せどりで仕入に成功したら、次にAmazonに出品することになります。

 

Amazonへの出品方法ですが、これがかなり厄介な作業になります。

 

まず、Amazonへの出品方法を間違えると、二重登録状態になってAmazonアカウント停止になる危険性があります。

アカウント停止なったらAmazonで商売が出来なくなり、せっかく仕入れた商品をAmazonに売れずに不良在庫になってしまうことでしょう。

 

そして、Amazonへの出品は非常に時間がかかる。

これが嫌で、アマゾン出品代行業者サービスに委託したり、アップロードによる一括商品登録をして楽をしようとする人が大勢います。

しかし、これも危険ですので止めましょう。

 

無事にAmazonへ出品が終わり、Amazonフルフィルメントセンターに納品できたとしても安心できません。

送った個数と、Amazonに登録した個数が一致していないと、取引停止に遭う可能性があるからです。

 

Amazonに出品した商品の売れ行きを良くするために、Amazon出品者ロゴを導入される方もいることでしょう。

しかし、Amazon出品者ロゴは売れ行きには余り影響しません。

 

このように、Amazonへの出品方法は色々とポイントがあります。

今回は、そのポイントについて詳しく説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

二重登録は規約違反!

仕入れた商品をAmazonに出品する際に、非常に重要なポイントがあります。

 

それは、二重登録にならないことです。

 

 

二重登録とは、同一商品・同一コンディションの商品を異なるSKUでAmazonに出品することです。

 

こちらの画面を使って説明していきます。

 

1

 

※画像は加工してあります。

 

赤枠で囲った部分を見ますと、同じコンディションで同じAmazon出品者がいる事が分かりますね。

これが二重登録された状態です。

 

新品商品の場合、カートボックスにカートボックス候補のAmazon出品者の商品が順番に回ってきています。

 

Amazonに出品する商品が二重登録されてた状態ですと、カートボックス候補に出品する商品が複数個分かれて存在することになります。

つまり、カートボックスに表示される機会が増えてしまいます。

これでは、他のAmazon出品者の商品がカートボックスを取得できる機会が減ってしまい不公平です。

 

この例を見ても、二重登録は故意にせよ過失にせよ「悪質」な行為であることが良く分かりますね。

 

Amazon側もそれをよく理解しており、二重登録をしたAmazon出品者を規約違反を犯した出品者と見なし、アカウント停止というペナルティを科すことがあります。

 

二重登録が規約違反であることを、Amazon側が認めています。

以下、Amazonテクニカルサポートの回答です。

同じ商品を二重登録してしまった場合のペナルティについて

出品者様にご認識頂いておりますとおり、1つのASINに対して同じコンディションで複数ご登録されますと

規約違反に該当してしまいますので、お控えいただきますようお願い申し上げます。

規約違反に対するAmazon側の具体的な対応については明言しかねてしまいますが、

誤って重複して登録してしまった場合は、登録後に一方を削除いただければ問題ございませんので

ご対応いただければ幸いです。

 

二重登録は絶対に回避しなければなりませんし、回避する方法をAmazonに出品する前に知っておかなければなりません。

 

Amazonに出品してから知らなかったですは一切通用しません。

Amazonは外資系企業ですので、規約違反を犯したAmazon出品者を容赦なく切り捨てます。

まあ、Amazonが二重登録出来ないようなシステムを作らないから悪いといえばそれまでですが。

 

今回は、その二重登録を確実に回避して商品をAmazonに出品する方法を紹介します。

 

沢山画像を使用して紹介しますので、内容が長くなりますが、やっていることは非常に簡単ですので頑張って付いてきて下さいね。

 

自己発送とFBAの場合とで、Amazonに出品する方法にそこまで差異はありません。

しかし、FBAでAmazonに出品する場合の方がやや手順が多くなります。

逆に、FBAでAmazonに出品する方法をマスター出来れば、自己発送でAmazonに出品するのは非常に楽です。

 

まずは、手順の多いFBAの場合を例にとって、二重登録を回避するAmazonへの出品方法を紹介します。

Amazonへの出品方法(FBA)

以下の条件でAmazonに出品していきます。

<条件>

・FBAでAmazonい出品

・Amazon倉庫に発送するダンボール箱一箱分の商品を出品

・Amazon倉庫に発送するダンボール箱の中には全て異なるJANコードの商品が入っている

・Amazon倉庫に発送するダンボール箱一箱分の商品点数は96点

 

※ここで耳寄り情報を一つ

一箱当たりの商品点数を96点に絞る理由は二つあります。

 

