興味深い事例を見つけたので紹介します。

※Amazonセラーフォーラムに投稿された内容を校正して紹介します。

 

今年になってからジャニーズのCDやDVDに重複出品が大量にみられるようになりました。
商品名で検索すると全く同じ商品が2つ出てきたりします。
既に「ミュージック」のカテゴリーで登録されているCDやDVDを、「ホーム&キッチン」のカテゴリーで新規登録をして、俺様価格で売り出している人間がいるようなのです。
すぐに取り締まられるものと思っていたのですが、正直状況は悪化するばかりで、アーティスト名で検索するとこれらばかりが上位表示されるようになっています。
これって問題ではないのでしょうか?

 

まず、音楽CD・DVDですので、商品カタログを新規作成する時は、「ミュージック」のカテゴリーで新規作成しなくてはなりません。
カテゴリーを誤ると、カテゴリー違反となるそうです。

 

その商品が全く関係のないカテゴリーで販売されているのでしたらカテゴリー違反になりますので、テクニカルサポートにカテゴリー修正依頼を出せばいいと思います。
もし同じ出品者が複数の商品でカテゴリー違反をしているのでしたら、それらのASINなどを添えて販売手数料を不当に逃れていると報告をすればいいのではないでしょうか?(販売手数料はカテゴリーにより金額が異なる。販売手数料が安いカテゴリーに商品カタログを登録して出品していることを報告する)
アマゾン側が不当と判断すれば何らかの制裁が下されると思います。
商品カタログを新規作成して出品する際は、ブラウズツリーに沿って正しく登録を行い、健全な商売を行うべきです。

次に、複数のカテゴリーに同一商品の商品カタログを作成して出品することが、規約違反に該当するかどうかですが、Amazonテクニカルサポートに問い合わせて聞きました。

結論は、規約違反であり、アカウント停止になる可能性がある、とのことでした。
また、商品カテゴリを選択するのは、出品者の判断に委ねられるそうです。

 

以下、Amazonテクニカルサポートの回答内容です。

masa   ご担当者様

Amazonテクニカルサポートよりご連絡申し上げます。
先ほどは、メールをご希望されていたにもかかわらず、お電話にてお時間をいただきましたことを心よりお詫び申し上げます。

お問い合わせいただきました、商品の「カテゴリー」についてご案内いたします。

Amazonでは、適切なカテゴリーでの出品をお願いしておりますが、
万が一、不適切なカテゴリーで出品をされている場合には、規約違反として担当部署より警告が行われる場合がございます。

出品アカウントの停止処置等につきましては、担当部署にて対応させていただいております。
担当部署での判断とはなりますが、規約違反と判断された場合はアカウント停止になる場合もございますため、何卒ご留意ください。

なお、Amazonは商品知識を持ち合わせておりませんため、出品者様が出品されます商品のカテゴリーにつきましては、
出品者様にてご判断いただき新規商品登録をしていただきますようお願い申し上げます。

ご参考までに以下ヘルプページをご参照いただけますと幸いです。

▼詳細は、以下をご参照ください
商品の登録カテゴリーとサイト表示カテゴリー
(Amazonセラーセントラルのヘルプページで検索出来ます)

 

明らかにマズイ行為をしているのは確かですね。再び、Amazonセラーフォーラムの投稿内容を校正して紹介します。

この対応がまかり通るのであれば、許可申請が必要な商品(危険物や食品など)を、別のカテゴリで登録して許可申請を経ずに販売することが出来てしまいます。
非常に危ない問題だと思います。
Amazonの許可申請が厳格になる必要性が出てきたのも、偽物を取り扱う悪質な業者が増え、購入されるお客様へ迷惑がかかった事例が多発していることが原因だと認識しています。
CD・DVDは海賊版が横行しやすい商材なので、早急にAmazonサイドの対応が必要なのではないでしょうか?
また、過去に同一商品が異なるカテゴリに登録されている物を少なからず見ています。
個々のセラー全てに対して、商品カテゴリーを変えて同一商品を二重出品していないかどうかをチェックすることは難しいかもしれません。
しかし、商品の登録時にカテゴリを自由に選択出来てしまう現行のシステムを改善する必要があるのではないでしょうか?
今の時点では、他の方が仰るように、見つけられた際に都度報告する事が必要ですね。

 

まとめます。

 

・商品カタログを作成する時、商品カテゴリーを間違えるとカテゴリー違反になる

・既に正しい商品カテゴリーに商品カタログが登録されている商品に対して、別のカテゴリーに同一商品の商品カタログを作成して出品するのは非常にマズイ。許可申請が必要な商品(危険物や食品など)を、別のカテゴリで登録して許可申請を経ずに販売することが出来てしまうから

 

皆さんは、商品カタログを新規作成して出品する必要がある場合は、商品カテゴリーを間違えないようお気をつけ下さい。

 

しかし、せどりすとなどの商品検索ツールを使用して仕入れをしているなら、商品カタログを新規作成することはまず無いとは思います。
こうした商品検索ツールは、Amazonに既に登録されている商品カタログを使用しているからです。
ですので、店舗せどりをされている一般のせどらーには、あまり縁のない話なのかもしれませんね。

 

しかし、仕入れた商品を高値で売ることを画策して、商品カテゴリーを変えて新規出品するようなことは止めましょう。
消費者を欺く行為になりますから。

 

Amazonは消費者を優先する会社です。
だから、商品を二重登録してカートボックスを独占するような、消費者を困惑させる行為をすると、アカウント停止になります。
商品カタログを異なるカテゴリーに登録して二重登録をするという行為は、二重登録と同じ行為になるので、アカウント停止、いや下手するとアカウント閉鎖になるかもしれません。

 

最後に、この言葉を載せておきます。

 

そういう小細工をやっているセラーに未来はない

 

以上です。