次に、Amazon一括出品ツールの応用例を紹介します。

Amazon一括出品ツールでは、以下のような利点があります。

アップロードによる一括商品登録完了後、在庫一覧画面ではデフォルトで作成日でソートしているため、新規追加した商品が在庫一覧画面の先頭に表示される。

 

例を示します。

以下のAmazon一括出品ツールのテンプレートファイルをアップロードした後の在庫管理画面になります。

Flat.File.InventoryLoader.jp.xls

商品管理番号    商品コード(JANコード等)    商品コードのタイプ    使用しない支払い方法    販売価格    ポイント    販売価格の下限設定    販売価格の上限設定    商品のコンディション    在庫数    登録/削除    海外配送    商品メモ    フルフィルメントセンターID

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id

20160102-01    9784047915572    4        800                2        a    14    非常に良い状態です。    AMAZON_JP
20160102-02    9784797349900    4        800                3        a    14    良い状態です。    AMAZON_JP

 

 

27

 

 

しかし、在庫管理画面に元からある商品については、都度検索して納品プランの商品一覧に追加する必要があります。

 

18

 

 

Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルを使用して、今回納品プランに登録したい既存の商品も在庫管理画面の先頭に持ってくることは出来ないのでしょうか?

そうなれば、既存の商品については都度バーコードリーダーを使用して検索する手間が省け、一気にチェックを入れて納品プラン作成に入れます。

作成日が最新の日付になるので、どの商品をいつ初めて販売したのかが分からなくなるという欠点はありますが。

 

出来るかどうか、カスタマーセンターに問い合わせました。出来ないそうです。

masa商店  ご担当者様

Amazonテクニカルサポートよりご連絡いたします。

④テンプレートファイルをアップロード後に「在庫を納品/補充」画面が開くことが理想ですが、それが現行システムでは不可能であるならば、テンプレートファイルをアップロード後に、テンプレートファイルに入力した商品群が「在庫管理」の先頭に来て欲しいです。

このようにすることは不可能でしょうか?

⇒誠に申し訳ございませんが、新規登録商品を除き、更新を行った商品が先頭とすることはできません。

ソート範囲の拡大のご要望として上程をさせていただきます。

Amazonテクニカルサポート

菊池

 

そこで、私なりに考えてみました。

こういう方法ではどうでしょうか?

①Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに既存の商品の在庫管理画面に登録されたSKUを入力して、登録/削除で「x = (削除)」を選択 

②Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに既存の商品の削除前の商品情報を全て入力する。

③Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルをアップデートする。

 

具体的にやってみましょう。

こちらの新品CDを例にとって説明します。

 

28

 

 

この商品の作成日は「2013/10/30 17:06:23 」で、結構前に作成したものです。

在庫管理画面の下の方に埋もれてしまっていますね。

 

29

 

 

①Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに既存の商品の在庫管理画面に登録されたSKUを入力して、登録/削除で「x = (削除)」を選択 

在庫管理画面からSKUをコピーして、Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに以下のように入力します。

Flat.File.InventoryLoader.jp.xls

商品管理番号    商品コード(JANコード等)    商品コードのタイプ    使用しない支払い方法    販売価格    ポイント    販売価格の下限設定    販売価格の上限設定    商品のコンディション    在庫数    登録/削除    海外配送    商品メモ    フルフィルメントセンターID

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id

22-4IYG-XG2C     4988017609514     4                                x

 

②Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに既存の商品の削除前の商品情報を全て入力する。

削除前の商品情報(在庫管理画面に登録されている全商品情報)は、出品詳細レポートから入手できます。

出品詳細レポートの入手方法を紹介します。

・在庫タブから「出品レポート」を選択して、「出品レポート」画面を開きます。

・「レポートの種類の選択: 」プルダウンから「出品詳細レポート」を選択して、「レポートをリクエスト」ボタンを押下します。

 

30

 

 

以下の画面が出るまで待ちます。

「ダウンロード」ボタンを押下して、出品詳細レポートファイルをPCにダウンロードします。

 

31

 

32

 

33

 

 

「146529133016802.txt」を開きます。

 

35

 

 

テキストの状態では分かりにくいので、Excelにコピーします。

「ctrl」キーを押しながら「A」キーを押して全選択状態にして、「ctrl」キーを押しながら「C」キーを押してテキストファイルの中身を全てコピーします。

 

34

 

 

Excelを起動します。

 

36

 

 

1行目のセルを全選択して、「ctrl」キーを押しながら「V」キーを押してテキストの内容を貼り付けます。

これで、テキストの内容がExcelファイルに表示されます。※商品IDの部分は隠してあります。ご了承ください。

 

37

 

 

または、以下の方法でもテキスト内容をExcelに表示出来ます。

この方が簡単です。

「146529133016802.txt」をアクティブな状態にします。

 