(1)商品ラベルを無駄遣いしないため

大抵の場合、24面タイプの商品ラベルを使います。

商品点数が96点だと4枚ピッタリ全てのラベルを使い切るため、無駄がありません。

また、「数量を入力する画面」では、一画面に100点までしか表示出来ませんし、100点までしか商品ラベルの印刷が出来ません。

ですので、例えば101点の商品をAmazonに出品する場合は、2ページ目を表示してから商品ラベルを印刷することになります。

その場合、24面の商品ラベルには1ラベル分しか印刷されないので、残り23ラベルが無駄になります。

 

(2)1箱の商品点数が96点くらいだと、商品ラベルの貼り付け作業が楽

これまで500箱以上の商品について、商品ラベル貼り付け作業をしてきた経験からそう言えます。

 

 

さて条件が整いましたので、以下FBAでAmazonに出品する手順を順を追って説明していきます。

 

①在庫管理画面を開く

「在庫」タブから「在庫管理」を押下すると、こちらの画面が表示されます。

 

1

 

 

②フィルターを外して、全ての在庫商品を表示させる

 

2

 

赤枠で囲った部分に従い、ステータス:「全ての在庫商品」、出荷元:「全ての在庫商品」に設定して下さい。

 

③在庫管理画面に無いかを調べる

今回Amazonに出品する商品が、在庫管理画面に登録された商品であるかどうかを調べます。

赤枠で囲った部分に、今回Amazonに出品する商品のJANコードを入力します。

 

1

 

JANコードの入力は手打ちでも構いませんが、いちいち手打ちでやるのは面倒ですよね。

しかも入力ミスをすると打ち直しになり、それが大変ストレスになります。

 

ですので、バーコードリーダーを購入しましょう。

こちらの商品がオススメです。

ビジコム バーコードリーダー 二アレンジCCD USB 白 BC-BR900L-W

 

バーコードリーダーがあると、打ち間違いが絶対に発生しません。

これがあると無いとで、疲労感が全然違ってきますよ。

 

さて、今回Amazonに出品する全ての商品について、在庫管理画面に登録された商品であるかどうかを調べていきます。

在庫管理画面に登録された商品と登録されていない商品とで、Amazonへの出品方法が変わってきます。

在庫管理画面に登録された商品である場合

こちらのように表示されます。

 

7

 

今回Amazonに出品する商品と同じコンディションのものかどうか確認して下さい。

 

同じコンディションでは無い場合は、「■在庫管理画面に登録されていない商品である場合」に進んで下さい。

同じコンディションである場合は、以下の手順で出品作業を行います。

 

①「在庫商品を納品/補充する」を選択

商品にチェックを入れ、「在庫商品を納品/補充する」を選択します。

 

8

 

②新規の納品プランを作成

在庫を納品/補充画面が開きますので、「新規の納品プランを作成」ラジオボタンを選択して「続ける」ボタンを押下します。

 

9

 

③納品対象の商品を確認

納品する商品一覧が表示されます。

 

10

表示されたことを確認するだけです。在庫管理画面に戻ります。

 

④在庫管理画面に戻る

再び在庫管理画面に戻ります。

 

⑤次の商品へ

次の商品のJANコードを入力して、在庫管理画面に登録された商品であるかどうかを調べます。

 

在庫管理画面に登録された商品でしたら、①~⑤の手順を繰り返してください。

 

在庫管理画面に無い商品のAmazonへの出品方法

今回Amazonに出品する商品のJANコードを入力して、該当商品がヒットしなかった場合のことを言います。

 

2

 

この場合、在庫管理画面に新規登録します。

以下の手順で出品作業を行います。

 

①商品登録画面を開く

商品登録画面を開きます。

「在庫」タブから「商品登録」を押下すると、こちらの画面が表示されます。

 

3

 

②JANコードを入力して検索

赤枠で囲った部分に、Amazonに出品する商品のJANコードを入力して「検索」ボタンを押下します。

 

4

 

③「出品する」ボタンを押下

対象の商品が画面表示されますので、「出品する」ボタンを押下します。

 

④必要事項を入力

商品情報を登録する画面が開きます。必要事項を入力していきます。

 

5

 

<必要事項>

・コンディション:Amazonに出品する商品のコンディションを選択します。

・コンディション説明:濃い商品説明文を書いて下さい!この文章如何で、売れ行きが決まります。

・価格:モノレートの波形と売れ行きを良く分析して、適正価格を設定してください。

・Fulfillment Channel:「商品が売れた場合、Amazonに配送を代行~」を選択してください。

一度設定すれば後はデフォルトで設定されます。

 

<入力しなくても良い項目>

・SKU:未入力ですと、SKUが自動採番されます。良く分からない記号が採番されますが、私はそれで困ることはありませんでした。SKUをいちいち考えるのも面倒ですので、ここは未入力で良いかと。

・商品画像:中古品を登録する場合に使います。が、別に写真が無くても売れます。ヤフオクの場合は写真の取り方が悪いと売れません。

 

