Amazonツール開発者向けの記事です。

 

Amazonのシステムの欠陥を見つけて、ツールを開発して儲けませんか?

Amazonのシステムの欠陥を保管するツールを作るのです。

 

私は「アップロードによる一括商品登録」機能を使う中で、この機能の欠陥を発見しました。

 

概要を説明します。

 

アップロードによる一括商品登録は、テンプレートファイルを使って、出品したい商品を在庫管理画面に一括登録することができます。

しかし、出品する商品が既に在庫管理画面に存在していても、それを無視して在庫管理画面に重複して登録してしまうため、誤って二重出品してしまう可能性があるのです。

 

二重出品の具体例を、こちらに画像で示します。

 

1

 

赤枠で囲った部分をご覧ください。

出品者一覧に、自分の商品が二つ登録されていることが分かりますね。

 

二つ登録されていても、商品のコンディションが新品商品と中古商品と別々ならば問題ありません。

しかし、この場合は二つともコンディションが「中古品-良い」とコンディションが同じ商品なので「二重出品」の状態となりNGです。

 

二重出品はAmazonの出品規約に抵触するので、最悪アカウント停止のペナルティをくらいます。

 

二重出品をしたら必ずアカウント停止になるのかどうかは不明です。

実際に私がAmazonカスタマーセンターに問い合わせて確認したところ、出品者にどのようなペナルティを課すのかは、Amazon側でお伝えできないそうです。

以下、Amazonカスタマーセンターの回答です。

同じ商品を二重登録してしまった場合のペナルティについて

出品者様にご認識頂いておりますとおり、1つのASINに対して同じコンディションで複数ご登録されますと規約違反に該当してしまいますので、お控えいただきますようお願い申し上げます。

規約違反に対するAmazon側の具体的な対応については明言しかねてしまいますが、誤って重複して登録してしまった場合は、登録後に一方を削除いただければ問題ございませんのでご対応いただければ幸いです。

 

このように、二重出品した出品者に対して、Amazonがどのようなペナルティを課すのか不明です。

何をされるのか分からないところが怖いですね。

 

アカウント停止・凍結は、我々せどらーにとって死活問題です。

絶対に回避しなくてはなりません。

だから、仕入れた商品を出品する際には、二重出品を回避するよう細心の注意を払う必要があります。

 

二重出品を確実に回避する方法を、私のブログで幾つか紹介してきました。

 

回避する方法は、二つあります。

①「アップロードによる一括商品登録」機能を上手く使う

②「アップロードによる一括商品登録」機能を使わず、出品する商品を一つづつ地道に納品プランに追加していく

 

二重出品を避けるには、②の方法を選択して泥臭く商品登録作業をしていくことが一番確実でしょうね。

 

このように、Amazonが提供している「アップロードによる一括商品登録」機能は、欠陥品です。

何故、こうした欠陥が発生するのでしょうか?

 

以下、考察します。

 

Amazonシステムに欠陥がある理由

Amazonのシステムは、全世界共通で使われているものです。

言語が日本語か英語かの違いだけで、システムの機能(使い方など)はどの国でも同じものです。

 

Amazonジャパンと、AmazonUSAのショッピングサイトを見比べてみてください。

言葉が違うだけで、内容がほぼ同じであることが分かります。

Amazonジャパン

Amazon USA

 

これは、我々が出品した商品を管理するAmazonセラーセントラルでも同じです。

つまり、「アップロードによる一括商品登録」機能は、どの国でも使いものにならない機能なのです。

 

Amazonのシステムは、一つ欠陥があると、その影響が全世界に波及してしまうのです。

だから、Amazonシステムに新たに機能を盛り込む時は、システム開発者は慎重に慎重を重ねて徹底的に議論して、二重出品などありとあらゆる不測の事態を想定して、不具合のない完璧なものを作らねばなりません。

Amazonは世界的エリート企業

Amazonは全世界でも指折りの超一流IT企業です。

 

