無在庫販売は規約違反です。
アカウント閉鎖になります。
ただ、注文を受けて、仕入先から確実に商品を取り寄せ出来る場合はこの限りでは無いそうです。
ですが、仕入先と契約して在庫を確保できるセラーはそうそういないでしょう。

 

スポンサーリンク

無在庫販売は1年持たないらしい

今回紹介する事例は、無在庫販売に手を染めたせどり初心者です。

Amazonセラーフォーラムの投稿内容を校正して紹介します。

私はセラーを始めて間もない新参者です。
自己発送で商品を販売しています。
商品を海外から仕入れる形で、無在庫販売をしております。

 

昨日、無在庫販売している商品が初めて売れてしまいました。
まさかここまで早く売れてしまうとは、思いもしませんでした。
商品が売れたのは良いのですが、情けないことに、その後の手順が全く分かりません。
商品が売れた後、商品出荷の連絡を購入者にしなくてはならないみたいですが、どのタイミングで連絡を入れたら良いのか分かりません。
今すぐに連絡を入れるべきか、それとも海外から商品が届いてから連絡を入れるべきか・・・。
どうすれば良いのか全く分かりません。

 

無在庫販売をされている方がおりましたら、是非アドバイスをいただきたいです。

 

この方が無在庫販売に手を染めたきっかけは分かりかねますが、無在庫販売を推奨している情報商材やせどりブログや副業雑誌は、結構あるみたいですね。
無在庫販売はコストがかからず、リスクもない素晴らしいやり方で、やらなきゃ損だと煽るようにして紹介されているそうです。
しかし、現実はリスクまみれです。
素人が手を染めると、ほぼ確実にアカウント閉鎖になるそうです。

 

無在庫販売に手を染めると、何が原因でアカウント閉鎖になるのかを紹介します。

無在庫販売に手を染めて、あえなくアカウント閉鎖のペナルティを科されて消えていったセラーを、私はこれまでたくさん見てきました。
残念ながら、あなたのように、訳の分からないまま無在庫販売に着手して、取り敢えず売れたら考えよう的な方は、1年持たずに消えていくでしょうね。

 

当たり前ですが、今すぐ無在庫販売を止めるべきです。
ですが、こう言ったからと言って止めるセラーはまずいないでしょうね。
なので、無在庫販売で陥りやすい罠を挙げます。
あなたはこの罠を潜り抜けますか?

 

1.出品商品数を増やし過ぎる
無在庫販売は、仕入れ資金が不要です。
ですから、Amazonへの出品数をいくらでも増やせます。
ですが増やしすぎた結果、すべての商品の管理が出来ず、注文を受けてから仕入れできない商品が多数出てきて、注文のキャンセルを大量に行い、キャンセル率の状態が悪くなる可能性があります。
あなたのように、Amazonでの販売実績が浅いセラーは、販売した商品数という分母が少ないため、注文がキャンセルになった商品が多発するとキャンセル率が跳ね上がり、アカウント閉鎖になる可能性があります。

 

2.設定在庫数を増やし過ぎる
在庫管理画面にある個々の商品の在庫数を多く設定するのも危険です。
このようなことをするのは、在庫数が多いとカートボックスを獲得しやすくなるという情報が蔓延しているかららしいです。
しかし、在庫数を多く設定した商品が売れてから仕入れが出来無かった場合、注文のキャンセルを大量に行うことになります。
よって、キャンセル率が跳ね上がり、アカウント閉鎖になる可能性があります。

 

3.出荷が遅いのに、出荷にかかる日数を短くしてしまう
カートボックスを獲得するためには、注文から出荷までの日数を短くする必要があります。
具体的には、5日以内にしなくてはならないみたいです。
しかし、無在庫販売の方の場合、注文を受けてから取り寄せを行うため、注文から出荷までの日数が5日以上になる場合が多いです。
よって、出荷遅延が多発して、出荷遅延率が跳ね上がり、アカウント閉鎖になる可能性があります。

