目利きとは、せどりすとなどのツールを使わずに、目で見て商品を抜くことです。

もう一つ、売れない商品を目で見て選別することも、目利きの意味に含まれます。

 

この目利きが出来るようになると、仕入れ作業が非常に楽になります。

いちいち商品サーチしてモノレートの波形を見て、仕入れするかどうか判断する必要がなくなりますから。

疲労感が全く違ってきます。

 

私も目利きが出来るようになってからは、1店舗の滞在時間がかなり短縮され、1日に回れる店舗数が増え、仕入れ量が増加しました。

 

今回は、この目利きが出来るようになれるコツについて紹介します。

 

スポンサーリンク

 

目利きが出来るようになるコツ

これは、サーチをやりまくれば、そのうち目利きが出来るようになります。

 

だから、まずは量をこなしましょう。

店舗を回りまくって、商品を大量にサーチしまくってください。

 

数多くの商品に触れると、以前にも見たことのある商品に遭遇します。

見たことのある商品に何度も遭遇すると、この商品がいくらで売れていったのかを覚えます。

 

お金を稼げる商品ですので、その商品の情報は、強く記憶に残るものです。

サーチをやりまくる過程で、見たことのある商品のストックが徐々に増えていきます。

こうしたストックをたくさん持つことで、せどりすとを使わず、目利きでセール品をサッと抜くことが出来るようになります。

こうなれば、せどりすとで商品を一々調べる必要が無くなるので、サーチ作業がかなり楽になります。

疲労感が全く違ってきます。

売れない商品も目利きで省けるようになれる

見たことのある商品かつAmazonで売れる商品、という前提で話をしました。

一方で、見たことのある商品かつAmazonで売れない商品についても、目利きが出来るようになります。

 

大量にサーチしまくると、Amazonで売れない商品にも多数触れることになります。

Amazonで売れない商品のストックも沢山持つので、売れない商品をサーチする必要が無くなります。

 

このように、ワゴンにある商品を見て、売れる商品はさっさと抜く、売れない商品は省く、それ以外をサーチしてAmazonで売れる商品を探す、と効率的にサーチ出来るようになります。

頭の善し悪しは関係ない

私は記憶力が良い人間ではありません。

英単語一つ覚えるのにも、普通の人の倍の時間を書けて努力しないと覚えられません。

 

しかし目利きについてはお金が絡むので、売れる商品と売れない商品をラクに覚えることができます。

せどりを経験して実感したのは、お金は記憶力を高めるということです。

自分で実感した話ですので、自信を持って以下のように言えます。

みなさんがもし記憶力に自信がなくて、そんなに沢山の商品を覚えられないと思うのでしたら、それは間違えです。

覚えたらお金が手に入る、お金という強烈な動機があるので、儲かる商品と儲からない商品を覚えるのは、そこまで大変では無いでしょう。

覚えるための必要条件

しかし、覚えるために必要な条件があります。

自分でお店に出向いて、自分で現物をサーチして下さい。

現物に触れないと儲かる商品と儲からない商品を覚えられません。

 

他のせどらーさんのブログを見ますと、プレミア価格で売れた商品を紹介されている方が多数いらっしゃいます。

私もせどりを始めたての頃は、彼らが紹介された商品を見て、売れる商品を覚えるよう努力しました。

しかし、ほとんど覚えられませんでした。

ですが、自分で現物をサーチしたものについては、儲かる商品と儲からない商品が何かを容易に覚えることが出来ました。

この経験から、儲かる商品は人から教わるのではなく、自分で現物を見て覚えていくものだということを学びました。

 

目利きをする、つまり儲かる商品と儲からない商品が何かを覚えるための第一歩は、大量にサーチしまくることです。

大量にサーチしまくるときは、なるべく思考を停止させて、ただただ機械的にサーチして下さい。

黙々とサーチしているだけで、覚えられます。

儲かる商品と儲からない商品を覚えようと努力する必要はありません。

サーチをやりまくれば、勝手に覚えます。

お金が絡むことで、記憶力がMAXになるので、無意識のうちに儲かる商品と儲からない商品を自然と覚えることが出来ます。

みなさんにやってほしいのは、とにかく大量にサーチしまくること、これだけです。

 

私の得意分野は、CD・DVDせどりです。

玉光堂のアウトレットセールや、CDせどりのブルーオーシャン市場に遭遇して、何十万枚ものCD・DVDをサーチしてきました。

 

こういう経験があるので、CD・DVDについては儲かる商品と儲からない商品が何となく分かります。

だから、目の前に1,000枚CD・DVDがあったら、目利きでどんどん商品を抜いていけるので、多分1時間位でサーチを済ませられる自信があります。

 

