ブックオフが株式上場依頼、初の赤字に転落したという記事を東洋経済オンラインで見つけました。

ブックオフが赤字、「中古家電」でつまづき 中古本市場が縮小する中、活路は見つかるか

 

記事の内容を掻い摘んで紹介します。

・中古本やソフトメディア(CD・DVD)は商品別の需給バランスを反映した値付けの導入や、「ヤフオク!」に出品したことで、ブックオフの売上は横ばいで健闘している。

・しかし中古本の市場が縮小しているため、市場規模が大きく成長率が高い中古家電に業態転換している最中である。

・中古家電を売るために、人員増強・陳列棚の整備・中古家電査定システムの導入・テレビCMを放映するなど、様々な投資を行ったために営業赤字に転落した。

 

ブックオフが赤字になったことで、赤字を補填するために不採算店を閉店する可能性が考えられます。

現にブックオフは、最近になって不採算店を次々と閉店しています。

今回の赤字で、仕入れ出来る店舗がさらに減るのではないかということが懸念されますね。

 

また、後述しますが、ヤフオクの相場を見て店頭価格を決めているので、値付けが厳しくなり仕入れできなくなるのではないかということも懸念されますね。

 

中古本の市場が縮小している、つまり中古本の流通量が減少していることも気になります。

 

スポンサーリンク

 

この記事の内容を私なりに分析してみます。

 

中古本の市場が縮小していることについて。

まず考えられる原因として、Kindleなどの電子書籍の普及があります。

Amazonでは、Kindle版として書籍を紙媒体のものよりも遥かに安く販売しています。

電子書籍に魅力を感じる人にとっては、中古本を買う理由がありません。

 

しかし、電子書籍には次の二つデメリットがあるのも事実です。

 

・全ての書籍が電子化されていない

読みたい本が必ずしも電子書籍として売られているとは限りません。

 

・参照性が紙媒体の本よりも劣る

本の中で、前に書いてあったことを読み返したい場合を想定しましょう。

紙なら適当にめくっていけばOKですが、電子書籍では1ページをずつめくって戻る必要があります。

電子書籍は、実質読み進めていくことしか出来ません。

そして、重要だと思った内容にマーカーを引いたり書き込んだり出来ないのも不便です。

 

よって、紙媒体の中古本にまだまだメリットがあるので、電子書籍が普及しても、中古本市場が多少落ち込む程度で済むのではないでしょうか。

 

それ以上に問題なのは、ブックオフの買取価格がしょぼいことをお客様が認識して、ブックオフに売りに来なくなったことが大きいのではないかと思います。

2chにお客様の生の声が書かれていたので紹介します。

 

以前古本売りに行ったらゴミみたいな価格でしか買い取ってくれなかったので、それ以来自分でヤフオクで売るようにした。

そしたらきっちり儲かった。

ブックオフもうイラネwww

安く買い取り高く売るだからな。

ここに持っていっても足元見られて二束三文の値段しかつけてくれねーってのがもう知れ渡ったってことだろ。

古本売るなら絶対ヤフオク。

進撃の巨人がアニメやってた時1~6巻まであって全部初版持ってたんでヤフオクで12000円吹っ掛けたらそのまま落札されたわw

丁度新古書店で1巻350円買い取りやってた時の話。

 

お客様は、ブックオフで売るよりヤフオクで売ったほうが得だと認識しています。

 

ヤフオクはユーザビリティを高めるために、システムが日々改良されています。

これまで手間だった出品や落札者とのやり取りなどを、簡単に出来るようになっています。

ヤフオクは手間がかかって面倒くさいと嫌煙していた人でも気軽に利用できるようになりました。

それゆえ、ブックオフで二束三文で買い取られるのが嫌な人は、積極的にヤフオクを利用するでしょう。

 

このブログでも何度も言っていますが、お客様は年々賢くなっています。

Amazonで買う時も、カートボックスにある商品以外も見て、価格と商品説明文をよく調べて、その上で購入を決めています。

ブックオフに二束三文で売るくらいならヤフオクで売ったほうが良いと思う人が増え、ブックオフに売りにくる人が減ったことで、中古本の市場が縮小しているのでしょう。

それでも、ブックオフがヤフオクの相場を調べて、本の販売単価を上げて対処したことで、何とか売上を維持しています。

 

