井セントラルに到着していて、私と待ち合わせて、私が挨拶しても無視します。

いつもなら、非常にフレンドリーに接してくれるのに。

 

フランクリン手帳のコーナーに行った時、フランクリン手帳がカバーから全て揃えるのに、ペン抜きで10,000円近くするのに驚き、買うのを躊躇いました。

躊躇っているとM嶋さんがいきなり怒り出し、「経営者がこんな程度の投資が出来なくてどうする!今すぐ買え!」と腕を組んで言いました。

勢いに負けて購入しましたが、スケジュール帳なのでせいぜい高くても2,000~3,000円程度だと思っていたので、現金の持ち合わせがありませんでした。

なので、M嶋さんから5枚作れと言われて何とか作った3枚のクレジットカードの内、楽天カードを使ってフランクリン手帳を購入しました。

しかも、何故か楽天カードの設定が「自動リボ払い」になっていたので、金利付きの分割払いで買うはめになりました。

 

次に、ボールペンのコーナーに行きました。

ここでも、M嶋さんが命令してきて「高いの買え!ダウンに示しがつかないだろ!」と腕を組んで言ったので、5,000円位のボールペンを買うはめになりました。リボ払いで。

 

M嶋さんが豹変して威張りだしたことに困惑しましたが、私を叱咤激励して育てているんだと自分を無理やり納得させました。

 

大丸藤井セントラルでの買い物が終わり、M嶋さんの偽装M3が駐車されているタワー駐車場まで付き合いました。

M嶋さんは、そこにいるタワー駐車場のオペレーターをニュースキンの次のターゲットにしており、そのオペレーターと話をしているときは、最初私に接してくれたようにニコニコ笑顔でフレンドリーに話していました。

 

私は人によって態度を変える人間が死ぬほど嫌いです。

このM嶋さんのやり取りに虫酸が走る思いでした。

それでも、M嶋さんがいないと自分はニュースキンで何も出来なかったので、M嶋さんを慕うよう自分を無理やり思い込ませました。

 

潜在意識が悲鳴を上げて、段々精神状態が悪くなっていきました。

洗脳と精神的悲鳴の2つが、私の心のなかで戦っていました。

 

ところで、タワー駐車場のオペレーターさんですと、高級車と高級車に乗っている人を何百人何千人と見てきたはずです。

M嶋さんのように身だしなみはどこかの社長や経営者みたいに立派でも、乗っている車が10年以上昔のボログルマです。

オペレーターの方は見抜いていたのではないでしょうか。

この人は見た目だけの貧乏人だと。

働いて節約して人生を変えましょう!!

アムウェイやニュースキンやニューウエイズなど、ふざけた犯罪ビジネスは辞めて、真面目に働いてお金を貯めませんか?

 

「真面目に働く」と聞くだけで、虫酸が走る方が多いことでしょう。
ここでいう、「真面目に働く」とは、「会社に寄生して給料をむしり取る」という意味です。

 

ネットワークビジネスに手を染めた多くの方は、根は真面目な人なのでしょう。
真面目なせいで、下手に一生懸命働いてしまい、会社に安月給で良いようにこき使われ、ボロボロになり、会社に失望して、人生を変えたいという思いでネットワークビジネスに手を染めた。
経緯はこんな感じでは無いでしょうか?

 

しかし、このままだと、家族を巻き込んでお金を失うだけでなく、いつか警察に捕まり人生を棒に振りますよ?
(ネットワークビジネスは、特定商取引法第34条4項に抵触する行為を沢山している)

 

だから、こんなふざけた商売なんて辞めて、思い切って転職(再就職)してみませんか?

 

ポイントは、面接でハッタリをかまして、面接官を騙して就職して、会社に寄生して給料をむしり取ることです。
真面目に働く必要はありません。

 

そして、節約に励み、お金を貯めてください。
500万円くらい貯金ができれば、間違えなく人生が変わります。
「人生が変わる」とは、生きやすくなること、生きるのが楽になるという意味です。
派手な生活を送ることではありません。それはただの浪費家です。浪費家は、たとえ月収1,000万円あっても、いずれ破滅します。

 

節約は、人生を変える鍵です。
節約のやり方がわからない方は、一度専門家のセミナーに出てみましょう。
オススメは、日本ファイナンシャルアカデミーが主催するセミナーです。

 

節約セミナーと銘打っておきながら、保険の勧誘をする詐欺セミナーもありますが、このセミナーは、本物です。
是非お試しください。

 

そして、会社に絶望している方や、会社を辞めてしまった方は、まず転職(再就職)しましょう。

 

転職サイトはマイナビがオススメです。

 

私もマイナビにお世話になったことがあるのですが、ここは、登録企業が粒ぞろいで、しかも、担当者の方の対応が非常に丁寧でした。
マイナビは、ネットでの評判も非常に高いです。

 

以下、マイナビのサイトをいくつか紹介させていただきます。

 

首都圏・関西圏に在住されている、20代~30代の男性と女性の方を対象としたサイトです。

 

女性限定の転職サイトです。首都圏・関西圏に在住されている、20代~30代の女性が対象です。
歯科衛生士など、専門職の求人情報も掲載されています。

 

事情によりフルタイム勤務が難しい方は、こちらがオススメです。こちらは、全国の求人情報が掲載されています。

 

保育士の転職に特化した転職サイトです。東京・神奈川・埼玉・千葉に在住されている保育士の方が対象です。

 

繰り返しますが、真面目に働く必要はありません。
会社はあくまで、金を得るための手段に過ぎないからです。
なので、いかに仕事をサボり、いかに楽をするかを真面目に考えてください。

 

長く、適当に、ダラダラと働いて、そして節約に励んでお金を貯めて人生を変えましょう!!

 

ニュースキンプラザで大量注文し勧誘を始める!M嶋は人を見抜く目ゼロ』に続く>>