日本にも、NTTデータというトップIT企業があります。

この会社は、霞が関にある官公庁のシステムを作っています。

NTTデータは、国を運営する情報システムを作っているモンスター企業です。

システムに欠陥があると、国が運営できなくなることを意味するので、絶対に開発ミスは許されません。

 

そんな超重要なシステムを作る会社ですから、そこで働く社員も、東大・京大・東工大などの超一流大学の大学院を卒業したエリートばかりです。

大学院時代の指導教官は名古屋大学出身の方でしたが、NTTデータには指導教官の学科でトップ3の学生が全員入社していったそうです。

 

北大大学院時代の研究室に、博士課程の先輩を軽く凌駕する頭脳をもつ修士課程の先輩がいました。

指導教官から研究者として太鼓判を押され、博士課程進学を猛プッシュされていました。

その方は、IT業界を目指して就職活動をしていました。

卒業後、みずほ情報総研に就職していきました。

NTTデータは最終面接止まりでした。

 

こうした強烈な頭脳をもつ先輩ですら、NTTデータの入社試験では最終面接止まりなのです。

NTTデータには、この先輩を超える頭脳をもつ社員が山のようにいるのでしょう。

 

NTTデータは新入社員を大量採用する会社なので、最終学歴が北大の私なら、マグレで採用される可能性がありました。

しかし、マグレで採用されても、絶対に落ちこぼれて潰されるだけなので止めるよう指導教官に言われましたね。

が、そんな化物みたいな頭脳が集結するモンスター企業であるNTTデータですら、世界レベルで見れば日本国内を支配しているだけの一企業なのです。

 

それに対して、Amazonは全世界の物流を支配している超モンスター企業で、その影響力はNTTデータを超えます。

 

その中枢で働く社員は、ハーバード大学・スタンフォード大学・マサチューセッツ工科大学など、世界トップ大学を卒業した化物みたいな頭脳を持つ社員ばかりなのでしょう。

これらの大学には、あの東大ですら足元にも及びません。

世界大学ランキングを見れば明らかです。

参考)世界大学学術ランキング

 

Amazonは、こうした最強レベルの大学卒の超優秀な頭脳を集結して、システムを企画立案して開発しているはずです。

当然、完璧なシステムが出来上がることを期待しますね。

Amazonは超縦割り社会

しかし、現実はAmazonシステムは欠陥だらけなのです。

 

Amazonという全世界でも指折りの超一流IT企業なのに、何故世界トップの大学を卒業したエリートの頭脳を集結して作り上げた、Amazonの中枢部の肝心要のシステムに欠陥があるのでしょうか?

 

その原因の一端を見つけましたので紹介します。

 

Amazonセラーフォーラムのスレッドに、Amazonの体質についての文章が書かれていました。

内容を抜粋して紹介します。

ここが肝心なのですが、Amazon内部は超縦割り社会です。

部署間連携なんてものはありません。

連携は、転送しかしません。

ですから、いくらテクニカルサポートに相談しても、肝心の担当部署に渡った時点で全く違った認識で伝わり、もみ消されます。

テクニカルサポートの担当は本件を伝えると必ず「出品者様のおっしゃる通りです。担当部署に連絡して対応を急がせます」と必ず言われるます。

ですが、肝心の転送がかかった時点でもみ消されるようで、4ヶ月も経過した現在でも私が指摘した問題は変更されていません。

なお、本件については、テクニカルサポート内でもシステムとの連携を取り仕切る部署と思われるテクニカルサポートエグゼクティブセラーリレーションズというところから、9月の時点でシステム部署と調整の上解決を図るとお約束いただいてます。