⑤保存して終了

必要事項の入力が終わりましたら、画面の一番下にある「保存して終了」ボタンを押下します。

 

⑥何もしない

在庫を納品/補充画面が開きますが、何もしません。

6

 

⑦在庫管理画面に戻る

再び在庫管理画面に戻ります。

先ほど登録作業を行った商品が、在庫管理画面に新規登録されていることが分かります。

 

⑧次の商品へ

次の商品のJANコードを入力して、在庫管理画面に登録されていない商品かどうかを調べます。

在庫管理画面に登録されていない商品でしたら、①~⑦の手順を繰り返してください。

商品登録作業が終わったら

全ての商品の作業が終わったら、以下の手順を行います。

 

①在庫管理画面から出品商品を確認

在庫管理画面を開き、今回Amazonに出品する商品を確認します。

『ステータス:「全ての在庫商品」、出荷元:「全ての在庫商品」』に設定して下さい。

先頭から順に一覧表示されている作成日の項目が最新の日付になっている商品が、今回Amazonに出品する商品になります。

 

14

 

②チェックを入れる

今回Amazonに出品する商品にチェックを入れ、「在庫商品を納品/補充する」を選択します。

チェックについては上の画像を参考にして下さい。

作成日の項目が最新の日付の商品のみチェックを入れます。

最新の日付から古い日付に切り替わっている部分に注目すると、どこまでチェックを入れるか判断出来ます。

 

15

 

③確認画面が表示される

確認画面が表示されますので、「はい、続けます」ボタンを押下します。

 

16

 

④納品プランを作成

在庫を納品/補充画面が開きますので、「既存の納品プランに追加」ラジオボタンを選択し、「続ける」ボタンを押下します。

 

17

 

⑤納品する商品一覧を確認

今回Amazon倉庫に納品する全ての商品の一覧が表示されます。

 

18

 

⑥数量を入力

数量を入力します。

ヘッダーの数量に「1」を入力すれば、一括で各項目に「1」が付くので便利です。

上の画像を参考にして下さい。

 

⑦「続ける」ボタンを押下

数量の入力が終わりましたら、「続ける」ボタンを押下します。

20

 

⑧商品ラベルを印刷

商品ラベルを印刷します。

21

 

商品ラベルですが、私はこちらのものを使っています。

【Amazon.co.jp限定】エーワン 出品者向けラベル きれいにはがせる 24面 100枚

 

エーワンという一流ブランド商品のものです。

きれいにはがせますが、勝手に剥がれることは一度もありませんでした。

インクの乾きも早く、プリンターから吐き出されたらすぐに使えます。

 

印刷プリンターですが、格安のもので充分です。

私はこちらのものを使っています。

Canon プリンター インクジェット PIXUS iP2700

 

格安のものといっても、Canonという一流メーカーの商品です。

インクがかすれたり、紙詰まりを起こしたりなどのトラブルは、これまで一度もありませんでした。

 

⑨「続ける」ボタンを押下

商品ラベルを印刷が終わりましたら、「続ける」ボタンを押下します。

 

⑩納品を作成

「納品を作成する」ボタンを押下します。

 

22

 

⑪納品作業を続ける

「納品作業を続ける」ボタンを押下します。

 

23

 

⑫配送業者と重量を入力

配送業者を選択してから重量を入力します。

配送業者ですが、私はヤマト運輸を使っています。

ヤマト便が使えるからです。

ヤマト便は、発送箱数が多ければ多いほど、一箱あたりの送料が安くなります。

ヤマト運輸を選択する場合は、「2.配送」で「他の配送業者」で「ヤマト運輸」を選択してください。

 

⑬配送ラベルを印刷

配送ラベルを印刷します。

 

24

 

A4コピー用紙を用意してください。カラー印刷で設定されているので、印刷プロパティでモノクロで印刷されるよう設定し直してください。

 

⑭完了

「クリックすると納品が完了します」ボタンを押下します。

これで出品完了です!

面倒だけど頑張ろう

この手順を踏めば、二重登録の心配は無くなります!