38

 

 

「F2」キーを押すとファイル名の変更が出来ますので、「.txt」の部分を「.xls」に変更します。

すると、以下のようなメッセージが表示されますので、「はい」を選択します。

 

39

 

 

「146529133016802.xls」を開きます。

 

40

 

 

以下のようなメッセージが表示されますので、「はい」を選択します。

 

41

 

 

テキストの内容をExcelファイルに表示出来ました。

 

42

 

 

「ctrl」キーを押しながら「V」キーを押して「検索と置換」画面を開きます。

先ほどのテンプレートファイルのSKU「22-4IYG-XG2C」をコピーして、「検索と置換」画面の「検索する文字列」に貼り付け、「次を検索」ボタンを押下します。

すると、目的の商品の行にカーソルが当たります。

 

43

 

 

目的の商品の行と、このExcelファイルの1行目の行をコピーして、Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに貼り付けます。

このようにすると、Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルへの既存の商品の情報の入力が楽になります。

 

44

 

 

貼り付けた内容を元にして、2行目に商品の情報を入力します。

Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルの内容は、以下のようになりました。

はっきりいって、面倒でしたし入力ミスしそうでした。

Flat.File.InventoryLoader.jp.xls

商品管理番号    商品コード(JANコード等)    商品コードのタイプ    使用しない支払い方法    販売価格    ポイント    販売価格の下限設定    販売価格の上限設定    商品のコンディション    在庫数    登録/削除    海外配送    商品メモ    フルフィルメントセンターID

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id

22-4IYG-XG2C     4988017609514     4                                x
22-4IYG-XG2C     4988017609514    4        9998                11        a        長いので割愛    AMAZON_JP

 

このテンプレートファイルをアップロードしましたが、エラーが出て上手く処理されませんでした。

 

45

 

 

処理レポートを見ると以下のように書かれていました。            

フィード処理結果:
処理された件数        2
成功した件数        1

 

処理されたファイルの行番号    SKU    エラーコード    エラータイプ    エラーメッセージ

2        5000    エラー    The value ’22-4IYG-XG2C’ for ‘SKU’ in this message was the same as previous message(s) ‘1’, which is not allowed. This message was skipped.

2    22-4IYG-XG2C    13013    エラー    This SKU does not exist in your Amazon inventory so we could not process this record. To correct this error for future feeds, add the SKU to your Amazon account.

 

Amazon一括出品ツールテンプレートファイルの中身を見ますと、2行目の商品の追加が上手くいっていないみたいです。

同じSKUだとダメなのでしょうか?

 

英語で書かれていて分かりにくいので、在庫管理画面でテンプレートファイルにある商品を検索してみます。

商品情報が削除されています。

どうやら1行目の削除は上手く処理されたようです。

 

46

 

 

ちなみに、上のJANコードで先ほどまで検索できていました。

 

29

 

 

やり方を変えてみましょう。

SKUを新規に設定します。こちらの商品で試してみます。

 

47

 

 

48

 

 

Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに以下のように入力して、アップデートします。

Flat.File.InventoryLoader.jp.xls

商品管理番号    商品コード(JANコード等)    商品コードのタイプ    使用しない支払い方法    販売価格    ポイント    販売価格の下限設定    販売価格の上限設定    商品のコンディション    在庫数    登録/削除    海外配送    商品メモ    フルフィルメントセンターID

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id

SD-BCVN-D8W6     4988018314691    4                                x
20160102-03    4988018314691    4        9998                11        a        長いので割愛    AMAZON_JP

 

上手くいきました。

どうやら、同じSKUでアップデートしたらダメみたいです。

SKUは新規の値に設定する必要があるそうです。

セラーセントラルのデータベースにSKUのキャッシュが残っているので、一度設定したSKUを再利用することが不可能みたいですね。

削除の場合、アップロードにかかる時間が長かったです。

たった2件ですが、処理に5分近くかかりました。

 

 

49

 

 

二重登録がされていないことを確認します。

大丈夫ですね。

 

50

 

 

Amazon一括出品ツールを使って納品したい商品が、在庫管理画面の先頭に来るようにすることができました。

しかし、Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに同一商品の既存の情報を出品詳細レポートを参照して入力する時に、手入力だと入力ミスしそうでした。

 

が、我々が出来るのはここまでです。

 

 

もし、Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに商品情報を書き込むブログラムを開発出来れば、入力ミスをせずに済みそうです。

マイクロソフトAccessを使用して、Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルへ書き込みが出来ないでしょうか?

