相乗り出品とは、既にAmazonに登録されている商品カタログ(商品ページ)を使用して出品することです。

 

この相乗り出品は、商品カタログ(Amazonの商品ページ)を作成した方に嫌がられます。

商品カタログを作成したセラーは、「この商品を独占的に販売したい」と願っています。

ですが、相乗り出品されると、価格改定競争が始まって、値崩れして売り物にならなくなる可能性があります。

また、ショッピングカートボックスが独占的に獲得出来ず、自身の出品の販売機会を喪失してしまう可能性もあります。

相乗り出品した出品者が販売した商品に瑕疵があり、購入者が商品レビューで星1つの低い評価を下したら、その商品の価値自体が下がり、商品が売れなくなってしまう可能性もあります。

 

このように、相乗り出品されることは、デメリットばかりで、メリットは一つもありません。

販売機会を喪失しないためにも、相乗り出品は、是非とも防ぎたいものです。

ノーブランド品を自社ブランド化して独占販売

相乗り出品されることを防ぐ手段として、ノーブランド品を自社ブランド化して販売する、というやり方があります。

 

例えば、スマホケースを販売したい場合。

中国輸入せどりをして、ノーブランド品のスマホケースを仕入れて、スマホケースに「商品本体に対する永遠に不滅の加工」を施します。

具体的には、スマホケースに「刻印、印刷、塗装、スタンプ、布タグの縫い付け」などをします。
シールやステッカーを貼るだけでは、ダメです。

 

ここまで誰にも真似出来ない状態にまで細工を施してAmazonに出品すれば、相乗り出品を防止して商品を独占的に販売出来ることでしょう。

Amazonも認めている

なお、Amazonは、ノーブランド品に細工を施して自社ブランド化して販売するやり方を認めています。

Amazonテクニカルサポートの回答内容です。

Amazonといたしましては同一商品であれば、既存のカタログへご出品いただくようお願いしております。

なお、カテゴリーごとの商品登録ルールにも、「プライベートブランド品の出品について」の項目にて、下記の通り要件を記載しております。

 

●プライベートブランド品の出品について

自社で製造していないノーブランド品に対し、何らかのオリジナル性を加え独自のプライベートブランド品として出品する際は、以下の事項を遵守くださいますようお願いいたします。

1)ブランド名またはブランドロゴを、商品本体または商品のパッケージに印字または刻印する。

(恒久的な方法である必要があるため、シールやステッカーは不可。)

2)1)が明確に確認できる画像を登録する。

3)商品名にブランド名を記載する。

4)ブランド名欄に該当ブランド名を登録する。

 

上記の条件を満たしていない商品はすべて【ノーブランド品】としての出品となりますので、ご注意ください。

なお、一部のカテゴリーに対しては、特例として上記以外のルールを定めているカテゴリーがございます。

詳細は、出品いただくカテゴリーごとの商品登録規約をご確認いただけますと幸いです。

 

今後ともAmazon.co.jp をよろしくお願いいたします。

ノーブランドは海外で仕入れを

ノーブランド品の商品に、「商品本体に対する永遠に不滅の加工」を施して、自社ブランド化して相乗り出品を防止して独占販売するやり方について、紹介しました。

 

では、その加工対象であるノーブランド品をどこで仕入れたらよいのか?

 

日本国内では、中々手に入らないでしょう。

日本国内で販売されている商品にはJANコードが付与されており、ほぼ全ての商品がAmazon.co.jpで網羅して販売されている可能性が高いです。

もちろん、ガチャガチャや、期間限定販売などのレアグッズなど、JANコードが無くAmazon.co.jpでの出品がまだな商品も存在します。

ですが、この手の物はすぐに目をつけられて製品コード免除申請をして出品するセラーが出て来ることでしょう。

 