96点をAmazonに出品する場合の時間ですが、長くてもだいたい1時間位です。

1時間もかかるのかと思うとげんなりする方もいらっしゃるかもしれません、ここは我慢してやりましょう。

 

この出品作業が面倒だからといって、Amazon出品代行業者に丸投げするのは絶対に止めましょう。

Amazon出品代行業者に出品作業を委託すると、10万円近い金を取られて、アカウント停止になって商売が出来なくなる可能性があります。

Amazonへの出品方法(自己発送)

次に、自己発送の場合のAmazonへの出品方法の手順を紹介します。

 

FBAの場合よりもだいぶ簡単です。

 

文章のみの説明でよいかと思いますので、画像は省略させていただきます。

 

以下自己発送でAmazonに出品する場合の手順になります。

①在庫管理画面を開きます。

②フィルターを外して、全ての在庫商品を表示させます。

③今回Amazonに出品する商品が、在庫管理画面に登録された商品であるかどうかを調べます。

在庫管理画面に登録された商品である場合

表示された商品のコンディションを確認してください。

今回Amazonに出品する商品と同じコンディションの商品でしたら、数量と価格を入力して終了です。

・出品中の商品でしたら、「数量」の項目にAmazonに出品する商品の数分の数量を加えます。

・出品中の商品で無かったら、「数量」の項目にAmazonに出品する商品の数分の数量を入力します。

「価格」の項目ですが、適正価格であることをモノレートで再確認してください。相場が変わっている可能性がありますので。

在庫管理画面に登録されていない商品である場合

①商品登録画面を開きます。

②Amazonに出品する商品のJANコードを入力して「検索」ボタンを押下します。

③対象の商品が画面表示されますので、「出品する」ボタンを押下します。

④商品情報を登録する画面が開きます。必要事項を入力していきます。

<必要事項>

・コンディション:Amazonに出品する商品のコンディションを選択します。

・コンディション説明:濃い商品説明文を書いて下さい!この文章如何で、売れ行きが決まります。

・価格:モノレートの波形と売れ行きを良く分析して、適正価格を設定してください。

・Fulfillment Channel:「商品が売れた場合、自分で商品を発送する(出品者在庫)」を選択

<入力してくても良い項目>

・SKU:未入力ですと、SKUが自動採番されます。良く分からない記号が採番されますが、私はそれで困ることはありませんでした。SKUをいちいち考えるのも面倒ですので、ここは未入力で良いかと。

・商品画像:中古品を登録する場合に使います。が、別に写真が無くても売れます。ヤフオクの場合は写真の取り方が悪いと売れません。

⑤必要事項の入力が終わりましたら、画面の一番下にある「保存して終了」ボタンを押下します。

⑥在庫管理画面が開きますので、登録した商品が在庫管理画面の商品一覧の先頭にあることを確認します。

 

自己発送でAmazonに出品する方法はこれで終了です。

 

FBAの場合よりシンプルですね。

梱包作業(FBA)

ここで、再びFBAでAmazonに出品する方法に戻ります。

 

画面でのAmazonへの出品作業が終わり、商品ラベルの貼り付けも終わりました。

 

そうしましたら次に、ダンボール箱に商品を梱包していきます。

 

ダンボール箱は、スーパーにおいてあるもので充分です。

わざわざ購入する必要はありません。

 

96個の商品が入る、なるべく厚めの頑丈なダンボール箱を選んで下さい。

個人的には、ホクトのブナシメジの箱が非常に良かったです。

 

梱包のやり方を紹介します。

透明梱包用テープを使って梱包していきます。

 

透明梱包用テープは粘着力が非常に強いテープです。

ガムテープと違って、勝手に剥がれてくるようなことがまずありません。

 

配送用ラベルをダンボール箱に貼り付ける際にも非常に使えます。

透明ですので、配送用ラベルの上に直に貼ることができます。

こうすることで、雨濡れして配送用ラベルのインクが滲んでバーコードが読み取れなくなるという不安が無くなります。

 

商品点数が96点もあると、かなりの重量になるはずです。

CDですと10kg近くになります。

 

底抜けの不安がありますので、ダンボール箱の底も透明梱包用テープで補強していきます。

横だけでなく縦にもテーピングすることがポイントです。

透明梱包用テープは強度が非常にあるで、10kg程度でしたら底抜けすることはまず無いはずです。

 

このように、透明梱包用テープは非常に使い勝手が良いのでオススメです。

 

以上でAmazonへの出品作業は完了です。

Amazonに出品する作業時間を短縮する方法

FBAでAmazonに出品する方法についてお話します。

 

Amazonへの出品作業では、以下の4つの手順を踏みます。

①仕入れた商品のうちダンボール箱一箱にある商品をAmazonセラーセントラルに商品登録する

②ダンボール箱一箱にある商品の納品手続きをする

③ダンボール箱一箱にある商品のラベル貼りをする

④ヤマト運輸などの配送業者に依頼して、ダンボール箱をAmazonフルフィルメントセンターに送る

 

それぞれについて、短縮するポイントを説明していきます。

①商品登録作業

仕入れた商品のうちダンボール箱一箱にある商品をAmazonセラーセントラルに商品登録する工程についてです。

Amazonセラーセントラルに商品登録されていない商品ですと、商品情報を入力する必要があります。

コンディション、価格、商品説明文などです。

 