しかし、中古本だけを扱い続けては先がないことは火を見るより明らかでしょう。

なので、新規事業として、市場規模が大きく成長率が高い中古家電も取り扱うことにしました。

しかし、新規事業を立ち上げるのには多額のお金がかかります。

人員増強・陳列棚の整備・中古家電査定システムの導入・テレビCMを放映するなど、先行投資が必要だったため、いつもより余計にお金がかかってしまい、結果営業赤字に転落した。

経緯はこんな感じでしょうか。

 

また、先ほど紹介した東洋経済オンラインの記事以上に踏み込んで書かれた記事を見つけたので紹介します。

ブックオフの決算分析してみたらヤフーさまさま。ヤフオク!連携や中古家電強化へ。 

 

この記事を見ると、ブックオフは生き残りのためにヤフオクに相当力を入れていることが分かります。

 

店舗とヤフオクとの併売を、併売システムを導入して既に行っているみたいですね。

併売システムとは、ヤフオクで入札されたら、店舗に自動で取り下げ指示が行き、店頭で購入されたら、ヤフオクは自動で出品終了するというものです。

この併売システムの導入で、2015年7月頃までヤフオクで5万点程度で推移していたのが、一気に42万点の出品数となっているみたいですね。

企業別出品点数ランキングでは、出品企業№1だそうです。

東洋経済オンラインの記事で、「中古本やソフトメディア(CD・DVD)は商品別の需給バランスを反映した値付けの導入」と書かれていたので、併売システムの対象商品は、中古本だけでなくCD・DVDも対象となっています。

つまり、ブックオフで取り扱っている全ての商品の値段が、ヤフオクの相場が反映されたものになっています。

ブックオフで仕入れてヤフオクで売っているせどらーは、これで完全に息の根を止められた状態ですね。

今後は松浦さんのようなせどり上級者しか、ブックオフせどりでは生き残れないことでしょう。

 

そして、ブックオフ家電の値付けが厳しさは、苛烈を極めるものと予想されます。

 

この記事の「中古家電はヤフオクの査定システムを活用」のコーナーに紹介されていた、こちらの図を御覧ください。

1

ブックオフでの家電の買い取りの流れを示した図になります。

ブックオフで家電を買い取りしてもらうと、店員さんが端末を使って買取価格を機械的に決めます。

買い取りをする際に、「価格DB」を参照して買取価格を決めています。

 

この、「価格DB」が肝心要のものになります。

が、「価格DB」という部分はSEでないと、理解し難いかもしれませんね。

「価格DB」とは、要はサーバーの中にあるハードディスクに記録されたExcelデータのことと思ってください。

サーバーとは、高さが2m位ある巨大な箱だと思って頂いて結構です。

この中にハードディスクが何枚も何枚も格納されており、そのハードディスクに中古本や家電のヤフオクでの価格や販売実績が毎日記録されています。

このハードディスクの中にあるデータのことを「価格DB」だと思ってもらえればOKです。

店員さんが端末を使って買取価格を決める時に、遠方にあるデータセンターに置かれたサーバーの中にある、価格DBが入ったハードディスクにアクセスして、買取価格を調べます。

これが中古家電の「ヤフオクの査定システム」の裏側です。

 

私の会社もデータセンターをいくつか持っており、サーバーを運用してお客様の情報を管理しています。

このサーバーを用意するのに、メチャクチャお金がかかります。

サーバー1台当たり数百万もします。

ブックオフの場合は、何百万件もの膨大なデータを保存するため、複数台のサーバーが必要になってきます。

 

皆さんスマホアプリのLINEはお使いでしょうか?

LINEが急に使えなくなって困ったことがありませんか?

あれは、LINEという会社が持っているサーバーがダウンした、つまり壊れて動かなくなったことが原因です。

サーバーは24時間稼働しなくてはならないため、非常に壊れやすい代物なのです。

サーバーがダウンしすると、復旧するまで業務がストップしてしまいます。

業務がストップしてしまうと、ブックオフの場合は買取作業が一切出来なくなってしまいます。

ブックオフの業務は、お客様から商品を買取ることから始まります。

つまり、サーバーがダウンして買取作業が出来なくなると、ブックオフの営業自体がストップしてしまうのです。

そのため、サーバーが一つダウンしてもシステムが稼働できるよう、予備の待機サーバーも用意する必要もあります(これを冗長構成といいます)。

 

また、サーバーを外敵から守るために、セキュリティが万全に完備された超頑丈な設備の建設も必要になってくるでしょう。

 