ですから、日本国内でノーブランドを仕入れるのは止めて、海外に目を向けると良いかと、私は思います。

私がAmazonセラーフォーラムにアップされた投稿を読み勉強した上で言うと、日本で販売すれば普通に売れる、

加工対象であるノーブランド品は、中国に数多くあるような気がします。

輸入せどりをして中国から商品を仕入れているせどらーは、おそらくノーブランド品を仕入れて、「商品本体に対する永遠に不滅の加工」を施して独占販売しているのでしょう。

類似品が既に登録されていないか要注意

ただし、中国には模造品(偽物)が数多く売られています。

 

ノーブランド品のスマホケースを例に取ります。

スマホケースに自分で刻印した模様が、既にAmazonに商品カタログが登録されている同一ノーブランド品のスマホケースの模様と類似している場合、Amazonは商品カタログを削除して、アカウント停止のペナルティを課します。

 

ですから、これから出品予定の商品と類似している商品が、Amazonに存在していないかどうか確認する必要があります。

類似品が存在しない確証を得るために

Amazonに類似品が存在しないという確証を、どうやって得るのか。

スマホケース一つとっても、Amazonに数万点もの商品カタログが存在します。

それを一つずつ人の目で確認するのは現実的ではありません。

類似品が存在しないことの確証を得るために、Amazonテクニカルサポートに問い合わせをしましょう。

以下に、私が過去に頂いた、Amazonテクニカルサポートの回答内容になります。

商品登録の際は、商品名や製品コード、画像などのカタログ情報を確認していただき、登録をしていただく流れになりますが、情報に誤りがある状況の場合は、商品登録いただく前にテクニカルサポート宛に情報をお寄せいただき、ご連絡いただければと存じます。

 

上記の回答内容は、本記事の論旨とはやや異なります。

ですが、商品カタログを作成する時に不安に思ったら、一旦Amazonテクニカルサポートに相談しましょうということは、分かるかと思います。

 

類似品を販売したらアカウント停止になるのは事実です。

実際に、Amazonセラーフォーラムに投稿されたセラーが、アカウント停止の被害に遭っています。

そのセラーに届いた、Amazonテクニカルサポートのメール内容を紹介します。

「このたび出品者様が出品されていた商品について問題があるとのご連絡が寄せられましたため、出品者様の出品アカウントを一時停止いたしました。

当サイトにご連絡が寄せられた出品例は以下の通りです。

問題の種類: 真贋に関するご連絡があった商品

自社ブランド化出来たら大儲け出来る可能性がある

それでも、商品を永続的に独占販売出来たなら、安定収入を得ることが出来ます。

安定収入どころか、数億円の大金を手に入れられるのかもしれません。

 

私は中国輸入せどりを例にとって、商品を独占販売する方法を紹介しました。

 

もう一つ、商品カテゴリー「服&ファッション小物」の商品を販売するという手もあります。

こちらも、JANコードが無くAmazon.co.jpでの出品がまだな商品が多数あると言えます。

衣服なら製品規格という概念が存在しませんから、ノーブランド品のものも日本国内に多数眠っていることでしょう。

こういう衣服に、「刻印、印刷、塗装、スタンプ、布タグの縫い付け」などをして、「商品本体に対する永遠に不滅の加工」を施して自社ブランド化し、商品を独占販売するというやり方もあります。

 

まだ他にも、狙い目の商品カテゴリーが存在するかもしれませんね。

みなさんも、自社ブランド化して独占販売することに興味がありましたら、自分なりのやり方で探してみて下さい。

ここまでをまとめ

・ノーブランド品を自社ブランド化してAmazonに出品することが出来る

・自社ブランド化出来たら、相乗り出品されず独占販売出来る可能性がある

・ただし、自社ブランド化した商品の模様が、既に出品されている同じノーブランド品の模様と類似している場合、アカウント停止になるので要注意

自社ブランド化してアカウント停止に

実際に中国輸入せどりをして、スマホケースを自社ブランド化して販売しているセラーがいます。

このセラーは、Amazonアカウント停止の憂き目に遭いました。

そのセラーがAmazonセラーフォーラムに投稿されていたので、ここで紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

「このたび出品者様が出品されていた商品について問題があるとのご連絡が寄せられましたため、出品者様の出品アカウントを一時停止いたしました。

 

