自己発送で商売されている方に向けて、クリックポストを紹介します。

 

クリックポストとは、Yahoo! JAPAN IDおよびパスワードを使って、Yahoo!ウォレットで送料を支払って郵送するサービスのことです。

はこBOONの郵便局バージョン、と捉えると分かりやすいでしょう。

 

このクリックポストですが、単価165円と非常に安いのが特徴です。

しかも、追跡番号が付与されるので、商品未着でAmazonマーケットプレイス保証申請をされても対応可能です。

 

しかし、追加料金を支払わないと損害賠償してもらえません

専用ラベルをいちいち印刷する必要があり、専用ラベルのバーコードが読み取れないと返送されるリスクもあります。

 

クリックポストのこうしたメリット・デメリットを踏まえて、クリックポストを利用するべきせどらーは誰か、詳しく説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

クリックポストのメリット

以下の5つのメリットがあります。

・とにかく安い

・追跡番号が付く

・個人でも利用可能

・結構なサイズの重量物にも対応

・ポスト投函でOK

 

それぞれについて、説明していきます。

とにかく安い

日本全国一律164円です。

追跡番号が付く

発想履歴が残るので、商品未着でAmazonマーケットプレイス保証申請をされても、対処可能です。

個人でも利用可能

これに対して、飛脚メール便を利用できるのは法人に限定されます。
そして飛脚メール便は、300g以内で165円とクリックポストより1円だけ高く、配達に10日かかる場合もあります。

結構なサイズの重量物にも対応

1kg以下で、長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下の荷物を送ることが出来ます。

ポスト投函でOK

ポスト投函の他、配達業務を行っている郵便局に差し出すことも出来ます。

クリックポストのデメリット

価格164円と、安いなりのデメリットもあります。

主に、以下の3つです。

・損害賠償してくれない

・専用ラベル印刷でのインク代がかかる

・返送される恐れあり

・追跡出来ないことがある

 

それぞれについて、説明していきます。

損害賠償してくれない

クリックポストで発送して、本が水濡れしたり、CDケースが破損したりした場合、郵便局は一切補償してくれません。

 

ゆうメールでしたら、書留がある場合、つまり特定記録を付けて追跡番号ありで送った場合、郵便物等の損害賠償制度が適用されます。

詳しくは、日本郵政の『>郵便物等の損害賠償制度』をご覧ください。

 

しかし、ゆうメールの場合、250g~500g以内で特定記録を付けたら、460円もします。

ここは、送料165円の飛脚メール便の勝利でしょう。

飛脚メール便は、荷物が損傷した場合、損害賠償してくれると、約款に書かれています。

詳しくは、佐川急便の『>飛脚メール便約款』をご覧ください。

専用ラベル印刷でのインク代がかかる

クリックポストでは、A4サイズの専用ラベルを、商品一つ一つに対して、印刷しなくてはなりません。

 

FBAパートナーキャリアとは違い、モノクロ印刷でもOKです。

プリンタはキャノンの>PIXUS iP2700のような3,500円程度のもので充分です。

 

ですが、プリンタのインクはすぐ無くなります。

pixus ip2700の場合、>純正品のインクカートリッジの価格が約2,000円と高額です。

私がFBAの商品ラベルなどを大量に印刷してきた経験から言えば、150枚ほど印刷すれば、インク切れになります。

そして、PDFでモノクロ表示されていても、印刷プロパティでモノクロ指定しないと、カラーのインクも僅かに使われます。ご注意を。

返送される恐れあり

専用ラベルには、バーコードが印字されています。

このバーコードが水濡れをしてインクが滲んで読み取り出来ない場合、返送されます。

返送された場合、送料は返金されません。

ですから、バーコードをガードするために、透明テープが必要です。

追跡出来ないことがある

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容を紹介します。

※投稿内容の文章が分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

先日、クリックポストを初めて利用しました。

荷物は、ポストに投函しました。

 

投函した翌日、配送状況を確認したところ、「未発送」の状態でした。

「未発送」の文言にリンクがあったので、そこを開いたところ、「** お問い合わせ番号が見つかりません。お問い合わせ番号をご確認の上、お近くの取扱店にお問い合わせください。」と表示されました。

 

すぐに集荷担当の郵便局に行き、事情を話しました。

何日の何時にどこのポストに投函したか、詳細に説明したところ、職員の方からこう言われてしまいました。

・ポスト投函での差出だと、引受け時(回収時)にバーコードを読まないことがある

・郵便局の窓口に出せば、必ず読み込む

・引受け時(回収時)に読むのを忘れたら、商品到着まで検索が出来ない

 

クリックポストを利用すると、こうしたトラブルもあったりします。

なお、ゆうメールに特定記録を付けて、追跡番号を付与した場合は、ポスト投函不可で、必ず窓口に出すので、追跡番号が付かないという事態にはならないでしょう。

みなさん、ご注意を。

 

しかし、追跡が出来なくても、追跡が可能な発送方法で発送しているのは事実です。

発送したという証拠が残るので、商品未着でAmazonマーケットプレイス保証申請をされても、対処可能なはずです。

商品未着の責任は、日本郵便にあることを示すことが出来ますから。

クリックポストを使うべき人は?

中古本、CD・DVDを自己発送で出品していて、1ヶ月間に、100個程度しか商品発送しないせどらーでしょうか。

 

この程度の発送個数なら、特約ゆうメールの契約は出来ないでしょう。

飛脚メール便の法人契約も怪しいです。

 

クリックポスト(165円)は飛脚メール便(164円)より1円高いですが、飛脚メール便のように到着まで10日かかるようなことはありません。

ですから、送料を抑えたいのなら、クリックポストが有効です。

 

プリンタのインク代、A4用紙代、透明テープ代がかかりますが、これは割り切りましょう。

特定記録付きのゆうメールを使わなくて浮いたお金で、余裕で賄えたと前向きに考えましょう。

特定記録付きのゆうメールの単価は460円、クリックポストの単価は165円で、295円浮きます。

100個発送したら、29,500円も得します。

29,500円もあれば、プリンタのインク代、A4用紙代、透明テープ代といったコストを、余裕でカバー出来ます。

まとめ

・クリックポストは、単価165円と非常に安い

・追跡番号が付与されるので、商品未着でAmazonマーケットプレイス保証申請をされても対応可能

・だが、損害賠償してもらえず、専用ラベルをいちいち印刷する必要があり、専用ラベルのバーコードが読み取れないと返送されるリスクもある

・それでも、月に100個程度の発送で、特約ゆうメールや飛脚メール便の契約が出来ないせどらーにとって、クリックポストの利用価値は非常に高い

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。