AmazonFBAの在庫管理方法について、書きます。

 

現在、Amazonフルフィルメントセンターで販売不可在庫を預かってくれる期間が、30日間しかありません。

この期間中に自宅に返送しないと、商品が廃棄されてしまいます。

出品価格がどれだけ高い価値ある商品であってでもです。

うっかり気付かずに商品が廃棄されて大損こかないよう、販売不可在庫になったら返送手続きを迅速に行ってください。

 

以下、Amazonの強制返金→販売不可在庫の発生→販売不可在庫の保管期限、という流れで説明させて頂きます。

 

スポンサーリンク

 

Amazonの強制返金お知らせメール内容

FBAでは、Amazonフルフィルメントセンターに仕入れた商品を預けます。

一度Amazonフルフィルメントセンターに預けておけば、後は商品が売れたら、Amazonが勝手に入金確認、商品発送、入金まで全てAmazon代行してやってくれます。

FBAは非常に素晴らしいサービスです。

 

しかし、Amazonはお客様の味方をするフシがあります。

お客様が購入した商品を開封したが、その商品がやっぱり気に入らなかった場合、「これは不良品だ」とクレームをAmazonに出せば、Amazonはお客様を疑うこと無く返品を受け付けます。

そして、Amazonフルフィルメントセンターにクレームがあった商品が届いたら、お客様に返金して、我々は入金予定額が減らされます。

 

みなさんは、Amazonから突然こういうメールが突然届いたことは無いでしょうか?

件名:

Amazon.co.jp – 返金処理開始のお知らせ:注文番号250-2656078-991XXXX

 

本文:

masa様

Amazon.co.jpよりお知らせいたします。

○○様から受けた以下の注文について、¥ 2742の返金処理を開始いたしました。

注文番号:250-2656078-991XXXX

上記内容に基づき、出品者様の決済情報を調整いたします。

決済情報について詳しくは、出品用アカウントにログインし、「ペイメント」ページをご確認ください。

今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

Amazon.co.jp

 

このメールが届くと、Amazonからの入金予定額が減ります。

このメールが届いた時は、本当に生きた心地がしませんよね。

販売不可在庫商品発生のお知らせメール内容

このメールが届いた後、今度はこういうメールが来ませんでしたか?

 

件名:【フルフィルメント by Amazon】販売不可在庫商品発生のお知らせ
201X年10月08日

出品者様、

フルフィルメント by Amazon よりお知らせいたします。

本メールは、すでに返送/所有権の放棄をご依頼された出品者様にも送信される場合があります。

以下の商品は、Amazonフルフィルメントセンターで、過去7日間に販売不可となったことが確認された在庫商品です。

該当する在庫商品とは、破損や不良、リコールなどでFBAサービスの条件に適さなくなった商品です。

商品の返送を希望される場合は、返送依頼を約3カ月後の201X年01月05日までに送信してください。

もし返送依頼を期日までに送信いただけない場合は、出品者様の費用負担にて該当商品を廃棄させていただくこととなりますので、あらかじめご了承ください。

販売不可在庫:

FNSKU: X0007C45OX 数量: 1

FNSKU: X0007CFKID 数量: 1

返送依頼の作成方法は、出品者用ヘルプページの「納品在庫の返送/所有権の放棄依頼」をご覧ください。

販売不可在庫は在庫健全性レポートよりいつでも確認いただけます。

このレポートでは、販売不可在庫数、Amazonフルフィルメントセンターで販売不可となってからの経過日数などを確認いただけます。

販売不可となってからの期間や数量は、返送推奨レポートでも確認いただけます。

フルフィルメント by Amazonをご利用いただきありがとうございます。

今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

Amazon.co.jp

 

このメールが届いてしまったら、返品された商品がAmazonで売り物にならなくなります。

私も、新品DVDを開封された状態で返品されたことが何度もありました。

「盤に傷がある」「再生できない」という理由で。

返品された商品は、問題なく再生出来ました。

お客様は嘘を付いて返品してきたのです。

こいつは泥棒と同じ人種です。

しかし、Amazonはお客様の味方ですので、容赦なく我々がせっかく苦労して仕入れた商品を、「販売不可在庫」としてゴミ扱いします。

販売不可在庫の保管期限はたった30日間

その販売不可在庫ですが、Amazonフルフィルメントセンターでは90日間しか預かってくれませんでした。

90日間が過ぎると、Amazonからお金を取られた上で、廃棄処分されてしまいます。

私の場合は、開封されたCD・DVDはブックオフに売って少しでも損失を減らすようにしています。

だから、90日間の間に必ず返送処理をしています。

 