当サイトにご連絡が寄せられた出品例は以下の通りです。
問題の種類: 真贋に関するご連絡があった商品

 

当サイトでは、購入者様および出品者様に信頼されるマーケットプレイスを維持するため、購入者より商品のコンディションや真贋に関するご連絡を確認した際は、速やかに対応を行っております。

これまでの購入者より寄せられたご連絡は、セラーセントラル「パフォーマンス通知」タブよりご確認いただけます。」

 

というメールが6月8日にAmazonアカウントスペシャリストから届きました。

 

当店は中国から輸入した商品を出品しております。

中国は偽物・コピー品の多い国ですから、ブランド品は扱わずいわゆるノーブランド品しか取り扱っておりませんでした。

 

今回問題となっている商品(スマホケース)も相乗りで出品していたのですが、このスマホケースは中国では容易に仕入れできるものであり、当店はブランド品とはとらえていませんでした。

 

このスマホケースの商品ページを見ますと、商品カタログを作成したと思われる出品者の名と同じ名がブランド名にされており、オリジナルブランド商品ですと記述されているだけでした。

ブランドを表す特別な印字が刻印されていたり、ブランドのタグが縫い付けられているわけでもなく、かつ、商標や意匠登録も調べましたが、されていませんでした。

よって、このスマホケースはノーブランド品である判断して仕入れをし、相乗りで出品しました。

 

Amazonの規約ではブランド品であると商品ページに記しただけではオリジナルブランドとは認められません。

この商品はノーブランド品であるので、本物・偽物という判断基準がどこにもありませんが、購入者から偽物扱いされてしまったわけです。

当店は間違えなくカタログと同じ商品を販売いたしましたし、本物・偽物という判断基準がどこにもない商品に対して購入者が偽物であると通報することなど考えられません。

 

おそらく商品カタログを作成した出品者が商品を購入し、購入者としてAmazonに偽物だと通報したのだと思われます。

そして、この商品の商品カタログも、私がアカウント停止に遭った後に削除されています。

ですが、削除された翌日に別のオークションサイトに同じ商品が出品していました。

おそらくは、カタログ削除が目的だったのでしょうが、当店としてはアカウント停止処分を受けてしまい途方に暮れています。

Amazonアカウントスペシャリストからは、商品が偽物ではないことを証明するように言われましたが、そもそも本物・偽物という判断基準がどこにもない商品の真贋を証明できるというのでしょうか。

 

当店はAmazon規約に常に注意し、お客様にも誠実に対応してきたつもりです。

このままアカウント停止になるのはどうしても納得がいきません。どなたかお知恵を貸してはいただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

類似品のチェックをしないとダメ

この方は何故アカウント停止になってしまったのかについて、Amazonセラーフォーラムに答えが書かれていました。

答え自体は簡単でした。

単純に、類似品(偽物)を販売していたので、Amazon規約に抵触してしまい、アカウント停止になったという感じです。

以下に、Amazonセラーフォーラムの投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

先程、ある出品者様よりメッセージを頂きました。

当店が扱っていた該当商品のスマホケースの模様が、プライベートブランド品の商標を侵害しているのではないかというご指摘を頂きました。

この商品がブランド品だからノーブランド品だからという問題以前に、商品自体に問題がある商品だった可能性が高いです。

私はその模様のことを知らなかったため、商品カタログに登録されているブランド名や画像にだけ意識が向かっていました。

ただ、知らなかったで済まされる話ではないので非常に反省していますし、アカウント停止も当然だと思います。

多くの方にご迷惑やご心配をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

 

このスマホケースには類似品があったので、出品NGな商品でした。

中国輸入をされている方、これからしようと考えている方は、本ケースを参考にして、仕入れする商品に類似品が無いかどうかしっかりチェックしてください。

 

ブランドの概念

ここで、「ブランド」の概念について、Amazonセラーフォーラムに、大変勉強になる書き込みがありましたので紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

