<<前回記事 『ニュースキンギャグナーの洗脳に心が耐えられず精神崩壊

 

ニュースキンビジネスで、半狂乱の状態まで追いつめられました。

 

しかし、ひとしきり叫び終わった後、充分な睡眠を取ったおかげで少し気持ちが楽になりました。

あと一歩で代理店なので、とりあえず、明日からまたニュースキンをやってみようと決めました。

 

母は何も言いませんでした。

私は一度決めたらそれに向かって突っ走っていくタイプの人間なので、行き着くところまで行けと見守ってくれていたのです。

 

スポンサーリンク

 

代理店になるためには、ターゲットにLOI連鎖をさせるより、小売をしたほうが良いと思いました。

ニュースキンのセミナーで、エンハンサー(¥3,056)やハンドローション(¥2,236)、ライフパックナノ(¥26,255)を使ってアトピーが治ったという話を聞きました。

 

そこで、北海道札幌市厚別区にある、札幌社会保険総合病院に忍び込んで、皮膚科の待合室にいる患者にニュースキン製品を売りつけようと決めました。

 

これは立派な犯罪行為ですが、なりふり構っていられなかったので、本当に総合病院に忍び込みました。

が、土日の皮膚科には、アトピーらしい患者が一人もおらず、運良く誰にも声をかけずに終わりました。

 

2013年4月末に、M嶋さんから電話がありました。

内容は、私の近況の確認とこれからどうするのか、どう行動するのかという話です。

 

総合病院に忍び込んだ話をしたら、褒められました。

ニュースキンの製品は素晴らしいからアトピーも治るし、一度使ってもらうことができたら後は勝手に広まっていくからといつもの言葉を発していました。

 

M嶋さんは4年間ニュースキンをやってきた人間です。

その間に、何人にもニュースキン製品を使わせてきたはずです。

 

勝手に広まっていくなら、今頃M嶋さんはチームエリートにでもなって、左団扇で暮らしているはずです。

このときM嶋さんはただの嘘つきなのではと、強く疑いました。

 

翌日、労働組合の集会に参加するので、そこで困っている若者をニュースキンに勧誘すると言ったら、

M嶋さんも翌日ヒマだから参加すると言い、当日会場で待ち合わせることにしました。

 

いきなり「労働組合」の話が出ましたね。

私は最悪な精神状態が祟って、被害妄想全開の人間に成り果ててしまい、会社から自分を守るためにユニオンに加入していました。

 

翌日朝9時に会場に到着すると、雨降りでまだ4月でしたので非常に肌寒い日でした。

 

鼻水を垂らしながら、M嶋さんの到着を待ちましたが一向に来ません。

何度も電話をかけましたが、全く出ませんでした。

 

仕方がないので、私一人で会場に集った若者にM嶋さんグループの名刺ばらまきました。

私が所属する労働組合に、ニュースキンをやりそうな若者がいたので、イベントの最中ずっと、彼に会社や社会の悪口を言いまくって必死に口説きました。

 

イベントは昼の12時に終了しました。

 

M嶋さんから、gmailが入りました。

「返事が遅くなり申し訳ありません。労働組合のイベントですか?行く必要が無いとこちらで判断したので、お断りさせていただきました。本日これから空いてますか?空いてるのなら大丸藤井セントラルで落ち合いましょう」

 

自分で約束してドタキャンです。

 

ニュースキンビジネスをやると人間的に成長して、人格者になれると散々言われました。

M嶋さんも「ダウンラインに背中を見せる!必達だ!」などとほざいてました。

 

ここでM嶋さんに幻滅します。

この人何をやっているんだと。

 

しかし私の何かの勘違いかもしれないと自分を誤魔化し、大丸藤井セントラルで会うことにしました。

 

M嶋さんと会うと、気まずそうな顔をしていました。

何故来れなかったのかを聞くと、M嶋さんのダウンが捕まえてきた人と倉式珈琲店札幌中島公園店でお話(洗脳)をしていたそうです。

そちらの方の優先順位が高かったので、私の予定はお断りしたと。

ビジネスにおいて優先順位を決めることは普通のことで、私も今後気をつけるようにとのこと。

 

