今回はホームセンターせどりについて、私なりのやり方を紹介させていただきます。

 

私の仕入先は、ホーマックです。

それ以外のホームセンターについては知りません。

が、他のせどらーさんのブログを拝見させて頂く限り、私のホーマックでのやり方・着目点が同じでした。

ですので今回お伝えする内容は、ホームセンター全般について使えるものであると思います。

 

スポンサーリンク

 

ホームセンターせどりは地方でも都会でも狙える

ホームセンターせどりは、イオンせどりやリサイクルショップせどりとは違い、比較的都会にあるホームセンターでも仕入れが出来ることが特徴です。

 

理由は、本部がコンピューターで在庫管理をしており、商品入れ替えや在庫健全化のために処分するセール対象の商品を決定して、各店舗に指示を送って一斉に値引きセールを行うからです。

同じ商品が他店舗でも同時に値引きをして売られています。

 

イトーヨーカドーも同じく本部の指示に基づき、全店舗で同じ商品を一斉値下げします。

私が実際に店舗にいる社員さんからお聞きした情報です。

ちなみに、本部の方からも実際にこうした流れでセールをやっているという回答を得ました。

なお、イトーヨーカドーでは私は運良くドラクエ10のセールの情報をいち早くキャッチして、20万円位粗利を出すことが出来ました。

ホームセンターせどりはライバルが少ない

ライバルが少ないことも特徴の一つです。

私は、ホームセンターでせどらーさんに一度も遭遇したことがありません。

また、実際に仕入れた商品が、価格改定競争に巻き込まれて値崩れしたということもありませんでした。

ホーマックなどの地域密着型のホームセンターの場合、販売網が局所化されます。

ですので、ヤマダ蚤の市や、ヤマダ全店舗CD・DVD一斉セールのように極端に出品者が増え、価格改定されまくって、結局売上だけ無駄に上がって粗利が0円で終わってしまうようなことはありません。

ヤマダ電機せどりはあまりにも広く知り渡ってしまったため、セールがあると様々な掲示板で情報が拡散して、せどらーさんが一斉にその商品に群がります。

しかし、ホームセンターせどりはそもそもせどらーが少ないため、セール品を見つけることが出来れば、それを狙って全店舗回ってかき集めて、独占することだって可能です。

後述しますが、私もフィットネス商品を独占することに成功したため、この商品を300個仕入れて、約45万円粗利を出すことが出来ました。

 

私はせどりは独占欲が強い方が稼げると思っています。

他人に遠慮すること無く、ジャイアンになったつもりでガツガツ仕入れていきましょう。

 

また、ホームセンターはどの街にも必ず存在します。

イオンやブックオフは比較的人数の多い市町村でないとお店がありません。

ホームセンターは地方在住の方にとっては貴重な仕入先の一つでしょう。

 

さて、ホームセンターせどりの一般論をお話しました。

私がホームセンターで狙う商品

次に、私がホームセンターで具体的にどのような商品を仕入れているのかについて、お話します。

私が狙う商品ジャンルは以下のとおりです。

・デジタル商品

・フィットネス商品

・電球

 

これらのジャンルの商品を狙う理由は、そもそもの原価・売値が高く、かつ商品入れ替えのために80%以上値引いて販売(処分)することが多々あるからです。

値引きされていることは、商品や陳列棚に「黄色い値札」が貼られているので、それを見れば分かります。

 

他のせどらーさんのブログをみると、チラシで特売品を確認するという方法もあるそうですね。

ホーマックでは黄色い値札が貼られた商品はチラシに乗ることが無いので、直接お店に行って黄色い値札が貼られているか確認しています。

デジタル商品

デジタル商品の実績をお話します。

私がデジタル商品の仕入れで経験したことですが、価格交渉をして値引きをして頂いた事がありました。

具体的には、デジタルフォトフレームを1,000円値引いてもらいました。

 

こちらの商品です。

・SANYO デジタルフォトフレーム (ホワイト) LVF-PF71(W)