価格を決める時は、まずモノレートを立ち上げます。

モノレートの検索バーにJANコードを入力します。手入力か、バーコードリーダーを使用して入力していきます。

モノレートの波形を見て、価格を決めます。

価格設定を誤ると、商品が売れない or 売れにくくなるので、ここはしっかり頭を使って価格を決めます。

 

次に商品説明文を入力します。

商品が売れるか売れないかは、商品説明文にかかっています。

ですので、商品説明文は抜かり無く作成しなくてはなりません。

逆に商品説明文がきちんとしていれば、価格改定をそこまでマメにやらなくても商品は勝手に売れていきます。

 

このように、価格の決定と商品説明文の入力には力を入れて当たる必要があります。

ですので、商品1つをAmazonセラーセントラルに商品登録するのに、どうしても時間と労力がかかってしまいます。

Amazonセラーセントラルに商品登録されていない商品について、この作業時間を短縮する方法は残念ながらありません。

地道に一つ一つやっていくしかありません。

 

ただし、新品商品の商品説明文の入力については、作業時間を短縮する方法があります。

新品CD・DVDのように、新品時には必ずキャラメル包装された状態のものですと、テンプレートを作ってそれをコピペ出来ます。

お客様に信頼される濃い内容のテンプレートを一つ用意して、それを使いまわしすることで、作業時間を短縮できます。

 

もう一つ商品登録作業にかかる時間を短縮する方法があります。

短縮というより、省略という言葉が正しいでしょうか。

今回Amazonに出品する商品が、既にあなたのAmazonセラーセントラルの在庫管理画面に存在する場合、商品の新規登録作業を省略して、いきなり納品プランに追加できます。

(※先ほどのAmazonへの出品方法を見れば分かります)

Amazonセラーセントラルの在庫管理画面に存在する商品でしたら、機械的に納品プランに追加するだけで、その商品についての作業は完了です。

 

ですが、「機械的に」安心して行えるには、条件があります。

Amazonセラーセントラルの在庫管理画面に存在する商品が、同一コンディションで、適正価格が設定されていて、きちんとした商品説明文が書かれていることです。

この条件を満たしているのであれば、「機械的に」安心して行うことが出来ます。

 

私は、Amazonセラーセントラルに登録されている商品が新品CD・DVDばかりで、しかもそれらの商品一つ一つに適正価格を設定して、きちんとした商品説明文を入力していました。

また、私の仕入先であるブルーオーシャン市場では、どれも売れ筋の同一タイトルの新品CD・DVDばかり仕入れることが出来ました。

なので、仕入れた商品が既にAmazonセラーセントラルの在庫管理画面に存在する商品ばかりでしたので、Amazonへの出品作業でも価格を決定して商品説明文を入力すること無く、ただただ機械的に納品プランに追加するだけでした。

よって、ダンボール箱一箱にあるCD100枚当たりを商品登録するのにかかった時間は、20~30分程度でした。

ちなみに、ブルーオーシャン市場を発掘した初期の頃は、Amazonセラーセントラルの在庫管理画面に存在しない商品ばかりでしたので、ダンボール箱一箱にあるCD100枚当たりを商品登録するのに1時間以上かかってしまいました。

Amazonへの出品作業にかかる時間を、50%程度短縮出来たことになります。

 

 

なお、この商品登録作業が面倒だからといって、アップロードによる一括商品登録を使わないようにして下さい。

二重登録になってしまい、Amazon規約に抵触して、Amazonアカウント停止のペネルティを食らう可能性があります。

あくまで商品一つ一つ地道にコツコツと、商品登録作業を行って下さい。

この作業の時間を短縮できるのは、Amazonセラーセントラルの在庫管理画面に同一JAN・同一コンディションの商品が、今回Amazonに出品する商品に存在している時のみです。

②納品手続き

ダンボール箱一箱にある商品の納品手続きをする工程についてです。

これは簡単です。

数量を入力する画面で、ダンボール箱一箱にある商品で、同一JANの商品が複数個存在する場合は、その個数を確認する手間がありますが、そこまで大変ではありません。

この作業については、労力も作業時間も大したかかりませんし、短縮できる方法もありませんので、普通に行って下さい。

③ラベル貼り

ダンボール箱一箱にある商品のラベル貼りをする工程についてです。

これも非常に面倒くさい作業です。

 

Amazonフルフィルメントセンターにお金を払えば、商品ラベルの貼り付けをやってもらえます。

このお金を支払っても良いと思える方は、Amazonフルフィルメントセンターに丸投げして下さい。

これが、作業時間を一番短縮できる方法でしょう。

 