輸入品をノーブランドで販売して、購入者から偽物であると判断されてしまったとの事ですが、まず輸入品の「ブランド」は誰が設定するものなのかという問題があります。

通常、ブランド名は製造業者か販売元が設定するものなのですが、輸入品の場合は「輸入業者が設定する」場合もあります。

例えば日本においても、工場で製造したものを大手販売元が買取し、販売元のブランド名で売るという事がよくあります。

 

ではなぜ輸入元がブランド名を設定するかというと、それは日本では法的な問題から輸入業者は製造業者と同じ立場(製造物責任)にあるからです。

海外の商品の場合、消費者は海外の製造者へ責任を負わせるのは物理的に距離が離れているため難しいので、その訴訟相手として輸入業者を選択する権利があります。

 

ですから、今回のスマホケースのように、中国から輸入している業者が、スマホケースに輸入業者を示すラベルを貼るなどして、ブランド名をつけていた場合について。

商品カタログを作成して出品している商品に対して、仮に同じ工場で作ったものであったとします。

これを輸入業者を示すラベル無しの状態(ノーブランド)で相乗りして出品した場合、購入者から偽物だと訴えられたなら、その中国から輸入している業者に責任を押し付けた事になります

中国から輸入している業者が、そのスマホケースにラベルを貼って商品画像を載せてオリジナルブランドを名乗っている以上は、こちらがコピー品だと判断されても仕方ないと思います。

(実際に過去には、同じ工場で作成したものを偽ブランドとした例もあります)

 

で、今回の件ですが、まず第一に商品カタログ作成者がオリジナルブランドをうたっています。

そこに輸入業者を示すラベルを貼るなどして輸入者の名前を記載していた場合、仮に中身が全く同じものであろうとも、ブランド登録者はその輸入者になります。

そこに商標権の登録がなかろうがです。

 

商標権とブランドは、概念が全く異なります。

商標権は、その商品の所在を法的に認める権利のことです。

ブランドは、その商品の所在を自身のものであると主張した段階で発生します。

商標権の登録は裁判で争う場合の登録ですので、アマゾンでブランドを証明する事の役に立つ可能性は低いです。

実際にブランド名をつけても商標登録していない例は山ほどありますので、ちょっと分が悪い感じがします。

 

その商品(今回だとスマホケース)は、商品カタログを作成した本人のみに販売権があると主張したい。

販売権を主張するために、そのスマホケースにラベルを貼って商品画像を載せてオリジナルブランドを名乗った。

ブランドを盾にして、商品画像と同一品ではないという理屈をつけて、相乗り出品した人間(ライバル)を排除して、独占的に販売したい。

商品ページの商品画像に商品ラベルを貼って販売している出品者の意図は、こんな感じでしょうか。

相乗り出品はAmazonで認められている

しかし相乗り出品はAmazonで認められています。

ただし条件付きで。

以下に、Amazonセラーフォーラムに投稿されたセラーのご意見を掲載します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

勉強しているセラーはブランド成立要件を理解し、商品カタログを作成しています。

商品カタログと同一品でなければ出品不可であることから、オリジナルブランドであろうがamazonブランドであろうが商標権取得済のブランドであろうが、相乗りを考えるならば同一品であることの裏付けが取れなければ出品できません。

しかし、同一品であることを証明出来たなら、相乗り出品を否定しないというのがamazonの立場です。

Amazonは、1商品1カタログを原則としているのですから当然です。

 

相乗りした出品者を排除するのは、Amazon規約違反になると主張される方もいました。

我々セラーはamazonでモノを売るのが仕事です。

amazonがルールや方針を定めたのならば、これを否定するのではなく、勉強して理解しなければなりません。

よっぽど一方的に権利が侵害されたとか、財産を侵されたなどの問題がある場合は別ですが、今回話題になっている「相乗り」や「ブランドの定義」などについては、amazonが決めたルールをまず先に理解するほうが先だと思います。

 