元の売値が9,800円で、黄色い値札に5,800円と書かれていました。

1,000円引で4,800円で仕入れ出来ました。

裏にもストックがあるというので、それも全て持ってきてもらいました。

展示品はオススメしない

ところで、デジタル商品の場合、展示品も狙い目らしいです。

が、私は新品未使用品しか仕入れませんでした。

理由は、デジタルフォトフレームの場合、開店中ずっと電源を入れっぱなしです。

しかも、カーオーディオと違いオーバーホールもしないでセールに出しています。

メーカーの再検査を通していないため、いつ破損するか分からないリスクがあり、せっかくAmazonで売れても消費者から難癖をつけられて販売不可在庫として返品される恐れがあります。

そうなると、仕入れ代と送料分を損します。

デジタル商品の場合、仕入れ単価が5,000円以上と高くなりがちですので、壊されて販売不可在庫として返されるとかなりの痛手を受けます。

こうしたことを考えて、私は新品未使用品かどうかを確認して購入しています。

そして、例えば5,000円で仕入れたのなら、事業税を考えて売値は9,000円くらいのものにしています。

売値が高額な商品の場合、仕入れ値との差額が少ない(粗利が少ない)と粗利分が事業税で飛んでしまうので、青色申告されている方は気をつけましょう。

フィットネス商品はかなり美味しい

フィットネス商品かなり狙い目です。

他のせどらーさんのブログでも、殆ど言及されていませんでした。

が、私はフィットネス商品でかなり美味しい思いをしたことがあります。

 

ホーマック元江別店にぶらりと立ち寄ったところ、このような商品が黄色い値札に200円で売られていました。

 

・アドヴァンシング(ADVANCING) 樫木裕実さんプロデュース! 樫木式パーソナルエクサ・ガードルタイプ ブラック Sサイズ KAS000101-01BKH

・アドヴァンシング(ADVANCING) 樫木裕実さんプロデュース! 樫木式パーソナルエクサ・スパッツタイプ ブラック Sサイズ KAS000202-01BKH

・アドヴァンシング(ADVANCING) 樫木裕実さんプロデュース 樫木式「パーソナルエクサ」インナーアーム ブラック KAS000401-BK

・アドヴァンシング(ADVANCING) 樫木裕実さんプロデュース 樫木式「パーソナルエクサ」インナーアーム ピンク KAS000401-PK

 

当然全て買い占めました。

もちろん、サービスカウンターに行き、他店舗でも扱いが無いかを聞きました。

すると、店員さんが店舗ごとの商品数を記したリストを作ってくれ、それを見ると、札幌市内だけでもものすごい数の樫木裕実さんの商品がセールに出されていることが分かりました。

が、他店舗からの取り寄せには対応できないと、ここのホーマックのサービスカウンターの店員さんに言われたので、翌日から「樫木裕実さん行脚」をしました。

札幌市内だけで、100個以上集まりました。

岩見沢市のホーマックにもあることが分かっていたので、買いに行きました。

 

この店でふとこう思いました。

こういう口実を作り、店員さんにお願いして何とか取り寄せてもらえないかと。

『自分がフィットネスクラブを経営していて、どうしてもこの樫木裕実さんのウェアが安く欲しくて今札幌市内のホーマックを回っている。

出来ることなら、全国中のホーマックで売られている樫木裕実さんのウェアを全て買いたいが、それは物理的に不可能なので、何とか協力してもらえないか』

と。

 

早速サービスカウンターにいる中年の男性の社員さんに、この旨を伝えてお願いしたところ、快諾してもらえました。

200個も集めてもらえました。

ただ、取りに行った時に、社員さんから「本部から怒られてしまったので、もうこういうことは二度と出来ません」と怒られてしまいました。

ちょっと罪悪感を感じましたが、この樫木裕実さんの商品をAmazonに出品して、トータルで45万円粗利が出ました。

みなさんもホームセンターせどりをする際には、フィットネス商品のコーナーに立ち寄るようにしてみてはいかがでしょうか。

電球も美味しい

電球も狙い目です。

こちらは、黄色い値札が貼られた商品をサーチしましたが、まともに粗利が出る商品がありませんでした。

陳列棚ではなく、ワゴンセールで沢山仕入れることが出来ました。

パナソニックの電球を大量仕入れしました。

例えば、リサイクルショップに売られているような商品が300円で売られていました。

 