 

4. 負のスパイラルに追い詰められてゆく
注文のキャンセルを大量に行ったり、出荷遅延が多発したりして、低い評価を多数もらい、売上が下がっていきます。
それでも何とかして売上を上げようとして、出品商品数を増やした結果、注文のキャンセルや出荷遅延がさらに続発して、低い評価を受けて売上が下がる。
キャンセル率、出荷遅延率、注文不良率が跳ね上がり、アカウント健全性が悪くなり、アカウント閉鎖になる。

 

無在庫販売に手を染めたセラーは、こんな感じで、1年持たずに消えていきます。

 

無在庫販売はこのように、デメリットだらけ、リスクまみれなのに、手を染めるセラーが何故多いのでしょうか?
私は理解が出来ません。
当たり前ですが、商品を販売したいのなら、きちんとモノを仕入れて出品してください。

 

無在庫販売に失敗して注文キャンセルが連発した事例

無在庫販売のこうしたリスクを知らずに、安易に手を染めてしまった方が、注文キャンセル連発の憂き目に遭い、Amazonセラーフォーラムに投稿して助けを求めていました。

以下、その投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正して紹介します。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

私はせどりを始めてまだ1年程度の新参者です。

この度、無在庫販売に着手したところ、商品を取り寄せることが出来ず、出品者都合による注文キャンセルを大量に行ったことにより、出荷前キャンセル率の状態が×となってしまいました。

現在、アカウントスペシャリストから直接連絡を受けて、この状態を指摘されています。

この状況を改善するために、確実に仕入れできる保証が無い商品に対して、在庫管理画面に登録している商品の在庫数を0にして販売できないようにしております。

それでも、現在も商品出荷待ちの購入者を大量に抱えており、今後も注文キャンセルを行わねばならない状況です

こうした購入者には、購入者が注文キャンセルを行っていただくようお願いしていますが、ほとんどのお客様から断られました。

このまま問題を放置していると、商品を発送できないために、今度は出荷遅延率も上がってしまいます。

キャンセル率も注文不良率も上がり、パフォーマンス目標を満たすことが出来ず、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖になってしまうのではないかと不安でなりません。

どのようにすれば良いのでしょうか?

Amazonでは、無在庫販売は禁止されています。

禁止と言っても、Amazon規約に直接このことが書かれているわけではありません。

Amazonは顧客満足度指数に、出荷遅延率や出荷前キャンセル率といったパフォーマンス目標を設けており、このパフォーマンス目標は在庫が手元に無いと達成できないようになっています。

なので、Amazonは無在庫販売を実質的に禁止していると言えます。

インフォトップなどでせどり教材を検索してみると、無在庫販売を推進する詐欺情報商材が沢山ヒットします。
特に中国輸入で無在庫販売のノウハウが紹介された情報商材が多いです。

ですが、無在庫販売はリスクだらけなので、メーカーや卸業者といった大手の仕入れ先が確保できる方以外は、手を染めてはいけません。

無在庫販売は購入者に対する裏切り行為

Amazonの購入者は、欲しい商品をAmazonで買えば、速く確実に手に入ると期待しています。

Amazonは購入者から信頼されているのです。

それなのに無在庫販売をやって、出品者都合による注文キャンセルをしたり、または購入者にキャンセルをお願いするのはダメでしょう。

無在庫販売に失敗してAmazonアカウント停止になるのは、自業自得でしょうね。

 

先ほど紹介しましたセラーは、Amazonセラーフォーラムで怒られていました。

その怒られた内容を紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正して紹介します。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

お客様は商品が欲しくて貴店に注文した訳であり、「こうした購入者には、購入者が注文キャンセルを行っていただくようお願いしていますが、ほとんどのお客様から断られました。」と、お客様が対応したことは至極当然でしょう。

Amazonでは、商品ページに「品切れ中」と表示された商品や予約販売品以外は、商品注文後、翌日~数日以内に現品が手元に必ず届くというサービスを提供しており、お客様はAmazonを信頼して注文しています。