言っていることは最もですが、何故朝電話に出なかったのでしょう。

ちゃんと電話に出てそういう話だと伝えれば、だいぶ引っかかりますが、まだ納得が出来ます。

それか、待ち合わせ時間前にでもメールで「今日はダウンの付き合いがあるからそちらを優先させて欲しい、申し訳ない」などと連絡してくるべきでしょう。

自分から行くと言ったくせに。

 

そして、M嶋さんはこうも言い放ちました

「俺がああいう大衆に混じって活動するのは相応しくないし、もしダウンにこの姿を見られたらダウンに示しがつかなくなる」とも。

・・・あぁこの人とはもう終わったな。と思いました。

 

が、とりあえず惰性でM嶋さんとカフェに行きました。

 

そこでニュースキンのポイントの説明が始まりました。

そこで、M嶋さんが色々とボロを出します。

 

まず、ダウンが代理店になると、ダウンが稼いだポイントが自分に入ってこなくなることを言いました。

聞いていないし、セミナーで一度も教わっていないとM嶋さんに言ったら、それは君が日々の勉強を怠っているからだと一蹴されました。

 

M嶋さんグループには、私と同じく代理店の一歩手前の状態まで来た、27歳の男性がいます。

彼はM嶋さんを大変慕っていました。

 

どこで知り合ったのかは定かではありませんが、彼が会社勤めをしていた頃から付き合いがあったそうです。

2012年9月に会社をクビになり、Facebookにそのことを書いたら、M嶋さんがいの一番に連絡をくれて、色々親切にしてくれたそうです。

彼はそんなM嶋さんの温かさと熱意に感動して、ニュースキンを始めました。

 

彼は2012年に、ボディガルバセットを5台買い込んでLOI連鎖をしましたが、代理店になることは出来なかったそうです。

なので、今回は絶対代理店にならないと、もう貯金が底を尽きているため、本当にマズイそうです。

 

私も彼のことが気になっていたので、近況をM嶋さんに聞きました。

すると、話を聞くうちに、彼はM嶋さんの直接のダウンでは無かったのです。

彼はM嶋さんのお母さんのダウンだったのです。

何故このような事をしたのか聞いたところ、M嶋さんは驚愕の事実を口にしました。

「おかんが代理店維持できなくなってきたから」

 

要するに、M嶋さんは彼を利用していたのです。

M嶋さんの直のダウンであるM嶋さんのお母さんのポイントを、彼の売上で稼いで、お母さんの代理店状態を維持して、自分もルビーのタイトルを維持していたのです。

 

ルビーになれば、絶対一生安泰だとセミナーで言われ続けました。

が、これは嘘で、ルビーというタイトルは砂上の楼閣(見かけはりっぱであるが、基礎がしっかりしていないために長く維持できない物事のたとえ)だったのです。

 

このことを知られてしまったM嶋さんは、私に大激怒しました。

・俺のことを君に知られる必要はないし、俺は直だろうが何であろうが彼の面倒を見てやってるんだ!

・それに、おかんがもうすぐ代理店になれなくなったら彼が俺とくっつく(直のダウンになる)から、結局変わらないんだ!

・君は本当にニュースキンをやる気があるのか、疑ってばっかりで何もしようとしないし、それにOKさんとの時も何だあれは?俺が話している時に口出しするんじゃねぇよ!!!

・それと、いつまで会社にいるの?

・何で辞めないの?

・そんなつまらない会社に汚染されている君に本当に腹が立つ。

・今すぐクレジットカードを5枚作って会社を辞めなさい!!!

 

・・・皆さんの中でこういう経験をされた方はいませんか。

『勢い良く怒られたけど、その時は状況がよく掴めず何が起こったのか分からなかったが、なんか知らないけどやる気は出た。しかし、後からじわじわと怒りが湧いて来た』、という経験です。

この時の出来事は、まさにこんな感じでした。

 

M嶋さんが激怒したことが、私を叱咤激励したという解釈に変わり、私は新型うつ病になったことにして会社を休職して、ニュースキンビジネスに専念することを決意しました。

ニュースキンビジネスをやって、潜在意識が悲鳴を上げて身体が本当に辛かったので、早く楽になりたいという思いもありました。

そして、2013年5月に休職して、一応自由の身になりました。

 

自由の身になってから、次なるニュースキンビジネスのターゲットを探して、アメブロブログを検索していました。

 

そこで、北海道でせどりをやられている女性の方を見つけます。

後に非常にお世話になることになる、松浦塾のEさんです。

 

