Amazonカスタマーレビューの削除をしようと、Amazonテクニカルサポートに相談しても削除してもらえません。

 

今回紹介するのは、Amazonカスタマーレビューで被害を受けたという話です。

 

Amazonカスタマーレビューとは、Amazon出品者に対する評価ではなく、Amazonに出品されている商品に対してのレビューのことです。

このAmazonカスタマーレビューに、商品を批判するコメントがされると、売上が下がる恐れがあります。

 

皆さんの中には、ご自身で商品カタログを作成して商品を販売している方もいることでしょう。

そういう方にとっては、売れ筋商品がダメになったときのダメージは計り知れません。

ですが、Amazonカスタマーレビューの削除をしようと、Amazonテクニカルサポートに相談しても削除してもらえません。

 

この批判的なAmazonカスタマーレビューの対策法はいかに?

 

また、色違いの商品の場合、その色数分の商品カタログがあることになりますね。

この場合、ある色の商品カタログ作成者にとって、他の色の商品カタログは、売上を下げる邪魔な存在でしかありません。

このため、カスタマーになりすましてボロクソなカスタマーレビューをし、その商品を潰そうと考える方もいるかもしれません。

しかし、これをやるとAmazonアカウント閉鎖になる恐れがあるので止めましょう。

 

以下、順を追って説明していきます。

 

スポンサーリンク

批判的なカスタマーレビューを受けたセラー

以下に、批判的なカスタマーレビューを受けたセラーを紹介します。

Amazonセラーフォーラムの投稿内容を校正して紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

私は「ベッドスプレッドハウス」という名前で登録しています。

販売している商品は、ベッドパッドです。

 

この度、購入者から、星1つの低い評価で、「洗うと縮むベッドパッド」とのAmazonレビューをされてしまいました。

Amazonレビューの内容は、「この商品を誤った洗濯方法を行うと縮みが発生する商品です。」とのことでした。

詳しくは、こちらの商品ページを御覧ください。

ウールの特性のままで 家庭で洗える ワンランク上質なウールベッドパッド セミダブル 120×200cm ウール1.8kg 英国ディラン 防縮加工 日本製 フランス産ウール ファイングレードウール

 

このレビューの内容は間違えています。

当店が販売しているベッドパッドは、正しい洗濯方法では縮みが発生しません。

残念ながら匿名でのAmazonレビューであったため、購入者が特定できませんでした。

 

Amazonテクニカルサポートにケースを上げて、Amazonレビューの削除を依頼しましたが、断られました。

 

Amazonテクニカルサポートの回答内容はこんな感じでした。

Amazonカスタマーレビューの削除は出来ない。

Amazonレビューガイドラインには抵触していないため。

Amazonカスタマーレビューは、お客様の自由な意見を発表できる場を目指しており、より幅広い意見の交流が当サイトを活性化させると信じております。

商品に好意的なAmazonカスタマーレビューだけではなく、批判的なレビューも投稿いただいております他、

投稿者の使用方法等に対する勘違いや誤認が含まれている可能性がある場合であっても、

ガイドラインに触れない限りは、お客様の正直な感想として広く受け止めたいと考えております。

 

購入者は、Amazonカスタマーレビューという形で、商品に対して自由な評価を下せます。

ですが、我々販売者側は、こうしたAmazonカスタマーレビューを削除したり、反対意見を示したりすることが出来ません。

これは、あまりにも一方的ではないでしょうか?

 

このAmazonカスタマーレビューがあってから、このベッドパッドの売上がダウンしてしまいました。

売上を元に戻すための方法について、誰か良いアイディアを教えて下さい。

よろしくお願いします。

 

商品購入者が、Amazonカスタマーレビューで星1つの低い評価を下し、Amazonレビューに誤った内容を書き込んだせいで、売上が下がってしまったことが問題となっています。

批判的なAmazonカスタマーレビューへの2つの対策法

批判的なAmazonカスタマーレビューに対しては、削除するのではなく、商品画像や商品詳細ページでアピールしましょう。

 

Amazonセラーフォーラムにて、その内容が書かれていましたので紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

この件の問題は、Amazon規約に抵触していないので、Amazonテクニカルサポートに問い合わせても無駄です。

私も同じような経験をしています。

私がAmazonテクニカルサポートに相談したところ、「カスタマーは商品ページを熟読しているとは限らない」、「極端に言えば、出品者は『商品説明に記載していても見ていないことがある』のを許容しなければならない」、と言われました。

ですから、残念ながら、Amazonテクニカルサポートに問い合わせても無駄です。

 

ではどうすればよいか?

 

「誤った洗濯方法で洗うと縮む」という事をとにかく目立つように、商品画像や商品詳細ページでアピールしてください。

ネガティブな情報を全面に。とにかく目立つように。

ネガティブな情報を露出する事で、ユニットセッション率(商品ページを開いた人が、どの位の確率で買ってくれるのかを表す指標)は確実に低下することになります。

ですが、「誤った洗濯方法で洗うと縮む」、星1つの低い評価と悪い内容の商品レビューをカスタマーからされることはなくなるはずです。

 

このように、まずは「商品ページ記載」で対策します。

しかし、Amazonテクニカルサポートの回答内容通り、ただ単に商品ページに記載するだけでは、購入者にきちんと伝わりません。

「誤った洗濯方法で洗うと縮む」ことを目立つように書いた紙を、商品に同梱してください。

 

星1つの低い評価と悪い内容の商品レビューはユニットセッション率を大きく低下させますが、商品造りのヒントは低評価の中にあります。

受けた低評価を真摯に受け止め、スキの無い商品造りに役立てる!と私はポジティブに考え、あまり気にしないようにしていますよ。

 