それなのに、注文後現品が届かず、「在庫がありませんのでキャンセルリクエストをお願いします」と連絡が入ったら、お客様のショックがいかに多大なのかが分かるかと思います。

言うまでもなく、貴店が無在庫出品をされたせいで、こうした現状を招いたのです。

現時点で注文が入っていて発送が出来ない商品は潔くキャンセル処理を行い、その結果、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖の制裁を受けたら、甘んじて受け入れるしかありません。

貴店がこれからやることは、無在庫販売は今後一切行わない事を肝に銘じ、Amazonアカウントを作り直して一から出なおす以外方法はありません。

尚、販売代理店契約をして、商品を安定して入手出来る場合に限っては、無在庫販売は可能です。

もし今後も無在庫販売を続けたいのなら、こうした大手の仕入れ先を確保して、確実に仕入れが出来ると見込める状況になってから、無在庫販売を始めましょう。

一日も早く立て直されます様頑張って下さい。

無在庫販売はリスクだらけ

無在庫販売をやっているせどらーや業者は、大量に存在します。

彼らは、Amazonに限らず、Yahoo!ショッピングなどにも侵食して、購入者に迷惑をかけているそうです。

 

Amazonセラーフォーラムに、無在庫販売の現状が投稿されていました。

以下に、投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正して紹介します。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

数年前から、Yahoo!ショッピングや楽天市場などの他のショッピングモールに無在庫販売という形で出品されている業者やせどらーが増えてきたように思えます。

彼らは、AmazonのFBA出品者の最低価格に利益を上乗せして出品して、商品が売れたら実際にAmazonでその商品を購入して、ギフト注文と言うかたちで購入者に直接発送するという悪質なやり方で販売しています。

 

ですが、そういった業者やせどらーはいずれ淘汰されるだけですよ。

実際にこういう業者やせどらーは、注文キャンセルを繰り返してモールでの評価が下がり売上が悪くなると、他のショッピングモール乗り換えるということを繰り返しています。

無在庫販売というと一見リスクがゼロのように思えますし、そういったノウハウが書かれたインチキ情報商材に騙される方々が沢山いらっしゃるようです。

ですが、モノレートを見れば明らかなとおり、Amazonの商品の最低価格は日々変動しており、他のモールにて設定した商品価格よりAmazonの商品価格が高くなった場合、注文をキャンセルするしか無くなります。

こういうことがありえるので、キャンセルを行う頻度が、在庫販売されている出品者に比べて非常に高くなるのです。

Amazonで無在庫販売をした場合は、出荷前キャンセル率が上がることで、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖になる恐れがあります。

そこまで行かなくとも、出品者がキャンセルを繰り返すと、評価1の悪い評価とフィードバックを大量に食らって評判が悪くなり、商品が売れなくなります。

このように、無在庫販売はリスクだらけなのです。

 

また、自己発送でAmazonに出品している出品者にとっては、無在庫販売のセラーは迷惑千万です。

無在庫販売に手を染めて注文キャンセルを繰り返す無責任な出品者が多数存在するせいで、在庫をきちんと保持して販売しているショップの信頼までもが損なわれてしまうからです。

こうした現状に憤りを感じているまっとうなお店も、多数いらっしゃることでしょう。

在庫を抱える資金もリスクも持てない方が生き残れるほど、この世界は甘く無いですよ。

不良在庫を過剰に抱える業者も生き残れない世界ですけどね。

無在庫販売の注文キャンセルの対処法

ここで、無在庫販売に手を染めて出荷前キャンセル率が上がりそうな方に向けて、対処法を紹介します。

無在庫販売で問題となるのは、商品が売れた後に商品確保出来ず、注文キャンセルが連発する恐れがあることです。

注文キャンセルが連発すると、出荷前キャンセル率が上がり、パフォーマンス目標2.5%以下を満たせずに、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖になる恐れがあります。

 

しかし、出荷前キャンセル率が上がるのは、我々出品者が注文キャンセルをした場合に限り、購入者が注文キャンセルをしても上がりません。

根拠は、Amazonヘルプページ『よくある質問:顧客満足指数』です。

■出荷前キャンセル率とは?

