以下のシチュエーションでの、Amazonで海外発送する方法をお伝えします。

 

1.自己発送でAmazonに出品した商品

2.外国人(香港)の方から注文が入る

3.Amazon注文管理画面に記載された住所は、日本国内の住所

4.配送予定日に届くよう商品を発送

5.出荷から3日で商品が到着する予定

6.出荷から1日後、購入者が「明日急遽帰国することになった。なので、今夜商品を届けて欲しい」との要望があった

7.Amazonの購入者に出来ない旨の連絡を入れたところ、「香港にある自宅にまで届けて欲しい」との要望があった

 

このシチュエーションにて、Amazonで海外発送する方法の流れは、以下のとおりです。

1.発送した商品が自宅に返送されてくる

2.Amazonの購入者に返金

3.Amazonの購入者に再度購入してもらう

4.香港に再送

 

それぞれについて説明していきます。

 

自宅に商品が返送されてくる

Amazonの購入者が香港に帰国してしまったため、商品が届きません。

ですので、自宅に商品が返送されてきます。

自宅に商品が返送された後、Amazonで海外発送する方法について、書きます。

Amazonの購入者に返金

Amazonで海外発送する前に、まずAmazonの購入者に返金します。

 

Amazonの返金規約には、こう書かれています。

■商品が購入者に配送されなかった場合

・不在などの理由で未配送のまま商品が戻ってきた場合、商品代金を返金するか、商品を再発送してください。

その、配送料の扱いについては出品者と購入者で決定してください。

 

■購入者都合による返品:

出品者に責任のない返品の場合には、出品者から購入者へ商品が送られた際の送料および返品の際に要する送料は購入者の負担となります。

商品が返品されましたら、出品者から購入者へ商品が送られた際に要した送料を支払われた代金全額から差し引き、返金手続きをしてください。

Amazon規約「Amazonマーケットプレイス:返品・返金・キャンセル」より。

 

上記の規約に従って、まずAmazonの購入者に返金します。

返金額ですが、この場合は、「購入者都合による返品」扱いになるので、往復の送料を差し引いた金額を返金して、問題ないと思われます。

Amazonの購入者が急遽海外に帰国して商品を受け取れなかった、つまり、「購入者都合による返品」に該当する、という理屈です。

Amazonの購入者に再度購入してもらう

返金前にAmazonの購入者に連絡メールを入れますが、このメールの中で、商品を再度購入してもらうよう、購入者にお願いします。

Amazonの購入者には、住所の修正を依頼して、香港(海外)の住所を設定してもらって下さい。

このまま日本国内の住所のままですと、Amazonの購入者から受け取れる配送料が、日本国内の配送料になってしまいますので。

 

Amazonの購入者に香港(海外)の住所を設定してもらうことで、海外発送する場合の配送料を、商品が売れた後にもらえます。

海外(香港)に再送

次にAmazonに出品した商品を、香港(海外)に発送します。

海外在住のAmazonの購入者から受け取った配送料の範疇で、損をしない発送方法を選択しましょう。

Amazonの購入者からもらえる配送料

Amazonの購入者から受け取れる配送料を、以下に示します。

 カテゴリー  海外(地域1)  海外(地域2)  海外(地域3)
 本 ¥823 ¥1,234 ¥1,440
CD・レコード ¥617 ¥823 ¥926
ビデオ ¥823 ¥1,234 ¥1,440
DVD ¥617 ¥823 ¥926

 

地域1:アジア/グアム/マーシャル諸島/ミッドウェイ/その他

地域2:北米/中米/オセアニア/中近東/ヨーロッパ

地域3:アフリカ/南米

 

Amazon規約「出品者の配送料と配送条件」より。

 

香港の場合は、地域1に該当します。

CDなら、617円になります。

Amazonで海外発送する運送会社

次に、Amazonで海外に発送する場合に、どの運送会社を選んだら良いのかについてお伝えします。

CDを北海道から送る場合でお話します。

エコノミー航空(SAL)便

日本郵便が提供している海外発送サービスです。

詳しくは、日本郵便の『エコノミー航空(SAL)便について』をご覧ください。

梱包

厳重に梱包するよう、日本郵便が言っていますので、商品が破損しないよう厳重に梱包してください。

おそらく、SAL便は送料が安いので、荷物を乱暴に扱うのでしょう。

詳しくは、日本郵便の『国際郵便らくらくナビ』をご覧ください。

送料

荷物(小包)で重量が400gで、香港まで400円になります。

Amazonで海外発送するとき、購入者から受け取れる配送料は、「CD・レコード」「海外(地域1)」で、617円です。

 

ですので、Amazonで海外発送するときにSAL便を使えば、購入者から受け取れる配送料を少し稼ぐことが出来ます。

日数

日本郵便の『国際郵便の料金・日数を計算する』を使用して私の方で調べたところ、2週間前後かかるみたいです。結構かかりますね。

SAL便を利用して海外発送する場合、Amazonの購入者に連絡を入れて、到着が2~3週間程度かかることを必ず言いましょう。

EMS

EMSのサイトはこちらです。

日本郵便EMS

Amazonで海外発送するときに受け取る配送料から、EMSの送料を差し引くと赤字になるので、オススメ出来ません。

梱包

EMS無料包装材が用意されていますので、これを使いましょう。

詳しくは、日本郵便の『EMS無料包装材』をご覧ください。

送料

日本郵便の『料金・日数を調べる』を使用して私の方で調べたところ、Amazonで香港(海外)まで発送するのに、1,400円かかるそうです。

 

Amazonで購入者から受け取れる配送料は、「CD・レコード」「海外(地域1)」で、617円です。

ですから、EMSを使ってAmazonの商品を海外発送すると、赤字になります。

 

また、CDの場合は、配送料がAmazonの方で指定されており、こちらで変更出来ません。

自己発送の場合、配送方法も指定できません。

Amazonの購入者が、海外発送方法としてEMSを望んでも、配送料を多く頂戴することは出来ません。

 

なお、Amazon FBAの商品の場合は、Amazonの商品を海外発送するときに、購入者が配送方法を指定することが可能です。

詳しくは、Amazonヘルプページ『海外配送について』をご覧ください。

日数

Amazonの商品をEMSで海外発送する場合、2日かかるそうです。

(日本郵便の『料金・日数を調べる』を使用)

SAL便が14日前後ですので、かなり早いですね。

ですが、EMSは送料が高すぎるため、Amazonで海外発送する場合に赤字になるので、利用しないほうが良いでしょう。

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要がありますが、ネット上に住所が明かされると家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

アフィリエイト報酬額も8,000円と高額ですので、教材購入費用を余裕で回収出来るはずです。

実際に、このCDせどりの教材で稼いでいるアフィリエイターは多数います。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。