しかし、なるべく粗利を減らしたくないと思うのが普通でしょう。

Amazonフルフィルメントセンターに依頼すると、商品ラベル1枚貼り付けてもらうだけで、10円ほどかかります。

シールを商品にペタッと貼るだけで、10円も取られるのは何だか馬鹿臭いですね。

例えば、ダンボール箱一箱にCDが100枚あったなら、トータルで1,000円以上かかってしまいます。

1,000円あれば、一日の食費を賄えるのではないでしょうか。

1,000円は普通に大金です。

Amazonフルフィルメントセンターに送るダンボール箱の箱数が50箱あったなら、5万円もかかってしまいます。

5万円は大金です。

家賃1ヶ月分にもなってしまいます。

 

私はラベル貼り程度の作業で、こんな大金を出したくありません。

そこで、私は自宅でラベル貼りをやっています。

といっても、私の場合は家族にお願いしてラベル貼りをやってもらっています。

私の家族はこれまで、何万枚ものラベルを貼ってきました。

 

その中で出できた要望は、「ダンボール箱1箱につき、最高でもCDを72枚までに収めて欲しい」でした。

何故72枚なのか?

私は、商品ラベルをAmazonで購入しています。

1枚あたり24面あるタイプのものです。

ダンボール箱1箱に72枚あるなら、3枚分あることになります。

この3枚がポイントです。

3枚だったら、その商品に対応するラベルを探すのが非常にラクなんだそうです。

これが4枚になると、とたんにやりにくくなるそうです。

なので、絶対に3枚に収めてくれるよう、家族から言われていました。

実際に私もラベル貼り作業をやってみましたが、3枚だと本当にラクに比較的短時間でラベル貼り作業を終えることが出来ました。

みなさんも、ダンボール箱1箱あたりの商品の個数を72個に抑えてやってみてください。

④Amazonに段ボール箱を送る

ヤマト運輸などの配送業者に依頼して、ダンボール箱をAmazonフルフィルメントセンターに送る工程についてです。

ヤマト運輸にお願いして集荷に来てもらうと作業時間を短縮できます。

そして、集荷に来てもらったほうが、明らかにラクです。

梱包したダンボール箱を玄関まで運ぶだけですから。

後は集荷に来てくれた人が、ダンボール箱をトラックに積んで、Amazonフルフィルメントセンターに送ってくれます。

 

ですが、Amazonフルフィルメントセンターに送る箱数が少ないと、ヤマト便を使ったとしても送料が高く付きます。

この場合は、はこBOONを使ったほうが送料が安く済むでしょう。

ただし、はこBOONはファミリーマートに持ち込む必要があります。

車にダンボール箱積んで、ファミリーマートまで移動する時間、そして、ファミリーマートで会計を済ませる時間が、意外とかかってしまいます。

そして、重たく体積が大きいダンボール箱をコンビニに持ち込むのは、大業ですよね。

 

しかし、例えば北海道の場合、はこBOONを使うと、一箱あたりの送料が600円ほど安くなったりします。

私はこれまではこBOONを使って300箱以上送ってきましたので、節約出来た送料は180,000円以上になります。

私はまだ若くて体力があるし、ワゴン車に乗っているので、ダンボール箱を一度に車に30箱は積めます。

ですので、積極的にはこBOONを活用して送料を抑えています。

ヤマト運輸に集荷に来てもらったほうが、作業時間は明らかに短縮できますが、私は無駄なお金は使いたくありません。

 

以上、作業時間を短縮する方法について、自分なりの意見を述べました。

 

やはり一番大変なのは、Amazonセラーセントラルの在庫管理画面への商品登録作業でしょうか。

納品時の数量差異に注意(FBA)

Amazonフルフィルメントセンターに納品する数量が、申告した数量と食い違っているとマズいです。

この状況が続くと、Amazonから「納品時の不備が続き、改善が見られないと判断した場合は、それ以降の納品をお断りすることがあります」と言われ、FBAを利用できなくなる恐れがあります。

FBAを利用されている方はご注意下さい。

自己発送でAmazonに出品されている方も、今後の販路拡大のためにも、是非参考にして下さい。

納品作業から受領作業までの流れ

FBAを利用されている方は、商品をAmazonフルフィルメントセンターに送ります。

Amazonフルフィルメントセンターに送る前に、自宅で納品手続きを行います。

これは、我々がこれからAmazonフルフィルメントセンターに置いてもらう商品を、Amazonセラーセントラルを使用して登録する作業です。

納品手続きが済みましたら、段ボール箱上部に納品内容を示すバーコードが印刷された紙を貼り、商品ラベルを貼った商品を積めて、Amazonフルフィルメントセンターに送ります。

大まかな流れはこんな感じで大丈夫です。

Amazonへの詳しい出品方法は『Amazonの出品方法を正しく紹介!間違えるとアカウント停止!!』を御覧ください。

 

我々の作業はここまでです。

次に、Amazonフルフィルメントセンターの方の作業内容を書きます。

 