『受けた低評価を真摯に受け止めスキの無い商品造りに役立てる!』非常に勉強になる言葉だと、私は思います。

あらゆる場所に注意書きをする勢いが重要

購入者は商品ページをそこまで注意深く見ていないそうです。これが、後々の誤解を生むそうです。

誤解を生まないためにも、あらゆる場所に注意書きをすることが重要になってきます。

Amazonセラーフォーラムに掲載されていた内容を紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

商品に関する注意書きを、あらゆる箇所に記載しましょう。

 

一番効果があるのは、2枚目のサブ画像に大きな文字で、目立つ色で、図解付きだといいですね。
(メイン画像に文字をいれるとガイドライン違反のため注意)

・サブ画像にも文字入りで目立つように記載

・商品コンディション

・商品説明

・商品紹介コンテンツ記載する

・商品にも注意書き書いた紙を同梱する

 

購入者は、本当に!本当に!本当に!!文章を読まない!!!という前提で考えた方がよいです。

きちんと文章を読まずにつけられたレビューであっても、

「購入者にきちんと伝わる表記をしていない出品者側での責任である」

「購入者に容易に伝わるよう表記を工夫しなければならない」

というのが、Amazonの方針です。

 

我々は「伝わる商品ページ」を作ることができるよう、努力しなくてはなりません。

 

自分で商品カタログを作成して商品を販売されている方は、購入者に伝わる商品ページになるよう、工夫して下さい。

批判的なAmazonカスタマーレビューで競合商品を潰すのはダメ

色違いの製品などの競合商品があると、その商品のセッションが分散してしまい、自身が出品する商品の売れ行きが悪くなります。

競合商品が無い方が、間違えなく売れ行きは良くなるでしょう。

 

そこで、競合商品に嘘のAmazonレビューを書いて、星1つの低い評価を下してボロクソに悪いコメントを残して、その商品の価値を下げるという作戦があります。

 

非常にあくどい話ですが、実際にやっている人がいるそうです。

Amazonセラーフォーラムに掲載されていた内容を紹介します。

※投稿内容の文章が非常に分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

余裕です。

一度購入したことがあればいいので、新規アカウントを作って、amazonギフト券で購入できる程度の価格の商品を購入しましょう。

これはプライムの商品だけでなく、自己発送の商品を購入しても、購入実績が認められます。

自己発送の商品を購入する場合は、知人の商品を購入して、あたかも発送済みであるかのように手続きを済ませます。

これを悪用すれば、Amazonレビューの数が少ない商品ならば簡単に潰すことが出来ます。

Amazonレビューの購入者名は匿名あるいは偽名を使っても大丈夫です。

Amazonにある商品を適当にピックアップしてレビューを見ると分かりますが、出品者自身が星5の高い評価をして、同業者が営業妨害で星1の低い評価を下しねつ造された商品レビューを掲載しています。

新規アカウントを作成して、自身の商品の平均評価を意図的に上げることも出来ます。

特に、Amazonレビュー数が少ない商品の場合、星5の高い評価が一つ入るだけで、平均評価が高く変動します。

このように、新規アカウントを作成して、Amazonの商品レビューのシステムを悪用して、競合商品を潰したり、自身の商品の評価を操作したりすることが出来てしまいます。

 

この投稿内容は、Amazonセラーフォーラムにて注目度が高かったのですが、根本的に間違えています。

新規アカウントを作成するということは、複数アカウントで運用することになります。

複数アカウントはAmazon規約違反になりますので、Amazonアカウント閉鎖になります。

競合商品を潰すつもりが、自分が自滅する結果で終わる可能性が高いです。

 

私は、CD・DVDを仕入れしていますが、競合商品を意識したことはありません。

仕入れの際にやったことは、モノレートの波形を精査して、売れ行きを予測して、確実に売れる商品を仕入れただけです。

CDには、同一商品であっても、初回限定盤と通常版とで分かれていたりします。

初回限定盤から見れば、通常版が競合商品になりますね。

もし通常版が消えてくれたら、間違えなく初回限定盤の売れ行きが良くなるでしょう。

しかし、だからと言って、通常版を潰すために新規アカウントを作成するなどエネルギーを注ぐのはダメです。

先程も申し上げましたとおり、アカウント閉鎖になり、ご自身が先に潰れる可能性が高いです。

 

そんな時間があるなら、もっと沢山仕入れしましょう。

競合商品が存在しない商品なんて、無数にあります。

モノレートの波形を精査して、間違えなく売れる商品を選ぶ。

この基本さえ守れば、競合商品なんて意識する必要はありません。

 

競合商品を潰すために新規アカウントを作成して、複数アカウントで運用している状態にならないよう、ご注意下さい。

まとめ

・購入者は、商品ページの画像や商品説明をロクに見ないで購入している

・そのせいで、誤った使い方をして商品が壊れることがある

・これは購入者が悪いが、購入者は「欠陥品」だと憤慨して、星1つの低い評価と批判的なAmazonカスタマーレビューをしてくることがある

・このAmazonカスタマーレビューは出品者への評価とは違い削除出来ない

・こうならないよう、商品ページに、使用上の注意を記した文言を目立つように記載すること

・加えて、使用上の注意を記した紙を商品に同梱することもポイント

・新規アカウントを作り、ライバル商品に批判的なAmazonカスタマーレビューをして潰そうと考える輩もいる

・だがこういうセラーは、複数アカウントを取得しているため、Amazonアカウント閉鎖になって消えるので無視しよう

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。