サーバー一つ取ってもメチャクチャ金がかかる上に、人件費や宣伝費などもかかってきます。

おそらく、中古家電分野の進出のために、ブックオフは何十億円ものお金を投資にしているのでしょう。

こうした先行投資が必要だったため、一時的に営業赤字になったのでしょう。

まさに、社運をかけた一大事業ですね。

 

「価格DB」の情報が甘いということは、会社が傾くことを意味します。

なので、「価格DB」の情報の正確さに抜かりはないはずです。

ブックオフに陳列された中古家電は、ヤフオクの価格を完璧に反映した価格設定になっているはずです。

つまり、ブックオフの中古家電は、我々せどらーにとっては全く美味しくない商品なのです。

 

先ほどブックオフが併売システムを導入して、ヤフオクでの出品数が2015年10月の段階で5万点から42万点に飛躍して、企業別出品点数ランキングでは、出品企業№1になったと言いました。

おそらく、中古家電に先駆けて、中古本や中古CD・DVDについて、「価格DB」は既に導入済みと見ておいたほうが良いでしょう。

ブックオフに陳列された中古本や中古CD・DVDも、ヤフオクの価格を完璧に反映した価格設定になっているはずです。

こういう理由からヤフオクを使ってせどりをしている方は、非常に厳しい状況に追い込まれています。

 

ヤフオクはAmazonとは違い、評価数が非常に重要になってきます。

評価数が少ないと、評価数が多い出品者に負けて、出品した商品が売れません。

ブックオフがヤフオクで42万点も商品を取り扱うのですから、評価数も相当な数になることでしょう。

ブックオフはヤフオクでは、まさに無敵の存在なのです。

 

ヤフオクで売ったら利益が出そうな商品を他店で仕入れ出来ても、ブックオフがものすごい数の評価数を武器に42万点も網羅して出品するわけですから、ほとんどの商品でブックオフがライバルとして立ちはだかります。

ブックオフがヤフオクに本格参入した以上、ヤフオクで稼ぐことは諦めたほうがよさそうです。

 

我々せどらーにとって、暗い話ばかりしていますね。

ここで話を転換します。

 

ブックオフが店頭価格を決める際の着眼点は、「ヤフオクの相場と売れ行き動向」です。

つまり、ヤフオクだけしか見ていないことになります。

Amazonの価格は一切見ていないということが非常に重要になってきます。

 

その商品が売れる商品なのかどうか、また売れる価格がいくらなのは、媒体によって異なってきます。

つまり、

ヤフオクでは全く売れないものが、Amazonに出品したらすぐに売れることも往々にしてあるのです。

ヤフオクでは二束三文でしか売れないものが、Amazonで高値で売れることも往々にしてあるのです(電脳せどり)。

ヤフオクの価格や売れ行き動向は、Amazonとは何も関係ないのです。

 

ブックオフはヤフオクの相場だけを見て値付けしているので、まだまだ値付けの仕方が甘いと言えます。

だから、我々せどらーは今までどおりAmazonの価格を参考にしてせどりを続ければ良いのです。

 

今回の「ブックオフが赤字、「中古家電」でつまづき 中古本市場が縮小する中、活路は見つかるか」の記事を題材にして、「ブックオフはもう稼げない」と嘆くせどらーさんもいるかもしれませんが、気にしなくて結構です。

 

ブックオフはこれまで通り、少額だったら稼げます。

せどりをこれからやろうと思っている「せどり初心者」の方は、まずはブックオフでせどりの練習をして、仕入れ資金を稼いでください。

 

ブックオフは、せどらーで溢れているのと、ブックオフの値付けが厳しくなったため、あまり稼げません。

加えて電子書籍の普及と中古本の買い取り件数の減少により、ブックオフでの取り扱い点数も減って来ています。

最近になって、不採算店が相次いで閉店しています。

ブックオフはもはや、魅力的な仕入先ではありません。

 

仕入れ資金を稼いだ後は、さっさとブックオフせどりから新品せどりなどに移行しましょう。

 

新品せどりでしたら、私のブログに多数ヒントが転がっています。

 

 

ということで、結論は「現状維持」で。

 

しかし、ブックオフはせどり上級者以外は微妙な場所なので、ブックオフにいつまでも固執するのは止めましょう。

 

次に、ブックオフせどりで、初月から3万円稼いたせどり初心者の方を紹介します。

 

 