相乗り出品されたくないから、伝家の宝刀をふるって排除してしまいたい。

こういう態度をとるのは、正直かもしれませんがおもいっきりド素人丸出しですよね。

ある商品ページの商品説明文には、「このカタログには出品不可」などどいう記述をいまだに見かけますが、あれも立派な規約違反です。

amazonからすれば、他人のシステムをルール無視で私物化するな、といったところでしょうから。

 

話をまとめます。

 

今回問題になっている、中国輸入したスマホケースですが、類似品であり商品自体に問題があったため、購入者から偽物だと訴えられてアカウント停止になってしまいました。

 

このスマホケースにはJANコードが付されていませんでした。

このスマホケースにJANコードがあれば、ブランドが確定され、本物・偽物という判断基準が生まれるので、仕入れしても偽物だと訴えられることは無かったはずです。

 

ですが、JANコードが付されておらず、その商品の所在が誰のものでもない、いわゆるノーブランド品も出品可能みたいです。

この場合、そのノーブランド品の商品に輸入業者を示すラベルを貼るなどして、ブランド名をつけて、ブランド品であることをアピールして商品カタログを作成して出品することが出来てしまいます。

 

当然、輸入業者を示すラベルは、その輸入業者しか持っていませんので、その商品を独占的に販売出来てしまいます。

その商品カタログを使用して相乗り出品してきた出品者(ライバル)を、ラベルが無いからという理由で、偽物だと主張して排除(アカウント停止)出来てしまいます。

 

相乗り出品はAmazonで認められていますので、相乗り出品してきたライバルを排除してはいけません。

ですが、このように売れ筋のノーブランド品を探し出して、自身のラベルを貼ってブランドを主張して、その商品を独占的に販売することは可能みたいです。

 

中国輸入で、ノーブランド品を専有できたら、もしかすると大儲け出来るかもしれません。

中国には偽物・まがい物が蔓延しておりますので、中国輸入してせどりをされている方は、色々注意しなくてはなりませんね。

 

最後に、こちらの方のAmazonセラーフォーラムへの投稿内容を紹介して終わりにします。

例え中身が同じ商品でも、独自のブランド名・型番・オリジナルパッケージでカタログを作成しているものに相乗り出品するのはリスクが高いです。

商品は包装などのパーケージを含めて商品であり、そのパッケージに恒久的に変えられない方法(たとえばラベル)で独自ブランド名等が刻印されていれば、相乗り商品は偽物と判断される場合があります。

この場合のブランド名は商標といった法的な権利主張は関係なく、個人が勝手に作ったものでもamazonにおいては有効なようです。

要は写真を含め、amazonの商品ページに掲載されている内容と完全に同じものが提供できなければ、偽物になってしまう可能性があるということです。

 

相乗り出品する理由は、「元の出品者より安く提供できる」「評価が高い」「売れている」「商品の見た目が同じ」などの理由があるかと思います。

しかし商品カタログを作成した出品者も、独自の商品ラベルを開発するなど、コストと時間と手間暇をかけて、利用者に評価されならがら売れる商品に育てようとしています。

ですから相乗り出品されるのを嫌って、独自ブランド名や型番を付けている可能性が高いです。
もし、売れている商品に対して 安易な相乗りが行われれば、徹底的に排除に動くことが考えられます。

例えば相乗りされた後にでも、元の出品者しか提供できない条件の説明や写真を正当な理由で付け加えられた(変更された)としたら・・・

その瞬間から相乗り商品は偽物になってしまう恐れがあります。

 

以上のようなリスクがあるので 相乗り出品される場合は最初からノーブランドの商品か、同じJANコードを持つ商品に限った方が安全だと思います。

偽物が相乗り出品されたら

Amazonでは、ノーブランド品のスマホケースなどを中国から輸入して、自社ブランド化して出品することが出来ます。

この場合は、自社ブランド化した商品を作成した後、商品カタログを新規作成してAmazonに出品することになります。

そのメリットにつきましては、『ノーブランド品を自社ブランド化して独占販売出来る商品を紹介します』の記事を御覧ください。

 

さて、この自社ブランド品は、ニット帽に自社のロゴを縫製するなどしているため、他に売られていません。

ゆえに、自社ブランド化した出品者が独占販売出来るはずです。

 

