FBAで出品すると、購入者からの返品対応はAmazonテクニカルサポートが行います。

 

実はAmazonは、購入者からの返品を安易に受け付ける節があります。

 

私も新品CDをFBAでAmazonに出品していますが、結構な数の返品がありました。

 

商品を返送したら、「背表紙に色あせ・焼けがある」という理由なのに、なぜか開封されていました。

つまり購入者はCDを視聴した後、Amazonに嘘の内容のクレームをつけたのです。

 

この購入者は音楽データを盗んだ、泥棒です。

 

Amazonテクニカルサポートは、購入者のクレームを盲目的に受け付けるところがあります。

 

悪質な購入者はこの事実を悪用して、嘘のクレームをつけて商品を返品してきます。

 

今回は、こうした悪質な購入者からの返品事例を紹介します。

 

嘘つき購入者(泥棒)への対処法

 

 

自己発送でAmazonに出品しているせどらーに関係する話です。

 

Amazon購入者が「これは不良品だ」と嘘をついて返金請求してきた場合の対処法を紹介します。

 

対処法は以下の通りです。

<対処法>

・商品の状態に問題がない場合、代金の半額から往復の配送料を引いて返金

・高額商品は、商品・シリアル番号・梱包時の状態などを撮影して証拠を残す

・「住所、名前、電話番号等の情報を、こちらで控えさせていただきます。」と、購入者にメールする

・評価1の低いAmazon評価を食らったら、評価コメントに返信する

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

Amazonの嘘つき購入者(泥棒)への対処法

靴を履き潰して返品

 

自己発送でAmazonに出品しているせどらーに関係する話です。

 

Amazonに出品した靴を履きつぶして、返品されたせどらーの話をします。

 

このせどらーは、Amazonテクニカルサポートから返金不要だと言われました。

なので、Amazon返品ポリシーを添えて、購入者にお断りのメールをしてOKです。

 

ですが、報復評価として、評価1の低いAmazon評価を購入者がしてくるでしょう。

この場合、評価コメントに返信して対抗してください。

ただし、Amazon評価は削除されない可能性が高いです。

 

そして、このようなトラブルに発展する前に、購入者に確認のメールを必ずしましょう。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

靴を履き潰して返品してきたAmazon購入者がいる

レゴブロックの中身を抜いて返品

 

FBAでAmazonに出品しているせどらーに関係する話です。

 

部品が欠品しているが使用に問題がないレゴブロックを出品して、中身を抜かれ返品された事例を紹介します。

 

まず、このような商品は、「中古品−可」としてAmazonに出品可能です。

 

ですが、FBAですので、Amazonが安易に返品を受理して強制返金する危険性があります。

と言っても、発送前の商品画像などの証拠があれば大丈夫でしょう。

 

そして、このような商品は自己発送で出品するのがベターです。

自己発送なら、Amazonを介さずに悪質な購入者と直接戦えますから。

 

この場合、Amazonマーケットプレイス保証申請は認められません。

ただし、報復評価をされて注文不良率が上がり、かつ、売上に影響する危険性があります。

 

ですが、然るべき対応をすれば、この危険性も回避できますのでご安心ください。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

レゴブロックの中身を抜いて返品してきたAmazon購入者の話

高額商品は自己発送でやるべき

 

FBAでAmazonに出品しているせどらーに関係する話です。

 

現在のAmazonは、購入者からの返品を簡単に受理しなくなりました。

 

しかし、Amazonテクニカルサポートの人間によっては、現在も盲目的に返品を受理しているそうです。

 

そこで、高額商品については自己発送でやることを提案いたします。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

今のAmazonはFBA商品の返品を簡単に受理しないが高額商品は自己発送でやるべし

パソコン部品せどりにご注意を

 

パソコン部品をAmazonに出品する場合、専門知識が必要です。

 

専門知識が無いと、返品リクエストを無条件で受理することになってしまいます。

 

例えばパソコン部品の中で、CPUなどの内部パーツは、マザーボードの規格に応じています。

マザーボードの規格に合わないCPUなら、動作しません。

 

Windows 10などのOSソフトもマザーボードと対応しています。

マザーボードを取り替えただけでは、動作しません。

 

パソコン部品せどりをするなら、こうした知識を勉強する必要があります。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

パソコン部品せどりはリスクがあることを知ろう

138,000円のPCパーツが自動返金された事例

 

パソコン部品せどりは、専門知識が無いと、嫌でも返品リクエストを受け付けなくてはなりません。

 

自己発送でAmazonに出品した場合、購入者と直接連絡が取れるので、専門知識があれば返品リクエストをお断りできます。

 

しかし、FBAの場合は、購入者と直接連絡が取れません。

Amazonテクニカルサポートの人間が、返品対応します。

 

彼らは、おそらくパソコン部品の専門知識をお持ちでないでしょう。

ゆえに、もしFBAでAmazonに出品していたら、強制返金される危険性があります。

 

実際に、138,000円のPC部品をFBAでAmazonに出品して、強制返金された悲惨な事例があります。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

138,000円のPCパーツが自動返金された事例

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要がありますが、ネット上に住所が明かされると家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

アフィリエイト報酬額も8,000円と高額ですので、教材購入費用を余裕で回収出来るはずです。

実際に、このCDせどりの教材で稼いでいるアフィリエイターは多数います。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。