出荷前キャンセル率は、ある特定の期間を対象に、出荷通知を送信する前に出品者がキャンセルした注文の数を、注文総数で割って算出されます。

出荷前キャンセル率 = キャンセルした注文数 ÷ 注文総数

指標の算出には、出品者がキャンセルしたすべての注文が対象となりますが、購入者が、購入用アカウントの「商品をキャンセルする」、および「キャンセルリクエスト」ボタンから行った注文キャンセルは対象となりません。(保留中の注文も含む)

注文が入ったときに商品の在庫があり、すぐに発送できる状態を維持いただくことは非常に重要です。購入者からの注文、出荷依頼に対応しないまま出荷前に注文をキャンセルすることは、在庫を管理する上で改善いただきたい点になります。

出荷前キャンセル率は、常に2.5%以下を達成、維持していただく必要があります。

 

Amazonヘルプページ『よくある質問:顧客満足指数』より

このように、購入者に注文をキャンセルしてもらえれば、出荷前キャンセル率は上がりません。

 

ではどうやって購入者に注文をキャンセルしてもらうのか?

Amazonセラーフォーラムに、やり方が書かれていました。

以下に、投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正して紹介します。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

あなたの投稿内容に添った回答をすることが倫理的にいいかどうかは別として、対策方法を紹介しておきます。

まず、購入者に予定日までに出荷することが難しいことを伝えます。

注文が自動的にキャンセルになるのは30営業日後のため、それまでに商品を入荷して出荷できないようであれば、随時現状を報告の上、購入者にキャンセルをお願いします。

30日営業日後の時点で連絡がなかった購入者に対してのみ、出品者によるキャンセルを行います。
おそらく商品が出荷されないことが分かった時点で、よほど気長な購入者でなければ、購入者自身がキャンセルを行うはずです。

見込み出品や出荷が遅延することを前提とした出品はAmazon規約で禁止されています。

 

しかし、予約出品を始めとした発売日前の商品の出品がシステム上可能なことや、無在庫販売専門業者が絶えず存在しているのが実情であるので、高い評価の割合が90%程度を維持できており、アカウントの運営が長期間続いており、商品が予定通りに出荷できているのであれば、Amazonは無在庫販売の存在を黙認してくれるはずです。

 

ただし、このやり方は出荷遅延率を上げてしまうので、購入者に必ずマメに連絡をしてください。

 

↓↓↓↓↓

 

■出荷遅延率とは?

出荷遅延率は、ある特定の期間を対象に、出荷予定日から3日(またはそれ以上)を過ぎた注文の数を、注文総数で割って算出されます。

購入者が注文の配送状況を確認するためにも、出荷予定期間内に商品を発送し、出荷通知を送信することは非常に重要です。

出荷予定期間内に出荷通知が送信されなかった場合、購入者からの問い合わせが増えることが考えられるほか、購入者の満足度に影響を及ぼす可能性があります。

無在庫販売は、素人がやって成功できるような甘い商売では無いことは分かったはずです。

なので、無在庫販売をして注文キャンセルが連発して危うい方は、上記のやり方で切り抜けて、今後はまっとうな商売をしてください。

まとめ

・無在庫販売は、手元に商品が無いにもかかわらず、商品を出品して販売することが出来る販売スタイルのことである

・無在庫販売の商品は、自己発送でAmazonに出品することが出来る

・無在庫販売は、商品が売れた後に在庫が確保出来ないと、注文キャンセルをせざるを得なくなる

・商品が大量に売れた場合、注文キャンセルが連発して、出荷前キャンセル率が跳ね上がり、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖になる恐れがある

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。