ですが、自社ブランド化する前の、ノーブランド商品を相乗り出品する輩がいるそうです。

自社ブランド商品に偽物が相乗り出品された

ノーブランド品を努力して自社ブランド化して、せっかく独占販売出来るようになったはずなのに、その商品ページに相乗り出品されたセラーがおり、Amazonセラーフォーラムに助けを求めていました。

 

その投稿内容を、以下に紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

当社は、無地の黒のニット帽(ノーブランド品)に、自社のロゴを縫い付けて自社ブランド化して、Amazonに出品しています。

この度、偽物を販売している人間がいるとのメールを購入者から頂き、偽物が相乗り出品されていることが判明しました。

早速、この相乗り出品者の商品を購入して、調べました。

その結果、このニット帽は当社のロゴが無い無地の状態(ノーブランド品)でした。

そこで、Amazonテクニカルサポートにケースを上げて通報しました。

しかし、全く対応してくれませんでした。

Amazonテクニカルサポートの回答は、「当社の方でこの相乗り出品者に直接連絡して対応せよ」でした。

そこで仕方がなく、この出品者に電話をしましたが、全く出てくれませんでした。

次にメールを何度か送りましたが、本日まで返信なしです。

 

このニット帽は、当社で最も売れている目玉商品です。

もし、この商品に悪い評価とカスタマーレビューが続くと、商品価値が無くなり死活問題になってしまいます。

この偽物商品を相乗り出品しているセラーに対して、どう対応すればよいのでしょうか?

偽物の相乗り出品者は無視してOK

ここから、上記のセラーに対してAmazonセラーフォーラムに回答された方の内容をまとめて紹介します。

 

まず、結論から言えば、偽物商品を相乗り出品しているセラーは、放置するだけでOKです。

偽物商品ですので、購入者から購入者からの返品&返金リクエストが相次ぐからです。

もし偽物商品を相乗り出品したセラーが、購入者からの返品&返金リクエストに応じなければ、今度はAmazonマーケットプレイス保証申請や、「評価1」の悪い評価を大量に食らうことになるでしょう。

 

例えば、低評価率とAmazonマーケットプレイス保証申請率は、顧客満足度指数の注文不良率に関わってきます。

こちらに、注文不良率の画像をお見せします。

注文不良率

 

一つでも低い評価やAmazonマーケットプレイス保証申請をされると、注文不良率が上がります。

私の場合は注文不良率が1%以下のパフォーマンス目標が課せられており、1%を超えるとアカウント健全性の状態が悪くなります。

そして、アカウント健全性の状態が悪い状態が続くと、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖になり、商売が出来なくなります。

※出品者パフォーマンスにつきましては、Amazonヘルプページ『出品者パフォーマンスの指標』を御覧ください。

なので、偽物商品を相乗り出品しているこのセラーは、放置すれば勝手に消えていきます。

偽物の相乗り出品者を駆除する方法

偽物商品を相乗り出品しているセラーは、放置すればOKです。

 

ですが、商品ページに、カスタマーからの悪い評価とレビューが蓄積されていくと、自社ブランド化した商品の売れ行きが悪くなる可能性があります。

自社ブランド化するためには多大なる労力を投資することになるでしょう。

もしかしたら、社運をかけて自社ブランド化しているのかもしれません。

それで偽物商品が相乗り出品されて、商品の評判が悪くなったら、死活問題ですね。

 

偽物商品の相乗り出品者は放置するだけで良いですが、商品の評判が悪くなる恐れがあるので、このセラーに警告して出品取り下げをさせましょう。

偽物商品を相乗り出品したセラーに対する対処法として、3通りのやり方がAmazonセラーフォーラムで紹介されていました。

紹介します。

相乗り出品に警告メールを送る

一つ目の方法は、偽物商品を相乗り出品しているセラーに警告メールを送ることです。

 

