Amazonのコンディションガイドラインは、必ず守りましょう。

本記事では、ジャンク品と、発売年月日が古く中身を確認できない新品のおもちゃを例にとって説明します。

 

スポンサーリンク

 

ジャンク品はAmazonではなくヤフオクに出品を

ジャンク品をAmazonに出品するのは、規約違反となり、Amazonアカウント停止になる恐れがあります。

 

また、購入者からAmazonマーケットプレイス保証申請をされた場合、Amazonに認められる可能性が高いです。

Amazonマーケットプレイス保証申請が認められると、注文不良率が上昇して、アカウント健全性の状態が悪くなり、Amazonアカウント停止やAmazonアカウント閉鎖になる恐れがあります。

ジャンク品とは?

ジャンク品とは、『そのまま使える見込みがないほど故障・損耗して、製品としての利用価値を失っている故障品。ゴミ。(Wikipedia より)』のことです。

商品の1部分が故障していても、ジャンク品とみなされます。

ジャンク品はAmazonで販売不可

ジャンク品のCD・MDコンポをAmazonで出品して、返品されて販売不可在庫となったセラーがAmazonセラーフォーラムに投稿して相談していました。

その投稿内容を以下に紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいので、私の方で文章を校正しています。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

中古品のCD・MDコンポを、コンディション「中古品-可」として、FBAで出品しました。

商品説明文には、「MDが再生できない」ときちんと記載しました。

 

このように、商品説明文にその旨をきちんと記載したにも関わらず、返品されて、販売不可在庫になってしまいました。

購入者に返品した理由を問い合わせたところ、商品説明文に記載した「MDが再生できない」という理由でした。

 

商品説明文に状態をきちんと記載したにも関わらず、返品されるのは納得が行きません。

 

このCD・MDコンポは、サイズと重量が大きく、返送にかかる送料が高く付きます。

納品時にも、かなりの金額の送料が掛かりました。

返品されるのは本当に痛手です。

 

私のように、商品説明文にその旨をきちんと記載したにも関わらず、返品されるというのは、よくある話なのでしょうか?

Amazonのコンディションガイドラインを見てみよう

このセラーは、Amazonのコンディションガイドラインをよく見ずに出品したせいで、このような憂き目に遭っています。

ここで、『Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドライン』を、CD・MDコンポに絞って抜粋して紹介します。

■Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドライン

共通ガイドライン2:エレクトロニクス(CD・MDコンポ)

 

★コンディション:出品不可

・商品の使用状態:-

・商品本体・同梱品・部品・パーツの汚れ/傷:使用に支障のある傷

・新品販売時の同梱品(説明書含む):欠品があり、単体で商品としての使用が不可能

・新品販売時の部品・パーツの有無:部品交換をしていない、または消耗部品の交換をしていないために商品単体での使用が不可能

・製品保証および動作保証:なし

 

★コンディション:可(参考)

・商品の使用状態:使用多

・商品本体・同梱品・部品・パーツの汚れ/傷:多

・新品販売時の同梱品(説明書含む):新品販売時の本体の主要な仕様を変更しない範囲で、一部欠品はあるが商品の使用に全く支障なし

・新品販売時の部品・パーツの有無:消耗部品の交換をしていないために使用に一部制限があったり、使用上の工夫が必要

・製品保証および動作保証:メーカー保証が切れている場合、最低30日間の動作保証必須。(30日以内に動作しなくなった場合は返品の受け入れ必要)

 

Amazonのコンディションガイドラインに照らし合わせて、このCD・MDコンポが出品出来ない理由を説明します。

 

このCD・MDコンポは、MDが聞けません。

つまり、「単体で商品としての使用が不可能」な状態です。

ゆえに、「コンディション:出品不可」とみなされます。

 