この方は、私にお問い合わせをしてきた時は、「せどり初心者」の状態でした。
本ブログにおける「せどり初心者」とは、せどりをやってみようと思ってはいるが、まだAmazon登録すらしていない状態の方のことです。

 

そこで、メールにてブックオフせどりを提案させて頂きました。
そして、この方はたった2ヶ月でブックオフせどりで結果を出しました。
以下、この方とのメールのやり取り内容です。
内容を抜粋して紹介します。

題名: せどりのコンサルについて
メッセージ本文:
はじめまして。
Mと申します。
たまたまこちらのブログを発見し、せどりについてとても興味深く拝見しました。
副業を検討しておりますのでせどりも学んでみたいと考えています。
もし、せどりの教材、コンサルなどを提供されてましたらご案内いただけないでしょうか?
以上お手数ですがよろしくお願いいたします。

<私>
Mさま
サイト管理人のmasaです。
ブログを読んで頂きありがとうございます。
現在提供出来る商材はありません。
コンサルは今後もやるつもりはありません。
来月以降、使える教材を紹介する予定です。
Mさまは、まだせどりに全く着手されていない状態ですね。
それでしたら、他者ブログなどで初心者講座が用意されています。
まずはそれを読んで、Amazonに登録して、仕入れ&出品して、一度売上を出してみましょう。
仕入れはブックオフで大丈夫です。
一度売上を出してから、商材を購入する感じでいきましょう。
最初からお金をかける必要はありません。
初期投資は安く!
では、お互い頑張りましょう。
masa

masaさん
ご連絡ありがとうございます。
返信が遅れ申し訳ございません。
現在もブックオフ中心にせどりをしております。
まだまだ満足いくスピード、仕入れ量ではありませんが、試行錯誤を重ねながらがんばっております。
私が通うブックオフでは医学書もありますが、近くに大学があるためか、法学や経済学、心理学といった大学の講義で扱うような本も多くそれらは基本的に定価が高く、売ってるライバルも少なく、一定の層には確実に需要があるので比較的安定的に仕入れができております。
個人的にそういうアカデミックな本が好きなのでリサーチに関してストレスが少ないというのもあります。
ただやはり専門書とあって 回転率はさほど高くないので、もっと回転いい本を仕入れたいですね。
このへんが今の課題です。
早く資金を多くして新品せどりをがっつりやりたいと思っています。
ブログ掲載については個人情報以外は文そのままでも大丈夫です。
以上よろしくお願いいたします。

<私>
Mさま
回答ありがとうございます。
今はブックオフせどりに専念されてるんですね。
以前連絡を頂いてから、約二か月経過したかと思います。
数字を聞かせて下さい。
月の売り上げは、今おいくらでしょうか。
振り込み履歴から、売り上げを見ることができます。
二か月間で、現金がどのくらい貯まりましたか?
5万円くらいあれば、新品せどりに行っちゃっても良いかと思います。
ただし、クレカで仕入れるのは私は全くオススメしません。
あくまで、現金で商売しましょう。
現金で商売するなら、たとえ新品せどりで失敗し ても、手許にある金が無くなるだけです。
それなら、またブックオフせどりに戻って、コツコツお金を貯めれば良い話です。
私の仕入れ報告を。
土曜日にケーズデンキで蛍光灯47点を4万円で仕入れました。
送料を加味して、42,000円でしょうか。
見込み利益は、大体6万円くらいです。
回答よろしくお願いします!
masa

ご返信ありがとうございます。
売り上げはまだ10万ほどで、利益も3万くらいです。
いかんせん元々の資金も少なくがっつり仕入れることができないものでペースは遅いです。
もう少したまるまでブックオフせどりをこつこつしようと考えています。
ただ家電店で単品でもいいのがあれば仕入れるのもありかなとは思います。
以上よろしくお願いします。

<私>
Mさま
おぉ、数字出しましたね!
つい最近まで、無の状態だったのに。
0を1にしましたね!
後は前進していくだけです。
売上と粗利を出すところまで行けたのなら、お金に対するマインドブロックはもう外れています。
次にオススメしたいのは、根拠の無い自信を身につけることですね。
自分は給料以外に収入がある凄いやつだ
なんて勝手に自分を褒めて、勝手に自信を付けてみて下さい。
売上が多い少ないは、ハッキリ言ってどうでもいいです。
売上なんて、大きな仕入先に恵まれればいくらでも伸びますから。
根拠の無い自信 を身につけると、行動しやすくなります。
沢山行動出来れば、それだけ良い仕入先に恵まれる確率が上がります。
Mさん、現在仕入に使えるお金はおいくらですか?
4~5万円あるなら、さっさと新品せどりに移った方がよいです。
何を仕入れるかですが、新品ゲームソフトが良いかと。
もちろん、ブックオフせどりも同時並行でやっていただきたいのですが、あまりそちらに固執しても、売上は伸びないと思いますよ
masa