Amazon.co.jpのアカウントを使って、購入者としてこのセラーに警告メールを送ります。

Amazonセラーセントラルには、顧客満足度指数の一つとして「メッセージ管理の指数」があります。

以下に、メッセージ管理の指数の画像をお見せします。

メッセージ管理の指数

 

私の場合、24時間以内の回答時間のパフォーマンス目標が90%より高く、回答遅延率が10%以下のパフォーマンス目標が課せられています。

このパフォーマンス目標を満たさないと、アカウント健全性の状態が悪くなります。

先程の低評価率の場合と同じく、アカウント健全性の状態が悪い状態が続くと、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖になり、商売が出来なくなります。

だから、このセラーは警告メールを必ず読むはずです。

警告メールの内容

次に、どんな内容の警告メールを送るかですが、以下のような内容でやってみましょう。

<警告メールの内容>

○○店 出品担当者様
【出品商品名】JANコード

出品者の △△店 です

こちらの商品は、当社がAmazonにてオリジナルブランド(ブランド名X)として登録して当社が独占販売している商品です。

この度、貴店ご出品の商品を購入して確認したところ、ブランドロゴが無く、生産国も異っている全く別の商品でした。

直ちに出品を取り下げて頂くようお願い致します。

また、ブランド名Xというロゴがある商品につきましては同様にブランドロゴの無いものは販売できないことを、あらかじめお伝えします。

なお、本メール送信後に出品取り下げをされない場合、Amazonテクニカルサポートに通報いたしますことを承知願います。

Amazonは、偽物の販売を固く禁じています。

貴店の行為に対してアカウント閉鎖などの制裁が課される可能性があることを、ご理解ください。

弁護士を呼ぶか?

この偽物商品を相乗り出品しているセラーは、偽物商品を専門に扱業者の可能性もあります。

こういう業者の場合、警告メールを送っても出品を取り下げない可能性が高いでしょう。

アカウント閉鎖の制裁を食らっても、アカウントを新規取得して、また同じことを繰り返すからです。

 

では、弁護士を呼んでやり合いますか。

ですが、弁護士が出来ることは、せいぜい出品を取り下げてもらうことまででしょう。

その悪徳業者から賠償金を取ったりなどのダメージを与えることも可能でしょうが、弁護士への依頼料が莫大なものになるはずです。

また、出品を取り下げてもらっても、アカウント名を変えてまた出品をしてくるかもしれません。

ハッキリ言って、イタチごっこです。

弁護士に依頼するのは、効果的な方法とはいえないでしょう。

やはり無視するのが一番

弁護士を雇う、警告メールを送る、いずれの方法を駆使しても、偽物商品を相乗り出品しているセラーを排除するのはやや難しいです。

 

ではどうするか?

 

やはり放置して、Amazonアカウント閉鎖になって消えるのを待つのが、最も効果的でしょう。

 

この悪質なセラーのせいで、商品自体にカスタマーからの悪い評価やレビューが相次いて、商品の価値が下がる可能性があります。

こうなる前に、商品カタログの商品説明欄に、以下の内容を記載して、オリジナルブランド品であると主張して、相乗り出品者の商品が売れないようにしてみましょう。

<商品説明文>

こちらは○○が企画・販売する、オリジナル商品です

○○契約メーカーで製造、○○が検品して販売し、○○品質基準で高品質な商品を提供できるように努めております。

『商標登録済み第*******号』

 

偽物商品を相乗り出品する悪質なセラーを排除するのは難しいですが、こちらも努力するしかないのが現状です。

ここまでまとめ

・ノーブランド品を自社ブランド化して独占販売する方法がある

・だが、その商品ページにノーブランド品の偽物商品を相乗り出品するセラーが存在する

・偽物商品を相乗り出品する人間に対して、Amazonテクニカルサポートは何もしてくれない

・偽物商品の相乗り出品者の商品の購入者から、悪い評価やAmazonマーケットプレイス保証申請が相次ぐはずなので、放っておけばAmazonアカウント閉鎖になって勝手に消える

・偽物商品を相乗り出品するセラーへの対処法は色々あるが、放置するのが最も効果的

 

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。