Eさんにメールを送ると、同じせどらー仲間として暖かく接してくれました。

そして、Eさんと宮越屋珈琲清田本店でお会いすることになりました。

 

Eさんは、専業主婦せどらーでマラソンランナーをされている大変アクティブな方で、大学生のお子さんが居らっしゃる方でした。

 

私のペースで勧誘するつもりでしたが、完全にEさんペースになりました。

Eさんは、せどりの面白さ・奥深さ・将来性の良さを熱く語り、そして、松浦塾の松浦さんの紹介をされました。

ヤフオクの評価が高いと、他の人がぜんぜん売れない価格でも売れてしまうこと、その域まで到達するまでかなり苦労するが、到達してしまえばもう売り放題だということ。

せどりすとのみそらんさんや、サラリーマンをやりながら電脳せどりで1,000万円を達成された塩田さんの話もされていました。

Eさん自身も、当時e-bayに着手して評価を上げている最中で、e-bayの可能性についてそれはもう熱く語っていました。

 

ニュースキンの時に絶対言われることが無かった、お金の数字が会話の中で飛び交っていました。

月商100万円、月商200万円、月商1000万円、年商1億円、月収100万円・・・・

とにかく面白かったです。

本当に。

 

Eさんとお別れした後も、まだ興奮していました。

そして、久々にマトモな虚飾のない話を聞きました。

せどりというビジネスに何か温かいものを感じ、Eさんの会話に心が癒やされるような気がして、帰りの車の中で泣きました。

せどりを突き詰めようと心に決めました。

 

その後、5月末に札幌で開催された松浦塾のグルコンに参加したことがきっかけで、玉稿堂のアウトレットセールに遭遇して売上がどんどん伸びて行きました。

そして、その後三年間で、年商5,670万円、貯金3,000万円、総売上9,000万円にまでなりました。

 

ニュースキンビジネスの方ですが、休職して身体が楽になってから、セミナーに行くのを身体が拒絶するようになりました。

そして、段々とM嶋さんの傲慢さに怒りが湧いてきて、もう二度と顔を見たくないと思うようになりました。

2013年5月までに売上24万円を出さないと代理店にはなれませんが、もうそんなものどうでもよかったです。

せどりをやると決めていたし、実際に個人おもちゃ店で仕入れができていて、それなりに売上がのびていましたから。

 

が、私が代理店にならないとM嶋さんが困ります。

5月末あたりから、M嶋さんから鬼電の嵐がやってきました。

全てシカトしていると、今度はメールで「身体は大丈夫?」から始まる文章で、ニュースキンビジネスをもう一度頑張ってみないかという旨のメールが何通も届きました。

それもシカトしていると、今度はM嶋さんの奥さんから鬼電の嵐がやってきました。

それもシカトしていると、M嶋さんと同じく今度はメールを寄越してきました。

内容はこうです。

「masaくん、元気~?身体の調子はどう? 気分転換に二人でドライブ行かない?楽しいこととかも色々考えてるからさぁ(*´ω`*)」

・・・体を張るつもりだったのでしょうか。

余計恐ろしくなって、すぐにメールを消去しました。

 

そして、5月の終わり頃のある日の夕方、家族としゃぶしゃぶを楽しんでいたら、またM嶋さんから電話が鳴りました。

4回も。

シカトしてたら今度は自宅の電話が鳴りました。

電話にでるとM嶋さんでした。

「心配なんだあぁぁぁ。。。」と電話越しに叫んでいました。

 

M嶋さんは相当切羽詰まった状況で話していましたが、この時何故か私は冷静に対応でき、今後ニュースキンとは関わりたくないと丁重にお断りしました。

 

その後M嶋さんから自宅に電話をかけてきたことを詫びるメールが届きます。

「PLAZAに私の自宅の電話番号が乗っていたので、かけてみた。もう二度とこういうことはしません、申し訳ありませんでした。」と。

多分、自宅にまで押しかけるのはコンプライアンス違反なのでしょね。

これで私はニュースキンと完全に手を切ることになりました。

 

ニュースキンはビジネスは絶対にダメですが、製品は一応きちんとしているので、大量に買い込んだ製品は全て自家消費しました。

ボディガルバのジェルは未だに残っています。

 

genLOC製品は全く効果がありませんでした。

もう一度、M嶋さんからもらったあのおばあちゃんの画像を載せます。

フューチャーセラム(¥27,799)を3ヶ月間使用後の写真です。

図1

 