以上の理由から、このCD・MDコンポはAmazonで出品出来ません。

もしAmazonに出品したいのなら、最低でも「商品の使用に全く支障なし」のものを出品しなくてはなりません。

ジャンク品を出品したらアカウント停止になる

先ほど紹介しました、CD・MDコンポを出品したセラーに対して、他のセラーがアドバイスをしていました。

皆さんに使える内容かと思いますので、ここで紹介します。

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

<Amazonセラーフォーラムの投稿内容>

あなたが出品したCD・MDコンポは、ジャンク品です。

Amazonでは、ジャンク品は出品出来ません。

だから、商品説明文に商品の状態を詳細に記載しても、ダメです。

Amazonのコンディションガイドラインに違反しているからです。

 

もし購入者から、低い評価を下され、「故障品だ」と評価コメントを残されたり、Amazonマーケットプレイス補償申請をされても、今回の場合は、抵抗できませんよ。

 

もう一つ、他の出品者からガイドライン違反だと申告される危険性もあります。

この場合、Amazonアカウント停止となって、出品している商品が出品停止になり、強制的に販売不可在庫になってしまいます。

 

ジャンク品をAmazonに出品しないよう、くれぐれもご注意下さい。

Amazonテクニカルサポートの回答

上記のセラーのアドバイスの内容が正しいことを、私の方でAmazonテクニカルサポートに問い合わせて確認しました。

ジャンク品を出品するのは規約違反であり、アカウント停止になる可能性があること、Amazonマーケットプレイス保証申請が認められる可能性が高い、とハッキリ言われてしまいました。

 

以下に、Amazonテクニカルサポート回答内容を紹介します。

<Amazonテクニカルサポートの回答>

masa ご担当者様

お問い合わせいただきました、「ジャンク品の出品」についてご案内いたします。

 

1.ジャンク品は、Amazonでは、「コンディション:出品不可」であると認識してます。もし、ジャンク品を「コンディション:可」で出品したら、規約違反になりますか?

出品不可商品とは、使用に支障のある傷や欠品があり、単体で商品としての使用が不可能である、または、部品交換をしていない、消耗部品の交換をしていないために商品単体での使用が不可能な状態のものを指しています。

出品者様が出品する際の認識において、出品不可とお思いになるジャンク品でしたら、規約違反に抵触する可能性があるかと存じます。

 

2.購入者からAmazonマーケットプレイス保証申請を受けたら、認められる可能性はかなり高いでしょうか?

上記のような状態であれば、認められる可能性は高くなるかと存じます。

 

3.出品用アカウントに影響あるのでしょうか?

影響が出る可能性のほうが高いかと存じます。

最悪、アカウントの停止などの措置を取られる場合もございます。

ジャンク品はヤフオクに出品を

ジャンク品をAmazonに出品するのは、絶対に止めましょう。

もしジャンク品を出品したいのなら、ヤフオクに出品しましょう。

 

ここで、ヤフオクでの評価を50,000件お持ちの方からお聞きした、以下の情報をお伝えいたします。

Amazonは新品商品に強い媒体

ヤフオクは中古品に強い媒体

 

Amazonのコンディションガイドラインを見れば明らかなとおり、Amazonは中古品に対して厳しい出品規制をかけており、中古品を出品するのに向いていません。

中古本や中古CD・DVDを出品するなら、Amazonはありだと思います。

 

ですが、家電製品やエレクトロニクス製品の中古品は、動作保証が出来ないなら、ヤフオクに出品した方が良いでしょう。

 

発売日が古く中身を確認できない新品のおもちゃも危ない

私は、こちらの画像にあるお店で、スーパーファミコンソフトを大量仕入れしました。

IMG_2974

 

スーパーファミコンソフトには、内蔵メモリーに通電するためのボタン電池が内蔵されています。

電池ですので、寿命があります。

私が仕入れたこのスーパーファミコンソフトは、発売年月日が20年以上昔のものでした。

なので、商品によっては、ボタン電池の寿命が切れて正常動作しないものも混ざっていました。

購入者からクレームがあり、販売不可在庫として返送されて判明しました。

 

もう一つ例を出します。

 

