ブックオフやゲオなどで中古CDを仕入れされているせどらーは、かなりいるかと思います。

発売年月日が古い中古CDですと、ケース割れしていたり、擦り傷だらけだったりします。

こういう中古CDは、ケースを新しいものに交換してあげると、購入者に喜ばれます。

 

また、プレミア価格の中古CDですと、新品のケースに交換することで、コンディションを「中古品 非常に良い」にして、販売価格を上げることが出来ます。

こういう時は、商品説明文に「新品ケースに交換済み」と一言添えるだけでOKです。

(※セラーによっては、ケースを交換すると商品価値が下がるので、オリジナルのケースのまま販売する方もいます。この辺は、CDに応じて各自で判断してください)

 

では、どんなCDケースに交換すれば良いのでしょうか?

Amazonセラーフォーラムに、非常に参考になる内容が公開されていました。

紹介します。

 

スポンサーリンク

 

CDケースの選定方法

以下、Amazonセラーフォーラムの投稿内容です。

※投稿内容の文章が分かりにくいため、私の方で文章を校正しています。

当店は、中古CDを自己発送で販売しております。

CDケースに割れやキズがある場合は、新品ケースに必ず交換しています。

 

このCDケースですが、CDトレイの左上と右上に「compact DISK」というロゴがあるものが一般的です。

詳しい画像を以下に示します。

ですが、DVDを納めることも想定されているケースもあるので、このロゴが無いケースも多く販売されています。

当店は、ロゴ無しのケースを使用しています。

これまで数万点以上販売してきましたが、ロゴが無いとのクレームを受けたことは一度もありません。

 

ただし、リアジャケットに応じて、CDトレイの色を使い分けて下さい。

リアジャケットが両面印刷のものは、CDトレイが透明のCDケースを使用しましょう。

リアジャケットが片面印刷のものについては、当店はCDトレイが白色か黒色のものを使用することもあります。

基本はCDトレイが透明のCDケースを使用しています。

 

CDケースの品質は、メーカーによりけりです。

表面塗装が丈夫で傷がつきにくいものもあれば、表面塗装がきちんとされて無くて、キズが付きやすいものもあります。

ケースの素材の良し悪しにより、割れやすかったり割れにくかったりします。

メーカーによって、ケースの透明感が異なります。

組み立て精度が悪く、開閉部がガタついたりするものもあります。

本当にメーカーによりけりですので、CDケースを大量に用意する前に、幾つかのメーカーから購入して比較しておくべきです。

100均のCDケースは、品質が最悪で、売り物にならないので止めましょう。

 

また、元のケースと汎用品とでサイズが一致しなかったりすることもありますのでご注意を。

ブックレット(CDの歌詞カードで厚めのもの)が分厚いものの場合、ケースもそれに合わせて特殊なサイズであったりします。

後、オリジナルのCDケースに色が入っていたり、ロゴが入っていたりもします。

こういうCDケースは、汎用品と交換できません。

 

後、avexのCDに多いのですが、オリジナルのCDケースのCDトレイの表面がツルッとした感じの独特のものであり、これと同じ感じのCDケースは売られていません。

オリジナルのCDケースがこういうものの場合、そのケースをクリーニングして、そのまま使いましょう。

これから出品する中古CDのケースが、汎用品と交換不可のものであるかどうか、よく注意して調べて下さいね。

CDケースを取り扱っているメーカー

ここで、CDケースを取り扱っているメーカーを、ケース種類ごとに紹介します。

アルバム用ケース 1枚用(10mmプラケース) 単価約36円
メーカー:サンワダイレクト

 

アルバム用ケース 2枚用(10mmプラケース) 単価約68円
メーカー:サンワダイレクト

 

アルバム用ケース 3枚用(10mmプラケース) 単価約88円
メーカー:COMCOM

 

アルバム用ケース 4枚組(10mmプラケース) 単価約70円
メーカー:サンワダイレクト

 

マキシシングル用ケース 1枚用(7mmプラケース) 単価約40円
メーカー:CASE buy CASE

 

アルバム用ケース 1枚用 ブラック・ホワイト(10mmプラケース) 単価約36円
メーカー:サンワダイレクト

まとめ

・中古CDを販売する場合、新品ケースに交換するのが効果的

・新品ケースに交換すると、コンディションアップして、販売価格を上げることが出来る

・CDケースには「compact DISK」のロゴがあるものと無いものがあるが、どちらでも良い

・透明なCDケースを使うのが一般的

・オリジナルのCDケースのサイズが特殊であったりする場合、クリーニングしてそのまま使いましょう

・CDケースの品質はメーカーによりけり。大量買いする前に、比較検討を

 

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。