私の場合は、より効果が出るよう、フューチャーセラム(¥27,799)+genLOC エレメンツ パッケージ Ⅱ(¥26,255)+genLOC R2(¥20,572)+ライフパック ナノ EX(¥26,255)を、母に三ヶ月試してもらいました。

定期的に、専用フェイスジェル(¥6,116)を使用してフェイスガルバ(¥37,066)で顔のマッサージもしました。

 

結果、何一つ変化がありませんでした。

 

genLOC R2(¥20,572)は粒が大きすぎて、飲み込むときに喉に引っかかり母は死にかけました。

genLOC R2(¥20,572)は若返りのサプリだとセミナーで言われました。

しかし母は、「あんなサプリ年寄りに売れるはずがない、死人が出ると言っていました。

 

また、ライフパック ナノ EX(¥26,255)のサプリの影響で、尿が異常なほど真っ黄色になりました。

腎臓へ何らかのダメージが残らなければ良いのですが。

 

後日、イトーヨーカドー屯田店のi-BOOKでお会いして、ニュースキンのセミナーに騙して誘い込んでしまった、OKさんと再開しました。

 

非礼を詫び、OKさんがニュースキンをやっていた頃の話を聞きました。

OKさんは、ニュースキンに賭けて東証一部上場の会社を辞めて、最終的にラピスにまでなった人でした。

が、所属していたグループのアップが「社会的道徳的にしてはならないこと」をしてしまったため、グループ崩壊をしてしまい、ニュースキンを辞めました。

今はせどりを始めとした色々な商売をやられているそうです。

 

OKさんはニュースキンなどのネットワークビジネスをこう言い切りました。

あれは洗脳だ、と。

 

そして、ニュースキンでの経験から、相手の大体の月収が分かるそうです。

ニュースキンでルビーになって人生安泰なM嶋さんの月収をお聞きしました。

M嶋さんはルビーになりたてなので、18万円程度だと仰ってました。

 

 

ニュースキンの傲慢人間とのLINE内容を公開!M嶋さんを訴えました』に続く>>

 

スポンサーリンク

 

私から2つ提案させてください

ネットワークビジネスは割に合わない商売です。

もし給料以外の収入源を確保して生活を豊かにしたいのなら、他の商売をやりましょう

以下、私から2つの商売を提案させてください。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、ブログ運営者が紹介した情報商材が売れたり、ブログに掲載された広告をクリックされることで報酬が発生する商売です。

 

この商売は、生活できるレベルの利益が出るまでに、3年かかると言われています。

 

しかし、マトモな会社に就職するために大卒なら最低でも22年はかかるのに対して、たった3年間努力するだけで生活できるレベルの収入が得られる可能性が高いのです。

そういう意味で、アフィリエイトは割の良いビジネスであると言えます。

やることは、読者のためになる良質な記事を3年間ひたすら書き続ければ良いだけですから。

 

初心者の方は、『アンリミテッドアフィリエイト』という教材1つでアフィリエイトを不足無く開始できます。

せどり

せどりとは、Amazonとの価格差がある商品を仕入れて、それをAmazonに売って利益を得る商売です。

 

私はニュースキンのセミナーで洗脳されて大量買い込みをして素寒貧な状態になり、しかも、アップにそそのかされて会社を休職してしまいました。

ですが、休職中にせどりでそれなりに成功して、貯金が3,000万円になりました。

 

せどりは即金性の高い商売です。

身体を動かすのが苦で無い方、すぐにお金を手に入れて安心したい方は、せどりをオススメします。

 

せどりは、仕入れ先さえ確保出来たら、私のように1年で3,000万円の利益を出すことだって可能です。

 

初心者の方は、『サヤ取りせどらー最終バージョン』などの教材を使った方がよいでしょう。

この他にも、『■教材ランキング』にて優良教材・ダメ教材を紹介しています。

 

特にオススメしたいのは、私が出版する以下の教材です。

 

本教材を使用して、自分一人で行動して、数百万円の売り上げを出した方が大勢います。

この仕入れ先は簡単には枯渇しませんので、後発組であっても稼ぐことは充分可能なはずです。