簡単ではありますが、自分なりに処理フローを作成してみました。

 

<処理フロー>

1.Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルに今回登録したい商品のJANコードをバーコードリーダーを使用して入力する。コンディションも数値で入力する(コンディション値と呼ぶことにする)。

 

2.Amazonセラーセントラルから、出品詳細レポート 、出品レポート 、FBA在庫 を出力する。

 

3.マイクロソフトAccess側で、テンプレートファイル、出品詳細レポート 、出品レポート 、FBA在庫レポートを取り込む

対応するテーブル:テンプレートファイル→W_TMP、出品詳細レポート→W_SYPSYOREP、出品レポート→W_SYPREP、FBA在庫レポート→W_FBAZAIREP

 

4.W_TMPに取り込んだJANコードをASINに変換する。

 

5.最終的にAmazon一括出品ツールのテンプレートファイルに書き込むテーブルW_TMPWRITEを用意する。W_TMPWRITEが持つ属性(テーブル項目)はテンプレートファイルの物理名に準じる

 

6.SQL文でW_TMPとW_SYPSYOREPをASINとコンディション値を紐付けて、今回登録する商品が在庫管理画面にあるかどうかを検査する。

 

7.在庫管理画面に存在しない場合、新規追加になるので、W_TMPWRITEに以下のように値を挿入する。

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id    Caution
W_SYPSYOREPのSKUと重複しない任意の英数字    その商品のASIN    1                        W_TMPのコンディション値        a                新規登録する商品です価格などの商品情報を入力してください。

 

8.在庫管理画面に存在する場合その商品が自己発送かFBAかを判断する。

 

9.W_SYPSYOREPからASINとSKUとフルフィルメント・チャンネルを取り出す。

 

10.フルフィルメント・チャンネルが「DEFAULT」なら自己発送と判断。W_SYPREPのASINとSKUを紐付けてW_TMPWRITEに以下のように値を挿入する。

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id    Caution
W_SYPSYOREPのSKU    W_SYPSYOREPのASIN    1        W_SYPSYOREPの「価格」                W_SYPSYOREPの「コンディション」    W_SYPSYOREPの「数量」    a            DEFAULT    自己発送の商品です。現在の数量からいくつ増やすのか入力してください。

※自己発送の場合は、在庫管理画面の先頭に来なくても困らないと思うので、更新のみに留めました。

 

 

11.フルフィルメント・チャンネルが「AMAZON_JP」ならFBAと判断。W_FBAZAIREPのseller-skuとasinとcondition-typeを紐付ける。

 

12.W_FBAZAIREPのQuantity Availableが1以上なら「出品中」と判断。0なら「停止中(在庫切れ)」と判断

 

13.「出品中」の場合。現在の商品情報を消去出来ない。なので、W_TMPINDELIBLEテーブルを用意して、そこに以下のように値を挿入する。

sku    product-id    Caution
W_FBAZAIREPのSKU    W_FBAZAIREPのASIN    FBAで現在出品中の商品です。在庫管理画面でASINを一つずつ入力して納品プランに商品を追加してください。

 

 

14.「停止中」の場合。現在の商品情報を消去して、新しいSKUを付与して同じ商品情報をW_TMPWRITEに書き込む。

sku    product-id    product-id-type    optional-payment-type-exclusion    price    standard-price-points    minimum-seller-allowed-price    maximum-seller-allowed-price    item-condition    quantity    add-delete    will-ship-internationally    item-note    fulfillment-center-id    Caution
W_SYPSYOREPのSKU    W_SYPSYOREPの商品ID    1                                x
W_SYPSYOREPのSKUと重複しない任意の英数字    W_SYPSYOREPの商品ID    1    W_SYPSYOREの使用しない支払い方法    W_SYPSYOREの価格    NULL    NULL    NULL    W_SYPSYOREのコンディション    NULL    a    NULL    W_SYPSYOREのコンディション説明    AMAZON_JP

 

 

15.W_TMPWRITEのテーブル内容を、テンプレートファイルに書き込む。

 

16.W_TMPINDELIBLEのテーブル内容をエクセル出力する。

 

 

こんな感じでしょうか。

もしこのようにシステムを作れる人がいましたら、是非ともやって頂きたいです。

きちんと品質保証した上で。

 

以上、Amazon一括出品ツールについて紹介してきました。

Amazon一括出品ツールで問題なのは、やはり二重登録になる可能性があることでしょう。

アップロードステータスの確認画面でテンプレートファイルのチェック機能が用意されているのに、肝心な部分のチェックがされていません。

つまり、今のままだとこちら側で賢く対応しないと、Amazon一括出品ツールを有効に活用できないのです。

Amazon側でいつかきちんとしたものが出てくれることを祈ります。

 

なお、今回は本・CDをFBA納品する場合について書きました。

自己発送の場合について、言及していません。

また、家電商品などですと、Amazon一括出品ツールのテンプレートファイルの種類が異なります。

今後もしご要望があれば、自己発送の場合などについて、調査した上で記事にしたいと思います。

 

Amazon一括出品ツールの記事一覧に戻る

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要があり、家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。