ホーマック岩見沢店に立ち寄った際に、ワゴンセールに遭遇しました。

社員さんにお聞きした所、その店独自の処分セールだそうです。

本部の指示を仰がず、その店で独自で判断してセールを行うこともあるそうですね。

このワゴンセールは、地方にあるホームセンターでしか見られませんでした。

地方に遠征した際は、ホームセンターでワゴンセールをやってないかご注意を。

さて、おすすめ商品ジャンルとして、デジタル商品と電球とフィットネス商品の3つを紹介させていただきました。

 

これ以外にも、おもちゃも狙い目らしいです。

チーム矢野の掲示板では、とある地域密着型のホームセンターでおもちゃを大量仕入れしたという書き込みがありました。

 

みなさんも、色々試してみて、ホームセンターせどりを極めていってくださいね。

 

必ず価格差が大きい商品を仕入れよう

ホームセンターでは「ペット用品、雑貨、スプレー、シャワーのヘッド、布団、ラック、時計」など、売ろうと思えば何でも売れる商品が存在します。

が、元の売値が高くてかつ、黄色い値札にある値引き後の価格との差額が大きくないと、利ざやが取れません。

 

また、ホーマックでは、どの店舗でもレジの側か入り口の側の棚にDVDが陳列されており、それらが500円位で売られています。

美味しそうに思えますが、100点ほどサーチして見ましたが、利ざやが取れる商品は存在しませんでした。

しかも、バーコードの部分にインストアコードが印字されたラベルが貼られており、サーチ不可です。

あまり良いことではありませんが、私はコッソリラベルを剥がしてサーチしました。

裏にもあるか確認を

このブログで何度も申し上げてますが、必ず裏にも無いか確認を怠らずに!

せどりではこうしたコミュニケーションが大切になってきますよ!

「コミュニケーション」というと、ちょっと重たい感じがしますが、ただ単に店員さんに「裏にもありませんかね?」と聞くだけで良いです。

気楽に気楽に。

ホーマックは価格交渉が出来る

これに味をしめてしまい、ホーマックではデジタル商品については必ず店員さんに価格交渉をしています。

当然、通用する時としない時があります。

 

やっていく中で、私なりの法則を見つけたので紹介します。

 

パートさんやアルバイトさんは権限がないため、価格交渉に応じてくれません。

適当に、マニュアル通りに「出来ません」とお茶を濁して終わります。

 

ですので、価格交渉する相手は社員さんです。

社員さんかどうかは、制服やネームプレートを見れば分かるかと思います。

それでも判断つかない場合は、サービスカウンターに行き、社員さんを連れて来てもらうと良いでしょう。

社員さんの中でも、ベテラン風のおじさんが価格交渉にOKしてくれる場合が多かったです。

逆に女性社員の場合、年齢によらず価格交渉に応じてくれませんでした。

 

価格交渉は、ホームセンター以外は通用しませんでした。

 

イトーヨーカドーやイオンなどでも試しましたが、軽くあしらわれて終わりました。

 

おもちゃ個人店で価格交渉をしたら、店主さんから怒鳴られて追い出されたことがありました。

ようやくゲームソフトを安売りしているおもちゃ個人店を見つけたのに、価格交渉したせいでパーになってしまいました。

この件があってから、ホームセンター以外では価格交渉をしていません。

 

みなさんも、下手に価格交渉して、店員さんと揉めて出禁になったらまずいので、相手を選んで価格交渉してくださいね。

最後に

余談ですが、東京などの都会だと、一人一個制限やビームサーチ禁止があったりするそうですね。

せどらーも相当数いますし、お店側もAmazon価格を研究して、それに合わせて販売しています。

東京のお店ほど、ネットショッピングに進出しているお店が多いとも聞きますし、ネットショッピングで売れているのでお店で処分セールをやる必要がないらしいです。

 

私は東京は魅力的な仕入先ではないと思っています。

新宿や渋谷などの都心で3日かけて歩きまくって仕入れをしましたが、一つも仕入れできませんでした。

4日目に方向転換して、三鷹のイトーヨーカドーに行って、そこでゲームとフォトフレームを仕入れ出来て、ようやく飛行機代を回収できた感じです。

 

私は東京などの都会ではせどりはしたくないです。

地方のほうが魅力的です。

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。