段ボール箱がAmazonフルフィルメントセンターに届くと、納品担当の方が段ボール箱を開封して、受領作業を行います。

納品担当の方は、バーコードスキャナーを使って、受領作業を行っていると思われます。

 

まず、納品担当の方は、段ボール箱上部に貼られた納品内容を示すバーコードが印刷された紙をスキャンして、「誰の」「どの納品プラン」なのかを把握します。

次に、段ボール箱を開封して、個々の商品に貼られたラベルに印刷されたバーコードを、一つ一つスキャンしていきます。

スキャンすることで、「あなたの」「納品プランの中の」「ある商品が」納品されたことになります。

 

すべての商品のスキャンが終わったら、Amazonシステム上では、納品手続きが完了したことになります。

後は、商品自体をAmazonフルフィルメントセンターの棚に収めて終了です。

 

我々は、Amazonセラーセントラルの納品プラン一覧画面を見れば、どの納品プラン(段ボール箱)が、あるいはどの納品プランの中のどの商品が、

Amazonフルフィルメントセンターで受領中なのか、納品済みなのかが分かります。

 

納品手続きの流れは以上です。

納品時の数量差異は納品作業をミスると起こる

ですが、この流れの中で問題があります。

Amazonセラーセントラルの納品手続きで登録した段ボール箱の中の商品が、システム上では段ボール箱に入っているはずなのに、実際には入っていない可能性があるからです。

我々がAmazonセラーセントラルの納品手続きで登録した段ボール箱の中にある商品の数と、Amazonフルフィルメントセンターに届いた段ボール箱の中にある商品の数が一致しないことを、「納品時の数量差異」が発生したと言います。

Amazonから警告メッセージが届いた

先日、Amazonから「納品時の数量差異にご注意ください。」という内容の警告メールが、私の元に送られてきました。

以下、警告メール内容になります。

 

差出人: Amazon フルフィルメントセンター運用管理部
日時: 201X年9月20日 15:22:58 JST
件名: 【フルフィルメント by Amazon】納品時の数量差異にご注意ください

メール内容:

平素はフルフィルメント by Amazon(以下、FBA)をご利用いただき、ありがとうございます。

本メールは、納品情報の数量と一致せず、実際に納品された数量に不足がみられた出品者に送信しています。

=========================================================
不備のあった納品設定:FBAH7LDKQ
※対象:配信日前週に、ステータスが「完了」となった納品
※複数の納品で不備があった場合には、一例記載
=========================================================

納品の情報に誤りがある場合、フルフィルメントセンターの受領処理に遅れが発生します。

商品をフルフィルメントセンターに発送する際は、作成いただいた情報と実際に納品する数量が一致していることを必ず確認してください。

なお、納品時の不備が続き、改善が見られないと判断した場合は、それ以降の納品をお断りすることがあります。

納品いただいた商品を迅速に受領するために、出品者様のご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

ご不明な点はテクニカルサポートへお問い合わせください。

今後ともフルフィルメント by Amazonをよろしくお願いいたします。

 

このメール内容の中で、気になる文言がありました。

以下の文言です。

 

納品時の不備が続き、改善が見られないと判断した場合は、それ以降の納品をお断りすることがあります。

 

納品をお断りされる、つまり納品ができない、つまり商品を販売できない。

アカウント停止と同レベルのペナルティが課されるということです。

 

納品時の数量差異が無いよう、絶対に気をつけなくてはなりませんね。

納品時の数量差異を確実に起こさない方法

納品時の数量差異を起こさない方法ですが、至ってシンプルです。

自分で商品ラベルを貼る作業をして、商品ラベルが余ったり不足していたりしていた場合に、納品プランに登録した商品の個数を調整すれば良いのです。

 

商品ラベルが余ったということは、段ボール箱にある商品の数の方が少ないということです。

この場合は、Amazonセラーセントラルの納品手続きで、実際よりも多く登録してしまったことになります。

ですから、納品プランの画面を開いて、商品ラベルを見ながら、余計に登録してしまった商品を納品プランから削除して下さい。

 

商品ラベルが不足したということは、段ボール箱にある商品の数の方が多いということです。

この場合は、余った商品をその段ボール箱から除いて下さい。

当たり前ですが、余った商品、つまり商品ラベルを貼らない商品をAmazonフルフィルメントセンターに送っても、納品担当の方に受領してもらえません。

この商品は、Amazonフルフィルメントセンターから自宅に送り返す義務が発生するので、自宅への返送手数料と送料をAmazonから請求されます。

くれぐれも、商品ラベルを貼らない商品をAmazonフルフィルメントセンターに送らないようにしてください。

 

こんな感じで、自分で商品ラベルを貼る作業をしていたなら、納品時の数量差異は生じません。

あくまで、「自分で」商品ラベルを貼る作業をした場合です。

 