そのことを毎月電話やメールでお伝えして、お約束いただいたのに変わってないと指摘しても、必ず担当部署に行ったが最後もみ消されてしまうのです

・・・

この話をテクニカルサポートにしたら

「Amazon内は部署間連携ができにくくなっている。各部署間で電話連絡はできなくなっているし、進捗確認も社内ルールでできなくなっている。

該当部署が実は同じオフィスになく、どこにあるのかもわからない。結果、他部署が関わる案件については転送するしかないという形になっている」

と言われます。

なお、この話は一般社員ではなく、テクニカルサポートを取り仕切っていると思われる「上席」というポジションの方からも聞いています。

「上席の役職権限を使って他部署連携を強めて交渉できないのか」と聞いたりもしましたが、それもできないと必ず言われます。

以上がAmazonが超縦割りだと言える所以です。

 

Amazonは「超縦割り社会」で、「部署間連携」が出来ない会社なのです。

 

こうした企業体質が原因で、「アップロードによる一括商品登録」機能を含めて、システムに欠陥が生まれるのでしょう。

システムに欠陥が出る経緯を私なりに考察

現役SEである私なりに、システムに欠陥が出る経緯を考えてみました。

 

Amazonセラーセントラルの担当部署は、「システムを運営する」部署と「システムを作る」部署があると仮定します。

 

「システムを運営する」部署は、お客様からの意見を汲み取ることが仕事です。

「システムを運営する」部署には、テクニカルサポート(Amazonカスタマーセンター)があり、そこでAmazonセラーセントラルを利用する我々せどらーから、様々な要望が上がってきます。

 

例えば、「もっと出品作業が楽になるようにシステムを改善して欲しい」という要望が多数上がってきたとします。

その要望に答えるため、「システムを運営する」部署は、出品者が出品した商品を在庫管理画面に一気に追加できる機能を盛り込むことを提案します。

その機能は、「アップロードによる一括商品登録」と名付けられました。

 

「アップロードによる一括商品登録」機能をAmazonセラーセントラルに盛り込むことが決まりましたら、早速「システムを作る」部署に依頼します。

「システムを作る」部署は、依頼された通りの内容で、機械的にシステムを作っていきます。

作り上げたシステムを、Amazonのエリート集団があらゆるケースを想定してテストしていきます。

 

テストを重ねる中で、「在庫管理画面に二重登録されたらマズイのでは」という意見が絶対に上がるはずです。

この時、私の会社でしたら、この懸念事項を「システムを運営する」部署に上げて、「システムを運営する」部署と連携を取ります。

 

しかし、Amazonは部署間連携が出来ない企業体質なため、「自分らは「システムを作る」部署に言われたことだけしか出来ない」という理由で、この意見がもみ消されるのでしょう。

在庫管理画面に一気に追加できる機能さえ実現出来たら、「システムを運営する」部署に渡してそれで終わりです。

「システムを運営する」部署も、「システムを作る」部署が作ったから一件落着という感じで、このプロジェクトが終結します。

 

実際に「アップロードによる一括商品登録」機能を運用すると、クレームの嵐でしょう。

「システムを運営する」部署のテクニカルサポートに、お客様から「アップロードによる一括商品登録は、このままだと二重登録になってしまい使いものにならないないので、改善してくれ」と頻繁にクレームが入るはずです。

 

この時、「システムを運営する」部署は「システムを作る」部署に、「アップロードによる一括商品登録」機能の改善を依頼しなくてはいけません。

しかし、部署間連携は「転送」しか手段がなく、『テクニカルサポートに相談しても、肝心の担当部署に転送された時点で全く違った認識で伝わり、もみ消され』てしまいます。

カスタマーセンターは、「出品者様のおっしゃる通りです。担当部署に連絡して対応を急がせます」という言葉でお茶を濁してばかりで、いつまでたっても改善されません。

 

そして、今日もAmazonカスタマーセンターに、「アップロードによる一括商品登録は、使いものにならないない」とクレームが入ります。

・・・

 

私の妄想がかなり入りましたが、経緯はこんな感じではないでしょうか。

 

私も「アップロードによる一括商品登録」機能に欠陥があると、カスタマーセンターにクレームを出しましたが、一向に改善される気配がありません。

世界中のエリートの頭脳を集結させた企業がこのザマかよと思いますが、これが現実なのでしょう。

Amazonのシステムの欠陥を付いて儲けよう!