目利きができるようになったのは、ただ単に何十万枚ものCD・DVDをサーチしただけです。

この過程で、儲かる商品と儲からない商品を勝手に覚えていった感じです。

特に覚えようと努力したわけではありません。

自然と覚えていきました。

 

ただし、CD・DVD以外の商品については、目利きが全く出来ません。

私は、おもちゃ・ゲームソフト・家電・デジタル機器も仕入れしています。

これらについては、サーチした物量がCD・DVDと比較して圧倒的に少ないので、目利きを全く出来ません。

これらの商品については、せどりすとで必ずサーチします。

仕入れに恵まれていない人はどうするか

私の場合は、玉光堂のアウトレットセール、ブルーオーシャン市場に運良く遭遇出来たので、CD・DVDだけは目利きが出来るようになりました。

つまり、目利きができるようになるためには、こうした圧倒的物量が存在する仕入先に遭遇しなくてはならないでしょう。

かなり運が良くないと、こうした仕入先に遭遇出来ないでしょう。

日々努力して自分なりのやり方を確立できていれば、こうした圧倒的物量が存在する仕入先に遭遇する可能性は高まります。

しかし、多くの人は、こうした仕入先に遭遇出来ていないでしょう。

 

では、こうした方々でも目利きができるようになるためにはどうすれば良いのか?

ジャンルを絞ることです。

中古本・中古CDなど、流通量が非常に多い商品ジャンルを突き詰めていくという具合です。

それよりは物量が劣りますが、新品商品でも大丈夫です。

おもちゃ・ゲームソフト・電球・デジタル機器などなど。

セールに出されやすく、かつAmazonで粗利がきちんと取れる商品でしたら、何でも良いです。

こうした商品については、私のブログで何度も具体的に紹介しています。

是非ご覧になって下さい。

 

突き詰めていく時のポイントは、取り敢えず見てみるという姿勢を持つことです。

イオンやイトーヨーカドーに行ったら、取り敢えず電球のコーナーに行ってみる。取り敢えずゲームソフトをのコーナーに行ってみる。取り敢えずおもちゃのコーナーに行ってみる。

こんな感じで、気楽な気持ちで取り敢えず行ってみましょう。

 

もしゲームソフトせどりが面白そうだと思って、ゲームソフトの目利きが出来るようになりたいなら、お店に行ったら必ずゲームソフトのコーナーに立ち寄って下さい。

そして、ゲームソフトのコーナーの商品を全て見て下さい。

全て見るというのは、全てサーチをするという意味ではありません。

サーチをするのは、ワゴンセールに出されたゲームソフト、陳列棚の最下段に置かれているセール品だけで充分です。

値引きされていない商品は、目で見るだけで良いです。

セール品はサーチ、値引きされていない商品は目視。

こんな感じで、すべての商品に目を通します。

こうすることで、儲かる商品と儲からない商品のストックを増やしていきます。

この作業を何度も何度も繰り返すことで、自然と目利きが出来るようになるはずです。

 

なお、ゲームソフトせどりについて、申し上げたいことがあります。

プレミア商品については、私はオススメしません。

 

このブログで何度も申し上げていますが、プレミア商品は、定価で仕入れなくてはならないケースが多いです。

また、Amazonが再販してプレミア価格で売れなくなるリスクがあります。

さらに、プレミア価格で売れる商品は、せどらーが群がります。

多くのせどらーが、プレミア価格で売れる商品のリストを作ってせどりをしています。

全国各地のせどらーが、一斉にその商品に群がったせいで、中々自分にカートボックスが回って来ず、商品が売れるまでに時間がかかってしまいます。

時間がかかるだけなら良いのですが、その間にせどらー同士で価格改定競争が始まって値崩れしたり、Amazonが再販したりして、結局プレミア価格で売れず赤字になる可能性があります。

こうしたリスクがあるので、プレミアが付いたゲームソフトについては手を出さないほうが懸命です。

まとめ

話が逸れましたが、目利きが出来るようになるためには、とにかくサーチをしまくることが重要になってきます。

圧倒的物量がある仕入先があることが理想ですが、その仕入先をまだ見つけていない方は、好きな商品ジャンルを決めて、それを突き詰めてみましょう。

好きな商品ジャンルと言いましたが、セールに出されやすく、かつAmazonで売ったら粗利がきちんと出る商品にして下さい。

目利きが出来るようになれば、サーチをするのがかなり楽になります。

サーチをする時間が短縮出来ることで、より多くの店舗を回ることができ、結果的に良い仕入先に恵まれる可能性が増します。

みなさんも、目利きが出来るように、とにかく機械的にサーチしまくって下さい。

 

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。