自分でやる以外に、Amazon出品代行業者サービスを利用して商品ラベルを貼ってもらう手段もあります。

ですが、それは絶対にありえないので止めましょう。

Amazon出品代行業者サービスを利用すると、多額のお金を盗られて、二重登録によるアカウント停止になるだけでなく、納品時の数量差異が発生して、アカウント停止に近いペナルティを受ける可能性があるからです。

Amazon出品代行業者サービスがいかに悪質なのかにつきましては、本ブログの記事『Amazon出品代行業者サービスは”最悪・極悪” 絶対NG!』を参考にして下さい。

他のせどらーさんのブログを見ますと、Amazon出品代行業者サービスの方は、商品ラベルが余ったり不足していたりして、納品時の数量差異が発生していても、お構いなしにそのままAmazonフルフィルメントセンターに送ってしまうそうです。

10万円近いお金をボッタクっているくせに。

このように、Amazon出品代行業者サービスを利用するのは絶対に止めましょう。

どれだけ面倒でも、Amazonへの出品作業は自分でやって下さい。

 

繰り返しますが、ゴールはAmazonセラーセントラルの納品手続きで登録した段ボール箱にある商品の数と、Amazonフルフィルメントセンターに届いた段ボール箱にある商品の数が一致してることです。

 

Amazonフルフィルメントセンターの納品担当の方は、段ボール箱にある商品を全て間違えなくスキャンしてくれるはずです。

Amazonは性悪説に基づき、従業員を厳重に監視しているので、段ボール箱にある商品を盗んだりすることはありえません。

ですから、納品時の数量差異が発生した場合は、こちらに瑕疵があるということになります。

こちらに瑕疵が無いよう、Amazonセラーセントラルの納品手続きで登録した段ボール箱にある商品の数と、これからAmazonフルフィルメントセンターに送る段ボール箱にある商品の数が一致しているかどうか、確認する必要があります。

涙ぐましい努力かもしれませんが、Amazonへの出品作業は地道にコツコツやりましょう。

 

私は、2014年度に段ボール箱約250箱、20,000点近い商品を納品しました。

段ボール箱約250箱、商品20,000点の納品手続きを、全て自宅で手作業でコツコツ時間をかけてやりました。

その作業があったおかげで、年商5,670万円・月商1,000万円・年粗利3,000万円という、それなりに大きな実績を出すことが出来ました。

 

納品作業だけを見ても、大きく稼ぐためには膨大な作業を一つ一つコツコツ時間をかけてやるしかないと、私は実感しています。

残念ながら、楽はできません。

お金のためだと割り切って、頑張りましょう。

Amazon出品者ロゴは不要

まず、Amazon出品者ロゴとは、出品者一覧画面の各出品情報に表示されるロゴのことです。

 

ロゴを表示させるかどうかは、任意です。

 

店舗名を、リンク付きの文字で代用できます。

 

ですが、店舗名がリンク付きの文字だけですと、味気ない感じがしますね。

 

しかし、私の店舗名はリンク付きの文字です。

Amazon出品者ロゴを設定しなかったのは、めんどくさかったからです。

デザインを考えている時間があるなら、その時間を仕入れ作業に回したかったからです。

 

そして、店舗名がリンク付きの文字だけでも、問題なく売れていきました。

Amazonフルフィルメントセンターに商品を補充さえすれば、すぐに売上が上がっていきました。

また、Amazonフルフィルメントセンターに置かれている在庫が、定期的にコンスタントに売れていき、毎月それなりのお金がAmazonから入金されていました。

結果的に2014年度は、年商5,670万円、粗利3,000万円、最高月商1,000万円の実績を出しました。

また、2013年度から2015年度の3年間で、総売上9,000万円の実績を出しました。

 

この経験を踏まえて、私はAmazon出品者ロゴは不要だと主張します。

 

それ以上に大切なポイントがあります。
それは、仕入れに力を注いで商品をAmazonフルフィルメントセンターに在庫を定期的に補充すること、商品を適正価格に設定することときちんとした商品説明文を書くことです。
これらさえ守っていれば、商品はちゃんと売れていきます。

 

言いたいことはこれだけです。

 

今現在、店舗名がリンク付きの文字の方はそのままにしておきましょう。

店舗名にAmazon出品者ロゴを設定している方は、そのまま使いましょう。

店舗名については、放っておいて下さい。

 

そして、仕入れに行きましょう。

仕入れをして、Amazonフルフィルメントセンターに在庫を補充すれば、それだけでも売上が確実に上がりますから。

 

 

★☆★☆★☆★☆

当ブログ推薦教材につきましては、『■教材ランキング』をご覧くださいませ。

★☆★☆★☆★☆

 

スポンサーリンク

 

以上です。