こちらのお店では、ゲームボーイカラーの本体を20点ほど仕入れました。

Amazonの販売価格が15,000円ほどで、粗利が10,000円以上でる商品でした。

大喜びで仕入れて、Amazonフルフィルメントセンターに納品して出品したのですが、5点ほど販売不可在庫として返送されてしまいました。

理由は、単3電池が腐敗して液が漏れて、ベタベタになっていたからでした。

ゲームボーイカラーについては、私の方で一度中身を確認してから、販売するべきであったと反省しております。

スーパーファミコンソフトについては、確認のしようがなかったのですが、運良くほとんどが売れてくれました。

仮に全て返品されていたら、大変なことになっていました。

購入者と揉めた事例

さて、このように、発売年月日が古く開封して中身を確認できない商品をAmazonに新品で販売することにはリスクがあります。

 

Amazonセラーフォーラムに、こうした商品を販売して購入者と揉めたセラーが投稿していました。

その投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

当店は、主に中古のおもちゃを取り扱っています。

 

今回、変形ロボットのおもちゃを業者から個別に仕入れることに成功しました。

新品未開封品です。

発売年月日が古いことが気になりましたが、取り敢えず外箱に痛みがないかをチェックして、中身を確認せずにFBAで販売してしまいました。

FBAで出品したおかげで、商品がAmazonフルフィルメントセンターに受領されてから、すぐに売れていきました。

 

しかし、その数日後、購入者からクレームの電話を受けました。

変形ロボットの関節の動きが非常に固いというクレーム内容でした。

おそらく、関節に塗られたグリスが固着しているのだと思われます。

購入者にお詫びして、返品と返金を申し出ました。

 

しかし、「状態は悪いが返品はしたくはない」とお断りされました。

詳しくお聞きしたところ、この変形ロボットがレア商品で、次また買える保証がないから返品したくないとのことでした。

当店でモノレートを見たところ、Amazonでは半年以上出品者がいない商品であることが分かりました。

オークファンをみたところ、ヤフオクでも年に数回ほどしか出品されない商品でした。

 

低い評価を付けられたくなかったので、改めて購入者に電話をして、一部返金を申し出ました。

そうしたら、購入者から「数日考えさせて下さい」と言われました。

 

その後1週間が経過しましたが、購入者から連絡はありません。

購入者にメールを送りましたが、返信はありません。

 

いつまで待った上で、購入者に改めて連絡するべきでしょうか?

そして、もし一部返金での対応が了承された場合、何割ほど返金すれば良いのでしょうか?

 

目安を教えてください。

返金率と注文不良率が上昇するのが問題

この問題で怖いのは、返金率と注文不良率の上昇です。

返金率については良いでしょう。

注文不良率は、不良品を掴まされて腹を立てた購入者が評価1の低い評価をしてきたり、Amazonマーケットプレイス保証申請をしてきた場合に上昇します。

 

この両者は、アカウント健全性を構成するファクターです。

ある期間内において、何パーセント以下でなければならないという、パフォーマンス目標が課せられています。

このパフォーマンス目標を満たせないと、Amazonアカウント停止になる恐れがあります。

 

詳しくは、Amazonヘルプページ『出品者パフォーマンスの指標』をご覧ください。

 

今回は、購入者がこの商品を手放したくないと主張しているため、返金を行わないで終わる可能性があります。

しかし、不良品を掴まされて腹を立てた購入者が評価1の低い評価をしてくる可能性が高いでしょう。

そのため、注文不良率が上昇して、アカウント健全性の状態が悪くなる恐れがあります。

さっさと返金しよう

この方に対して、アドバイスされている方がいました。

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です(文章校正後)。

Amazonでは、返品を受付できる期間が商品が購入者に到着してから30日以内と、結構長いです。

この期間につきましては『Amazonヘルプページ 返品・交換の条件』に書かれています。

返品された商品が返送されてきたら、返金しなくてはなりません。

このルールは『Amazonヘルプページ 返金について』に書かれています。

 

このように、返品を受付できる期間が長いので、まずは購入者から返信があるまで待ちましょう。

すぐに返信が来ないのは、多分その購入者が、手元にある変形ロボットと同程度のものがヤフオクなどに出品されるのを、待っているのでしょう。

そして、返品を受付できる期間ギリギリまで待って出品が無かったら、一部返金で妥協する腹積もりなのでしょうね。

 

