自己発送で出品されているセラーに、特に関係してくる話です。

商品が返品された場合、購入者が支払った商品代金と往復の送料を返金することになるでしょう。

 

商品代金の返金は、イメージが付くかと思います。
では、往復の送料は、誰が負担するのでしょうか?

 

以下、自己発送とFBAの場合に分けて、説明します。

自己発送(出品者出荷商品)

Amazon規約

返金ルールが、『Amazonヘルプページ Amazonマーケットプレイス:返品・返金・キャンセル』に記載されています。
以下、内容を抜粋して紹介します。

①購入者都合による返品:
出品者に責任のない返品の場合には、出品者から購入者へ商品が送られた際の送料および返品の際に要する送料は購入者の負担となります。
商品が返品されましたら、出品者から購入者へ商品が送られた際に要した送料を支払われた代金全額から差し引き、返金手続きをしてください。

 

②返品の責任が出品者にある場合:
返品の責任が出品者にある場合、出品者は返品の受領前・受領後に関わらず、返品時の送料を購入者に別途支払うことができます。
購入者への任意支払の方法については『Amazonヘルプページ 購入者への任意支払の方法』をご覧ください。

以下、話をまとめます。

購入者都合による返品

商品代金から往復の送料を差し引いて、購入者に返金します。

返品の責任が出品者にある場合

往復の送料の支払いは、任意です。
支払う場合は、元の配送料の二倍に1,000円を加算した額までの金額を返金できます。
このルールは、『Amazonヘルプページ 購入者への任意支払の方法』に掲載されています。

実際はどうか?

購入者都合による返品の場合、往復の送料は、購入者が負担する決まりになっています。

 

ですが、購入者によっては、送料を盗られたと受け止める人間もいるかもしれません。

 

そして、報復評価やAmazonマーケットプレイス保証申請をしてくるかもしれません。
両者とも、やられると、顧客満足度指数の注文不良率が上がります。
顧客満足度指数(アカウント健全性)の状態が悪くなると、最終的には、アカウント停止・アカウント閉鎖になる可能性があります。
Amazonヘルプページ よくある質問:顧客満足指数』に、その旨の内容が書かれています。

 

このように、購入者とのトラブルは避けたいものです。
ですから、往復の送料を差し引かず、商品代金を全額返金するセラーもいます。
この辺は、各自で判断してください。

 

FBA(プライム商品)

Amazonテクニカルサポートにケースを上げて、直接聞きました。
以下、Amazonテクニカルサポートの回答内容です。

masa ご担当者様

 

お問い合わせいただきました下記の質問につきまして、順次ご案内申し上げます。
出品者様よりいただいたお問い合わせ文章を引用しご案内いたします。

 

質問①:プライム商品の購入者に、配送料が返金されるのでしょうか?
回答:購入者都合の返品の際は配送料の返金を行っておりません。
商品に問題があった場合やAmazon責による返金の場合には、配送料の返金を行います。
Amazonヘルプページ 返品・交換の条件』に詳細がございますので、参考にしていただけますと幸いです。

 

質問②返金された配送料ですが、それは我々セラーが負担するのでしょうか?
回答:Amazonより返金を行いますため、出品者様の負担はございません。ご安心ください。

 

まとめ

・自己発送かつ購入者都合による返品の場合、往復の送料は、返金の際に商品代金から往復の送料を差し引く形で、購入者が負担。

・購入者とのトラブルを避けるために、商品代金全額を返金するセラーもいる

・自己発送かつ返品の責任が出品者にある場合、出品者は購入者に往復の送料を任意で支払う(返金する)ことが出来る

・FBAかつ購入者都合による返品の場合、配送料は、購入者に返金されない

・FBAかつ返品の責任が出品者にある場合、配送料の返金は、Amazonがしてくれ、我々への負担は一切ない

 

以上です。