せどりを開始して、たった2ヶ月で売上10万円、粗利3万円。
しかも、ブックオフせどりで。
凄いことです。

 

私も最初はブックオフせどりからスタートしましたが、こんなに稼げませんでした。
ブックオフせどりでは稼げないと思ったので、さっさと新品せどりに切り替えました。
その方が儲かると思ったので。
始めて地方遠征をして、新品せどりをして実際に儲かりました。

 

私がブックオフせどりを2ヶ月頑張っても、この方みたいに稼げるとは思えません。
かなり頑張ったのでしょうね。
今はブックオフせどりでは、かなり頑張らないと、売上10万円、粗利3万円なんて数字出せませんから。
すごい根性です。

 

しかし、この方のご報告から、はっきり分かりますね。
ブックオフせどりは、今でも少額なら稼げると。

 

この方は、たった2ヶ月で売上10万円、粗利3万円という数字を出しています。
粗利3万円を少額だと言うのは語弊がありますが、新品せどりをやった場合と比較して少額だという相対的な意味で「少額」という言葉を使わせていただきます。

 

ブックオフは、ゼロ年代ならめちゃくちゃ稼げる仕入先でした。
私の知り合いの、アラ還の医療事務をやられている方は、ゼロ年代にガラケーを使ってブックオフせどりで、現金3,000万円を手に入れました。
ゼロ年代にブックオフせどりをされていた方で、この程度の数字を出した方はゴロゴロいます。
しかし、2010年以降はせどりという言葉が広く知れ渡ってしまいました。
現在は、ブックオフにせどらーが殺到しています。
おまけにブックオフ自身もヤフオク出品を始めてしまい、ヤフオクで高値で売れる本が店頭に並ぶことが無くなりました。
また、ブックオフの店頭に並んでいる本も売値がヤフオクの相場に準じており、高値で売れる本を安く仕入れることが難しくなりました。

 

こうした現状を踏まえると、「ブックオフせどりはもう無理」「ブックオフではもう絶対に稼げない」という輩が出てきてもおかしくありません。
しかし、そんな現状でも、先ほど紹介した方は、売上10万円、粗利3万円という数字を出しています。
それも、せどりを始めてたった2ヶ月で。
2ヶ月程度の経験なら、まだモノレートの波形の分析のし方も未熟でしょう(失礼!)
仕入れの手際も良くないでしょうし、出品作業もまだモタモタしながらやっているはずです。
要領がまだ悪いため、一度の仕入れで出来る行動量も、まだまだ少ないはずです。
それでも、売上10万円、粗利3万円という数字を出しています。
ブックオフせどりは、今でも稼げるという証拠です。
せどりを始めたての方でも、ちゃんと稼げます。

 

それにしても、この方はブックオフせどりで、たった2ヶ月で売上10万円、粗利3万円という数字を出しました。
年商5,670万円を出したことがある私が、今ブックオフせどりをやっても、この数字を出せるかどうか怪しいです。
本当に素晴らしい実績だと思います。

 

この方のメール文章をもう一度見て下さい。
やや自信無さげで弱気な印象を受けますね。
多分、せどりを始めたての方の多くはこんな状態では無いでしょうか?

 

しかし、この方は行動をしています。
だから、売上10万円、粗利3万円という数字を出しました。
行動をすれば、仕入れに恵まれる可能性が上がります。

 

仕入れに恵まれるかどうかは、ただの確率論です。
もしあなたが、自信が無くて弱気な気持ちであっても、なんでもいいです。
とにかく行動して下さい。
行動さえすれば、ブックオフせどりでちゃんと稼げますから。

 

しかし、ブックオフせどりに固執しても大きくは稼げません。
仕入れ資金が5万円、いや3万円くらいでも結構ですので、そのくらい溜まりましたらさっさと新品せどりなどに移行したほうがよいかと思います。
ですが仕入れ資金が無い方は、まずはブックオフせどりから。
ブックオフせどりで目利きなど感覚的なものを身につけて実力を高めて行きましょう。

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。