さっさと返金して終わらせたいのでしたら、購入者に期限を記したメールを送って下さい。

「お問い合わせを頂いてから、お返事がありませんがいかがなさいましたでしょうか?もし○月○日までにお返事を頂けない場合、お取引を中止させていただきます。取引中止後は、返金対応などは一切出来かねますのでご了承下さい。」

 

こうすることで、商品到着から30日が経過して購入者が返品出来無かったために、購入者と揉めた場合も対処できるかと思います。

 

次に、返金することになった場合に、何割ほど返金するべきかについて。

モノレートの波形を見て、決めましょう。

ポイントは、中古品での販売価格以上、新品での販売価格未満です。

あるいは、販売価格の1割を返金すると機械的に決めるのもありです。

 

私からちょっとアドバイスさせてください。

 

まず今回の問題は、あなたが発売年月日の古い商品を新品商品として出品したことで、発生しています。

こういう商品は、中身を取り出して、動作不良品でないかをチェックするべきでしょう。

 

しかし、中身の確認が出来ない商品をAmazonで販売するときには、コンディション・新品ではなく、コンディション・中古品で出品してください。

コンディション・中古品の内訳は、「非常に良い」で。

そして、商品説明文に、このような内容を記載して下さい。

『新品未開封品です。発売年月日古く中身を確認していないため、「非常に良い」と評価します。未開封品ですので商品にキズなどはありませんが、もし動作不良品であった場合は、お手数ですが当店に直接連絡頂けますようよろしくお願いします。』

 

最後に補足です。

 

購入者と連絡を取る場合は、必ずAmazonによって匿名化されたアドレスを使用して連絡してください。

ドメインが「@marketplace.amazon.co.jp」のアドレスのことです。

このアドレスを使わないで連絡を取って購入者とトラブルになった場合、Amazonは仲裁に入ってくれない可能性があります。

 

以下、『Amazonヘルプページ マーケットプレイス・メッセージ管理』に書かれている内容を抜粋して紹介します。

 

<マーケットプレイス・メッセージ管理>

マーケットプレイス・メッセージ管理の利点

2.Amazon.co.jpの担当者が通信内容を確認できるようになるため、購入者と出品者の間で起こった紛争をより迅速に適切に解決に導くことができる

 

Amazon規約に沿って、取引して下さいね。

 

Amazonマーケットプレイス保証申請をされる前に、さっさと返金して終わらせるのは、良い考えだと思います。

なぜなら、返金率のパフォーマンス目標が5%と緩いからです。

 

以下に、Amazonヘルプページ『出品者パフォーマンスの指標』の内容を抜粋して紹介します。

評価:マイナスの評価が評価全体の5%以内である。

Amazonマーケットプレイス保証の申請率:Amazonマーケットプレイス保証の申請率が受注した注文全体の0.5%未満である。

返金率:一か月の返金率が当月の受注数の5%未満である。

 

上に書かれている内容を見れば分かるとおり、返金率は月に5%と比較的緩いです。

 

それに対して、Amazonマーケットプレイス保証の申請率は0.5%と非常に厳しいです。

これは、200個売って1回でもAmazonマーケットプレイス保証申請をやられたらアウトであるということです。

だから、さっさと返金して終わりにした方がよいでしょう。

もちろん、不良品を掴まされた購入者が腹を立てて評価1の低い評価をしてくるでしょう。

しかし、低い評価の割合が全体の5%未満であれば良いので、真面目に商売をしていれば、5%を超える可能性はまず無いでしょう。

まとめ

・家電・エレクトロニクス製品などで、商品が1部故障している(ジャンク品)の場合、Amazonに出品出来ない

・もしジャンク品を出品してしまったら、Amazon規約に抵触して、Amazonアカウント停止になる恐れがある

・加えて、購入者からAmazonマーケットプレイス保証申請をされたら、Amazonに認められる確率が高い。そうなると、注文不良率が上昇して、Amazonアカウント停止になる恐れがある

・ジャンク品は、ヤフオクに出品しよう。家電品などはAmazonに出品するのはあまりオススメしない

・発売日が古く中身を確認できないおもちゃなども危ない

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。