しかしAmazonフルフィルメントセンターで販売不可在庫を預かってくれる期間が、90日間から30日間と大幅に短縮されてしまいました。

以下、Amazonからのメールです。

 

出品者様

フルフィルメント by Amazonをご利用いただきありがとうございます。

購入者の期待に応えられるよう在庫を確保しておくことは、出品ビジネスの成長に役立ちます。また、フルフィルメントセンターにある在庫がすべて販売可能な状態で出品されていることも重要なポイントです。

201X年5月1日に、フルフィルメント by Amazonサービス条件の改訂についてお知らせいたしましたが、販売不可在庫が発生してから返送/所有権の廃棄依頼をAmazonに送信いただく期間が、90日から30日に変更されました。

今後は販売不可在庫の発生をお知らせするEメールを受信されてから30日以内に返送/所有権の廃棄依頼を送信いただけない場合、Amazonが販売不可在庫を30日後に廃棄いたします。

返送/所有権の廃棄依頼について

返送/所有権の廃棄依頼の作成についてはこちらをご覧ください。

■ご注意:
販売不可在庫の自動返送/所有権の放棄のスケジュールを「年に4回」に設定している場合、「月に1回」のスケジュールに変更されます。この設定はセラーセントラルにて調整いただけます。

■設定方法:
「セラーセントラル」>「設定」>「FBAの設定」>「販売不可在庫の自動返送/所有権の放棄の設定」

販売不可在庫が発生してから30日以内に返送/所有権の廃棄を依頼いただけない場合、出品者様のご負担にて販売不可在庫が廃棄されます。返送/所有権の放棄の手数料についてはこちらをご覧ください。

 

我々はAmazonのシステムを活用させて頂き、Amazonのお世話になっている身分です。

だから、Amazonの規約に従って行動しなくてはなりません。

今回の販売不可在庫を預かってくれる期間の短縮についても、文句を言っても何も変えることは出来ません。

Amazonと上手く付き合っていかねばなりません。

販売不可在庫保管期限短縮への対処法

今回の販売不可在庫を預かってくれる期間の短縮についての対処法です。

私は、90日間だった時は、送料節約のために、ある程度販売不可在庫が溜まってからまとめて北海道に返送していました。

 

今回は30日間、つまり1ヶ月程度しか預かってくれないので、メールが届いてから3週間程度は預けておきます。

その期間に他に販売不可在庫が発生するかもしれませんので。

なので、3週間過ぎたら、返送を考えます。

 

ただし、Amazonフルフィルメントセンターから返送してもらうのに、送料がかかります。

その販売不可在庫になった商品をブックオフに売って送料を回収できるなら、迷うこと無く返送処理を実行します。

 

では送料を回収できない場合はどうするか?

 

Amazonで廃棄処理してもらうにもお金がかかります。

金額は商品サイズによりけりです。

返送処理をするにもお金がかかり、廃棄処理してもらうにもお金がかかります。

どちらの処理をするにも、お金がかかってしまいます。

少額ですが。

 

それなら、私は返送処理をします。

モノが手元に残りますから。

DVDなら、視聴してからブックオフに捨てます。

CDなら一度聞いてからブックオフに捨てます。

 

多分それが、仕入れた商品の一番の供養になるのでは無いでしょうか。

仕入れ値は極力安く!

Amazonはお客様のクレームを何でも受け付けて、そのツケを我々に回しています。

これは事実であり、変えようがありません。

だから、販売不可在庫になった時は潔く諦めましょう。

そして、販売不可在庫になってもダメージが少なく済むよう、仕入れにかける費用を少しでも減らしましょう。

 

プレミア価格のCDを定価で買って薄利を得る、プレミア価格のゲームソフトを定価で買って薄利を得る。

こんな商売は止めましょう。

1つでも販売不可在庫になってしまったら、その薄利が容易に吹き飛びます。

こういう可能性があるので、私はプレミア価格の商品を狙わないのです。

そうではなく、TSUTAYAで昔のCDを500円で仕入れて2,000円で出品するなど、利益率の高い商売をした方が懸命です。

仕入れ値が500円なら、販売不可在庫になっても痛くありませんね。

それに、これだけ利益率が高い商売をしていたなら、一つ販売不可在庫になっても、他の商品が売れれば、その損失を簡単に補填できます。

 

仕入れ値は極力安く!

販売価格は極力高く!

当たり前のことを言っているかもしれませんが、みなさんも目先の利益を追うのではなく、販売不可在庫になるリスクをよく見通して仕入れをするよう冷静になりましょうね。

 

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。