が、これはチャンスでもあります。

Amazonセラーセントラルのシステムの不具合を洗い出して、不具合の改善策を考えて、その改善策を情報商材の無料特典として売ればよいのです。

 

私も、「アップロードによる一括商品登録」機能の自分なりの改善策を紹介しました。

私は会社でMicrosoft Accessを使ってシステムを作っているので、Microsoft Accessを使った改善策を提案しています。

この改善策の内容も、無料特典にしようと思えばできてしまいますね。

こんなタイトルを付けて無料特典で提供すれば、あなたが推薦している商材の売上が伸びるかもしれません。

「アップロードによる一括商品登録機能は使いものにならない!その証拠と、上手い使い方を無料で公開します!」

 

Amazonはシステムの欠陥をいつまでも改善しない会社なので、あなたの無料特典も末永く使い物になるはずです。

 

別に私のように、プログラムまで踏み込んで考える必要は無いのです。

機能の根本的な改善策の提案まで行かなくても、上手い使い方を紹介する程度のレベルでも良いはずです。

この記事に書かれているレベルの内容でも、充分に魅力ある無料特典となるはずです。

 

また、Microsoft Accessのプロなら、ツールを作ってそれを売りに出せば、ひょっとしたら大儲けできるかもしれません。

 

ただし、テストを完璧にして不具合のない完璧なものを作って下さい。

ツールを作るだけならラクで簡単なのは分かっています。

テストは手間が掛かり面倒くさいことも分かっています。

 

ですが、あらゆるケースを想定したテストケースを作ってテストをしないと、後で大変なことになりますよ。

例えば、「アップロードによる一括商品登録」機能で、二重出品になってしまう欠陥を補完するツールに欠陥があった場合、二重出品をしてAmazon規約違反でアカウント停止になったせどらーが続出して、裁判沙汰になるかもしれません。

 

こういうリスクが怖いので、私は記事で解決方法を紹介する程度にしています。

 

が、ツールがバカ売れして大儲け出来る可能性があることも事実です。

ツール開発のプロの方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【PR】当ブログが推薦するせどり教材

当ブログでは、現在発売されているせどり教材を、5段階の評価でランク付けしています。

 

その中で特にオススメなのは、評価4以上のせどり教材です。

評価4以上のせどり教材は、誰もがやり方次第で大儲け出来る可能性を秘めている教材です。

 

評価4と評価5のせどり教材は、以下の通りです。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

・評価4(オススメする) ★★★★☆

>> マカド

 

これらのせどり教材には、無料特典として私が出版している教材が付属します。

 

その中でも、評価5のせどり教材にしか付属しない無料特典『CDせどりのブルーオーシャン市場を発掘して年商5,670万円を達成した手法を公開!確定申告にも対応!!』がイチオシです。

この教材は、私が16,000円で販売していた教材です。

教材を販売するには住所・氏名を明かす必要がありますが、ネット上に住所が明かされると家族に迷惑がかかるため販売を停止しました。

 

このCDせどりの教材を使用して、月商数百万円以上稼いでいるせどらーはザラにいます。

アフィリエイト報酬額も8,000円と高額ですので、教材購入費用を余裕で回収出来るはずです。

実際に、このCDせどりの教材で稼いでいるアフィリエイターは多数います。

 

このCDせどりの教材は、評価5のせどり教材のみに付属する教材です。

もう一度、評価5のせどり教材を紹介します。

 

・評価5(是非購入するべき!!) ★★★★★

>> サヤ取りせどらー最終バージョン

>> サヤ取りグローバルせどらー

 

なお、当ブログのせどり教材ランキング一覧につきましては、『教材ランキング』をご覧くださいませ。

 

以上です。